• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

宇宙空間って、どんなところなんでしょう?

宇宙空間って、どんなところでしょう? すごく寒いのですか?(絶対零度の世界と聞いたことがあります) もし、人間が普段着のままでスペースシャトルから飛び出したら、 どうなってしまうのでしょう? 当然空気が無いから気圧も無く、風船のように膨らんで破裂してしまったり するのでしょうか? また、放射線などの有害物質やチリなどに当たって 健康を損ねたりするのでしょうか? 昔見たZZガンダムというTVアニメで、 スペースコロニーの外壁から宇宙空間に止めてある戦闘機まで 主人公が普段着のまま(笑)息を止めて飛びつくという 演出があったのですが、あんなことは可能なんでしょうか? いい大人がこんな質問するのも恥ずかしいのですが、 病院の待合室で科学の本を呼んでいるうちに興味が出てきてしまいました。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数908
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
  • aster
  • ベストアンサー率70% (374/533)

  >宇宙空間って、どんなところでしょう? extra-terrestrial space(地球外宇宙空間)なら、場所によって色々な条件になります。 1)惑星の大気圏内の宇宙空間: 惑星の大気がありますから、真空ではありません。大気の温度や圧力や、色々な分子成分が含まれます。高温大気(金星など)の場合と、低温大気(木星・土星)などと、かなり冷たい大気(火星)などがあります。 2)太陽のなか: 太陽は、大きいので密度が小さく、なかは、惑星の大気のように希薄な状態です。無論、なかに深く入って行くと、もの凄い密度になってきますが、固体とか液体状態の表面がありません。熱と太陽放射線に対抗する特殊な設計の宇宙船だと、太陽のなかに入って行くことができます。なかはプラズマ状態で、あまり長くいると,宇宙船が溶けてしまいます。ここも、宇宙空間です。 3)惑星間空間: 太陽系のなかの惑星間空間は、かなり真空に近いですが、まだ分子がかなりあります。太陽風という形で、太陽からの放射線が訪れ、銀河放射線も紛れ込んで入って来ます。 4)星間空間:ここは、真空の程度がかなり高くなり、温度も絶対零度近くの絶対温度4度か5度になります。これは「背景輻射」と言い、電磁波のエネルギーが真空に存在して、その温度換算がこのぐらいの値になるのです。ビッグバン理論の検証事実の一つが、この宇宙空間に遍在する「背景輻射」で、ビッグバンの最初のとき、もの凄い高温だった宇宙が、時間の経過と共に膨張し、温度が冷えて、しかし、後になお最初の熱の残りがあるのが、この背景輻射とされます。 真空に温度がないという人がいますが、分子運動の温度も、極端に希薄ですが存在し、背景輻射の温度も存在します。 銀河放射線が、飛び交っていて、太陽系のなかで飛ぶことのできた宇宙船では、高いエネルギーの放射線に耐えられない可能性があります。有人宇宙船だと、外殻を厚く、強固なものにしないと放射線を防げません。 5)星間空間の色々なヴァリエーション: i)ガス雲のある星間空間では、真空というより、もっとガス分子の密度が高くなります。星が誕生しているようなガス雲では、場所によっては、非常に濃いガス雲があります。 ii)銀河の渦状星雲の「腕部分」の空間は、星の密度が高く、ガス密度も高いです。しかし、「腕の隙間の空間」は、星が少なく、ガス雲もなく、真空に近い状態になります。 6)銀河間空間: 銀河系とアンドロメダ星雲のあいだの宇宙空間などは、物質密度が真空に非常に近くなります。しかし、完全な真空にはなりません。銀河系の内部空間では、銀河磁場があって、銀河外放射線をある程度抑制していましたが、銀河間宇宙空間では、宇宙を何億光年という距離飛び続けるような、非常にエネルギーの高い放射線が飛んでいます。 更に、銀河群間空間とか、銀河集団間空間だとかがありますが、大体、宇宙空間は、こういう種類です。 宇宙空間はどういうところかと言うと、上で述べたように、「真空に近い」世界です。そこでは、高いエネルギーの放射線が飛び交い、温度は、背景輻射温度である、4度ほどの温度になります(絶対零度ではありません)。物質密度は、1立方キロメートルのなかに分子一個というような、希薄さになる場所が大部分です。 >もし、人間が普段着のままでスペースシャトルから飛び出したら、 >どうなってしまうのでしょう? >当然空気が無いから気圧も無く、風船のように膨らんで破裂してしまったり >するのでしょうか? 別の方がURLを記していましたが,過去の質問のなかで、宇宙空間に人が生身のまま飛び出すとどうなるのか、という質問があり、回答があります。NASAの報告・研究では、5分間ぐらいだと生命は助かるようです。1分ぐらいだとまず生還できますし、5分だと危ないですが、ぎりぎりです。 潜水病が起こって来て、血管のなかで窒素が沸騰し、血管を塞ぎますし、その他の内臓も圧力変化で、致命的な事態になってきますが、身体が膨らんで破裂するというようなことにはなりません。肛門や口から内臓が少し飛び出してくる可能性はあります。 人の死因は窒息死になります。宇宙空間にそのままいると(というか,生身の人間の身体を置いておくと)、氷になるのではなく、乾燥してミイラになります。これは、水分が、真空に近い空間に気化して行くからで、徹底的にミイラになります。その後、もの凄く長い時間をかけて、低温になって行き,残っていた水やその他の物質が凍りつきます。 一旦、気化した水が、またミイラの身体のまわりに集まってきて、氷で覆われるという可能性もあります。 宇宙服を着ていた場合は、宇宙服が破れない限りは、ミイラにならず、何年かそれ以上の時間をかけて、氷人間になります。何故、冷却に、こんなに時間がかかるかというと、宇宙空間には、分子がほんとんどなく、熱伝導で、熱が失われないからです。「熱輻射」という形で、赤外線放射で熱が消えて行くので、時間がかかるのです。 太陽系内で、地球とか火星あたりの空間だと、太陽からのエネルギーが届きますから、人間の身体も,その他の物体も、極度な低温にはなりません。逆に、太陽に近い空間だと、段段熱くなってきて、人間の身体が焦げ始める可能性があります。やがて、燃え尽きて消えるということにもなります。 >また、放射線などの有害物質やチリなどに当たって >健康を損ねたりするのでしょうか? 宇宙空間に滞在している時間の長さ次第です。太陽系空間でも、放射線のエネルギーはかなり強く、男性だと精子が生殖能力を失う可能性があります。しかし、身体に影響が出るような放射線被爆するような時間、宇宙空間にいれば、5分を超えて、窒息死します。 5分以内に安全な宇宙船のなかなどに戻れば、被爆の影響もそれほど大きくありません。宇宙塵と衝突すれば、大きさにもよりますが、即死間違い無しです。(非常に小さいと、宇宙服が破れたり、生身だと、綺麗な孔が体を貫通します)。 >スペースコロニーの外壁から宇宙空間に止めてある戦闘機まで >主人公が普段着のまま(笑)息を止めて飛びつくという >演出があったのですが、あんなことは可能なんでしょうか? 距離が短く、1分以内ぐらいで渡ることができれば可能なはずです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 宇宙空間について

    宇宙空間が誕生したのは137億年前ですが、その137億年前の宇宙空間が誕生する前の空間はあるのでしょうか? イメージでは箱の中に風船を入れて、その風船が宇宙空間だとしてその風船と箱の隙間の部分みたいなイメージです。

  • 宇宙空間の広がり方

    天文学の全くの素人ですが教えて下さい。 20年ほど前に読んだ天文学の本に、この宇宙空間は「3次元空間が4次元方向に広がっている」と説明されていました(カールセーガン博士のTV番組「コスモス」にも同じ説明がありました)。この「3次元空間が4次元方向に広がっている」という考え方は、膨張する風船の表面が「2次元空間が3次元方向に広がっている」のと同様であるというもので、よくわかりやすいものでした。 この考え方からは以下のようなことがとてもわかりやすく理解できました。例えば、 ・「この宇宙空間は果てはないが有限である」(風船の表面に果てはないが有限である)、 ・「ずっと真っ直ぐ進んでいくとやがて同じ地点(自分の背中)に戻ってくる」(風船の表面を真っ直ぐ進んでいくと円を描いて戻ってくる)、 ・「宇宙の中心はあるが、その中心点はこの宇宙空間にはない」(膨張する風船の中心は風船内にあるが、風船の表面上にはない) しかし、最近の天文学の本を見ると、この「3次元空間が4次元方向に膨張している」という説明を全く見ることがありません。最新の天文学ではこのような考え方は否定されているのでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • スペースシャトルはなぜ宇宙空間ですすむの?

    真空状態の宇宙空間でスペースシャトルや衛星等が動く事ができるのはなぜですか? そもそもジェットエンジンは何の力を利用して推進力を得ているのですか?空気抵抗でしょうか? そうすると空気抵抗のない宇宙空間では何の力で推進力を得ているのでしょうか? どなたかお分かりになる方、教えてください。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • papua
  • ベストアンサー率37% (19/51)

 たいがいのことは他の方が回答されておりますので、一点だけ。 > 主人公が普段着のまま(笑)息を止めて飛びつく  息を止めてはいけません。  気圧が急激に下がった場合でも、液体が詰まっている体細胞は、それほど膨らむことはありません。しかし肺の中の空気は、急激に膨らみます。そのさいに息を止めてこらえようとすると、膨らんだ空気によって肺が破裂してしまいます(エア・エンボリズム)。  昔ダイビングをやってたとき、「緊急事態で急浮上するときは、肺が破裂しないように上を向いて口を開けて上がれ」と教わったもんです。  実際に試してみた先輩は、「口から泡がブワァと飛び出してきた」といっておりました。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

#6追記です.すみません.書き漏れでした.. >しかし太陽光が当たった身体の面は,短時間でも火傷のように日焼けするでしょう. これは強烈な紫外線によるものです. なんせ地上のようにオゾン層での吸収はありませんし, 光量密度で言えば地球近傍の宇宙空間では,地上の約2倍程度ですから, 紫外線量はかなりのものだからです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

#4さんが触れられている通りで, >すごく寒いのですか?(絶対零度の世界と聞いたことがあります) については,他に実例を挙げれば,月は太陽光の当たっている面では+200℃, 当たっていない部分では-200℃程度となっています. >チリなどに当たって健康を損ねたりするのでしょうか? 宇宙でのチリには,宇宙塵の他,人工的な「デブリ」の問題があります. 当たる確率は小さなものほど大きくなりますが,小さいものだと言えます. しかし当たれば何をどうしても大概貫通してしまい,大変危険です. >昔見たZZガンダムというTVアニメで、 これは某所で「そんなことあるわけない」とか論争になったようですね. 少しの間だと大丈夫のようです. しかし太陽光が当たった身体の面は,短時間でも火傷のように日焼けするでしょう. あと,肛門をきゅっと締めておかないと,腹圧で腸が出てしまう可能性も あるでしょうね.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#5028
noname#5028

人間が宇宙服を着ないで宇宙空間に出るとどうなるかについて、ある本に書いてあったことを書きます。 周囲の圧力が四十七ミリメートルHg以下(地球の海水面での大気圧の約6パーセント)に落ちると、組織の内部にある水分が皮膚の表面から蒸発していく。まもなく表面の細胞は崩壊し、体内の熱も失われる。六秒もすると、細胞崩壊のプロセスは心臓と肺に達し、体内の循環を妨げる。そして急速に、無酸素状態、痙攣、腸の筋肉の弛緩といった症状がおそってくる。十五秒後には精神錯乱が起こり、二十秒後には意識がなくなる。ここで四十七ミリメートルHg以上の状態に戻ればそれから八十秒は生きていられる。さもなければ、フリーズドライ加工された串刺し肉と化しているだろう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

温度の話だけ回答しますね^^ 温度とは分子の熱運動状態の尺度であって「絶対零度」は分子の熱運動が ゼロということなのですが、宇宙空間には地上では空気に相当する分子 が存在してない(正確には希薄すぎる)わけだから「気温」という考え方が できないはずです。 熱の3種類の伝達(「伝導」「対流」「放射」)のうち、普段の生活で 「コーヒーカップが熱くてやけどしそうになった」は(熱)伝導ですね。 「あぁ、部屋の中が暑いなぁ」と感じるのは、主に流体(空気)の対流、 「今日は日差しがじりじり熱いなぁ」というのは、太陽からの放射。 で、真空中では空気が存在しないので、対流による熱の出入りがないわけです。 この状態で光線があたる明るい場所だと汗によってその熱を発散できないため、 かなり体が熱くなりつづけます。 光線があたらない暗い場所ではどうか、、というと、 風が全く無い状態の冷凍倉庫を想像してもらえばよろしいかと思います。 風が無ければ急激には冷えることもないですが、長時間の滞在はキビシイで しょう。体からの赤外線放射で次第に熱が逃げていきます。 というわけで、放射熱の議論で、 「光線があたる場所はじりじり熱く、光線があたらない場所はすごく寒い」 と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=199203 にもあるように、宇宙空間で人間はすぐに死んでしまうと言うことはないようです。しかし呼吸ができないことは間違いないのでそれ以上とどまることはできません。その間に宇宙線やチリが人体にどれだけダメージを与えるかということですが、その能力のあるエネルギーの高い粒子の飛来数はエネルギーが高くなるに従って指数関数的にその数を減らします。ですので特に地球の磁場に守られている範囲内では、窒息死するまでの間に致命的なダメージをおわせるような出来事は確率的にほとんどないと想像しています。  地表にいても1平方センチあたり3分に1個程度の中性子は身体を通過しているわけですので、中性子の元となった宇宙線もそのレベルより低い確率で飛来しているのではないでしょうか。  ただ流れ星の元となっている隕石については、相対速度が弾丸の比ではないほど速いので当たり所が悪ければ即死ということもあり得るでしょう。ただ、いままでのスペースシャトルのミッションの中ではそういう出来事は聞きませんので、確率的には無視できるほどの出来事ではないでしょうか。しかし考えてみるとスペースシャトルが活動している領域は、地球の引力や磁場の影響下にある空間なので、一般的な宇宙空間とはちょっと違うのかも知れません。

参考URL:
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=199203

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼遅くなりすみません。 参考URLからさらにリンクをたどっていきまして、 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=190956 に着きました。 どうも、NASAのサイトに答えが載っていたようです。 >それによると、30秒程度では致命的な傷害は受けない >ようです。血液は沸騰せず、体も破裂しない。瞬時に >凍りつくこともない。 > >10秒位経過後に潜水病、皮膚のゆっくりした膨張が >起こり、酸欠で次第に意識を失う。その後体液が徐々に >蒸発し乾燥していく、とのこと。 おそらくこれがホントなんでしょう。」 動物実験をしてほしい気もしていましたが、 ちょっと残酷そうですね。。。 確かに、隕石は危ないですね。とんでもないスピードで 砂粒程度の粒子に打ち抜かれたりするかもしれませんね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

> 宇宙空間って、どんなところでしょう? 地球上に色々なところがあるように色々です。 大気圏外の空間も生物には過酷ですが磁気圏によって太陽風から守られています。 太陽風の直撃を食らう、惑星探査機にとって過酷な空間も、太陽風によって銀河放射線から守られています。 > (絶対零度の世界と聞いたことがあります) 背景放射があるのでそういう場所は無いんじゃないですか? > 風船のように膨らんで破裂してしまったりするのでしょうか? 人体はある程度の大きさがあるからそうかもしれませんねぇ? 小物ならフリーズドライになるんじゃないですかね。 > また、放射線などの有害物質やチリなどに当たって健康を損ねたりするのでしょうか? 宇宙ステーションの中にいても太陽表面で大規模な爆発があると船外用の宇宙服を着て安全区域に退避しないといけないらしいです。(ミールではそうしていた模様) > あんなことは可能なんでしょうか? 超時空要塞マクロスのような特殊な設定がないと不可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼遅くなりました。 ミールではそんな行事(^^;)があったんですね。 基本的にはアニメの世界の出来事で、難しいのでしょうね。。。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • k-nksm
  • ベストアンサー率22% (15/66)

真空への露出はほんの10数秒なら大丈夫なようです。 おそらくこのような事態なら、ハッチを開け放つと同時に、室内の空気も排出され、その中の流れに乗って外部に出るでしょう。 確かに、放射線もチリも問題ですが、放射線はかなりの時間が経たないと影響が出ないし、チリは相対速度の問題でしょう。 ガンダム以外でも、2001年宇宙の旅でもあったシーンです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくありがとうございます。 地上で人工的に真空を作った場合は問題なさそうですね。 あとは、温度の問題はどうなるのでしょうか? すごく寒いようですので、カチンコチンに凍ってしまったりして。。。 少なくとも、凍傷にはなりそうな気がしています。

関連するQ&A

  • 宇宙空間で人間が・・

    宇宙空間で人間が宇宙服を着ないとどうなってしまうのでしょうか? かなり前(11年ほど前の映画)ある古い映画で見たのですが、人間が風船みたいに膨らんで死んでしまう映画を見ました。 そのときは火星?みたいな星のお話だったのですが・・。 宇宙の不思議・・。詳しく知りたいです!! お願いします(^^)

  • 宇宙空間で人が死ぬとその遺体は?

    今日、スペースシャトル「エンデバー」の船外作業のニュース映像を見ていて、ふと思ったのですが、 もし船外に出ている宇宙飛行士が事故で宇宙空間に投げ出され、回収不能のまま亡くなった場合、 宇宙空間を漂うその遺体の状態はどのように変化していくことが考えられるのでしょうか。 真空状態では腐敗せず、そのままの状態を保ち続けるのでしょうか。 それとも、やはり白骨化していくのでしょうか。

  • 宇宙空間で物を押す力

    全くの一般人で物理学とか詳しくないのですが、ふと疑問に思いました。 宇宙の無重力空間で スペースシャトル(質量の大きいもの)を人が歩く時に必要な力程度で 動かすことは可能なんでしょうか。 地上では、重力や摩擦などでどうやっても動かなさそうなのですが、 宇宙空間なら可能? お暇な時で結構ですので教えてください!

  • 宇宙空間の温度は?

    太陽から地球までの距離と同じくらい離れている宇宙空間の大きな断熱材の板の陽の当る面と陰の部分は何度の温度になるのでしょうか? 陰の部分は絶対零度、陽の当る面はそれより高いだろうけど、真空で気圧がないのでやはり相当冷たいと想像するのですが。つまり大地という保温材が無い所での太陽の熱の効果はどうかということです。

  • 細菌の宇宙空間における生存能力について

    以前どこかの本でスペースシャトルの表面に何種類かの細菌を塗布して宇宙区間での生存を調べた実験を読んだことがあるのですが。その本の中では、有芽胞菌以外の菌も何種類か100時間以上生存していました。大気圏外の宇宙空間は低温、高温、真空に加え、ナマの宇宙放射線が降り注いでとても無芽胞菌が生き残れる環境にないと思っていたのですが、どなたかこの実験についてご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?または、「ある種類の細菌にはこれこれこういう機構が備わってるから真空にも強いんだよ」などの情報をお持ちの方、ぜひお教えください。

  • 登場人物が宇宙空間で「やかん」のような形の飛行船に乗っている話。

    登場人物たちが宇宙空間で「やかん」のような形の飛行船に乗っているというアニメを見た記憶があるのですが、断片的な場面しか思い出せず、とても気になっています。 13年以上前のテレビアニメだったと思います。 何かご存知の方がいっらっしゃいましたら、どんな事でも構いませんので、教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 宇宙船に穴が開いた時……。

    映画などで空気が漏れる演出は良くありますが その時、宇宙船内部の温度はどうなるのでしょうか? 宇宙空間は絶対零度なので、一瞬で内部も冷やされそうです ヒーターがあるかとは思いますが、それで間に合うのでしょうか?

  • もし戦闘機が宇宙を飛べば

    M2,4ほどの戦闘機が宇宙空間で飛ぶとしたらどれぐらいの速度がでるでしょう?変な質問ですみません

  • スペースシャトルと、宇宙のゴミ・・・

    スペースシャトルの速度は、マッハ25と聞きましたが・・・もしかして宇宙のゴミ等もマッハの速度で飛んでるのですか?又、スペースシャトルは宇宙空間で完全停止(速度0)できるのですか?

  • 松坂が宇宙でピッチングをしたら

    松坂選手がスペースシャトルから宇宙空間に向かって野球のボールを投げたら、いったいどれくらい先までボールは進むのでしょうか?