• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アセトアルデヒドの検出

高専で実験にてお茶ガラやコーヒーのかすでアセトアルデヒドを吸着させて濃度の変化を見る実験をするんですけどある理由でアセトアルデヒドを水に溶かして濃度の変化を見なければなりません。 そのときホルムアルデヒドのパックテストでもアセトアルデヒドの濃度を測れるのでしょうか?または機械の検出器を使ったほうがいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数503
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

パックテストは原則的に他の試薬にはNGだと思います。 正確に知りたいなら良回答者が現れるのを待つか、メーカーに問い合わせるのが一番だと思います。 でも、せっかく実験するならばパックテストみたいな大雑把な値でなく、 装置が有るならば機器分析で調べてみてはどうですか? HPLCで計れると思います。 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • フェーリング反応について

    この前学校で以下の実験を行いました。 1、4本の試験管にフェーリング液を4mlとる。 2、1にアセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、ベンズアルデヒド、純水(ブランク用)を4滴入れる。 3、2を湯浴中で5分加熱する。 4、色の変化をみる。 この実験でアセトアルデヒドは濃緑の液体に、ホルムアルデヒドはフェーリング反応で赤褐色の沈殿物(酸化銅)ができました。 私がわからないのは、 なぜ、アセトアルデヒドは緑色の溶液になったのでしょう? あと、フェーリング反応するアルデヒドとフェーリング反応しないアルデヒドとの違いはどこにあるのでしょうか? よろしく御願い致しますm(__)m

  • ホルムアルデヒドの検出

    学校の実験でホルムアルデヒドの除去能力を確かめる実験を行いました。 僕達の班はピーナッツの殻を用いて実験を行いました。 実験方法としては、ホルムアルデヒドの入ったシャーレと水の入ったシャーレ、除去能力を確かめたい物質を入れたシャーレの3種を密閉容器に入れ、1、2、3時間静置してAHMT法で検出しました。 すると、何も入れてない状態よりも増加していました。 殻を入れて増加しましたので、殻をそれぞれ素の状態、レンジに入れた状態(5分程度)、軽く炒った状態、細かく粉砕した状態でそれぞれ試しました。 すると、レンジに入れた物が1.5倍程度、粉砕が1.3倍になってました。 これは偶然なのでしょうか? インターネットで調べた結果、ピーナッツの殻には約90%のホルムアルデヒドの除去能力があるとの事です。 増加する理由が全く判りません、実験操作事態に不備があれば思い当たる点があれば教えて下さい。

  • チオールによる金イオン吸着について

    私は学部4回生です。 現在研究室でMPTMS(3-メルカプトプロピルトリメトキシシラン)とTEOS(オルトケイ酸テトラエチル)を用いてチオール基のついたメソポーラスシリカを作っています。 さらに塩化金酸を純水に溶かし、その中にシリカを分散させチオール濃度変化による吸着量の変化を(ICPなどにより)調べているのですが、実験途中に金が還元してしまったりと実験がうまいこといきません。 どのような実験方法で吸着量変化を調べるとうまくいくでしょうか。 塩化金酸は純水100mlに対して約0.4mM(≒0.01647g)加えています。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • TEOS
  • ベストアンサー率35% (748/2137)

お茶ガラでアセトアルデヒドを吸着したいとありますが、 濃度の変化は、どうやって調べる気なの??? ガスなら、検知管&GCで調べるのは可能と思う。 参考までにパックテストとは、何でしょね??あまり聞かないけど? ホルムアルデヒド用で アセトアルデヒトが計れるのか知らない?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 100以上のCODの求め方

    今、卒論実験をおこなっています。 生活排水で植物を育てていて、週に1回CODのパックで測定しています。生活排水を最初CODが100になるように調整して、その10倍の濃度で1000になるかなぁと思って水を用意したんですが・・・ 今日測定してみたけれど、そのパックテストでは100までしかはかれないんです>< どうしたらいいんでしょうか?

  • ΔHが求められません

    活性炭の吸着エンタルピーを求めたいのですが、 いくら文献を調べても求め方が載っていません 誰か、求め方がわかる人がいらっしゃたらご教授願います ちなみに濃度変化による実験結果をラングミュラープロットして 飽和吸着量、吸着平衡定数、比表面積などを求めました。 他にわかっている値は室温と気圧くらいで、ΔT、ΔPは不明です。

  • 塩化銅(CuCl2)の水に対する溶解度積

    塩化銅(CuCl2)の水に対する溶解度積 …が知りたいのですが、調べてもどこにも見当たりません。ある吸着剤を用いたpH依存性実験をやっているのですが、1mMの銅濃度で行おうとしたところ高pHでは沈殿が生じてしまったためpH5まででしか実験しませんでした。がやはりpH8付近までのデータを取りたいので、銅濃度を沈殿が起こらない濃度まで下げようと思い、溶解度積からその濃度を求めようと考えています。ちなみに緩衝液には0.1Mの塩酸および酢酸ナトリウムを使用しています。できるだけ高い銅濃度で実験を行いたいと考えているので、どうかよろしくお願いします。

  • 日本トリムの水素水と他社の高濃度水素水

    日本トリムの方が職場に来られ実演販売されました。 そのときイソジンの入った水に水素水を入れると水が透明になるという実験がありました。 不思議だな~と思い、早速家に帰って他社製品の高濃度水素水というレトルトパックにはいった水素水をイソジンの入った水に入れても変化がありませんでした?? これはどういうことなのでしょうか? どちらかの会社の製品に問題があるのでしょうか? それとも他に原因があるのでしょうか?

  • 水処理の吸着剤、接触ろ過剤。

    私は、工場内の水処理施設で働いており工場の排水の処理を担当しています。 排水の種類は主に工場の洗浄排水でパックと高分子で処理しています。処理水の水質は工場排水の基準を満たしています。 ただ、日によって濃度が違う為平均月に3回は、基準を超えてしまう為、安定させるのに調べたところ前処理として吸着剤の添加が好ましいと思い、簡易テストで細かい石膏や砂利などを添加後、高分子で処理したところ良好な結果でした。 ただ現状の設備上の問題で水溶性の吸着剤しか使用が出来ませんので、水溶性の吸着剤や接触ろ過剤の種類について教えて頂きたいのですが・・・。

  • 緩衝能についてです。

    先日、pHと緩衝能についての実験をしたのですが、よくわからないことがあったので質問させていただきます。よろしくお願いします。 (1),水のpHは、酸およびアルカリを最初0.1ml添加したときには3以上変化するのですが、その後添加量1mlまで1程度しか変化しないのはなぜなんでしょうか? また、(2),水に関する実験でpH変化が小さい領域(添加量にして0.1mol以上、1ml以下)は、「緩衝能がある」とは言わないのはなぜなんですか? (1)に関してはまったくわからないので詳しく教えていただけたら幸いです。 (2)は、水で希釈するなどして濃度を変えるとpHが変化するからかなと思うのですがまったく自信がありません。 よろしくお願いします。

  • 佐伯チズ式はだめ?

    佐伯チズ式はだめ? 佐伯チズさんの本を数冊購入し、一ヶ月彼女の美容法を実践した者です。 一ヶ月後、肌に何の変化もなかったので(逆にすこし荒れた気が)、 薬局に行き肌の様子を機械で診てもらったところ、 肌にうるおいがまったくなく、ひどい乾燥状態であることがわかりました。 美容部員さんに現在実践しているスキンケアの方法を聞かれ、 佐伯チズさんのローションパックのことを言うと、 ¢あの人の間違いだらけのやり方は、もうわたしたち美容部員の間では有名な話ですよ£ と言われました。 彼女の話では、そもそもメーカーが規定する使用量や濃度を無視して化粧水を水で薄めて使うというようなローションパックは、ありえないんだそうです。 また、水は肌に浸透にくいんだそうです。 (和紙に化粧水と水をそれぞれ垂らし、15分後に化粧水のほうはすべて和紙に染みこんでいるが、水のほうは水滴のまま残っている、 っいう実験も披露してくれました) 佐伯チズさんの美容法に異を唱えるかたのご意見をちょうだいしたいです。 また逆に、いやわたしはよくなったよという方もよろしければお願いいたします(*^o^*)

  • 土壌

    土壌のPHを調べる実験をしたのですが、土に水と塩化カリウム溶液、二つを別々の土の中に入れ、実験しました。 pH(KCl)を測定する理由として、P(H2O)-p(KCl)=△pH が土壌のpHに及ぼす塩類濃度の影響を調べる為である。と書いてあったのですが、あまり理解ができません・・どうゆう意味なのでしょう。水でやった場合が遊離している水素イオン濃度を測定し、塩化カリウムが、粘土、吸着した水素イオン濃度を測定するのであれば、この二つを合わせてものが、土壌のpHになるって事ですか??だとしたら塩化カリウムを測定する理由なんて書きませんよね・・・。 うーん・・・ 後、電気伝導率も調べたのですが、単位はμS/cmじゃないですか!!資料の方にmS/cmの単位でのってたのですが、どのようにμS/cmになおせばよいのでしょう。 お願いします!!

  • 粘菌の発生過程におけるプロモーター活性の検出

    最近行った実験においてなんですがよくわからないので質問します。 まず概要から、粘菌を形質転換させたものとさせていないものをそれぞれ発生させてから0h,16h,20h,24hおいたものを作りました。これをまずたんぱく質濃度の測定をしました。ここで280nmの吸光度を測定しました。 次に、ONPGを基質としてβ-ガラクトシダーゼ活性検出をしました。これはまず、ZO-buffer,ONPG溶液,細胞破砕液を攪拌したあと、37度で30分間保温した。この後、Na2CO3溶液を加え攪拌し反応をとめた。その後、420nmの吸光度を測定しました。 最後にOD420/OD280の値をプロットし、プロモーター活性の継時変化を調べた。 このような実験をして、なぜこのような方法でプロモーター活性が計測できるのか教えてください。 そして、なぜOD420/OD280の値でプロットしなくてはならないのかも教えてください。お願いします。

  • 食塩水に浮かべた氷と水位

    コップに入った水に氷を浮かべた時、氷が解けても水位の上昇は見られませんが、高濃度の食塩水に、氷を浮かべ、その氷が解けた時に水位の変化はありますか? また食塩水意外で氷の半分以上が浮くような液体の中で同じような実験をした時どのようになるのかが知りたいです。