• 締切済み
  • すぐに回答を!

拒絶査定についてですが・・・・・・・・

弁理士に依頼し、特許を出願致しました。既にメーカーとの契約が決まっておりますので、 個人ということもあり「早期審査請求」を致しました。それに対して一回だけ「拒絶理由通知書」が来まして、 第29条第1項、第2項が理由でした。それで意見書並びに補正書を弁理士に依頼し提出致しましたが、 「拒絶査定」という通知書が来ました。 弁理士の観点から相違点を意見したと思うのですが、弁理士は、その拒絶査定に対して 事実認定が誤っているので不服裁判にて覆る可能性が高いと言います。 そこで、私がその対象となった文献と本件を見比べていると、便利の意見とは異なる非常に分かり易い 明確な違いを発見致しました。これを審査官に伝えると理解してもらえると思うのですが、 何か良い対処方法はないものでしょうか? 拒絶理由通知書には、一度も「最後の」という言葉は含まれておりませんでした。 この場合でも、意見書や補正書を再度、提出することは出来ないものでしょうか? ちなみに、拒絶査定がきてから、30日は経っておりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数781
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#65751
noname#65751

>拒絶理由通知書には、一度も「最後の」という言葉は含まれておりませんでした。 >この場合でも、意見書や補正書を再度、提出することは出来ないものでしょうか? 我が国の特許制度では、意見書・補正書を提出しても先の拒絶理由が解消されなかった場合、いわゆる「最後の拒絶理由通知」はされずに、いきなり拒絶査定になります。このこと自体について争うことはできず、もちろん意見書・補正書の再提出もできず、(質問文中にある「不服裁判」ではなくて)拒絶査定不服審判を請求して争うするしかありません。(本年4月1日以降の出願については拒絶査定不服審判の代わりに分割出願するという手もあることはあるのですが、たぶんその適用外の出願でしょうから割愛します。) >そこで、私がその対象となった文献と本件を見比べていると、便利の意見とは異なる非常に分かり易い >明確な違いを発見致しました。これを審査官に伝えると理解してもらえると思うのですが、 >何か良い対処方法はないものでしょうか? それでしたら、拒絶理由通知がされた時点でsmss1234さんご自身が引用文献に記載された発明をよく調べて代理人(弁理士)に説明すべきでした。お気の毒ですが、拒絶査定がされてしまった後では、高い審判請求料(55000円~)を特許庁に払わないとその後の手続きをさせてもらえません。 なお、第29条第1項は新規性、同第2項は進歩性に基づく拒絶理由です。引用文献との有意の相違点が見つかって前者(新規性に基づく拒絶理由)が解消できたとしても、その相違点が当業者が(他の文献や当技術分野における通常の知識に基づいて)容易に想到し得たもの(適宜なし得た設計事項)に過ぎず、しかもその相違点による作用効果も容易に予測できる範囲内であるというような事情があれば、進歩性がないものと判断され、拒絶されます。 つまり、smss1234さんが見つけ出した相違点を審査官(や審判官)に示しても拒絶理由が解消されない可能性はあります。その辺の判断については、代理人と相談してください。 ちなみに、審判請求をし、審判請求の日から30日以内に補正書を提出して明細書や特許請求の範囲を補正すると、もう一度審査官に審査してもらう(前置審査)ことができます。このような補正をしない場合、又は補正したけどそれでもまだ前置審査で拒絶理由が解消されていないと判断された場合には、本格的な審判段階に入ります。審判では、特許庁の審判官(通常は3人)が合議で審理を執り行います。そこで主張が認められると、特許になることは多いです。代理人とよく相談して頑張って下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 商標登録の拒絶理由通知について

    弁理士に依頼した商標登録ですが、 ありふれた形を重ねただけのものとして拒絶理由通知を受けました。 弁理士からは、意見書を出せば通る可能性が高いと言われました。 ここで気になったのは、 ・拒絶理由通知を受けるのは当たり前のことなのか。(大抵の場合は一度は拒絶されるものか?) ・そうでない場合、弁理士が手続きをする際に落ち度があったのか?(始めから意見書と同義なものを添付していたら通っているのか) ・意見書を提出した場合、一般的には商標登録が認められるものなのか。 弁理士にも充分話を聞いていますが、他の方の意見を聞きたく質問いたしました。 ご回答よろしくお願いします。

  • 17条の2第3項違反の拒絶理由通知に対する補正は・・・

    個人で特許出願をした者です。 審査請求後、29条、36条理由で拒絶理由通知が来ました。 これに対して、意見書と補正書を提出後、17条の2第3項違反のみ理由で再度拒絶理由通知が来ました。(「最後」ではありません。)これには、「・・・と補正すれば、拒絶理由が解消する」とあったのですが、問題はここからでして、次の補正は、前回補正前か後かどっちの明細書等において補正をすればよいのでしょうか?私的には「補正後の拒絶理由通知だから、補正後の明細書等において補正すればよいのでは・・・」と思ったりするのですが・・・でも特許請求の範囲を補正すれば、これに伴って明細書等も補正しなければならない・・・それではまた前回の拒絶理由(26条や36条理由)に対する意見をしなければいけないのか・・・私にはわからなく困っています・・・。どなた様か何卒ご教授お願いします!!

  • 【特許】拒絶査定不服審判係属中に補正

    拒絶査定不服審判係属中に新たな拒絶理由が通知され、意見書提出の機会が与えられた際には明請図の補正はできるのでしょうか? 17条の2の1項を見ると拒絶査定不服審判係属中に受けた拒絶理由通知に対しても補正ができるように読めます。 もしできるとしたら17条の2の3項、4項より新たな拒絶理由(ファーストアクション)に対する補正は単一性を満たす限り出願当初の明請図の範囲でできることに・・・。 どうもすっきり理解できません。 詳しい方教えていただけないでしょうか。

  • 最後の拒絶理由通知

    最初に進歩性(29条2項)に基づく拒絶理由通知があり、意見書を提出しました。(補正はしていません。) その後、記載不備(36条6項2号)に基づく2回目の拒絶理由通知が来ました。ところが、この拒絶理由がいわゆる「最後の拒絶理由通知」とされてしまいました。備考として、次のように記載されていました。 『是正することが特許法第17条の2の要件に違反しない程度であるため通知しなかった軽微な記載上の不備が補正されず依然として記載要件に関する拒絶の理由があり、その拒絶の理由のみを通知する拒絶理由通知である。』 これは審査ガイドライン5.2.1最後の拒絶理由通知とすべきものの(2)(ii)に基づくものと思われます。 問題の発明は化学的プロセスに関するものであり、指摘された記載不備とは、そのプロセスで用いる膜フィルターの厚さの規定についてのもので、「厚さ数μ」とされていた「数μ」が不明瞭であるということでした。 このような場合、一般的に審査官はこの記載を具体的数値に置き換えることを要求しているものと考えられます。 しかし、膜フィルターの厚さは発明の作用効果にとって臨界的なものではなく、出願人には厚さに関する記載を削除するという選択肢もあります。 ここで問題となるのは、『最後の拒絶理由通知に対する補正は厳しく制限される』ということです。つまり、この場合、厚さに関する記載を削除する補正は、17条の2の4項2号の要件の違反になってしまいます。 最初の拒絶理由通知の際にすでに存在していた記載不備をその時点で指摘してもらえなかったばかりに、出願人は発明を不必要に限定せざるを得なくなってしまったのです。 このようなことがあってもいいものなのでしょうか? 審査官がこのケースでの2回目の拒絶理由通知を最後の拒絶理由通知としたのは、適切なのでしょうか?

  • 新規事項の追加

     特許法第29条第2項及び同第39条第1項に基づく拒絶理由通知が来ました。  第29条第2項(進歩性)については、補正の必要もなくクリアーすることができたと思いますが、第39条第1項(先願)については一部重複している部分があったため、その部分を除外する旨の補正を行いました。  ところが、その一部除外する補正が新規事項の追加と見なされ、特許法第17条の2第3項に基づく拒絶理由通知が来ました。  審査官の主張は、発明を一部除外するために新たにクレームに加えた記載が出願当初の明細書に記載されておらず、出願当初の明細書の記載から直接的かつ一義的に導き出すことができない(即ち新規事項である)というものであったと記憶しています。  しかしながら、先願との構成上の明確な区別をつけるためにクレームに除外規定を設けるということは過去にさんざん行ってきていることであります。  審査基準には、進歩性の要件は満たしているが新規性の観点で引っかかるような場合には除外クレームは新規事項の追加と見なさないという旨の例外が設けられています。(審査基準第III章)  このような拒絶理由通知は審査官のミスによるものなのでしょうか? 審査基準を楯に主張すれば拒絶理由は解消されるのでしょうか?  それとも、私の解釈にはどこか間違いがあり、何らかの補正をしないと拒絶査定になってしまうものなのでしょうか?  意見書提出期限は11/21です。かなり切実です。宜しく御願いします。

  • 【特許法】補正と拒絶査定不服審判について

    あまりあいまいでまだ良くわかっていないのですが、 「拒絶査定不服審判の請求前にした補正は却下の対象にならない(159条1項)。」 とテキストに書いてありました。 そこで、以下二点質問なのですが、 【質問1】 拒絶査定不服審判の請求前というのは、 拒絶査定謄本送達日から30日以内にする補正でしょうか。 【質問2】 拒絶査定不服審判の請求前ならば、どのような補正でも、 最後の拒絶理由通知を受けたときよりも緩い制限で、 17条の2柱書の特許すべき旨の査定の謄本の送達前と同様の補正が許されるのでしょうか。 その場合、前置審査において意味不明な補正について審査しなければならなくなりませんか? 青本を読んでもよくわからなかったので、 なぜそうなっているのかの理由も含めてご回答いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 審尋で拒絶査定の理由となる拒絶理由があると判断した場合

    審尋で拒絶査定の理由となる拒絶理由があると合議体が判断した場合は、あらためて拒絶理由が通知され補正の機会が与えられるとありますが、 (1)拒絶査定→不服審判の後の拒絶理由とは拒絶査定前に逆戻りするのでしょうか? (2)しんじんは補正はできないとあります。補正の機会が与えられるとは矛盾ではないですか? (3)拒絶査定の理由となる拒絶理由があるというのは拒絶した理由に更に拒絶する理由を発見することであり、拒絶査定の根拠を強めるものと思います。それなのに補正の機会が与えられるのはおかしくないですか?

  • 拒絶理由応答2件

    どなたか詳しい方、以下の内容を教えて下さい。 (1)審査請求後の最初の拒絶理由通知が来た場合、全く違う観点の当初クレームより構成要件的に広くなる補正は可能ですか? (2)拒絶理由通知(最後ではない)に対して一度意見書、補正書を提出した場合、当初の応答期間内なら再提出できると思いますが、  (1)当初応答期間内で再提出した補正書のクレーム内容が、先の補正書のクレーム内容より広いことは可能ですか?  (2)また先の手続補正書を取り下げてリセットして、再提出した補正書のみを正とするようなことは可能ですか?

  • 拒絶査定と最後の拒絶理由通知

    下記請求項で出願したところ、進歩性の拒絶理由通知が来ました。 請求項1:A+Bからなる○○装置 Aを下位概念であるa2に補正すれば進歩性OKになると思うのですが、 範囲が狭くなるため、Aとa1の間の概念であるaを請求項1にしたいと思っています。 しかし、Aをaにした請求項1では、進歩性に不安があります。 そこで次のように補正しようと考えています。 請求項1:a+Bからなる○○装置 請求項2:a1+Bからなる○○装置 この場合、 審査官が請求項1について進歩性違反の拒絶理由が解消していないと判断した場合には、 いきなり拒絶査定になるのでしょうか? 感覚的なものでも構いませんので、宜しくお願いいたします。

  • 特許の拒絶に審査官に連絡したのですが

    今週早々に連絡をくれるとの事でしたが、未だに連絡がありません。これはどのように捉えたら良いのでしょうか? 以下、分かり難い説明で澄みませんが、ご意見の程、宜しくお願い致します。  内容は新規性無しの請求項1は削除して、請求項2は1を前提とする部分があるので、請求項2に変化がないように1の前提部分のみ2に加え、それを1にました。その他の請求項は単に削除しただけです。  その他、「不明瞭」に対しては、電話で全て納得して貰いまして、意見書にそれを記入するとして、意見書も作成しました。  忙しいのに催促するのも印象が悪くなるかと・・、拒絶応答はそのまま提出してしまおうかと、期限は22日までです。  そもそも、審査官に再度聞くまでもないものと思ってますが、又その際の審査官もそんな感じでしたが、詰まらないことで二度目の拒絶が来て時間が掛かるのは避けたかったので、念の為審査官に「何か勘違いの部分とか、無いでしょうか?」 として、連絡し、補正書と意見書のFAX送信の許可も貰って、今週早々には返事をくれるとの事でした。

専門家に質問してみよう