• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ブラックホールが地球に

もし、ブラックホールが急に地上に出現したら(ありえない!)どーなるのでしょう?ブラックホールの大きさは、1m位。(事象の地平面の直径) 周囲の物質を吸い寄せながら地球の中心まで落ちていくのでしょうか? それとも、一瞬で地球を飲み込んでしまうんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1060
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#108554
noname#108554

いささか雑談っぽいですが。 シュバルツシルト半径が1mってーと、 それほど小さくもないんですが。 公式は、(半径)=3km×(質量/太陽質量)なので、 だいたい、太陽の1/3000ぐらいの質量、 すなわち、土星ぐらいですか。 なので、地殻を残したまま、悠長に中心まで落ちていくとは、思えないです。 どのぐらいの時間で飲み込まれるかはちょっとわかりませんが。 >ブラックホールが急に地上に出現したら(ありえない!) ありえないと断言できるかどうか。 数年前のことだと思いますが、 アメリカのRHICという加速器での実験で 「初の人工ブラックホールが??」という騒ぎがありました。 その後、あくまで理論上の話で、現実的には ほとんどその可能性はないことが判明しましたけどね。

参考URL:
http://www04.u-page.so-net.ne.jp/zb3/s-techno/sub435.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ブラックホールに落ち込む過程の解釈

    思考実験として、物質がブラックホールに落ち込むことを考えてみました。 物質はブラックホールに近づいていき、事象の地平面に近づきます。 そしてついには事象の地平面に差し掛かるわけですが、この様子を外部から見たとしたら、物質はいつまで経っても事象の地平面に到達しないかもしれません。 しかし落下する物質の視点では他の天体に落下するのと同様に、何事もなく事象の地平面に近づいていくわけです。 慣性質量と重力質量が完全に一致するなら、事象の地平面に到達した時点で落下する物質と外部の観測者との間の相対速度は光速度に達すると思われます。 外部の観測者にとっては落下する物体はいつまで経っても事象の地平面に到達しないのですが、これを物質の視点から見るなら、物質が事象の地平面に到達した瞬間に、事象の地平面の外側の時間経過が無限大になることを意味するはずです。 もしブラックホールは蒸発するというのが事実であるなら、どのような質量のブラックホールも有限の時間内に蒸発してしまうはずです。 ですから物質が事象の地平面に到達する直前に、まず外側で非常に長い時間が経過し、蒸発が進むと思われます。 蒸発が進んで事象の地平面の大きさが小さくなると、物質にとっての地平面外部の時間経過の早さが緩むことによって、遠のいた地平面に近づくことが可能になり、再び地平面に向かって落下するものと思います。 そしてまた地平面の直前まで落下したところで外部では大きな時間が流れ、蒸発が進み、以下同じ過程を繰り返すことによって、最後はブラックホールとともに蒸発するのではないでしょうか? もちろん実際にはこのように断続的な過程を経るわけではなく、事象の地平面に到達するか、あるいは直前の位置で、ブラックホールが蒸発するのに合わせて連続的に特異点の方向に向かっていくものと思います。 このような解釈は正しいでしょうか?

  • 地球の中心の引力

    地球の中心の引力 今1の力で地上で地球に引っ張られてるとし、地球の中心に空間を開けれたとし、そこにいたら、四方八方に0.5で引っ張られることになるのでしょうか。 重力とは、ある方向にある物質の量に比例するのか、ある物質の重心に発生するものなのか 教えてください。もし、3mx3mの物質が、地球の直径と同じだけあったとしたら その両端は1の重力で引っ張られますか?そうすると、その棒状の側面はどういう重力が かかりますか?

  • ブラックホールってなんですか?

    ブラックホールに星が飲み込まれた瞬間の動画を見ました。 天体のことは何も知らないので、小学館の図鑑などを読んで、 ブラックホールについて調べてみたのですが、よくわかりません。 そんな素人の頭で考えてみたのですが、いくつか質問させてください。 (1) ブラックホールは太陽よりも質量の大きな星が、「重力崩壊」を起こしてできるそうですが、   重力崩壊でその星が内部に向かって収縮していき、宇宙空間のある一点に、   光も抜け出せないほどの、ものすごい重力が集まった場所ができるという意味ですか?        ブラックホールは「黒い穴」という意味ですが、   「穴」はふつう平面に、ある方向を向いて開いているので、   宇宙空間に「穴」があるといわれても、あまりよくイメージできないのです。   他にも、座布団の上に重たい物を置くとまわりが沈み込むように、   宇宙空間が重力で歪められるという説明もありますが、   座布団だって平面なので、宇宙空間には通用しないと思うのですが。   そんな風に空間が歪むとしたら、宇宙では一方向にだけ歪むのではないと思いますし、      宇宙のどこか一点を囲む、ものすごい重力で歪められた無数の面の行きつく先が   ブラックホールかもしれないと思うのですがどうなのでしょうか。   私としては、ブラックホールとは「穴」というよりも、宇宙空間にある、   時間も空間も歪めてしまう物凄い重力の集中した「点」のようにしか想像できないんです。   素人の考えです。間違いを指摘していただけないでしょうか? (2) ブラックホールの想像図といえば、巨大なガスの円盤が中心に向かって渦をまき、   中心から回転軸の両方向にジェットが噴射している絵だと思いますが、この円盤についてです。      何でできているのですか? バラバラになった星のカケラやガスでしょうか?   どちらの方向にまわっているのですか? 大きさや温度はどのくらいになりますか?      この円盤はイメージ図では色つきで描かれますが、可視光で観測されるのですか?    写真などは、X線で撮影したものに色をつけたのだと思っていたのですが・・・?     また、円盤というのは多少ふくらみがあるけれど平盤なものだと思うのですが、   この円盤はブラックホールのどの面にできるのですか?    ブラッホールの回転軸とは垂直の方向でしょうか?   このように円盤を形成しながら中心に落ちてゆくなら「穴」のイメージになりますが、       この円盤は、すでに「事象の地平面」の内側になっているのでしょうか?   それとも円盤のなかのどこかに、「事象の地平面」があるのでしょうか?     (「事象の地平面」といのはどういうものか、まったくイメージできませんが・・・) (3) 星を飲み込むブラックホールの動画ですが・・・     http://www.gizmodo.jp/2011/08/nasajaxa.html?__from=mixi    恒星がブラックホールによって破壊され、吸い込まれるのは、    この映像のようにあっという間なのですか?    それとも、ある程度の時間がかかるのでしょうか?       宇宙には興味があるのですが難しくて分かりません。 ただ「いつか地球が飲み込まれる」という恐怖のイメージだけを持っているのも おかしいと思ったので、恥を忍んで質問させていただきました。 ご教示、よろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • aster
  • ベストアンサー率70% (374/533)

  直径1mのブラックホールというと、かなり小さいです。太陽などがブラックホールになると、遥かに大きな直径のものになります。 事象の地平線の距離半径の大きさと、ブラックホールの質量の関係式がよく分かりませんが、1mだと、中心のブラックホールの質量は、地球と同じぐらいか、それより小さいと思えます。 ブラックホールの周囲の空間や時間は歪んでいますから、突然に出現などというのは無理なのですが、無理に出てきたとすると、この「時空の歪み」は、光速で伝達します。 ブラックホールから数十mの地球の物質は、ほぼ瞬間にブラックホールのなかに落ちるでしょうが、事象の地平線まで落ちたとき、光速に近くなっているので、遠くから観測していると、土や岩は吸い込まれないで、事象の地平線で留まっているように見えるはずです。 ブラックホール自身には回転運動はないとして、しかし、地球は自転しており、公転もしています。ブラックホールの引力は、地球の直径辺りでは、それほど強いものにはならないはずです。ブラックホールの質量が、地球か、それより小さいとすると、地球の直径の向こう側当たりの位置に、地球ぐらいの質量があっても、そのあいだに働く力は、万有引力の法則の公式に従うので、それほど極端な加速度にはならないのです。 ブラックホールが地球と同じぐらいの質量だとしても、地球の直径ぐらい離れると、大体、1/2Gの加速度程度ということになります。(地球の半径ほど離れた点で、1Gなのです)。従って、空から流星か隕石か、もっと巨大な小天体が落下してくるような感じになります。 ブラックホールの質量が、地球の質量の100倍とか1万倍とかだと話は違いますか、同じか、地球よりも小さい場合、ブラックホールが一方的に地球を引き寄せるのではないのです。ブラックホールも地球に引き寄せられます。 従って、ブラックホールの近く、1kmとか数10kmの物質はブラックホールの急激に落下するように引き寄せられますが、出現したブラックホールも地球の中心に向け落下して行きます。 地球には自転や公転の回転運動がある訳で、ブラックホールには、そういう回転運動があるのはおかしいです。とすると、地球とブラックホールは互いに接近しながら、地球が回転運動をすることになります。 地球の中心とブラックホールが近づくに連れ、回転運動は明確になって行き、ブラックホールも地球の周りを、共通重心において回転することになります。 つまり、ブラックホールが止まっていて、地球の物質がそこに吸い込まれるのではなく、地球とブラックホールは互いに回転しながら、地球の物質が徐々にブラックホールのなかに落ちて行くということになりますし、ある程度相互の距離が近づくと、潮汐力で、地球はばらばらにされます。 地球の破片群とブラックホールが回転し合いながら、破片がブラックホールに落下して行くということになります。 ブラックホールが非常に巨大な質量を持つ場合は、時空の歪みが地球全体に光速で作用して、一瞬に地球の球体は壊れ、爆発するような形で砕けるということが起こるかも知れませんが、直径1m程度のブラックホールだと、それほど巨大な質量ではないので、上に述べたように、相互回転しながら、地球の物質を吸い込んで行くという運動になります。 爆発は、潮汐力によって、地球の球体が引き裂かれるのであって、四方八方に地球の物質が飛び散るような過程ではありません。 かなり離れた距離から観測していれば、砕けた地球が、厚いベルトのような形で、ブラックホールの周りを囲むように見える可能性もあります。ベルトといっても、片側だけで、完全なトーラス状ではないのですが。ブラックホールへの落下時間と回転の程度によっては、綺麗なベルトのようなものができる可能性もあります。 そのベルトの物質は、渦を巻きながら、ブラックホールへと吸い込まれて行くのですが、観測している者には、ブラックホールの周りに、吸い込まれた地球の物質のゴーストが留まっているように見え、中身の詰まったドーナッツ(中心に物質に覆われたブラックホールがある)が、回っているように見えるかも知れません。   なお、ブラックホールの表面近くまで来ると、物質は素粒子レベルでばらばらにされ、更に、細かいエネルギーに分解されますから、核融合が起こっても不思議はありませんが、それは局所的なエネルギー放出で、地球が爆発するのではありません。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

細かいご回答、ありがとうございます。 いろいろと勉強になりました。 もし、地球の中心に落ちていくことになったら、ブラックホールが中心に留まり 内側から地球おむさぼり食うのですかね~? どちらにしてもブラックホールが急に出現したら地球は終わりですね。

  • 回答No.2

まず大気中に突然ブラックホールが現れると,もともとそこにあった 空気が一瞬で断熱圧縮されますから,その直後に大爆発が起こるでしょう. 又は空気中の原子とブラックホールの原子とが核反応を起こして 核爆発となるかも知れません. (テレポーテーションの現実的不可能性.) その次ですが, 直径よりも,質量と2者の相対速度に大きく依存すると思います. でも1mくらいのものだと,質量は地球とコンパラになるとして, 両者の質量中心を中心として連星になるかも知れません. Gaussの発散定理でも示されるように,ブラックホールは質量が 狭い範囲に集中していますから,重力勾配が大きいので,地球側から ブラックホールへ物質の流出が起こるでしょう. つまり回りながら地球は段々と喰われて行く,と言うイメージです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大爆発ですか。なんかすごい事になりそうですね。 (コンパラ)=同じ でいいんですよね? ご回答、ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • Nickee
  • ベストアンサー率15% (14/93)

さぁ どうなんでしょうね? 個人的意見として地球が落下するように吸い込まれていくんじゃないですかね。 たぶん、他の意見 聞いて再度 来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

また、お願いします! ありがとうございます。

関連するQ&A

  • ブラックホールの成長と蒸発について

    ブラックホールの事象の地平面を超えた物は決して脱出することはできません。 ブラックホールはホーキング放射により質量を失い(外部から何か吸い込み続けない限り)有限時間で蒸発すると言われています。 ですがこの性質においていくつか疑問点があります。 まだまだ仮設の多い段階の分野ですので「一般的にこう考えられる」「こういう仮説がある」などでかまいません。また複数の意見もOKです。 問題を単純化するため電荷と回転を持たないシュヴァルツシルト・ブラックホールとして考えます。 空間が重力によってゆがむと十分に離れた系からみると時間が遅くなるよう観測され、ブラックホールに落下する物質は接近に従い時間の流れが遅れ、事象の地平面に到達すると同時に永久に停止すると考えられます。 では離れた系からブラックホールに物質が吸い込まれ質量が増加する瞬間を観測することができるのでしょうか?また、これではブラックホールが質量増加によって成長することは可能なのでしょうか?(事象の地平面のごく近くに質量が接近した時点でさらに空間の歪みが強くなり成長する? 粒子の位置は確率に依存するため確率的に中に入ってしまう?) また、ホーキング放射によって十分にブラックホールが小さくなったとき、どのタイミングでブラックホールが消滅(事象の地平面が消滅)するのでしょうか? 素粒子に大きさはなく0次元の点、または振動する弦とする意見もあるのでブラックホールの最小サイズはどうなるのでしょうか。 素粒子の振動幅で消滅? プランク長未満になった時点で空間上の意味を失い消滅?しかしこの場合あまった質量はどこへ?(プランク長サイズのブラックホール=プランク質量 プランク質量はわりとでかい) そもそもこのサイズではミクロなスケールなのでブラックホールの位置や存在が確率に依存する? 中途半端な知識による質問で読みにくいですがご意見おまちしております。

  • 【天文学・宇宙】地球というか太陽系はブラックホール

    【天文学・宇宙】地球というか太陽系はブラックホールに吸い寄せられている? 太陽系を中心にクルクル回っているのに太陽風が一方方向だったり、太陽系を中心に、地球側にあるブラックホールに太陽系ごと吸い寄せられているからクルクル回っているのでは? ということは最終的には地球に近い側にブラックホールがあるので太陽と地球は接近していくので太陽風はますます強くなるので氷河期になるより地球の最後は温暖化で蒸し風呂になって人間は住めなくなって、それでも科学の進歩で住めたとしても火星に移住したところで太陽系がブラックホールに吸い込まれる過程に人類は産まれたのでどこに行こうが最後は太陽系ごとブラックホールに吸い込まれて終わりになると思う。 宇宙は無限に広がっているんじゃなくて太陽側ではなく地球側のブラックホールによってクルクル回っているので、人類は太陽側ばかり観察せずに太陽の反対側水星、金星方向を観察した方が良いのでは?

  • ブラックホール

    終わりの近い星の中心にできるという、ブラックホールはなんでも吸収してしまうそうですが、ブラックホールには原子というか物質が存在できるんですか? 変な質問ですみません。

  • ブラックホールのシュヴァルツシルト半径付近で

    ブラックホールのシュヴァルツシルト半径では脱出速度が光速に等しくなるため、内側からは光も脱出できず、そこが「事象の地平面」になるということですが、シュヴァルツシルト半径上を公転する物体があれば、その速度は第一宇宙速度と第二宇宙速度の比で光速の 1/√2 倍になるのでしょうか? そうだとして、この公転を少し楕円にすると、周回ごとに事象の地平面の内側に入ったり外側に出たりすることができるのでしょうか? また、事象の地平面の僅かに内側を公転する物体から、僅かに外側を公転する物体に到達するための初速度はそれほど大きくなくてすむような気がするのですが、このように内側から外側に到達できるのでしょうか? 多分なにか違うのだろうと思いますが…。 事象の地平面の付近では重力のため、外部から見た時間は無限に引き伸ばされるということだったと思います。太陽質量の10^12倍程度の超巨大ブラックホールを考えた場合、シュヴァルツシルト半径では地球上の重力加速度とさして変わらないオーダーになると思いますが(違っているかもしれません)、その場合も同様なのでしょうか?

  • あれからブラックホールはどうなったの?

    今年の春頃に、NASAのエックス線観測衛星直径が“史上最小のブラックホール”(25km)を発見したと発表して以来、話題も少ないような・・・ 地球に接近中のブラックホールもあると言うのに、どうなったんでしょうか? 過去にも2005年にはチャンドラX線観測衛星が、M74銀河に約10,000太陽質量という中間質量ブラックホールを発見し、 今年になってクエーサー(OJ 287)が太陽質量の180億倍と1億倍の大きなブラックホール同士の連星系だと公表したはずなんですけど? ;^^宇宙人の侵略よりも、ブラックホールの方が怖いと思うので気になって仕方がありません。 「大丈夫なら大丈夫だと言って!」 変な質問ですが、判る方に教えて頂きたいです。

  • ブラックホールは光さえも吸い込むので撮影出来ない。

    ブラックホールは光さえも吸い込むので撮影出来ない。 今回撮影に成功したブラックホールはブラックホールに吸い込まれ掛けている光を撮影して作り出された黒い穴をブラックホールと言った。 アインシュタインの一般相対性理論は大きな質量が集中するとブラックホールが生まれると予測した。 重たい質量の恒星が寿命を尽きて爆発すると中心の核が押し潰されて収縮が抑えられなくなって、周りの光さえも引き込むブラックホールとなる。 ブラックホールに吸い込まれると時間が遅くなり、物体は引き伸ばされて最終的に素粒子レベルまで分解されて跡形も無くなってしまう。 一般相対性理論によると止まっているより動いているものの方が時間の進みが遅くなるので、ブラックホールの周りを周回して地球に戻ってくると過去に戻れる。地球にいるのは未来人。 タイムマシンは未来に行くより過去に行く方が先に実現出来る。 しかも過去に戻るとその過去の世界に留まり続けることが出来る。 UFOは未来より過去の方が行きやすい。 けどブラックホールホールの周囲を周回して過去に行ったとして過去に到達したUFOがその過去の時空に留まり続けられていないのが不思議。 多分、UFOはブラックホールを利用して過去に来てないと思う。

  • ブラックホールとダークマターについて

    ブラックホールとダークマターについて ブラックホールは超圧縮されてできた凄まじい引力を持つ星というのは存じておりますが、その超圧縮っていうのがピンときません。 物質というのは原子?分子?からできていて、それ以上の小さくはできないと言われていますよね。 太陽が何万分の1?(具体的な数字はわかりません)かに圧縮されるとブラックホールになるといわれてますが、そもそもそのサイズまで圧縮できるのかどうか。 この矛盾が納得できません。 ダークマターについて ダークマターはブラックホールと同様に宇宙空間において直接観測できないが、何かの物質がなければ星の運動が説明できないからという消極的に説明されてる感があるのですが、それが実は観測方法が正確ではないということが考えられないのでしょうか? ついでに、木星が恒星に成り得たという話がありますが、 仮に木星が生成過程で恒星になっていたとするならば、土星やその他のガス性の星は存在していなかったのでしょうか? 恒星に近い位置であるならば、火星や地球など岩盤を持たないガス性の星は形成されないと聞きましたがどうでしょう。 最後に馬鹿な質問をお願いします。 木星のような星はどこまでガスなのですか? 星の中心はなんなんでしょうか? 地球から核爆弾を飛ばしたら簡単に引火したり変形するんじゃないですか?

  • ブラックホールと恒星の重力

    星などの物体がおよぼす重力の影響は、 その物体の中心からの距離と質量で決まるという認識でいるのですが、 ブラックホールのもとになるような恒星の中心部分では、 ブラックホールと同じ重力があるのでしょうか? とすると、大きな恒星の中心からは、 光や物質がでてこれなくなると思うのですが? 初歩的なことを聞いているのでしょうが、 どなたか教えていただければ幸いです。

  • ブラックホールの矛盾

    天文学にも物理学にもド素人の私です。 おバカな質問にて失礼します。m(_"_)m 何かの書物で、(うろ覚えですみません) ブラックホールというのは、例えば、 地球をゴルフボール程度にまで圧縮 すれば自身の重力により、アリ地獄のように 縮小し続ける天体である、というような 内容のことが書いてありました。 イメージ的にはとても分かりやすいのですが、 ただ、ここで疑問があります。 高校 (だったかな?) の物理の時間に教わったような 気がするのですが、『気体は圧縮ができるが、 液体や固体は圧縮することはできない』という 法則 (?) です。 すべてがうろ覚えの記憶なので、いい加減な質問に なってしまいそうですが、基本的には気体以外は 圧縮出来ないはずですよね…。 となると、ブラックホールが誕生するほど「物質」を圧縮出来る はずがない…と素人は思いますが…。 一体どうなっているのでしょうか…?

  • 地球を縮小した時の様々な大きさについて

    ふと考えたのですが、「地球」を直径1mの球に縮小した時の以下の大きさの計算はどうなるのでしょうか? 1.地球の大きさ 2.大気の厚さ-成層圏の厚さ:10km 3.人間の大きさ-平均身長:1.7m どなたかご親切な方、解答よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう