• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

保険見直し:堂々人生の転換を迫られています

保険素人の25歳と28歳の姉妹です。実家の母の付き合いで加入した第一生命の「堂々人生」が間もなく満期ということで、転換を迫られています。 セールスマンのすすめる内容に納得いかず、ネットでの評判もよくないので解約したいのですが これまでの掛け金が勿体無いので、転換か払い済み保険等何とか活かす手段はないでしょうか。 また、付き合い上、他にも色々と加入しておりましたがこれを機に見直したいと思います。 姉は職もないので、死亡保障は葬儀代程度の300万円、あとは病気・ケガで入院した際の入院給付金が でれば充分と思っております。アドバイスをいただけたら幸いです。   28歳(姉) 家事手伝い 保険料合計月/17878円 ●堂々人生「保険工房」(平成11年契約)   8651円  死亡・高度障害保障   3000万円  傷害保障特約       200万円  特定疾病定期保険特約  300万円   ↓転換後  堂々人生「保険工房」(平成11年契約)   10382円  死亡保障        1500万円+遺族年金2000万円=3500万円  特定疾病定期保険特約  300万円  女性特定疾病入院特約   入院給付金日額10000円  新総合医療特約      入院給付金日額10000円   ●Afrac EVER HALF(平成17年契約)     6146円  災害入院特約      入院給付金日額10000円  手術特約        手術に応じて10万~40万円  終身特約         100万円  リビング・ニーズ特約 ●スーパーがん保険特約MAX付(平成12年契約)3081円  疾病特約  災害特約  手術特約 25歳(妹) 会社員 子供(0歳)1人 保険料合計月/17543円 ●堂々人生「保険工房」(平成11年契約)   7271円  死亡・高度障害保障   3000万円  傷害保障特約       200万円  特定疾病定期保険特約  300万円    ●Afrac EVER HALF(平成17年契約)     7340円   終身特約       300万円  女性疾病特約     入院給付金+5000円  ●スーパーがん保険特約MAX付(平成12年契約)2932円  疾病特約  災害特約  手術特約

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

元保険屋です。 正直な感想として、あまり質のいい営業マンとはいえませんね。自分の成績重視で顧客のこと考えていないでしょう。 お姉さんの転換後  死亡保障 1500万円+遺族年金2000万円=3500万円   遺族年金って・・・   お姉さんはシングルマザーではないですよね??   お姉さんの身に万一のことがあった場合の遺族って、あなたとご両親ですよね?。お姉さんの身に万一のことがあって、あなたとご両親に遺族年金がないと生活できませんか?、そんなことないでしょう。 何故こういう設計をするのか理解に苦しみますね。 第一生命の死亡・高度障害補償3000万円となっていますが、具体的に終身保障はどの程度なのでしょう?加入時期(年齢)を考えると、この終身生命保険部分だけ残し、他の特約は解除がまずひとつでしょう。 多分、300~500万円程度の終身だと思います。 あとは、負担できる保険料の予算内で、入院補償額を増額する。 あなたの場合、お子様がいらっしゃいますが、ご主人も存在しますよね?シングルマザーの場合は残された子供のために死亡保障が必要ですが、そうで無い場合はお姉さん同様に、第一生命は終身部分だけ残して特約はカット。 同様に入院保障を増額しましょう。 がん保険は本当に必要かって部分もあります。 昔から家族がガンになると高額の医療費がかかると言われています。この理由として、伝統的に本人に告知せず、家族はわずかな望みに託して未承認の保険が適用されない実験中の抗がん剤を使います。保険が利かないから、1本数万円の点滴を毎日使うと当然高額になります。 しかし最近では、ガンを本人に告知し、どういった治療をするかも話し合うこともあります。ご自身が効果があるか無いかわからない薬を使うことを拒否する姿勢であれば、ガン保険は無くても良い(通常の入院保障額である程度カバーできる)ことになります。 2名分で保険種類も多いので、自分でも混乱した文章になってしまいわかりにくいと思います。簡潔に説明できずに申し訳ありません。 最後に第一生命の終身部分は、現時点の解約返戻金で払い済みにするのが良いとは思いますが、どの程度の保障になるのかわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね・・・定期収入を得ていないのに、遺族年金なんておかしいですよね。 第一生命の堂々人生は払い済みにはできないということ、そして他の終身保険に転換すると微々たる額しか残らないので、やはり解約することに致しました。 アフラックのEverhalfに絞っていこうと思います。 丁寧なご回答ありがとうございました!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

平成11年契約で今年満期? 契約から5年、10年ならまだしも、8年で満期とは 本当なのでしょうか?(8年契約だったらごめんなさい) 満期でないのに「満期で転換」と言ってくるような担当と 毎月2万近い金額のやりとりをするのは正直こわいような。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おっしゃられる通り10年満期です。 満期になってから変更すると、更新料が高くなるから今のうちに転換したほうがいいよ、というのがセールスマンの方の言い分でした。 確かにちょっと怖いですね。 何より自分の命と体のリスクヘッジのために支払うものなので、これを機にもう少し信用のおける方と取引をしようと思います。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて。

    下記の保険に入っております。 夫41歳会社員・妻38歳専業主婦・娘6歳の三人家族です。 昨今の不景気で収入も減った為、保険料の見直しというか月々の支払いを減らしたいと考えています。 住宅ローンもフラット35で73歳まで組んでいます。 外資系は将来、契約通りに保険金を支払ってもらえるのか不安ですし、県民共済や全労災か安くて厚い保障があるようなイメージがありますが、実際のところどうなんでしょうか。 夫41歳会社員 アリコ 積立利率変動型終身保険 月19.120円 契約 平成11年 終身65歳払い済み  病気死亡 1.000万円 災害死亡 2.500万円 アリコ 積立利率変動型終身保険 月5.976円 契約平成11年 終身払い込み 入院 1日 8.000円 手術 8.16.32万円 AIU 普通障害保険 月2.260円 契約 平成11年 死亡1.000万円 入院保険金日額 5.000円 通院保険金日額 3.000円 障害医療費用保険金額 100万 妻38歳専業主婦 第一生命 契約 平成8年 リビングニーズ 月5.734円 終身(60歳払い済み) 死亡・高度障害 500万円 障害特約100万円 災害入院特約 入院給付金日額 5.000円 疾病特約 入院給付金日額 5.000円 女性特定疾病入院特約 入院給付金日額 5.000円

  • 生命保険の見直しをしたいのですが・・・

    平成9年(8年前)に契約した生命保険を見直したいと思っているのですが、契約内容を見てもチンプンカンプンです… 契約内容もどのように書いたらいいのか、分からないのですが、とりあえず書いてみます。 保険種類:定期保険特約付普通終身保険 安心クラブ5年ごと配当タイプ (月¥7,268)  *(1)→平成24年2月迄(80歳迄更新可能)   (2)→同じ(終身変更可能)   (3)→同じ   (4)→同じ(60歳迄更新可能) (1)災害で死亡・高度障害→一時金2000万 年金(10年間)120万 (1)死亡・高度障害→一時金1000万 年金(10年間)120万 (1)災害で一定の障害状態→50~500万 (2)災害・病気で継続入院(5日目から)→日額5000円 (2)所定の手術→5~20万 (2)成人病で継続入院(5日目から)→日額3000円 (3)女性特定疾病で継続入院(5日目から)→日額3000円 (2)退院後、所定通院→日額3000円 (4)災害で特定損傷の治療時、1回の特定損傷につき→5万円 リビング・ニーズ特約付加 (1)特定疾病と診断→300万 これで分かりますでしょうか? 22歳時に契約して、現在30歳、女性、未婚です。 今の希望は (1)入院したときの保障を重きを置きたい。ただ個室と、一日目からの保障は必要ないかなぁと思ってます。 (2)死亡時の保障はお葬式代がまかなえる位あれば。 これくらいです。この保険で、希望に合っているのでしょうか??

  • 保険の見直しについて教えてください

    始めまして>< 33歳になる主婦です・・。 保険の見直し38歳で特約の更新? だから新しいものにしてはどうかと言われましたが・・・・変えていいもなのか全くわかりません できるなら・・そのままで短期入院?をつけたほうがいいのかな? 18歳に契約したもの 終身保険 主契約40年払込満了2033年 特約の保険期間終期 2013年 月額6188円 終身100万 定期保険特約保険金額900万 3大疾病300万 疾病障害保障200万 新傷害本人方200万 特定損傷特約給付金5万 新災害入院 日額5日目から5千円 新入院医療 日額5日目 5千円 女性入院  日額5日目 5千円 通院日額 1200円 進められたように・・保険を新しい物にかえていいのでしょうか・・? すみませんが宜しくお願いします;;

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    19年前に父親が知人の生保レディの勧めで、 第一生命の《テンダー》に加入してくれました。 その後、何度か見直ししていたようです。 現在加入の保障内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第一生命《テンダー》 定期保険特約付終身保険(S62) 毎年配当タイプ 60歳払い込み完了 ●主契約 終身保険(S62) 保障額1000万円 期間満了終身 保険料5320円 ●死亡・高度障害保障等の特約 定期保険特約 保障額2800万円 期間満了60歳 保険料11704円 ●災害・疾病関係等の特約 保障額400万円 期間満了60歳 保険料120円 ●傷害特約(S58)<本人型> 保障額100万円 期間満了60歳 保険料44円 ●入院関係特約 :災害入院特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料340円 :疾病特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料1785円 :女性特約疾病入院(S62) 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料680円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今回見直しをしたい部分は、2点あります。 まずは、保険料が高い保障額2800万円の死亡・高度障害保障特約の 定期保険特約11704円を今やめたら、愚かなことなのでしょうか? あと入院関係特約部分をそっくり以下の契約にする 【メディカルエース(終身型)C2型・120日型】無配当・終身払い込み :災害入院給付金 日額5000円 :疾病入院給付金 日額5000円 :女性特定疾病入院給付金 日額5000円 :手術給付金 10万円・2.5万円 :放射線治療給付金 5万円 合計4893円 現在20003円の保険料が、22081円となります。 50歳 女 既婚 です。 父が亡くなり現在の契約者は私で、受取人は未成年の子どもです。 私自身は最低限の保障で、死亡時の保険金より、 病気や手術入院の方に重点を置きたいと思っています。 見直しの2点以外に、具体的にどうしたらよいのか教えて 頂ければ嬉しいです。 どうか無知な私に良い知恵をお授けください。 .

  • 保険の見直しで困っています

    42歳独身女性です。現在、日○生命の年金保険と、朝○生命の五年ごと利差配当付き・定額保険特約付き終身保険に入っています。月々合計2万円弱を支払っています。結婚の予定は今のところなく、両親も私が面倒を見る必要はありません。今の保険を見直したく、皆様のご教示をお願いいたします。 年金のほうは、29歳時に当時勤務していた会社の団体扱いで加入し、毎月9000円程を60歳まで払い続け、60歳から10年間で600万年金として受取れるというもので、病気、事故で入院の場合、5日目から日額5000円給付されます。 終身保険の詳細は以下の通りです。 主契約:5年ごと利差配当付普通終身保険 (終身) 保険金額 4,100,000円 五年ごと利差配当付特約: 定期保険特約(15年満了)特約保険金額 3,900,000円 特定疾病保障定期保険特約 (15年満了) 特約保険金額 2,000,000円 無配当特約:  平成26年3月31日まで 災害入院特約  入院給付金日額  5,000円 手術給付金付  入院給付金日額  5,000円 新女性医療特約 入院給付金日額  5,000円        形成治療給付金額  入院給付金日額に所定の給付倍率を乗じた額 重度疾病保障特約 重度疾病給付金額 300万円 死亡保険金  10,000,000円(実母が受取人) リビング・ニーズ特約あり また、私は一時期、職に恵まれず、その時に日○生命から70万程貸付してもらいました。普段の生活や、いざというときに備え、貯蓄を優先し、この貸付金はそのままになっています。これも、利子が膨らんでいくの非常に無駄ですので、返せないのならばいっそ解約をとも考えていますが、何とか無理をして返済したほうが長い目でみると得なのでしょうか?また、終身保険も、保険料がアップしていく方式のため、これよりももっと良いものがあるのではと考えます。 よろしくお願いいたします。

  • 保険の見直しについて

    当方36歳、独身男性、年収600万円程のサラリーマンです。 現在2年前にかけた住友生命のライブワン(3年ごと利率変動型積立)という保険に加入しています。 お恥ずかしい事ですが、中身も吟味せずに生保の方の言われるがままに契約してしまった商品ですが、最近ふとした事から保険に興味を持ち始め、 改めて契約内容を見てみたら、あまりにも不要と思われる特約が多く、解約も視野に入れた保険の見直しの検討を進めているところです。 月々の掛け金額は14,628円(内積立分が1,000円)。 80歳まで10年毎の更新です。 内容は以下の通り; 主契約(保険ファンド):積立・終身 新介護保障定期保険特約: 基本保険金額 1,400万 特定疾病保障定期保険特約: 死亡保険金額 300万 重度慢性疾患保障保険特約: 死亡保険金額 300万 障害特約: 災害保険金額 500万 障害損傷特約: 運動器損傷給付金額 5万 入院治療重点保障特約: 基本給付金額 1万 災害入院特約: 災害入院給付日額 1万 疾病医療特約: 疾病入院給付日額 1万 成人病医療特約: 成人病入院給付日額 0.5万 今考えているのはとにかく不要な特約を省いて保険をスリム化したいと云う事です。 これがライブワンで可能かどうかは不明ですので保険会社に尋ねる必要ありですが。 希望は医療保険の掛け捨てタイプで、入院給付金10,000円、それにガン保険特約(入院給付金5,000円、一時金100万)をつけ、 死亡保険は2,000万程度(今年結婚予定)、払込期間は65歳までと考えています。 月々の保険料を抑えその分貯蓄にまわせたらなと思っています。 そこで皆様にお尋ねしたいのですが、まず現在加入している保険についてどう思われますか。そして今後の保険は上に記す程度のもので十分とお考えでしょうか。 アドバイス宜しくお願いします。

  • 保険の見直し

    26歳の独身男性です。今までは大手のA生命に加入していましたが、見直しを検討していて、本日フィナンシャルプランナーの方に相談してみました。その結果、 ・15年更新型になっている。 ・短期入院時(4日目まで)は日額5,000円しか給付金が出ない。 ・3代疾病特約という、90日間寝たきりになって初めて給付されるような特約がついていた。 ・生活保障特約を220万円でかけていた。 ・介護保障特約が300万円ついている。 ・死亡一時金が1000万円ついている。 という点を挙げられました。全体として、まだ若いのに医療部分があまり充実してなく、死亡保障の方に偏っているというような内容でした。あと、特に15年更新型の部分と、日額5,000円は今時少ないという事も言われました。 で、B保険の内容を薦められました。その内容としては ・病気・ケガ・七大生活生活習慣病での入院給付金が日額10,000円 ・三大疾病一時金特約  50万円 ・死亡一時金  500万円 ・終身型の医療保険なので、いま契約すれば死ぬまで定額 思い切ってB社に変更しようかと思っているのですが、少し悩んでいます。悩みの点はA社には ・退院後の退院後に通院する場合、日額3,000円の給付金が出る ・特定損傷(骨折など)の時に最大10万円の給付がある。 という事なのですが、重要視する分野なのかということ。 また、B社に変更しようとする際、三大疾病にかかった際一括して50万円が給付されるそうなのですが、今から特約としてつける必要はあるかなと・・・。 結局は自分のニーズに合ってるかどうかという事なんだと思いますが、自分でいろいろと保険の資料を見てみてもよく分かりません。アドバイスをいただけたらと思います。

  • 生命保険の見直しについて(転換など)

    15年前に加入し放置したままだったニッセイの生命保険が更新時期なので見直しを考えております。 30代 独身 女性です。結婚の予定はありません。 <現保険> 月額8,500円  主契約(終身保険)  300万円(死亡・高度障害)  定期保険特約    1,700万円(死亡・高度障害)  災害入院特約 日額 5,000円(入院5日目から)  入院医療特約 日額 5,000円(入院5日目から)  通院特約      3,000円  積立配当金 200,000円(適用年利率4.00%) <勧められた保険 生きるチカラフラウEX> 月額11,000円  医療保険終身   主契約(終身保険) 10万円、新災害入院特約   日額5,000円    新入院医療特約  日額5,000円、がん入院特約   日額5,000円  3大疾病定期特約  300万円、疾病障害補償定期特約200万円、介護保険定期特約  500万円  新障害特約     500万円、特定障害特約     5万円、女性入院特約  日額5,000円  通院特約    日額3,000円、短期入院特約  日額5,000円 見直しに当たり、こちらでいろいろ過去の質問を見ました。 何点かわからないところがあるので、教えてください。 ・「予定利率」とは、「適用年利率」のことでしょうか? ・ニッセイには「基本転換方式」で設計書を提案されていますが、こちらで過去の質問を見ると  「転換」はしない方が良いという方ばかりです。  現契約から「生きるチカラ」に転換することで、過去の積み立て分?を充当するため、  当面は保険料が抑えられるけれど、その後は更新ごとに保険料が上がっていくと考えてよいのでしょうか?  (提案書には、10年後の保険料は生きるチカラは15,000円となっています) ・私の場合、現契約の主契約300万円部分のみを残し、医療保険は他の保険会社を検討する方が良いのでしょうか?  独身ですので、死亡保険金は必要ないと考えているため、  配当200,000円の4.00%程度の利率で、主契約を持ち続けている価値があると思えないのですが、  それでも「転換」はしない方が良いのでしょうか?(考え方が間違っていますか?) ・提案書を見ると、現契約の主契約300万円部分は 払込期間が「60歳」、保険期間が「終身」となっていますが、  これは60歳まで現状どおり保険料を払い込めば、終身の保障があるということで良いでしょうか? 当初は、勧められるがままに 入院時の保障の手厚い「生きるチカラ」にしようと思っておりましたが 現在は、3大疾病、介護などの定期特約は必要と思えないので、転換をしない方がお得なのであれば、 主契約のみを残し、アフラックの「レディースEVER HALF」やアリコの「すこしであんしん終身医療保険」の払い済みタイプなどとの組み合わせを考えています。 長文の上、無知な質問ばかりで申し訳ないのですが、皆様のご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。

  • 転換による保障見直しの必要は?

    41歳 自営業をしております。現在加入の保険に付きまして、担当の保険 外交員さんが、転換による保障見直しを、盛んに勧めに来られています。 あと更新まで約3年ありますが、現時点で保障見直しを行うと、次の契約 に大変に有利との事で頻繁に契約の変更を勧めに来られています。 保険契約の内容に大変に疎い故、 保険料を余計に負担しても有利なものか 現時点での見直しが必要か否かをお教え下さい。  現在契約中の保険 堂々人生・らぶ 契約時 平成12年 契約年齢35歳 〈期間満了は終身保障以外は45歳〉定期保険特約5850万円・年金払定期 保険特約 (15回)年額250万円・特定疾病保障保険(特約) [シールド] 500万円 ・障害保障特約[スーパーリライ] 500万円 ・(生存給付金に 対応する部分)89.2万・終身保障488.78万円 終身・傷害特約500万円 ・災害入院特約 日額 5000円 ・疾病特約 日額 5000円 ・成人病特約・生活習慣病特約 日額 5000円 ・介護特約500万円  ・特定難病特約[難病サポート] 5000万円 ・ 特定損傷特約[アクセル] 5万円 【保険料 月額 22710円】 転換後の契約 THE・真打ち [B型・120日型] 期間満了は、終身以外は52歳 ・終身保険10万円終身・年金払定期保険特約 (10回)年額 240万円 ・逓減定期保険特約<基本保険金額> 2200万円・特定疾病保障保険(特約) [シールド] 100万円 ・障害保障特約[スーパーリライ]100 万円 ・特定状態収支保障特約[インカムサポート](5年有期年金)年額100万円 ・ 終身保険特約250万円終身・入院保険料相当額給付特約[ベイサポート] 月額30000円・傷害特約 500万円・総合医療特約 [わんつーメディカル] 日額5000円 終身・成人病特約・生活習慣病特約 日額 5000円 終身 ・ 特定損傷特約[アクセル]5万円 【保険料 月額 27810円】

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    40歳サラリーマンです。 契約内容確認活動で生保の営業の方から転換を進められました。 独身時代に契約した保険です。 6月に結婚し、妻と2人の子供が家族となりましたので保険の見直しを考えております。 皆様のアドバイスをお願い致します。 平成11年12月契約(31歳時)に契約した終身保険です。 ○ニッセイ終身保険(重点保障プラン) ・生活保証特約       120万(年間)x10年 ・新生存給付金付定期特約  100万 ・定期保険特約      1000万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 100万 ・疾病障害保障定期保険特約 100万 ・介護保障特約       120万 ・特定損傷特約         5万 ・新成人病入院医療特約  5000円(5日目から) ・通院特約        3000円 ・新災害入院特約     5000円(5日目から) ・新入院医療特約     5000円(5日目から) 保険料が¥13,961 47歳時更新(15年)で保険料が¥27,355 今回、下記保険への転換を勧められています。 ○ニッセイふれあい家族EX ・生活保証特約       220万(年間)x10年 ・定期保険特約       200万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 200万 ・疾病障害保障定期保険特約 200万 ・特定損傷特約         5万 ・新災害入院特約α    7000円(1日目から) ・新入院医療特約α    7000円(1日目から) ・がん入院特約     10000円(1日目から) 保険料¥13、980 50歳更新(10年)で保険料が¥27,814 他に下記のガン保険に加入しています。 ○スーパーがん保険 特約MAX 主契約2口 終身 ・診断給付金   200万 ・入院給付金     3万 ・在宅療養給付金  40万 ・通院給付金     1万 ・死亡給付金   300万 ・死亡払戻金    30万 特約MAX184日 疾病入院給付金    5000円(1日目から) 手術給付金   5.10・20万 災害入院給付金    5000円(1日目から) 保険料¥4、915 生保の営業は、転換しても「予定利率は良くなる」とか「200万位の終身の 予定利率を気にしてもねえ」等と言葉巧み?に転換を勧めてきます。 気になっているのは、今現在の保障だと入院が5日目からの支給となっている部分と死亡保障が2700万な点です。 何分、勉強不足で保険に関しては無知なので、アドバイスいただけたら ありがたいです。 宜しくお願い致します。