• 締切済み
  • すぐに回答を!

事業上の法的責任について

業務上の事故の法的責任(刑事?)やそれに伴う賠償責任(民事?)発生の可能性について教えて下さい。 法律に詳しくないので、刑事と民事の考え方が混同しているかもしれませんのでご容赦ください。 これまで30年ほど視聴覚設備業を行っていて、公立の学校の教室等にTVやプロジェクターの天吊工事を何件か行いました。 既存の建物に設置、というパターンで、たとえ新築であっても建築会社との契約である建築付帯工事ではなく施主との工事請負或いは物品売買の契約で、公立なので売買契約は正式です。 契約書には「機器類に関し故意でない自然故障の場合は1年間が保障期間」とあるだけで設置工事についての言及はありません。 工事に際しては建物の管理者と入念に打ち合わせしていますし、当該商品の純正取付器具、或いは器具専門メーカーの凡用品であれば耐荷重や構造等最適の物を選択して万全を期してきました。 おかげで軽微な物も含めてこれまで事故は一切なく、また業務内容の変遷に伴いこの4年間は取付に関わる仕事はしておりません。 しかし最近の何でもメーカー(供給側)に責任が科される風潮を見聞きして心配になってきました。 そこで教えていただきたいのは当社に掛かる法的責任(主として賠償)のことです。 設置後何年間無事故、或いはどういうケースならいいのでしょうか?(もちろん道義的なことは別として) 万全の工事でも設置個所の当社契約以前の建築段階での欠陥(コンクリートや下地の強度不足とかの場合)の場合は防ぎようがありません。 また当社以外の業者が修理等で取り外し後再設置する可能性も多々あります。 このような場合は落下等の事故が起きてもそれが立証できれば問題ないでしょうか? 今心配なのは、経年劣化で器具金具の締付やその他に不備が出て来る場合のことです。 公の備品台帳の償却期間までと考えればいいのでしょうか? しかしどこでも予算不足で償却期間以上使用しているケースはざらにあり、使えるものは使えばいいのですがそれもきちんと管理した上での事であるはずなのに、あってはならない事故が起きるまでは危機感はないに等しいと見受けられ現状では保守契約など99.99%無理です。 使用者側(施主側)の「何も手段は講じていない」管理体制に従っていて、また当社としても全ての物件の現状など把握仕切れていません。 常識的に考えて、設置後相当の期間(例えば1年とか)何もなければ正当な設置工事と考えてもいいように思いますが、最近は何十年も前の生産の、或いは想定外の使用方法で起きた事故でも企業が責任追及されているようなので心配になってきました。 この辺りについてアドバイス頂きたくよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数180
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • gootone
  • ベストアンサー率34% (25/73)

こんにちわ。以前、従業員100人ほどの電子機器メーカーで 品質保証、営業といった仕事をしていたことがあります。 製品に問題が起きた場合、まさにその苦情を聞きに行く役割です。 >定外の使用方法で起きた事故でも企業が責任追及されているようなので心配になってきました。 それは少し考えにくいことなんですが、分りましたら、具体例を お教え頂けないないでしょうか。ご説明できるかもしれません。 >常識的に考えて、設置後相当の期間(例えば1年とか)何もなければ正当な設置工事と考えてもいいように思いますが、 >設置後何年間無事故、或いはどういうケースならいいのでしょうか? 設置工事の基準にどういったものがあるか知らないのですが、 JISをはじめ、何らかの技術的安全基準、目安があるはずです。 エンドユーザーが、専門知識がある業者やメーカーなのか、 家電製品のように、素人なのかのよって違います。 うちの場合、一般家庭で使う電源アダプターなどがありましたので、 電気用品安全法〈旧電気用品取締法〉の適用がある可能性があり ましたしたので、電気的絶縁物の確認40,000時間を目安として いました。電源内部でショートがあって、火災につながると いけないので、配線の被覆など絶縁物の耐久時間を4万時間以上、 およそ10年以上と考えていました。 >経年劣化で器具金具の締付やその他に不備が出て来る場合のことです。 うちの製品の中に、電柱の上や、家の外壁など、屋外に設置する ものがあり、そういったものは止付け金具のデータ確認だけでなく、 実際の取り付け状況を社内で再現し、振動試験機による振動試験をやっていました。 これも製品加重などによって、JISに試験方法が指定されて いて、実際にはその基準以上で問題ないことを確認していました。 いずれにしても、1年くらいというのは、無料交換、無料修理の 目安であって、安全基準ということなら、数万時間、 10~20年ということだったと思います。 うちの電子機器で実際あった例としては、ある地区で使っていた 屋内設置型の小型電源(ケーブルテレビ屋内アンプ用外部電源) が設置後2、3年ころから1月数台単位で壊れるようになり(全部で 300台ほどありました)、現地工事業者が調べたところ、 半田クラックといって、内部の半田が割れたことが原因と 分りました。製造番号から、近いロットに集中していたため、 ロット不良(製造不良)ではないかと言われました。 製造不良となれば、全数無料交換となってもおかしくないので、 先に書きかました、振動試験結果(各ロットから抜き取り試験) を根拠にし、問題があった場所が、鉄道線路付近に集中していた ことから、強い振動がある場所で、振動がよく伝わる箇所での 使用が重なった、環境要因の事故と説明し、納得してもらいました。 相手が技術的なことが分る人だったということもありますが。 家電製品のように、使用者が技術的に素人だった場合、PL(製造物 責任)法などの適用があり、事故があった場合は、まず製造者に 問題ありとして話がはじまり、責任がないことは、業者側が証明 しないといけません。 しかし、お話の感じだと、素人相手ではないようなので、 例えば裁判になったとき、通常の民事の損害賠償問題となって、 まずは相手がわから、これこれこういった技術的問題があったと 指摘されるはずです。 関係する民法の条文としては (不法行為による損害賠償) 民法第709条  故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。 があたり、故意でなければ、過失でもないことが証明できれば いいので、その際の目安は、JISなどによる製品固有の 安全保障期間をデータや実験で確認していることを証明 できればいいはずです。 >欠陥(コンクリートや下地の強度不足とかの場合)の場合は防ぎようがありません。 その通りです。金具の破壊でなく、天井のコンクリート落下なら 設置業者の故意、過失ではあり得ないのですから、責任は問われ ません。 ということで、落下事故といったものが起きた場合、 何らかの物損は発生するので、709条といった 賠償責任は生じますし、それで人が怪我をすれば 刑事的には傷害事件ですし、死ねば殺人事件(刑法199条) です。 しかし、JISといった業者として守るべき内容 を守り、考えられる確認を怠っていなければ 責任追及とはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 考えられうる安全対策は取って仕事をしていればいいのですよね。 これまでも無事故なので無用な取り越し苦労は止めます。 力づけていただいてありがとうございました。

関連するQ&A

  • 石器捏造の藤村新一に法的責任は問えないのか?

    自分は多重人格者で30年近い期間の 記憶が無いといってるそうです。 生まれついての厚顔無恥らしく、 このふざけた言い訳にも疑問を感じないのでしょう。 嘘の実績で補助金を騙し取ったとか、 研究所に対する責任とか、刑事民事問わず 彼に法的責任は発生しないのでしょうか? 民事で損害を受けた人も目をつぶっているんでしょうか?

  • 退職後の社員に関する会社の法的責任

     こんにちは。カテゴリー違いかもしれませんが、詳しい方が大勢いらっしゃるので、ご質問させていただきます。  契約書等の内容で、個人情報や秘密保持に関することです。契約文面に次のような内容があった場合、当社における法的責任はどのように考えるべきでしょうか?  「個人情報、取引情報については、取引期間中はもちろん、取引期間後、および職員の退職後も、第三者に故意または過失によって漏洩、無断で使用してはならない」  ここで問題になるのが、退職後の職員に関するくだりです。職員退職後は、会社による監督はできませんし、責任を負うといっても具体的にとるべき行動もないように思います。退職時に、誓約書のようなものを取り交わすぐらいしか、当社にできることは内容に思うのですが、いかがでしょうか?  その後のことは、退職した社員個人のモラルの問題に大部分をゆだねることになってしまいます。仮に、彼が情報を漏洩した場合、それに対する当社の責任は、法的にはどのように判断されるのでしょうか。  契約を結ぶにあたって、会社としてどのように判断、対応できるか、ご指導ください。よろしくお願いいたします。

  • 引き払っても鍵を返さない借り主に法的責任は?

    引き払っても鍵を返さない借り主に法的責任は? 貸している事務所の借り主が、先月で引き払ったことになっているのですが、 一言の挨拶もなく、カギも返してくれません。 カギは、自分たちが借りたときに付け替えたからだ、 敷金返済と引き替えに渡すというのです。 カギがないと、中も見られないし、次の行動が取れません。 カギを渡せという通告を文書でしたくても、賃貸契約書にある社長の住所は転居しています。 要するに、借り主は契約期間中に住居を転居したのですが、私どもに知らせなかったわけです。 非常識きわまりない借り主ですが、カギがないのは困っています。 カギを渡さないことによる法的責任は問えるでしょうか。

  • マンション理事会の責任について質問です

    分譲マンションの住人で、管理組合の理事長をやっている者です。 立体駐車場の部品が古くなったので交換工事を行うべきとの意見が住人からあり、工事をする事については決定したのですが、私を含めた理事会員が多忙の為、具体的な工事の計画が進められておりません。そこで前述の住人から「早く工事の計画を決めろ。何か事故があったら理会の責任だ」と言われました。 そこで質問なのですが、このような場合、万が一事故があったら、理事会で民事的な賠償請求もしくは刑事罰に問われることはあるのでしょうか?

  • 13年前竣工の違法建築の責任

    15年前に竣工したS造3階建て物販店鋪についてなんですが、今年になって消防署からこの建築の違法なところを是正するようにとの勧告が施主のところへきました。 施主から、この違法の責任をとってほしいと言われて困っています。 13年前からの経緯は、A工務店が施主から依頼をうけて設計して着工した。 その後、施主からBデザイン事務所(当社)に「A工務店のデザインが気に入らないのでデザインをやりなおしてほしい」と依頼がある。 躯体はできていたので、外装を少しと内装の全てをB事務所がデザインして、A工務店が施工した。 施主の希望を取り入れて設計すると消防的に若干違法だったのですが、そのまま竣工しました。 当時としては軽微でよくある程度の違法なので、A工務店やB事務所も経験上、施主に対して断固反対はしなかったようです。 B事務所で15年前にそこをメインで担当した人はもういませんし、当時をいちおう知っているデザイナー(社長)も「当時どんなやりとりをしたかは覚えていないが、うちの会社のやり方と自分の性格として、施主への違法のリスクの説明と承諾なしに勝手にデザインすることはないはず」といっています。 今日、A工務店、当社、施主で話し合いがもたれたのですが、施主は「違法じゃないように建てるのがプロの仕事だ。責任をとってほしい」の一点張りです。 さらに昨年、この店舗の一部を改装する依頼があった時も、避難通路をつぶしたり、開口部を塞いでほしいという希望だったので、違法であることを説明し、あきらめるよう説得しましたが「なんとかなるでしょう。これくらいなら大丈夫でしょう」などと言ってA工務店に工事を依頼しようとしていました。 結局この改装は施主の都合で中止になったのですが、このことも「自分は素人なのできちんと説明してくれなくては。違法なら違法と言ってくれなくては。あやうく営業停止になるところだった」 とこちらが説明したり、説得したりしたことはさっぱり忘れている様子でした。 このことから、15年前も同じ調子だったんじゃないかと感じているのですが、3者ともはっきりした証拠はありません。 A工務店、B事務所は責任をとらなくてはならないのでしょうか。 ながながと書きましたが、設計事務所、デザイン事務所の方アドバイスをお願いします。

  • 下請での瑕疵担保責任の範囲について

    プラント工事の機器設置工事を行いましたが、機器の不良で交換工事をしなければなりません。もちろん交換工事は、瑕疵担保期間なので無償で行います。 ところが元受業者(超一流電気メーカー)から、交換工事に立ち会う元受現場代理人の人件費と経費(出張費等)を請求され、困惑しております。 当社が元受の場合には、下請業者に対して現場代理人費用など請求をしたことはなく、そのような費用は元受責任の範疇と考えておりました。 法律的には、支払わなければならないものなのでしょうか? 当社の規模は、下請法の適用外で、かつ契約書上現場代理人費用についての取り決めはされていません。 本日、元受との交渉です。良い知恵をお授け下さい。

  • 使用者責任

    2ヶ月ほど前に自宅をオール電化にリフォームしました。ガス器具がレンタル(ガス会社から)だったため違約金が発生するので一度は断りましたが、リフォーム会社にオール電化工事一式のローンに上乗せ出来るから大丈夫と言われ契約しました。工事は無事終了したのですが、営業に来ていて者が違約金支払いまでが仕事だからと言われ、ガス会社に支払いを頼んだのですが持ち逃げされてしまいました。会社に確認したところ、当社はお客様に返金したので責任はありませんと言われてしまいました。また他にも同様な事を数件していたらしく、後日、さかのぼって解雇にして、犯行当日は、解雇の翌日なので社員ではない者の責任を取る必要はないとも言っています。 返金される事(される日)は社員の時に知っていた事で、違約金支払いも業務の一環なので、会社に使用者責任があると思うのですが。

  • 損害賠償責任

    夫が建築工事の監督をしており現場で事故が起きました。 加害者は夫で被害者は全治3ヶ月の診断だったのですが、会社側が損害保険で賠償するつもりだったのですが、示談交渉をしている間に倒産してしまって被害者側から刑事裁判→民事裁判で夫本人から損害賠償として責任を取らせたいと思っているようなのです。 この場合、夫は裁判にかけられ前科がついてしまうのでしょうか?また、損害賠償責任はあるのでしょうか?

  • 損害賠償責任

    以前にも質問させていただいたのですが・・・再度お聞きしたいのですが。 夫が建築工事の監督をしており昨年9月に現場で事故が起きました。 加害者は夫で被害者は全治3ヶ月の診断だったのですが、会社側が損害保険で賠償するつもりだったのですが、示談交渉をしている間に倒産してしまって被害者側から刑事裁判→民事裁判で夫本人から損害賠償として責任を取らせたいと思っているようなのです。民事上は会社の保険屋が倒産後も引き続き調停をしているのですが、被害者側もまだ完治していない・後遺症はどうする?と言ったりしてまだ療養・休業しているので・・・ 警察に被害届が出されていて取り調べにも来てくれといわれています。被害者側は損害賠償が思惑どうりに進まなければ被害届を取り下げないと言っています。この場合、会社側に責任はなく、夫が刑事・民事責任を取らなければいけないのでしょうか?また、損害賠償責任はあるのでしょうか?また、早急に弁護士を依頼したほうがいいでしょうか?

  • 設計に関する重要事項説明に関して教えてください

    工務店です 重要事項の説明について教えていただきたいのですが 施主Aが当社B(建設業登録のみの工務店)に一級建築士でないと設計出来ない規模の依頼がありました 当社Bは一級建築士事務所Cに設計監理を外注(BC間は信頼関係上承諾済み) 確認申請は、施工者B、設計監理者Cとして申請頂く予定です 一級建築士でないと設計出来ない規模でも、施主Aと当社Bは商法上契約可能かと思いますが 、当社Bはあくまで建設業登録(2級建築士資格のみ保有)しかしておりません この場合、設計監理契約に関する重要事項説明は、当社Bに対し設計管理者Cが 行うもので、施主Aに対しては当社Bが行う事でよいのでしょうか? その場合、当社Bの無資格者(設計事務所登録無し)が行ってもよいのでしょうか? それとも設計監理者Cに行ってもらわねばいけないのでしょうか?