• 締切済み
  • すぐに回答を!

量子力学

物理でこんな問題が出たんですが、誰かどうやって解くか分かりますか? 「電子の重ね合わせの波動関数が次のように表されたとします。(1次元)         Φ=Φ1+2Φ2-2Φ3 この重ね合わせの状態のエネルギーの期待値を求めなさい。」 この問題を解くにはまず規格化するんですよね? 規格化すると Φ=1/3(Φ1+2Φ2-2Φ3)  になりました。 で、このあとどうしたらいいか分からないんですが、誰か分かったら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数1
  • 閲覧数42
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

量子力学の教科書によれば観測可能な物理量Aの期待値は<A>=∫ΦAΦdv/∫Φ^2dv=∫ΦAΦdv(∵∫Φ^2dv=1、Φは規格化されている)となることが書かれていますね。ご質問のケースはエネルギーの期待値ですからハミルトニアンをHとすると<E>=∫ΦHΦdvとなります。ということで問題としている系のハミルトニアンがわからないとこれ以上どうしようもない。。。(^^);

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 量子力学について

    一次元の系を考え、-∞<x<∞にある電子の状態に対してポテンシャルのV(x)が、 V(x)={ +∞ (x≦0) , -V (0<x≦a) , 0 (a<x)} (V、a正の定数) であるとき、基底状態のエネルギー固有値と波動関数をもとめよ。(ただし、規格化定数は気にしなくてよく、-Vは十分深く、束縛状態は必ずできるものとする。) という問題で、エネルギー固有値を求めようとしたのですが、式が複雑でエネルギー固有値を求めら・れませんでした。どうにかして、基底状態のエネルギー固有値と波動関数だけを求める方法はないでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 量子力学について

    束縛状態で波動関数の2乗したものを積分したら1になるように規格化するというのは波動関数の2乗を確率密度とするためだと思うのですが散乱状態で波動関数をデルタ関数で規格化するというのがよくわかりません。回答よろしくお願いします。

  • 量子力学(変分法)

    いつもお世話になっております。 2次元または3次元上で、原点に固定された電荷e(>0)の点電荷に束縛されている電子の基底状態を変分法で調べようという問題です。点電荷から電子までの距離をrとし、ハミルトニアンを      H = - h^2/2m ∇^2 - e^2/( 4πε_0 r ) ;見にくくてすみません とします。hはプランク定数を2πで割ったもの(エイチバー)とします。試行(変分波動)関数として      Ψ(r) = N exp (-αr) を採用するものとし、αを変分パラメータ、Nを規格化定数とします。 ●3次元の場合は、計算が間違えているかもしれませんがエネルギー期待値はh^2/2m となりました。 ●2次元の場合。  Hの期待値を計算したところ(2\pi * \int_{0}^{\infty} Ψ^{*}HΨ r dr ) <H> = 2\pi N^2 (h^2/8m - e^2/ (8\piε_0 \alpha) ) となって、これをαで偏微分しても<H>を最小にするような\alpha は出てこない気がするのですが・・・・どうすればいいのでしょうか?なお、      ∇^2 f(r) = f ' '(r) + 2/r * f ' (r) であることを利用しました。

  • 量子力学の基礎的な質問

    2つ質問させてください。 1.波動関数Ψを考えます。 普通|Ψ|^2=1となるように規格化すると、Ψの要素の一つをΨ_nとした場合、|Ψ_n|^2が確率としてでますよね。 もし、|Ψ|^4=1として規格化すると|Ψ_n|^4が確率になるんですか? 2.<Ψ(0)|Ф(t)>≠0の場合(カッコ内は時間)、この式の解釈としては「Ψ(0)の波動関数は時刻t秒後にФ(t)となる波動関数とその他なんらかの波動関数の重ね合わせである」 またはΨ(0)、Ф(t)に対する固有値をA,Bとすると「Aという固有値がt秒後にBという固有値に変化する可能性がある」ということでしょうか? 最近よくわからなくなってきてしまい質問しました。よろしくお願いします。

  • 量子力学について教えてください

    振動、回転、並進の分配関数の導き方を教えてください。また良い解説書があったら教えていただけませんか? 初心者ですが,量子力学って理論物理ですか、実験物理ですか? 難しい式がいっぱい出てくるので最初、理論物理だとばかり思っていましたが,ホントは実験物理ではないのですか? 光が波動性と粒子性を持っているって、実験でわかったことですよね。それで、この事実に合わせるために、波動方程式をいじり、エネルギーは運動のエネルギーとポテンシャルエネルギーの和に等しいというニュートンの方程式に重ね合わせただけではないのですか? 結果,その方程式がいまのところ成功しているので、みんないつの間にかこれは純粋な理論物理だと思い込んでいるということはないですかね? もしそうならこの理論?の将来って心細いですよね。将来この理論?に反する事実が見つかったらあっというまにお話がひっくりかえるということはありませんか?

  • 量子力学について

    波動関数を規格化するとはどういう事なのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 量子力学の問題です><

    いろんな問題を解いているところなのですが、無限と有限が混じった井戸型ポテンシャルの問題がよくわかりません… 次のポテンシャル V(x)= ∞(x<0)、0(0≦x≦a)、Vo(a<x) の束縛状態のエネルギー固有値を求めよ。また、基底状態の波動関数の概形を図示せよ。 という問題です。もしわかる方がいたら教えてください。 よろしくおねがいします><

  • 量子力学の基本的な質問

    量子力学の基本で混乱しています。 物理量の期待値についてなのですが、わからないことが次々と湧いてきてしまい、自分の理解の浅さに意気消沈 しています・・。 どなたか簡潔に御享受いただければと思います。 どの質問も非常に初歩的な内容ですが、当方、基本的な所で何かとんでもない勘違いをおかしているようなので、ご指摘いただければと思います。 (波動関数をF、複素共役をF*、物理量(演算子)をQ、固有値をq、2乗は^2、で書き質問します) 1 物理量Q(位置、運動量、エネルギー)の期待値は、 <Q>=∫F*Q Fdr で与えられる、とあります。 例えば『無限に深い井戸型のポテンシャルの問題』での基底状態について考えたとき、位置、運動量については「ばらつき」があることは理解できるのですが、エネルギーについては、明らかにE(1)という基底状態のエネルギーが確定してしまい、エネルギーについては「ばらつきがない」ように思えるのですが、どう考えればイイのでしょうか? 2 Qは固有関数、qは固有値、のとき   物理量Qの分散は ∫F*(Q-q)^2 Fdr=0 となり、 「これはある固有関数で表される状態で物理量Qを観測すると、それに対応する固有値qという確定値が得られることを意味する」  とあります。 分散の値が0になることより、確かに確定値が得られるであろうことは理解できるのですが、先ほどの井戸の問題を見るかぎり、位置、運動量についてはばらつきがあり 「確定しない」ように思えます。どう考えればイイのでしょうか? 以上、当方の確率解釈に対する誤解から生じる疑問なのでしょうが、自分が何をとらえ違えているのかわからずにいます。よろしくお願いします。

  • 量子力学について

    1次元の井戸型ポテンシャルに閉じ込められた電子の運動をとき、エネルギーが離散的になることと、エネルギー間隔とポテンシャルの幅について考えよ。という問題なのですが、離散的になるところまでは示せて、エネルギー間隔というのもわかるのですが、ここでいうポテンシャルの幅というのは何を指すのでしょうか。

  • 量子力学の問題について質問です。

    量子力学の問題です。 一次元だけで考える。粒子の波動関数がAe^{(k/2)(x-c)^2} (A・k>0.cは実数の定数)であたえられている時、 (a)規格化条件からAを求めよ (b)xの期待値を求めよ (c)(x-c)^2の期待値を求めよ (d)運動量p=-ihd/dx の期待値を求めよ (e)上で求めた運動量の期待値をp₀とするとき、(p-p₀)^2の期待値を求めよ どなたかわかる方説明していただけるとありがたいです。