• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

あれからブラックホールはどうなったの?

今年の春頃に、NASAのエックス線観測衛星直径が“史上最小のブラックホール”(25km)を発見したと発表して以来、話題も少ないような・・・ 地球に接近中のブラックホールもあると言うのに、どうなったんでしょうか? 過去にも2005年にはチャンドラX線観測衛星が、M74銀河に約10,000太陽質量という中間質量ブラックホールを発見し、 今年になってクエーサー(OJ 287)が太陽質量の180億倍と1億倍の大きなブラックホール同士の連星系だと公表したはずなんですけど? ;^^宇宙人の侵略よりも、ブラックホールの方が怖いと思うので気になって仕方がありません。 「大丈夫なら大丈夫だと言って!」 変な質問ですが、判る方に教えて頂きたいです。

noname#79079

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数118
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>接近中のブラックホールもある 銀河と銀河は基本的にとてつもなく離れており、影響を受けるとしても、はるか未来のことだと思いますので私たちが生きている間は問題ないかと。 未来の人(人類がまだ居たとして)に影響が出始めたとしても、十分に考えて対策を採る時間があるでしょう・・・。 最近では、地球上で極小のブラックホールをつくって実験するなんてこともやってます。(設備の故障で延期しましたけど)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど・・・ブラックホールを作る実験は、危険度が高いとの批判が多いから中止したのではなく、機械に不備があったので已む無く中止したんですね。 ;^^あんな物を作るのは危ないですものね~ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ブラックホールの存在を信じていますか?

    銀河の中心には大質量ブラックホールが鎮座しているとか、 超新星爆発の後にブラックホールが誕生するとか、 恒星と連星をなして降着円盤やジェットを形成しているといった話を どの程度、信用していますか? また、ブラックホールについて、どのようなイメージを抱いていらっしゃいますか? 教えて下さいませ。

  • ブラックホールという天体が長期間存在し続けられるの

    ブラックホールという天体が長期間存在し続けられるのはなぜでしょう? おとめ座銀河団M87銀河の中心にあるブラックホールの撮影に成功した。 ブラックホールは100年前の理論物理学者のアインシュタインが一般相対性理論で宇宙には何でも天体を吸い込む天体が存在すると予想した天体。 質量があるものの周りは空間が歪むというもの。今回撮影に成功したブラックホールは太陽の65億倍の質量がある。 通常は大きい質量がある天体はエネルギー放出量が多くて自分自身の天体を維持出来ずに自然消滅してしまう。一般的な天体は太陽の数百倍の質量までが限界とされている。 なので今回撮影出来た太陽の65億倍のブラックホールが維持出来ているのは今の天文学でも分かっていない。 ブラックホールは銀河の中心に生まれることが分かっていて、いま銀河は1000億個の存在が把握されていて、太陽の数百万倍から数百億倍のブラックホールの存在が分かっている。 ブラックホールという天体が長期間存在し続けられるのはなぜでしょう?

  • 宇宙のクエーサーについて

    最近の調べだと、かなり多くのクエーサーが見つかってるらしい クエーサーは物を取り込むと地平線上の反対に絶対行かないらしい。 これはどういう意味かっていうと、核融合するように出来た新しい 重たい物質に圧縮されることになる。 超ひも理論みたいに逆の次元がある10次元とかだったらいいけど ブラックホールが反対側にめり込まない以上、 ブラックホールが多次元宇宙につながってるのではなくて ビッグバンのための材料を集めてるとしか思えない。 今地球で見えてる銀河は一番遠くで130億年前の銀河だけど、 その銀河は今頃集まってクェーサーになってるだろう。なにしろ130億年前にすでに銀河なんだから。 ビックバンの直後、はじめは暗黒物質の他は 水素、ヘリウム、リチウムしかなかったが 星が超新星爆発を起こすたびに重たい物質が作られてきた。 重たい物質が集まりすぎて太陽の3倍の質量を持つとブラックホールを作り、銀河を作る。 今の宇宙は銀河群が繊維状に並んでる状態らしい それで宇宙のこの先の運命は 次の考え方がある (1)11次元宇宙 インフレーションで親宇宙 子供宇宙と増えていく? (2)最後は宇宙全体がブラックホールになってまたビッグバン。 それをずっと繰り返してる。 他にもたくさんあるけど、仮説だと何でも言えるし。 例えば、宇宙もたくさんあって、宇宙同士が触れるとビックバンを起こすとか。 今はブラックホールを見ることも、150億光年先を見ることも出来ないからどうしようもないんだろうけど・・ アインシュタインはブラックホールを否定しようとしたけど あまりにブラックホール→無の宇宙 になるとしか思えない。 ブラックホールに入れば異次元に行って反対側の4次元に突き抜ければいいけど 質量を集めるだけの存在だから、ビッグバンの素を作ってるとしか思えない。 何か、宇宙が「無」になる以外の説はないんだろうか? 最後にはブラックホールに取り込まれてすべての物が 重たい物質に折りたたまれていくなんて考えたくない。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm4904573

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • Scull
  • ベストアンサー率26% (248/951)

どうなったも何も「まだその辺」だと思いますよ。 ブラックホールをどうお考えかは知りませんが、地球との相対速度は宇宙規模で見れば「ほぼ0」。お互い止まっている状態です。地球に対する影響であれば、太陽や月の方が遥かに大きいので、何も気にする必要はありません。 確かに宇宙人の侵略よりは多い影響ではありますが、どっちも「目くそ鼻くそレベル」です。明日の夕食の方が遥かに大きな影響力を持ちますよ。 まず、宇宙での「距離の大きさ」を注意してください。20万光年先の天体は「光の速さで地球に接近しても、20万年かかる距離」にあるんですよ。M74銀河なんて、3,200万光年も彼方じゃないですか!光の速さでも3,200万年かかるんですよ。 尤もそんな彼方のブラックホール以前に、銀河中心のブラックホールを心配する方が先だと思いますけど?もちろん心配ありませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見、ありがとうございました。 ブラックホールについては、静電気のような物の塊だと思っています。 洗濯機のように中心へとグルグル回り、その分、円周率が発生し近くにある物質により影響する内容も変わるのかと・・・ ;^^かなり簡単な解釈では有りますが、人間の化学なんて、この数年で覆されてしまったので、やはりまだまだ解らないことが多いのかと思い、詳しい方に外国の学者のような個人的解釈や思想を持ってる人も日本に多いのかと思っていました。 宇宙人の侵略については、ケネディ大統領暗殺事件の証拠や理由を、2030年頃に発表するとされている事で、宇宙人や未来人の存在が深く関わっているのでは?と言われているのは有名です。 私もUFOが最近になり目撃される事が多くなってきているので、侵略説が気になりました。 ちなみに、現在の科学では光の速さで計算すれば全く問題の無い距離になるでしょうが、これを瞬時に超えるエネルギーの存在も否定できないと考えていますので距離は関係ないかも? UFOのスピードも、人間の知る範囲を超えています。 それと、天の川中心にあるブラックホールは大きいので、あちらから変動する事は本当に無いかもしれませんが、小さいブラックホールであれば、いくつかの条件が重なれば地球に影響する距離まで移動できるのかと思っていました。

関連するQ&A

  • ブラックホールを伴う連星系の生成過程は?

       有名な、はくちょう座のX1を初めとして、ブラックホールと推測される天体が連星系を形成しているケースが複数発見されていますが、これらの連星系はどのように形成されたのでしょうか? 現在定説とされる恒星の進化(成長)モデルでは、ブラックホールとなる大質量の恒星は、重量崩壊の前段階で、 赤色超巨星 → 超新星 という過程を通るはずで、近傍に存在する恒星は、この超新星爆発の際に「巻き添え」を食って、一緒に吹き飛ばされるか、遠方にはじき飛ばされると思うのです。  にも関わらず、潮汐力の強い影響を受けるほどの至近距離を公転する伴星が存在しているということは、これらは元来の連星系ではなく、元々別の場所で単独に存在した2つの星が偶然接近した際に互いの重力で捕捉し合って連星系を形成した、と考えないと説明が付かないと思うのですが、この推論は妥当でしょうか?  連星のペアの一つが「中性子星」の場合も同様の疑問が生じますが、同じ解釈でよいのでしょうか?  

  • ロケットの耐久度

    ブラックホールにロケットが突っ込んでいくと、やがて潮汐力が かかりロケットは壊れてしまうと思います。 10太陽質量くらいのブラックホールに近づいていくロケットは 無事に(壊れることなく)事象の地平面をこえられるかどうか、 ロケットの長さ、質量、耐久度を自分で設定して答えなさい。 という問題があるんですが、長さや質量はウィキペディアかなんかで 代表的なロケットの値がわかるんですが、耐久度というのはどれくらい に設定すればいいか全然わかりません。 現代の技術ではありえないような耐久度でも適当に設定して答えても いいんでしょうが、実際のところはどれくらいなのか教えていただき たいです。

  • 銀河団ガスの温度と理由

    大学の天文学の試験問題で分からなかった問題なのですが、どうしても気になるのでヒントだけでも教えていただけたらと思います。 質量が~10^15太陽質量にも及ぶ銀河団にはT~10^8Kの高温ガスが存在する。銀河団の構造は球対称であるとし、ガスが静水圧平衡を保っているとして、銀河団ガスがなぜこのような温度になるか示せ。 必要であれば、銀河団の典型的なサイズは2Mpc、速度分散の値が1000km/sであることを用いよ。 正直なところさっぱりわからないのですが、どなたかよろしくお願いします。

  • ブラックホールのシュヴァルツシルト半径付近で

    ブラックホールのシュヴァルツシルト半径では脱出速度が光速に等しくなるため、内側からは光も脱出できず、そこが「事象の地平面」になるということですが、シュヴァルツシルト半径上を公転する物体があれば、その速度は第一宇宙速度と第二宇宙速度の比で光速の 1/√2 倍になるのでしょうか? そうだとして、この公転を少し楕円にすると、周回ごとに事象の地平面の内側に入ったり外側に出たりすることができるのでしょうか? また、事象の地平面の僅かに内側を公転する物体から、僅かに外側を公転する物体に到達するための初速度はそれほど大きくなくてすむような気がするのですが、このように内側から外側に到達できるのでしょうか? 多分なにか違うのだろうと思いますが…。 事象の地平面の付近では重力のため、外部から見た時間は無限に引き伸ばされるということだったと思います。太陽質量の10^12倍程度の超巨大ブラックホールを考えた場合、シュヴァルツシルト半径では地球上の重力加速度とさして変わらないオーダーになると思いますが(違っているかもしれません)、その場合も同様なのでしょうか?

  • 観測可能な宇宙の総質量?

    観測可能な宇宙の総質量は有限でしょうか、それとも無限の質量をもつのでしょうか。 Wikipediaの記述などを呼んでいると、両説が併存しているようです。 [質量有限説] ・観測可能な宇宙内の星の推定総数は9×10の21乗(=90垓)個となる。 ・太陽の質量(2×10の30乗 kg)を平均太陽質量(矮星の多さと、太陽より質量の大きな星の数はつりあっているとする)とし、星の総数を10の22乗個とすれば、観測可能な宇宙の星の総質量は3×10の52乗 kgとなる ・観測可能な宇宙の総質量の5%未満が星などの可視的な物質で構成されており、残りは暗黒物質やダーク・エネルギーが占めていると予測される。 ・つまり5%が3×10の52乗 kgだから、観測可能宇宙の総質量は3×10の52乗 kgの20倍ほどの有限値と理解される。 [質量無限説] ・観測可能な宇宙の中にブラックホールがあると考えられる。 ・ブラックホールの中心は密度が無限大と考えられる ・密度=質量/容積において、容積はゼロを取れないので、質量が無限であることを示す。 ・ブラックホールが質量無限であれば、そのブラックホールを含む観測可能宇宙の質量も無限である。 御見識のある方々より、観測可能宇宙の質量有限説、あるいは質量無限説のいずれかをご説明いただけるとありがたいです。

  • 観測史上最大の星を発見 太陽の265倍

    観測史上最大の星を発見 太陽の265倍  質量が太陽の265倍もある巨大な星が発見された。  今回発見されたのは、太陽系から16万5000光年離れたタランチュラ星雲の奥深くにある「R136a1」という星。ヨーロッパの研究機関が、チリの砂漠に設置した望遠鏡を使って調べたところ、質量が太陽の265倍もあることがわかった。これまでに発見された最も重い星の約2倍にあたる。この星は生まれてから100万年と若く、太陽の何百万倍もの光を放っているという。  専門家は「質量が太陽の150倍を超える星はできないとの常識を覆した大きな発見だ」と話している。 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20100722/20100722-00000020-nnn-int.html 「質量が太陽の150倍を超える星はできないとの常識」とはどういうものでしょうか? 現在の科学では説明できないという意味でしょうか?

  • 人間は消えゆくか 永遠へと繋がってゆくか?

    人間の本性とはなんでしょう。エゴであり幸せを求める心であり、愛であるかもしれません。 それは自己保存のためであり人間の進化のためかもしれません。 では宇宙の流れはどうでしょうか。 今分かっている限りでは、ビッグバーンで始まった宇宙はブラックホールの蒸発で潰えそうです。 では人間と宇宙の関係はどうでしょう。 今のところ人間は太陽に照らされて舞い上がった土ぼこりの渦のようなものかもしれません。 太陽とともにあるいは原子力とともに燃え尽きる運命のようにも見えます。 しかし私達はここで考えなければなりません。 40億年という生命の営みとそこに生まれた魂が求めているものは何かということをです。 宇宙のエネルギーは循環するか、そこを離れて崩壊、散逸するかです。 でもその散逸するエネルギーを吸収してリサイクルすることが出来たら、 宇宙の流れと人間の運命は変わると思います。 尤も物理学ではこれを熱力学の第二法則〈エントロピー増大則〉をもって無理なことだとしています。 私は今その法則の例外を探しているのです。 国立天文台は1995年、銀河M106に太陽質量の3600万倍の巨大ブラックホールを発見したと発表しています。 その他ダークマター クエーサー パルサーなど宇宙には色んな個性を持ったエネルギーが存在します。 エネルギー : 物体が物理的な仕事をすることのできる能力。力学的エネルギー(運動エネルギーと位置エネルギー)のほか、化学・電磁気・熱・光・原子などの各エネルギーがある。さらに相対性理論によれば、質量そのものもエネルギーの一形態である(物質 原子・分子もエネルギーで出来ている) 今 ビッグバン理論や相対性理論が見直されていますが わが意を得たりです。ダークエネルギーと言うのも甚だ疑問です。  ヒッグス粒子のヒッグス場によって質量が生じると考えられる今 それでも原理は変わらないと考えています。 人間はどうなる運命にあるのでしょうか?

  • 宇宙

    銀河系って言うんでしたっけ? 太陽系かな…? 忘れた… それは置いといて本題 宇宙にある惑星で発見されてるのは 火星、彗星、木星、金星、土星、太陽、月、地球 ですよね? (もしかしたら公表されてないだけでまだあるのかもですが) 曜日の月曜日、火曜日………はそれから来てるらしいですよね まぁそれも置いといて… 地球が中心で火星、水星、木星……とあるんでしたっけ? 一番遠いのは太陽だっけ?月だっけ? まぁいいや では本当に本題 宇宙をどこまでも進むと何があるんでしょうか? (その前にブラックホールに飲まれる事は置いといて) 未開の地(?)ですか? 月か太陽(地球から一番遠い星?)より先はまだ人間は行ったこと無いんでしょうか? ちょっと興味があります どんな些細な回答でもいいのでお願いします

  • 大槻教授はなぜあんなに大口を叩くのか

    大槻教授の超常現象大討論は見ていて面白いとは思いますが、なぜあんなに 大きな口を叩くのでしょうか。 野口英世博士にしても光学顕微鏡の限界に悩み、ウイルスの発見に至って いなかったのに世界的な研究者も次に発見されるものに対して謙虚になる べきだ。と思うのです。 ブラックホールの謎や赤色巨星の超新星爆発に隠しても地球人で見た人は いません。見たら即死ですから。 太陽系のすぐ近くにブラックホールが現れれば地球は消滅しますし、超新星 爆発を赤色巨星が起こせばガンマー線が宇宙空間を飛び地球に降り注ぎます。 それらは地球人が観測できない現象ですし、観測したとたん地球人類は絶滅 します。そういうことを言わずになぜ宇宙人の存在を認めないのか。 彼らはそれを伝えに来ている可能性があるのにです。 これをどう思われますか。

  • 銀河系の鳥瞰図は想像図ですか実測図ですか?

    銀河系の鳥瞰図は想像図ですか実測図ですか? 私たちの銀河系は中心付近が膨らんだピザの様な円形で渦巻くように恒星が分布しているそうです。 この図は想像図でしょうか実測図でしょうか? 私たちは銀河系の中心から2.5万光年ほどに位置する太陽系におり、ここから観察できる天の川は太陽系近傍の局所的な断面にすぎません。人類は、ちょうど、ビザの中心から半分ほどの生地に埋まっているシラミのような位置づけに例えてよろしいかと思いますが、このシラミがどうしてビザの全体像が分かるのでしょうか? よしんば、太陽系近傍の恒星を10万個も調べて、ドップラー効果からそれぞれの天体運行の軌跡を求め、運動方程式の時間変数を変化させればLPレコード盤の溝のような同心円状の筋ぐらいは決定できそうな気がします。しかし、10万個を調べたとしても、1000億太陽質量と言われる銀河系の100万分の1の局所情報にすぎません。レコード盤の様な幾何学模様だけならいざ知らず、ピザの上に散在するベーコンやアンチョビの欠片の様な個別状況は導き出すことができないと思います。ピザ生地に埋もれているシラミがピザの全貌を見るためには、ピザから飛び出して1万光年ほども平面から離脱した所から全体を鳥瞰するしかない様に思います。 現在ある銀河系の鳥瞰図は天文学者の想像図なのでしょうか、それとも実測図なのでしょうか? 実測図であれば視点をどこにおいて実測したのでしょうか? 幼稚な質問ではありますが、なにか参考になるお知恵をご教授いただきたくお願い申し上げます。 ここでは実測の測定誤差は問題ではありません。 考え方をご教示いただければ幸いです。