• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

日照権について

日照権について、教えて下さい。 家族が他界した為、家とアパート(両方2F建て)のある土地を 姉妹で2つに割ることになり、 私がアパートの方を相続しようと考えているのですが、 アパートのほうが、南側にたっており (ただその南側に隣の家がたっていて陽が当たらない為  窓は東面についています。) 若干日当たりが、家よりいいです。 今アパートの前は駐車場になってるので問題ないと思いますが 数年後立て直した場合、日照権の制約を受けることは ありますでしょうか? また家の方は他人に売却すると思われるので その際に、いずれ建て替えるということを いったほうがいいのでしょうか? またネットで調べても、 基準内に立てられていたら 日照権はあまり主張できない、という説と 下記に少し引用した文章ですと けっこう厳しいような気がします。 「○市だと、第一種・第二種低層住宅専用地域においては、軒の高さが7mを超える建物等につき、隣地との境界線から高さ1.5mの水平線において、冬至日の午前9時から午後3時までの間に敷地境界線から10m以内の範囲で3時間、10mを超える範囲で2時間以上日影となってはいけないとされています。」 皆様どの程度、建てる前や購入時に 調べるのでしょうか? (いちいち計らないといけないのでしょうか?) ぜひ教えて下さい。よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数539
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

引用された文章は、「日影規制」に関する規定です。 測定面の高さ1.5m、2時間/3時間という規制はもっとも厳しい部類に入ります。日影規制の厳しさは、地域によって異なります。もっと規制が緩いエリアや、日影規制がないエリアもあります。 用途地域図を見ると、その土地にどんな日影規制がかかっているか知ることが出来ます。用途地域図は市役所へ行くと購入することができます。1枚100円前後です。 昔は、日影曲線という図を参考に手書きで日影図を書き、規制を見対しているか検証していましたが、最近ではコンピューターで簡単に書くことができるようになりました。建物の形状や位置(敷地のどこに建っているか)によって結果が大きく変わるので、本来であれば土地購入前に建築士などにラフプランを作成してもらい、日影規制を守れる建物の大きさはこの程度、と把握してから購入するべきだと思いますが、住宅用地などではほとんど行われていないのが現実です。 日影規制の他、日照権に関わる規制としては、絶対高さ制限、高度地区制限、北側斜線制限、隣地斜線制限などがあります。すべてのエリアにあるわけではなく、これも、特定の用途地域や指定されたエリア内にのみかかる規制です。境界線から建物の壁面を○m下げなければいけない、といった規制があるエリアもあります。 これらの規制をすべて満足した建物(満足させないと確認申請が通りませんので、建てられないのですが・・・)に対して、うちにもっと日が当たるように低くしろ、とか、建物を南に寄せろ(北側を開けろ)、と言うことは、きわめて難しいのが現実です。 相続される土地の周囲を見回して、どの程度の大きさの建物が建っているかを見るのが、一番わかりやすいと思います。ほとんど2階建てが多いエリアなのか、3階建ても建っているのか、それとももっと高い建物も建っているエリアなのか? そられとほぼ同じボリュームの建物を、相続される土地や、その南側の土地に建てることができると思えば参考になるのではないでしょうか? また、妹さんに建て替える意志がある旨を事前に伝える義務はありませんが、つまらないトラブルを避けるためにも、「建て替えるかもしれないよ」とひと言伝えておけばよろしいのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事遅くなりまして、申し訳ございません。 大変わかりやすい説明、ありがとうございます。 市役所に用途地域図を取りに行きます。 そうですね、一言声をかけたほうがいいかもしれません。 建築のことが全くわからず、困ってました! 有難うございました。

関連するQ&A

  • 持ちアパートの日照権

    ワンルーム6部屋の2階建てアパートを経営しています 今度南側に10m弱の3階建てアパートが境界線ギリギリに立つことになりました 相手のアパートオーナーは南側がまだ空き地なので 建物が建ったら陽が当たらなくなると 北側の境界線ギリギリに立てることを建築業者に依頼したそうです 私のアパートは境界線から1m強離れていますが 1階の部屋は1日中陽が当たらなくなり 今まで 日当たり良好で入居者に評判良かったのが 今後 入居者が全くいなくなることも考えられます 建築許可が出ている以上 建築条件は満たしていますが 日照権と営業妨害などで 建築方法を再考していただけるように お願いしたいのですが ・・・・ よろしくお願いします  

  • 工事中の仮囲いにおける日照権

    我が家(賃貸で1階)の前にマンションが建ちます。 マンション建設の前に既存の建物の撤去工事が12月から始まったのですが、何とびっくり敷地境界線手前に防炎シートでうちのアパートの2階まで目隠し(仮囲い)をしました。 その為日中は全く日が差してきません。 解体する建物は敷地境界線よりもずいぶん内側なので敷地境界線ギリギリに仮囲いをする必要はあまりないと思っていたのですが・・・。 マンション建設後の日照権などについては色々なサイトでよく見るのですが、建設工事中の仮囲いの日照権はどうなのでしょうか。 明日でも業者に電話しようと考えているのですが、何とか良い方法を知っている方よろしくお願いいたします。

  • 日照権

    我が家(2階建て)の南側に3階建ての分譲住宅が建つことになりました。 境界線からは50cm離して建てるそうですが、3階建てで高さは9.9m。 建築法では制限を受けないので我が家の日当たりについては考慮するつもりはないと建築会社の人に言われました。 なんとか日当たりを確保してもらう方法はないでしょうか? ちなみに住んでいる場所は第二種住宅地域です。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#78261

2階建てなら軒の高さが7mを超えることはまずないので2階建てを新築するなら心配は不要かと思われます。基準法の範囲や条例の制限の中で建てるなら日影規制も含むので法的には問題がないでしょう。 ただ、心情的に・・というのだったら分割する敷地形状が南北に狭くならない方がいいかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事遅くなりましてすみません。 日影規制は条例などの中に含まれるのですね… 建築許可が下りれば、問題ないと考えていいのですね。 参考になりました。有難うございます。

関連するQ&A

  • 日照権の問題について

    新興住宅地に住んでいます。 自宅の玄関は北向きで、リビングは南向きです。 南側に、売れ残っている宅地があいます。その宅地に買主が付き、家が建ちます。 南側の宅地は、130坪あり、南道路に面しています。 北側に、私の自宅が建っているのですが、北側に寄せて家を建てられたら、私の自宅に南の日が当たらなくなります。なるべく南側に寄せて、家を建ててもらいたいのですが、法的に日照権を主張する?など、図面を提示してもらうなどの方法はないでしょうか?

  • 日照権について

    私は8年前 土地分譲区画23の1区画を買い自宅を建てました 23区画ある中での決め手は 隣地が 大きなモミジの木が 10本程度ありそれはそれは素晴らしい紅葉が毎年見られる、設計も林をどう見るかを考慮しました リビングも借景ながら別荘気分で食事、何より1年中木々からの空気や、景色の恩恵を受けました 台風で倒木しこちらにもきましたが被害は少なく安堵したこともありました 今までは 都会の方々が共同名義で所有されてましたが、今度売却して 田舎にしては高さのある 7階建のマンションが建つと業者から知らせがありました その図面によると最大3時間が全体 半分が2時間 日陰になると言います こういった場合日照権などをもっと主張できませんか 上層階の一部をなくすことで解決します このような要求を聞き入れてもらう事は法律上無理な事でしょうか 来年からはモミジもなくなります、日陰だけが家にきます 日照時間の程度問題でしょうが  3時間程度日照権、生活環境(借景)保全とか 法律的に主張できませんか できる可能性があれば 裁判を起こした方がいいのでしょうか いい方法、法律的な事教えてください

  • 日照権

    我が家の北側に一坪の物置小屋を自分で建てました。ところがその西側にあるお宅が朝日が入らないといってきています。そんなに強い口調ではないですが。 高さは一番高いところで3メートル屋根がそのまま北側に傾斜しています。その問題のあるお宅からは2.5は離れたいますし、私の家側から見ても境界線からは1.6メートルは離れています。私は全然問題ないと思います。 あまり問題を大きくもしたくありません。 物置小屋をどかすのも納得がいきません。どう対処すればよいでしょうか?

  • 日照権

    私の家(持ち家で木造2階建ての長屋です。裏側にベランダ有)の裏側が工場だったのですが、倒産して現在、不動産会社が解体をしてます。その跡地に3階建て一戸建てを建設予定だそうですが、私の家の境界線から50cmの所に建設するようです。工場があった時は裏通りの幅が80cmはあったのですが、もし、無くなれば建物と建物の間は60cmぐらいになると思われます。こんなに近くしかも3階建てともなれば、おそらく、いえ、絶対に日が射さなくなると思います。この事を不動産会社に言うと「建物の高さが10m迄建設をしても問題ない土地なので、日が当たらないでしょうし、そうなってもこちら側に賠償義務は無いですね」と言われました。本当でしょうか? もし、そうだとしても、せめて洗濯物を干すベランダを反対側に作製してもらうわけのはいけないのでしょうか?

  • 物置設置による日照権

    物置の設置を考えております。 我が家が東側。隣家が西側にあります。 その家は旗竿地の為、我が家の庭に面するように家を建てております。 我が家の庭の西側に物置を置くと、隣家の東側の窓をふさぐことになります。 この場合、日照の取り扱いはどのようになるのでしょうか? ※日照権? ※法律上の日影規制 ・物置の高さは250cmぐらいあります。 ・物置は幅360cm、奥行き180cmです。 ・隣家は、境界から50cmのところにあります。 ・物置は、境界から50cmのところに設置しようかと思います。

  • 日照権について

    今、隣家に3階建て10戸以上の集合住宅が計画されています。第一種住居地域で建築協定からも外れており、建物の高さが10m以下の9.950mで予定されています。 冬至実日影図で朝9時~午後15時まで日が当たりません。配置図を見てもプライバシーにもなんら配慮がなく、申し訳ないとは思うが、法になんら違反はしていないから・・・と 敷地いっぱいに建物が建つ予定です この地域では、閑静な住宅街なので皆さん周りに配慮して今だ三階建ての集合住宅など建っておりません。 もちろん、この条件でこの建物を建てられる事も重々承知しています。しかし、建物が建ってからではどうしょうもありません。関係宅と町内会で話し合いなんとか二階建てにして欲しいと提案させて頂きましたが、 利益優先ですので「ムリ!」の一言でした。 どうして良いのか分からず、何か良い方法がないかと思っています。 どうか良いお知恵をお貸し下さい。  わたくし共の願いは、二階建ての物が建って頂ければと思っております。

  • 日照権を得るか、予算を抑えるか

    いつもお世話になっています。 とてもくだらない質問ですがお付き合い下さい。 半年も土地を探したエリアで、ついに物件が出ました。 不動産業者が4区画を売り出し、即2区画が売約。 残り2区画と言う現状です。 残っているの2区画の1つは、北道路の物件【A】。 もう1つの区画は、北物件【A】の南側の物件(南道路)【B】です。 私は土地に掛けられる予算を60坪で1,300万円と考えていました。 今回の【A】【B】物件ともに71坪あります。 【A】が13,155,850円 【B】が15,999,709円 どちらを取っても予算オーバーですが、 坪数が大きい事と、第1種低層住居専用地域と言う事を考えると、 私にはとても欲しい物件です。 超人気エリアなので、値引きは通用しないと思われます。 さて【A】を買えば予算に少し足せば良い範囲ですが、 【B】を買えば予算を300万円弱オーバーします。 私は35歳です。 これから一生暮らす場所&自分の所有する土地の区画選択として、 「300万円で半永久的な日照権を得る」か、 「予算に見合う金額で日照権を妥協する」か、 とても悩んでいます。 私は実家を出て、11年も社宅住まいで運良く4Fの東南角地に 住んでいましたので、日照権は当たり前の物だと思い、 あまり執着心がありません。 皆さんはどう思われますか? どんな意見でも良いので聞かせて下さい。 12月9日に不動産業者立ち会いのもと、現場を見て来ます。

  • 日照権のトラブル (長文)

    現在賃貸マンションを建築中です。 マンションに隣接する方から先日「日照権の侵害」と言う事で調停をすると言われました。マンション建築に当たっては設計の段階から日照権も含め法律に抵触しないよう細心の注意を払い、設計士ともよく相談をし建物の高さなど決めており、隣家の訴えの「日照権」の侵害には当たらない事も確認済みです。 訴えの内容は ・今までは日中も家の中に日が差して暖かく明るかったのに、マンションが建ったせいで、昼日中から電気を付けなければならないほど薄暗くなってしまった。 暖房も日中付けっぱなしにしなくてはならない程寒いので、暖房費光熱費を負担して欲しい。 ・庭の植木が日光不足で枯れてしまう(弱ってしまう)恐れがあるので、美観を維持する為の維持費(剪定や管理費)を支払って欲しい ・目の前に大きな建物の壁が立ち非常に圧迫感を覚える。マンションが建った為、今までの生活を大きく変えなければならず自分たちがどうしてこんな思いをしなくてはならないのかと思うと悔しい。慰謝料を払って欲しい。 の3点です。 前にも述べましたが、日照権は、マンション建築中にも何度も実測し、隣家の日の当たる時間(午前9時から2・5時間ほど)で問題はないとの設計士から報告を受けています。 私たちは隣家訴えどおり、暖房費だの庭の維持費だの支払わねばならないのでしょうか?

  • 南隣住宅の日照・プライバシーについて

    初めまして。標記件に関して非常に困っております。 南側住宅は昨年6月に着工し、木造二階建てが既に完成しています。 当方の家とは南側境界線より1m未満の間隔で建てられている位置関係で、当方は南側に4m程のスペースをとっています。 困っているのが日照とプライバシーで、日照は冬至に日中ほぼ一階部に日が当たりません。南側住宅の屋根の形状は南側を下げ北側を上げる傾きとしており、それも日が当たらない要因となっています。当方として日照に配慮が見られない点に複雑な感情を持ちます。 また、プライバシーに関して境界線より1m未満に建物壁面に窓を複数設置していますが、目隠しなどをせず民法235条に違反した状態が続いています。 上記二点より、当方は南側住宅の住人若しくは住宅施工業者に対し何らかの意思表示をしたいと考えておりますが、どのようにするのが堅実か教えて頂きたいと思います。 なにぶん文章が下手でわかりにくい点あるかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

  • 日照権の受忍限度について

    時系列にそって事実を書きます。 (1)南北に長い土地(南西角地、間口13m)を奥行28mの所で分筆 (2)分筆後の土地を既存建物付(12坪程度の平屋アパート)で購入 (3)既存建物取壊し後北側境界線から3.2m開けて(屋根の形状から北側に限度ぎりぎり寄せてます)軒高7m未満の建物建築開始。第一種低層住宅地域で建築基準法違反はなし。今現在は2月中の引渡し目標。 (4)分筆後北側に残った土地に当方壊した建物と同じ形状の平屋アパート(結果的に分筆線である境界から2m程度さがった所がアパート建物南端)の住人A(20年程度居住している賃借人で単身世帯)から日照について慰謝料払ってほしい旨の主張を口頭で受取る。 次に現状ですが、 (1)当方の建物出来てから冬至の8時から16時までの9時半頃から12時半頃までの3時間程住人Aのアパートには全く日が入りません。 (2)その他の時間はアパート建物の東西に建物や他の遮蔽物が無いので住人Aのアパートに日は入ります。 (3)当方北側アパートの日照の為に北側境界からの距離3.2mを考えたのではなく北側遮蔽いっぱいに寄せました。(当方建物南側は18m程庭として開けてあります) (4)住人Aは年齢こそ70才台ですが昼間は自分の仕事を持っています。休日、仕事時間外は不定期のようです。 (5)当方菓子折りを持って従前の説明不足(建築前の挨拶は済ませましたが日照については隠すつもりではありませんでしたが何も説明してません)を詫びる意味で伺う用意はあります。 (6)住人Aはアパート大家よりこの問題に関して同じ形状のアパートが数メートル西側に離れた場所に空家としてあるので転居を促されましたが拒否。日当たりは転居すれば従前と全く同じ日当たりが確保されます。 以上の様な状況ですがこの限りで受忍限度を考えると客観的にはどうでしょう?皆様のご意見をお聞かせ下さい。