• ベストアンサー
  • 困ってます

取締役の任期について

取締役の任期について教えてください。 会社の定款を見たんですが、取締役の任期は4年、監査役の任期は2年となっていました。 任期4年ということは4年経つと取締役は一旦すべて退任するのですか? 私の会社の社長は何10年も役員をしているのですが、任期満了時は一度退任しているのですか? それでもし株主総会で選任されれば再び就任という形になるのでしょうか? あと、この任期というのは何かの法律によって決まっているのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数462
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#70707
noname#70707

1. 取締役の選任は株主総会で行われますが過半数の株主の同意によって決定されます。 2. 任期ですが sama-zu さんのご存知の定款で定められています。 株主総会において取締役改選は各々の任期満了の者は再任(重任)又は退任、あるいは新任が決議され選任されます。 任期変更はこの場で決議されて承認がされれば定款の変更がされてこの総会は終了です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

そうですね。 任期満了→株主総会決議に基づいて再任(新たな委任契約) ということですね。 法律では、 原則、取締役の任期は2年以内(会社法332条1項)、監査役の任期は 4年以内(会社法336条1項)ですが、 公開会社でない株式会社は、ともに、定款で10年以内にすることができる (会社法332条2項)ので、質問者様の会社は取締役について4年と しているので、非公開会社ということなのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すいません。 あと、一点教えてください。 任期というのは取締役に就任してから2年ということですが、もし途中で事故等があり、取締役が変わって新しい人が就任した場合、この就任した人は、就任した日から2年ということですか? それとも、任期というのは一定の区間があって個人の就任にかかわらず固定されているのですか?

関連するQ&A

  • 任期途中での監査役の任期変更について

    新会社法の施行により、取締役、監査役とも、株式譲渡制限のある非公開会社の場合、任期は10年までの間で任意に設定できるようになりました。 今期、取締役の任期満了に伴い変更登記を行う際に、任期を今までより長期(5~10年)に変更することになりましたが、監査役の場合、まだ任期途中です。しかし、今後の任期満了に伴う変更登記の手間を考えると、同時に監査役の任期を変更したいと考えています(取締役と同期間) その場合、監査役が任期変更に伴い、辞任して、新たに就任決議を株主総会で取れれば、新決算年度より新たに10年の任期とすることができるのか、それとも、残存任期満了までは、現任期(4年)とされ、任期満了後に変更された任期になるのかを教えてください。 なお、現状の定款では、 「監査役が任期満了前に辞任した為に選任された監査役(補欠)の任期は前任者の残存期間と同一とする。」 とされています。

  • 監査役の任期変更

     基本的質問で申し訳ありません。  監査役の任期について伺います。 現在の監査役のは平成16年に登記を行い、来年に任期満了なのですが、今年、役員変更登記を行う必要があることから、現在の監査役は任期中ですが、一度辞任し、改めて監査役に就任する事が出来ると聞きました。この場合、株主総会議事録には「取締役任期満了による改選の件」のどのような文言で付け加えればよいのでしょうか。宜しく御願い申し上げます。

  • 監査役の任期について

    下記の会社の監査役任期について教えて下さい。 1000万円の株式会社N 決算12月 取締役任期2年 監査役任期4年 1.設立平成13年7月 監査役Aが就任 2.平成14年2月 監査役A重任 3.平成15年2月 監査役A辞任 監査役B就任 4.平成17年2月 監査役B退任 登記遅れて平成17年7月監査役B就任(重任?) 平成20年2月の株主総会で、監査役はCになる可能性が高いのですが、その場合、Cの監査役の任期はいつまでになるでしょうか。 平成19年2月の株主総会で任期による取締役変更をしますが、監査役任期をあわせることができるでしょうか。 別の質問になりますが、監査役で1年任期が残っているDが、一度退任して再度Dが監査役に就任をした場合、 新たに就任した年から監査役任期を4年とすることは可能でしょうか? 説明がうまくできないのですが、よろしくお願いします。

  • 株主総会議事録(役員の変更について)

    株主総会議事録(役員の変更について) 取締役会設置会社です。任期満了による改選で、代表取締役が退任しました。監査役2名のうち、1名が取締役に就任した為監査役の辞任届を提出してもらいました。監査役は、任期が2年残っているので、1名だけ新たに選任しました。また、署名押印の関係で印鑑証明を取らなくてもいいように、代表者資格喪失ということで処理する予定です。この場合、株主総会議事録の書き方として任期満了による改選と、代表者資格喪失のことと、監査役の1名選任についてどのようにまとめたらいいでしょうか。詳しい方、教えてください。また、取締役議事録で代表者を選任したいと思います。代表取締役たる取締役の辞任に伴う後任者選任の場合の議事録の書き方も併せてご教示願います。

  • 監査役の任期

    例えば、監査役Aが2007年9月30日の定時株主総会終結前に辞任した場合、補欠監査役Bは、定款に定めがあった場合、前任者Aの任期満了日まで選任されるとのことですが、では「定款に定めがなかった場合」は辞任したA監査役の後継者と、その会社の体制はどうなるでしょうか? もう1つ。C株式会社の任期満了した取締役Dは、その後も継続してC株式会社の監査役を引き受けることはできるのでしょうか?

  • 任期途中で解任した監査役の後任の任期

    任期途中で解任した監査役の後任監査役の任期ですが、平成18年11月に就任した監査役ですが平成20年1月に任期途中で解任しました。後任の監査役は、平成20年1月に就任しましたがこの場合、後任監査役の任期はいつまででしょうか?定款には、任期満了前に退任した監査役の補欠として選任された監査役の任期は、前任者の任期の残存期間と同一とすることの条文が入っています。前任者の任期4年?を引き継いで22年11月という事で宜しいのでしょうか?

  • 役員の変更登記について

    役員の変更登記について教えてください。 会社が昨年12月31日に第3期を終え、これに伴い役員の変更があります。具体的には、以下のような感じです。 (これまで)   ・取締役A   ・取締役B   ・取締役C(任期満了で退任)  (今後)   ・取締役A   ・取締役B   ・取締役D(新任) この場合、登記関連の書類について教えて欲しいのですが。 ■1点目 任期満了で退任する場合には、退任届は必要なのでしょうか? ■2点目 新任の取締役は、就任承諾書は必要なのでしょうか? これについては、株主総会議事録の記載で援用してよいのか、それとも別途作成した方がよいのでしょうか? ■3点目 登記の場合の書類は、以下でよいのでしょうか? ・変更登記申請書、登録免許税納付用台紙 ・登記OCR ・株主総会議事録 ・取締役会議事録 ■4点目 株主総会議事録の中で、任期満了の退任の記載は必要なのでしょうか?(作成例では記載してません) 第2号議案 取締役及び監査役任期満了による改選に関する件 議長は、取締役及び監査役の全員が本定時株主総会の終結と同時に任期満了し退任することになるので、その改選の必要がある旨を述べ、その選任方法を諮ったところ、出席株主中から議長の指名に一任したいとの発言があり、一同これを承認したので、議長は下記の者をそれぞれ指名し、これらの者につきその可否を議場に諮ったところ、満場一致をもってこれを承認可決した。 取締役 A 同 B 同 D なお、被選任者は、いずれもその就任を承諾した。 ■5点目 OCRの登記事項で、満期退任の場合は、記載は必要ないのでしょうか? あと、新規取締役の場合は、「就任」という文言でよいのでしょうか? 非常に一般的なケースなのですが、よく分からなかったので教えて頂ければ幸いです。

  • 監査役の任期、定款で「2年」。次回の登記は?

    株式会社の監査役についてです。監査役は常に1人しか置いていません。 Aさん  平成17年就任      平成19年辞任                         平成19年就任        平成20年辞任                   Bさん  平成20年就任 定款に監査役の任期は「2年」とあり、前任者の残任期間を引き継ぐともあります。 平成18年会社法施行により「4年」となったかと思いますが、今回の場合、会社法はどこから効力を発するのでしょうか?? 自分の勝手な推測では、「平成17年就任は任期2年とされ、平成19年で任期満了退任。 平成19年からは、会社法の任期4年が適用され、平成23年で任期満了退任。」このような推測をしましたが間違いでしょうか? 平成19年の辞任・就任で何らかの足並みを揃えてくれているように思うのですが、分かるものが居らず。。。 前にも似た質問をしたのですが、上記のような疑問が新たに出てきて困っております。回答宜しくお願い致します。

  • 取締役の変更登記について

    こんにちわ。 弊社は、株式会社で今現在、取締役が4名、監査役が2名おります。 この度、取締役2名、監査役2名が辞任届を提出してきました。 この場合は、後任者が総会において選任されるまでは、 権利義務を有すると思いますが、取締役、監査役それぞれ 2名ともが権利義務を有することになるのでしょうか? それとも、どちらか1名が法律的に、退任したことになるのでしょうか? 尚、定款で取締役は、4名以内となっていますが、 今度の取締役は、3名増員予定です。この場合は、 総会で選任された時点で、前任者は退任し、後任者は、 就任したということで、定款の4名以上になっていない。 と判断してよいのでしょうか? 長々となり、すみませんが、お願いいたします。

  • 総会議事録 同監査役の辞任&就任

    ちょっと提出前に気になってしまったので・・・ よろしくお願いします。(長文失礼します) (法の改正た関係で)同監査役を辞任&就任させた場合の記載方法例について教えてください。監査役の辞任は、株主総会前です。 やはり、何日辞任と何日就任について記する必要がありますよね? どういう風に文言を加えたら良いのでしょう・・・ 辞任がない場合の一般的な例文を下に書きました。 第●号議案 取締役及び監査役の任期満了による改選に関する件 議長は、取締役及び監査役全員が本定時総会の終結と同時に任期満了し退任することとなるので、その改選の必要がある旨を述べ、その選任方法をはかったところ、出席株主から議長の指名に一任したいとの発言があり、一同これを承認したので、議長は下記の者を指名し、これらの者につきその可否を議場ではかったところ、満場一致をもってこれを承認可決した。 取締役 ● 監査役 ● なお、被選任者は、いずれもその就任を承諾した。