• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

血管の二重支配?

学校の先生が人間の内臓には二重支配されているところがあるというようなことを言っていたのですがどうゆうことでしょうか? 確か血管がどうとか言っていたような気がするのですが、人間の体は動脈と静脈が流れているので全て二つの血管が関わっている…つまり支配されているってこととは違うのでしょうか? 気管支動脈など言っていたのですが、辞書で調べても出てきません。 よくわからない質問ですみません。できたらわかりやすく絵などが載ってサイトなどあったら教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数3691
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは、 交感神経、副交感神経というのをご存知ですか? 臓器に対する効果は、ウィキペティアに大雑把にのっているので、そちらを貼っておきます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%AF%E4%BA%A4%E6%84%9F%E7%A5%9E%E7%B5%8C http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E6%84%9F%E7%A5%9E%E7%B5%8C これが一番始めに思いついた二重支配ですが、血管ついて先生が語っていたところを考えてみると、もしかしたら、ホルモンについて語っていたのかも知れません。 血液を通して内蔵を調節しているのは、ホルモンです。人間には、ホメオスタシス(恒常性)といって体温などを適度な状態に保とうとする働きがあります。  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%92%E5%B8%B8%E6%80%A7 例えば血糖値を例に取ると、 ホルモンは、血糖値が下がると血糖値を上げるホルモン(グルカゴン)を分泌し、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%83%B3 血糖値が上がると血糖値を下げるホルモン(インシュリン)を分泌します http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%B3 このことを、促進因子と抑制因子の二重支配を内蔵が受けていると先生が語っていた可能性もあります。 とここまで書いたところで、やっと質問が見えてきました。 肺、気管支の二重支配で血管というとこの事だと思います。 肺の血液の循環は、気管支動脈と肺動脈の二つがあります。 英語の図しかウィキペティアでは出てきませんでした。 http://en.wikipedia.org/wiki/Pulmonary_artery (肺動脈) http://en.wikipedia.org/wiki/Bronchial_artery (気管支動脈) 二重支配なので、気管支動脈の血流が止まっても肺動脈からわずかな血流が保たれ、気管支が壊死しません。 気管支動脈と肺動脈の二重支配を受けていると先生は言っていたのかも知れません。 そして、#1さんへの補足を拝見するとやっとさらに質問が見えてきました。 ウキペティアの梗塞のページの出血性梗塞(赤色梗塞)の欄をご覧ください。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%97%E5%A1%9E おそらくこの事を先生は言っていたのだと思います。 オンラインで、わかりやすく絵などが載ってサイトがあるかどうか分かりませんが、本としては図解が売っているようです。 http://www.google.com/search?hl=en&q=%22%E5%87%BA%E8%A1%80%E6%80%A7%E6%A2%97%E5%A1%9E%22%E3%80%80%E3%80%80%E5%9B%B3%E8%A7%A3&btnG=Search&meta=

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

多くのサイトを教えていただきありがとうございます。 自分がわかりたいことがわかりました。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 点滴や注射に使用する血管について

    最近、ふと疑問に思う事がありまして、今回お聞きしたく思います。 質問内容は、通常液体状の薬品を点滴や注射器を使って、体内に 注入する際は、静脈の血管を使うのが一般的だと思うのですが、 最近疑問に思うようになりました。 この点について、三点程お聞きしたく思います。よろしくお願いいたします。 まず、この私の理解、認識そのものが正しいかお聞きしたく思います。 またクラッシュシンドロームなどの救急救命医療の現場では、病院へ 搬送する前の段階で、患者への毒素を薄めるなどの目的で、点滴を 行う事が一般的になってきたとも聞きます。 その際、患者の損傷部位の関係で、静脈には点滴の針を挿せず、 動脈を使用しなければならない事もあると言った事を聞きます。 こう言った事も医療現場では、実際にあり得る事なのか、実際に現場 で行われている事なのか、お聞きしたく思います。 二番目の質問をさせて下さい。 動脈と静脈の違い、働きの違いについて、お聞きしたく思います。 働きの違いですね。動脈は、心臓から、酸素や栄養分を体の末端の細胞 まで運ぶ血管と言う解釈で良いのでしょうか 静脈は、細胞等で代謝によって出来た老廃物(二酸化炭素など)を心臓、 肺(肺胞で酸素と二酸化炭素を入れ替える)、腎臓などの器官へ送る血管 だと理解しています。 上記の動脈と静脈の働きについて、間違っていないかどうか、肉付けして 頂ける部分がありましたら、お聞きしたく思います。 三番目の質問をさせて下さい。一番目の質問、二番目の質問とも関連しま すが、動脈と静脈の働きが、私が二番目の質問で書いた通りだと、 病院に入院中の患者に、ミネラルや栄養素を含んだ液体の点滴剤を、静脈 から入れると言う事は、理にかなってない事だと単純に疑問に思うのですが、 この点について、教えて頂ければ幸いです。 この場合、静脈ではなく、動脈を使っている事なのでしょうか? 私がただこの場合は静脈を使うのみと勘違いしているだけの事なのでしょうか? ど素人の質問で、大変ご迷惑をおかけします。最近ふと疑問に思い、投稿 しました。

  • 実験 どうして静脈に注射?(受験問題)

    表題のとおりなのですが、 ○免疫実験でたんぱく質をそれぞれ静脈中に注射した。 ○ホルモン実験で、インスリンを静脈注射したところ症状が改善された。 などと、実験ではいつも静脈に注射するような気がします。でも、どうして動脈ではなくて、静脈なのでしょうか?というのも動脈はこれから全身をまわる血管ですが、静脈は心臓にもどっていく血管ですから、動脈に注射する方が確実だと思うのですが?静脈だと体全体にまわらずに心臓にもどっていくこともあるような気がします。 どなたかご存知の方がいらっしゃれば、教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

  • 人間の動脈が通っている臓器を教えてください。

    人間の動脈が通っている臓器を教えてください。 動物も同じなのでしょうか? 犬も猫も人間も臓器の配置と繋がりは同じですか? あと動脈の血は黒くて、静脈の血が赤いのはなぜですか? 普通は動脈から静脈に血が流れるのなら、動脈が綺麗な赤い血をしていて、ガソリン車の排ガスのように血管を通っている間に汚れて静脈の血が心臓に戻った時の方が黒い血だと思うのですけどなぜ真逆の色をしているのですか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#68162

補足要求です。 質問者様の学年と、何の科目で何について話していた時にその話題が出てきたのか教えてください。 そうしないと、どのレベルの回答を求めているのか分かりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

質問不足ですみません。 高校二年なのですが、高校の生物の授業中に生物の先生が脳梗塞の話をして(話しているうちに先生の身内に脳梗塞になった人がいたとか脱線してこの話題になりました)、そのときに二重支配されているところでは起こりやすいと話していました。

関連するQ&A

  • 採血をする時.....。

    一般的に静脈から採血をする訳を教えてください>< ・体表面上に広く静脈が分布していること ・血管構造の違い ・血流の勢いによる出血 以外で教えてください。。 特に比較的細い動脈からもあまり行われないことに触れていただくと感謝です。 よろしくお願いします。

  • 毛細血管について・・・

    毛細血管について・・・ 動脈から毛細血管への移行の仕方についての質問です!? 解剖された人体の説明に、血管は大動脈→動脈→細動脈→毛細血管→静脈の順で体を巡っているとあったので、私はたくさんの血管が次第に細くなりやがて見えなくなるイメージを持って観察したのですが、実際はそうではなく数本の血管しかなくそれが突然切れて終わっていたのです。 ここで疑問に思ったのですが、体中に張り廻らされているという毛細血管はどこから・どのように分岐していくのでしょうか? 専門的知識がなく、よく分からない質問文になってしまいましたが宜しくお願いします。

  • 軽い動脈硬化で、動脈内のプラークを減らす(なくす)方法はありますか?

    軽い動脈硬化で、動脈内のプラークを減らす(なくす)方法はありますか? 緊急に外科手術するほどではありませんが、頸動脈のエコー検査で動脈の中に少しプラークがあるとの診断を受けました。(血管年齢や血管の硬さは問題ないとのこと) 食事の注意事項などは医師から教わりましたが、頸動脈のエコーでプラークがあるということは、多分、体中の他の血管の中にも(静脈の中にも?)あるのではないかお思いますが、こうしたプラークを、外科手術以外でなくす方法はあるでしょうか?  たとえば、食事に気をつけて、毎日ウオーキングなど軽い運動すれば、外科手術をしなくても、プラークは完全になくなるものでしょうか? ご存知の方いらしたら教えてください。 

  • 人体模型

    よく学校の理科室においてある人間の形をしていて体の半分に血管や内臓が描かれているやつをなんというのですか。 英辞朗で調べたら、「人体模型」でmanikinと出ていたのですが、ちょっとちがうようなきがするのですが。 よろしくお願いします。

  • 肺循環、体循環について。

    私は看護学科1年の生徒です。 解剖生理学の国家試験の問題を解いているのですが、 どこの文献を調べても答えらしきものが見つかりません。 根拠を答えなくてはいけないのですが、 どうしてそうなるのか・・・。 ということがわからないのです。 どうかお知恵をおかし下さいませ。 1、低酸素状態で肺血管系は拡張する。 は間違いである。 なぜ間違っているか。 根拠とともに答えなさい。 2、動脈硬化は体血管系にむしろ多くみられる。 それはなぜか。 根拠を答えなさい。 ちなみに、肺血管系、体血管系というものがなんなのかわからなく、 辞書やネットを活用したのですが、 全くのっていなく、困っています。 よろしくお願いします。

  • ヒトの体内の血液のめぐりかたについてお教えください。

    ヒトの体内の血液のめぐりかたについてお教えください。 1 体循環と肺循環がありますが,肺胞から酸素を受けとる血管と肺胞の細胞でできたアンモニアを受け取る血管は,それぞれ別で,肺循環専用(右心室をでて左心房に帰る),体循環専用(左心室をでて右心房に帰る)の2系統の血液循環があるということなのですね。肺胞には,体循環用の血管も行っているということでいいのですね。 2 酸素は動脈内に,二酸化炭素は静脈内に入るということでいいのでしょうが,小腸で吸収される栄養分や,細胞でできたアンモニアなどは,動脈に入るのか,それとも静脈にはいるのでしょうか。 3 そもそも,右心房に戻ってくる血液は,2酸化炭素が多い静脈血100%だ思いますが,右心房の中に戻ってくる血液は,アンモニアや尿素を含むものと,栄養分を含むものなどごっちゃなのでしょうか。

  • 【植物学】葉脈の流れについて

    植物の生態に詳しい方にお尋ねします。 ちなみに私の知識はゼロなので、おかしいことを聞くなと思われる点はご容赦ください。 植物が栄養を送る時、葉脈を使うと思うのですが、これって人間の血管にあたるようなものですよね。 だとすると、人間に動脈・静脈の区別があるように、植物の葉脈もそれと類似するような循環機能があるのでしょうか? それとも植物は心臓のような循環元もないし、動脈1本が太陽の方向へ一方通行になって無数に広がっている状態ということでしょうか。 植物を模写してる時にふと疑問がわきました。 よろしくお願いします。

  • 上大動脈と下大動脈の違い

    よろしくお願いします。 今日入試だったのですが、 そこで、肝臓関連の血管として穴梅問題がありました。 心臓→(1)→肝動脈→肝臓→肝静脈→(2)→心臓 自分は1は、大動脈、2は大静脈と思ったのですが、 選択肢にはそれぞれ、上大動脈、下大動脈、上大静脈、下大動脈がありました。 そこで質問なのですが、自分は上大動脈と下大動脈 上大静脈、下大動脈を区別して覚えていませんでした。 かえってきて、調べましたが、わかりませんでした。 そこで、質問なのですが、上大動脈と下大動脈 上大静脈、下大動脈の違いはなんですか。 また、グルコースから、乳酸発酵とアルコール発酵の過程は、ピルビン酸まで共通だと思いますが、 問題で、グルコースからピルビン酸まで5本の→が出ていて、そこから、外に放出されるるものが5箇所穴生めになっていました。 自分は、2ATP先行投資の結果としての2ADP 4ADP投入しての4ATPの放出 4NADHの放出、 と3つしかわからなかったのですが、 穴が5つあったので、他に二つ何がでるのでしょうか。 又は、これら三つにはより細かい順番があり、 分けて書けということなのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 義父が医療過誤にあいました

    義父が血流が悪く、特に右足。バイパス手術を医師に勧められ手術したのですが、足を見て色がひどく紫色で、手術前より変な色で凄く不安でした。3日目に先生が来て「どうも、動脈と静脈を繋ぎ間違っちゃったみたいなんですよね~!」と言われ再手術。術後はあしの色も肌色で安心しましたが・・・こんなこと初めてだとは先生は言ってましたが・・私は素人なので友人の医師に聞いても普通は、間違えないとの回答。私も血管の違いは基本的なものではないかと思いますがいかがなものでしょうか??

  • 尿管結石? それとも、静脈の石灰化?

    尿管結石? それとも、静脈の石灰化? 約2年前に血尿がでたので、病院にいき、レントゲン(一般撮影)を撮ったら、尿管結石という診断を受けました。たしかに、レントゲンには尿管あたりに石のようなものが映っていました。あれから2年が経ち、特に血尿も痛みもなく平穏に暮らしていたのですが、石の状況が心配で再度病院に行きました。 以前担当していた先生は転勤?し、新しい先生がみてくれました。先生の指示でCTを撮ったところ、尿管には石はなく、その隣の静脈に石のようなものが映っていました。先生は、「以前の診断ではレントゲン(一般撮影)だったので詳細はわからなかったが、今回はCTを撮ったことで尿管には結石がないことがわかった。静脈の石灰化だね。何か足をけがしたことはない? この石灰化は健康には問題ないよ」といってくれました。 その時は納得したつもりですが、以下のとおり疑問がありますので、教えてください。 (1)そもそも以前、血尿がでたのは事実ですのでやっぱり結石ではないのかなと思うのですが。でも、2年前のレントゲン写真と今回のCT画像の石の位置はほとんど同じだったので、先生のいうとおりなのでしょうか? (2)静脈の石灰化(そのように聞いたと思うのですが)とはどのようなものなのでしょうか。 (3)そして、それは、本当に健康に影響はないのでしょうか? たとえば、血管のつまりの原因になるとか・・・ 以上3つの質問です。よろしくお願いします!