• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

交流回路の計算問題

お世話になります。 次のような問題について ○端子電圧が450Vで負荷電流が10Aのとき、消費電力が3.6KWの単相交流負荷がある。この負荷のインピーダンス、抵抗、リアクタンス及び力率を求めよ。 インピーダンス及び力率は良いのですが、 抵抗とリアクタンスを求めるに際し、上記問題ではこの回路が直列回路か並列回路かの記載がありません。私にはそれにより答えが変わってしまうように思うのですが、いかがでしょうか。どちらでも同じ答えになるのでしょうか。それとも、一般的にはこのような問題においては直列回路としてとらえるものなのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数1298
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

あぁ, #6 の表現はちょっとまずいかな. 言い換えます. 問題は「負荷全体の抵抗やリアクタンスを求めろ」ってことです. 「負荷の中にある素子の抵抗やリアクタンスを求めろ」って意味ではありません. 例えば, 36Ωの純抵抗素子と 27Ωの純リアクタンス素子が直列になっていれば, 合成インピーダンスは 36 ± j27Ω になります. これは OK ですね. では次に, 56.25Ωの純抵抗素子と 75Ωの純リアクタンス素子が並列になっているとしましょう. この負荷全体の合成複素インピーダンスはいくらでしょうか. (やはり) 36 ± j27 Ω になるはずです. つまり, 直列でも並列でも負荷全体の複素インピーダンスは 36 ± j27Ω です. 直並列や並直列, あるいはもっと複雑な回路構成を考えてもいいんですがそれでもやはり負荷全体の合成複素インピーダンスは 36 ± j27Ω となります. そして, このことから負荷の抵抗は 36Ω, リアクタンスは 27Ωであることがわかります. これは, 決して「直列と仮定した」からではありません. 負荷がどのような構成であっても同じ結論になりますしならなければいけません. それが #4 の「どんな回路構成でも結果として得られる値は同じです」という意味です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

申し訳ありませんでした。 私もその後考えてみて あ~~~~~~!!!っと思ってしまいました。 素子としての抵抗とインダクタンスでは無いんですよね。 インピーダンスを1つとして、その中身は抵抗とリアクタンスで成り立っているんですよね。 申し訳ありませんでした。直列として考えられるというか、それしかないんですよね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 交流回路の計算問題

    先日、http://personal.okwave.jp/qa3157714.html で質問させていただき、御回答を頂いたのですが素朴な疑問があります。 問題は ○端子電圧が450Vで負荷電流が10Aのとき、消費電力が3.6KWの単相交流負荷がある。この負荷のインピーダンス、抵抗、リアクタンス及び力率を求めよ。このうち、抵抗とリアクタンスを求める部分です。 前回のNo.7様の回答の中で 「問題は「負荷全体の抵抗やリアクタンスを求めろ」ってことです。・・・これはわかりましたが、 次に「では次に, 56.25Ωの純抵抗素子と 75Ωの純リアクタンス素子が並列になっているとしましょう. この負荷全体の合成複素インピーダンスはいくらでしょうか. (やはり) 36 ± j27 Ω になるはずです.」この合成インピーダンスもこのようになるのはわかるのです。しかし、単純にインピーダンスは?ということであれば、このように並列でも直列でも同じになる・・・その通りでしょうが、抵抗とリアクタンスは? ということであれば、純抵抗素子が56.25オームで純リアクタンス素子が75オームであれば、これが並列になっているのであるから 抵抗分は56.25オームであり、リアクタンス分は75オームでないとおかしくないでしょうか? 基本的なことかもしれませんが、なぜインピーダンスは実数部分が抵抗分となり、虚数部分がリアクタンス分になるのでしょうか。抵抗RとリリアクタンスXとの並列であっても、この回路の抵抗は?ときかれればRであり、リアクタンスは?ときかれればXと考えるのが自然であり、なぜ違った数字になるのでしょうか。 申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

  • 交流の電力計算についての質問です。

    交流回路の電力計算の問題について二つ質問があります。 1つ目は、抵抗値Rの抵抗と 容量性リアクタンスが不明のコンデンサと 抵抗値Rの抵抗と誘導性リアクタンスが不明のコイルとの並列回路とが 直列に接続された回路において、 電源電圧 E(ベクトル) が100[V]で 単体の抵抗値Rの抵抗の両端の電圧の大きさは60[V]で 抵抗値Rの抵抗と誘導性リアクタンスが不明のコイルとの並列回路の 両端の電圧の大きさが48[V]である。 このときの電流と電源電圧 E(ベクトル) との位相差を求めよ。という問題です。 解き方と答えを教えてください。お願いします。 2つ目は、ある容量性負荷Aと誘導性負荷Bが並列に接続されていて Aの力率は80[%]でBの力率はcos(φ)である。 電源電圧 E(ベクトル) が100[V]で、 このときAに接続された電流計もBに接続された電流計もともに5[A]を示した。 また、総合力率は98[%]であった。 これが遅れ力率であるなら負荷Bの力率はいくらか、また進み力率ならばどうか。という問題です。 これも解き方と答えを教えてください。お願いします。

  • RL直列交流回路における電流値の求め方

    電験3種の理論を勉強しています。 H16年理論 問16に次のような問題がありました。(簡略に書いています) RLの直列回路をまるで並列回路のように扱って電流値を求めていることに違和感を感じています。 単相交流電源にRL回路が直列に接続されている時、 コンデンサをRL回路に対して並列に接続して力率を 1にするためのコンデンサ容量を求める問題で Rの抵抗値3Ω、Lのリアクタンス4Ω、電源電圧200/√3が 与えられています。 答えはRL直列回路に流れている電流Iを複素数表示に直して I=I(cosφ-jsinφ) =13.9-j18.5 よって虚数軸方向の電流値を0にするためには 18.5=ωC×200/√3   C=0.00017[F] RLCが並列に接続されている場合、各RLCを流れる電流を複素数で表して、足し算したものが、全電流と理解し、 直列回路においては、RもLも流れる電流値は同じと覚えてきましたが、この問題ではRLを流れる電流が足し算の形で表されています 今I=13.9-j18.5の式を見ると13.9が抵抗Rを流れる電流、-j18.5がコイルLを流れる電流と思ってしまうのですが、 これは誤りでしょうか? 13.9-j18.5Aの電流がRにもLにも流れているのでしょうか? もし誤りならば13.9、-j18.5は何を表しているのでしょうか? QNo.2624433でも同じような質問をさせていただいたのですが、電圧が電流に変わるとまた頭が混乱してしまい、 理解することができません。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

だ~か~ら~.... 「直列も並列も関係ない」んだってばぁ. 実際, 直列と並列で素子の値は違うけど負荷全体では同じになってるでしょ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お世話になります。 計算するとそのようでした。なんかマジックですね。 あと、できれば複素数を使わないで考えたかったもので。 ありがとうございました。

  • 回答No.8
  • ruto
  • ベストアンサー率34% (226/663)

負荷のインピーダンスZは |Z|=V/I=450/10=45Ω 皮相電力Kは K=V・I=450×10=4500VA 力率pfは pf=3600/4500=0.8 負荷、RとXが直列とすれば R=45×0.8=36Ω X=45×0.6=27Ω となる。なおRとXが並列なら R=56.25Ω、X=75Ωとなる。 一般的には直列回路として考えますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

あ~, そ~いうことね.... でも, それは問題を根本から勘違いしてるよ.... 問題は「負荷の抵抗やリアクタンスを求める」ことであって「負荷の中にある抵抗やリアクタンスを求める」ことじゃないです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

申し訳ありません。どういうことでしょうか? 根本的な勘違いとは。。。。

  • 回答No.5
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

どんな回路構成であっても, 電圧・電流と (実効) 電力が同じなら電源側から見た負荷のインピーダンスは同じです. たとえ直列だろうと並列だろうと直並列だろうと. 疑問に思うくらいなら実際に計算した方が早いし確実です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

計算してみました。 インピーダンス(合成)は450/10=45Ω これは回路に関係無く同じです。 力率は3600kw/450v・10A=0.8 これも回路に関係なく同じ ここから違ってくるのではないかと 直列 抵抗 R=Z×力率=45×0.8=36Ω    リアクタンス  Z^2=R^2+X^2 X^2=45^2-36^2                    X=27Ω 並列 抵抗 (1/R)=(1/Z)×力率 R=45/0.8=56.25Ω    リアクタンス  (1/Z)^2=(1/R)^2+(1/X)^2            (1/X)^2=(1/45)^2-(1/56.25)^2              X=76.136・・・Ω となるのではないかと思いますがいかがでしょうか。

質問者からの補足

もうしわけありません。 計算間違いしてました。 並列 抵抗 56.25Ω リアクタンス 75Ωです。

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

実際に計算すればわかりますが, どんな回路構成でも結果として得られる値は同じです. というか, 違ったらおかしい. だから, 考えやすい (and/or 計算しやすい) 構成を仮定しちゃってかまいません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ということは、 これを直列回路して計算しても、並列回路して計算しても答えは同じに成ると言うことですか。

  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

細かいところを邪推しすぎ. 直列か並列かなんて, 考えるだけムダです. 実際, 「実は直並列でした」とか「並直列のときは」とか, さらには「もっと複雑な配線でした」という場合を排除できる合理的な理由もないのに.... さておき, 直列だろうと並列だろうと関係なく インピーダンス = レジスタンス + (j*)リアクタンス (Ω) だし アドミタンス = コンダクタンス + (j*)サセプタンス (S) ですよ. そもそも定義が「インピーダンスの実部がレジスタンス, 虚部がリアクタンス」, 「アドミタンスの実部がコンダクタンス, 虚部がサセプタンス」なんだから.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろ考え過ぎなのかもしれませんが、 複素表示は混乱してきました。 このような問題においてこたえはどのように考えれば良いのでしょうか。 どのように考えても答えは同じと言うことでしょうか。

  • 回答No.2
noname#101087
noname#101087

>インピーダンス = 抵抗 + (j*)リアクタンス >とありますが、これは直列であった場合にこのようになるのであって、もし並列回路であれば違うのではないでしょうか。 並列回路であれば、cf. に書いたように  アドミタンス = コンダクタンス + (j*)サセプタンス です。 単位も、オーム(インピーダンス)とモー(アドミタンス)と、逆数関係にあります。 この問題は、オームで答えねばならないのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

複素表示・・・混乱してきました。 申し訳ありません。 複素表示を使わずに簡単になりませんでしょうか。 結局のところ、並列でも直列でも考え方は違えども 答えは同じなのでしょうか。

  • 回答No.1
noname#101087
noname#101087

 インピーダンス = 抵抗 + (j*)リアクタンス ですから、直列回路を前提にした問題なのでしょう。  cf. アドミタンス = コンダクタンス + (j*)サセプタンス もっとも、リアクタンスの絶対値しか知りえないような問題みたいですけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 インピーダンス = 抵抗 + (j*)リアクタンス とありますが、これは直列であった場合にこのようになるのであって、もし並列回路であれば違うのではないでしょうか。 それとも直列ととらえざるを得ないのでしょうか。

関連するQ&A

  • 交流回路

    交流回路 抵抗と誘導性リアクタンスがそれぞれ50ΩであるRとLの直列回路に100vの交流電圧を加えたとき流れる電流と位相差についてもとめる問題です。

  • RL直列回路にて(力率関係?)

    端子ab間に誘導リアクタンスx、抵抗R、負荷が直列接続されていて、負荷の力率はcosθとする。 この回路について、 (1)負荷のインピーダンスZを│Z│とθで表せ。 (2)(1)の結果を用いて、端子ab間のインピーダンスを求めよ。 (3)端子ab間の電圧を│V│e^j0とするとき、負荷の複素電力を求めよ。 という問題について、僕の出した答えは (1) 負荷の力率がcosθなので、負荷のインピーダンスZは│Z│とθを用いて Z=│Z│e^jθ (2) 誘導リアクタンスと抵抗Rの直列部分のインピーダンスZ1は Z1=R+jX │Z1│=√(R^2 + X^2) 、φ=arctan(X/R)より、 Z1=│Z1│e^jφ =√(R^2 + X^2)e^jφ  (ただしφ=arctan(X/R)) これと(1)の結果を用いると、端子ab間のインピーダンスZ'は、 Z'=│Z1│e^jφ+│Z│e^jθ となり、結果 Z'=√(R^2 + X^2)e^jφ +│Z│e^jθ (φ=arctan(X/R)) (3) 複素電力Pは P=VI*で与えられ、回路に流れる電流Iは、 I=V/Z' =│V│e^j0/{√(R^2 + X^2)e^jφ +│Z│e^jθ} =│V│/{√(R^2 + X^2)e^jφ +│Z│e^jθ} I*はIの共役複素数であり、 I*=│V│/{√(R^2 + X^2)e^(-jφ) +│Z│e^(-jθ)} 従って、Pは P=VI* =│V│e^j0 * │V│/{√(R^2 + X^2)e^(-jφ) +│Z│e^(-jθ)} =V^2/{√(R^2 + X^2)e^(-jφ) +│Z│e^(-jθ)} (ただし、φ=arctan(X/R)) という感じになりましたが、自信がありません。 力率というものがいまいちわかっておらず、φの部分もθでいいのかとかそんなレベルです… どなたか確認をお願いします。

  • 交流回路の問題

    ある負荷にV=100Vの電圧をくわえたとき、I=4-j3{A}の電流が流れた。負荷の複素インピーダンスZと抵抗分およびリアクタンス分を求めなさい 答えは、Z=16+j12{Ω}、抵抗分16Ω、リアクタンス分12Ωとなっているんですがよくわかりません。 よろしくお願いします

  • LR直列交流回路について質問します。(長いです…)

    はじめまして。 質問が多いですが、よろしくお願いします。 1)R=10【Ω】、L=50【mH】の直列回路にV=10√(2) sin100πT【V】の電圧を加えた場合、流れる電流の実数値はいくらか?  この問題で、電圧を0【Rad】とした場合、電流が-(1/2)π【Rad】になるのは、どうしてでしょうか?  インダクタンスというのが誘導性リアクタンスで、jωLだから、本来ならグラフは右上の部分を走ると思うのですが、電圧を基準にすると、右下を走ります。(グラフをx軸y軸で区切って、右上とか右下って意味です) 2)6【Ω】の抵抗と8【Ω】の誘導性リアクタンスの直列回路に4【A】の電流が流れた時、ベクトル図を書いて、電圧の大きさ、および電流との位相の関係を求めよ。  こちらの問題では、グラフは右上になります。  これは、電流を基準に取っているからでしょうか? 3)抵抗8【Ω】に誘導性リアクタンス6【Ω】を直列に接続した回路に100【V】を加えた時、流れる電流をそれぞれ求めよ。  この問題は、電圧を基準にグラフを書くと右下になります。  上記の問題群を教えて欲しいです。  また、以上の問題すべてから、自分なりに考えて、「交流回路」で「電圧を基準」で「誘導性リアクタンス」だと、「電流の位相は早まる」と考えたのですが、合っているのでしょうか?  では、「交流回路」で「電圧を基準にして」「容量性リアクタンス」なら、-j{1/(ωC)}なので、遅くなるのでしょう?  さらに、「交流回路」で「電圧基準」で「並列」の場合、jωCや-j{1/(ωl)}となりますから、直列の場合とは真逆の結果になるのではないかと考えていますが、実際のところ、どうなのでしょうか?  いろいろと質問して申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • 電気回路(交流定常解析)の問題が解けません

    下の交流回路についての問題で解が導けなくて困っています。 [問題] 図の回路において、Voなる交流電圧を印加して、直列インピーダンス Z_i=r+jx を通して、 誘導負荷 Z_L=R_L+jX_L に電力を供給するとき、誘導負荷の消費電力を最大にする抵抗Rの 値を求めよ。誘導負荷は抵抗Rと誘導リアクタンスXを並列に接続したものであり、Rは可変 である。  誘導負荷Z_Lは、 Z_L=R_L+jX_L=RX^(2)/(R^(2)+X^(2))+jR^(2)X/(R^(2)+X^(2)) {R_L=RX^(2)/(R^(2)+X^(2)) , X_L=R^(2)X/(R^(2)+X^(2))} となるので、R_L=r から Rの値を求めようとしましたが、答えとは違っていました。 ちなみに答えは、 R=(X(r^(2)+x^(2))^(1/2))/((r^(2)+(x+X)^(2))^(1/2)) となります。 答えをどのように導くのか、導出過程を教えてください。 宜しくお願いします。

  • 有効電流と無効電流について

    お世話になります。 あまり聞かれない言葉かと思いますが、 交流回路において、電圧を基準(回路の基準)に位相差θの電流が流れているとすると、  Icosθを有効電流・・・電圧と同相成分  Isinθを無効電流・・・電圧と90°の位相差を持つ成分 と呼ばれるようですが、これはR-L-Cの直列回路(回路における電圧と電流の関係を考える上で電流が基準)でも並列回路(回路における電圧と電流の関係を考える上で電圧が基準)でも同じように電流を分解して有効、無効と呼ばれるのでしょうか。 たぶん、単にそういう呼び方をするというだけのものかと思います。 このように呼ばれていますが、並列回路においては、電圧と電流の関係を考える上でも電圧を基準にしていることから、分解した電流Icosθ(有効電流)=抵抗Rに流れる電流分、Isinθ(無効電流)=リアクタンスXに流れる電流分と素直に考えることができる。 一方、直列回路においては、電圧と電流の関係を考える上では電流を基準にすることから、並列回路のような単純な考え方はできないという理解でよろしいでしょうか。 いろいろと申し訳ありませんが、 抵抗R、リアクタンスX、力率cosθの関係について R=Zcosθ Z^2=R^2+X^2 ・・・ 直列回路の場合 (1/R)=(1/Z)cosθ X=電圧/無効電流 ・・・ 並列回路の場合 に限定されるのでしょか。 いつもわかりにくい質問ばかりで申し訳ありません。

  • 正弦波交流 R,L,Cを用いた回路

    RLC直列回路での波形はキャパシタンスとインダクタンスの波形が互いに打ち消しあって電流iはi=Imsin(ωt+θ)と置けると教科書に書いてありました。 それは理解できたのですが、RL直列回路のときの電流iの波形がわかりません。 正弦波電流e=Emsin(ωt+θ)を加えたとき流れる電流をiとすると、e=Ri+Ldi/dtの関係が成り立つのだと思いました。 インダクタンスと抵抗の定義よりe=RImsin(ωt+θ)+ωLImsinωt+θ-π/2)=√(R^2+ωL^2)Imsin(ωt+θ+φ) と求めたのですが、果たしてこの答えがあっているのか、全くわかりません。この考えだとRC直列回路も同じ波形になってしまう気がするので、間違いだと思うのですが、どこが間違いなのかわからないのでご指摘お願いします。 あと、並列回路と直列回路の波形は変わらないものだと(RL直列とRL並列などの対となっているもの)思っているのですが、交流と直列ではどういった違い(変化)があるのか、教えて頂けたら幸いです。

  • 交流回路の問題 電力について

    交流回路に、Ro、Lo、R、Cがこの順番で直列に接続されています。 このときに、Rに... 交流回路に、Ro、Lo、R、Cがこの順番で直列に接続されています。 このときに、Rにおける消費電力Pを求めたいのですが どのように行えばいいですか? またPを、最大にするωを求める方法もあわせて教えてください。 電流は電圧/合成インピーダンスでよいですか? この後、消費電力を求めるときに、力率が求められずに困っています。

  • 交流回路

    出ていた答えの数字がとてつもない数字で正解かどうかわかりません。教えてください。抵抗、コイル、コンデンサの交流直列回路を電圧6〔V〕、周波数1〔KHz〕交流電源に接続した。抵抗は100〔Ω〕コンデンサの容量は1〔μF〕,コイルのインダクタンスは10〔mH〕であるという。この直列回路に流れる電流をもとめよ。また、電源電圧と電流との位相角はいくらか? ですが、XE=2πfL=0.06〔Ω〕、Xc=1/2πfc=159154.9〔Ω〕 I=V/Z=3.78×10(-5)という答えになりましたが、ただしいのでしょうか?

  • 交流の計算問題

    お世話になります。 下記においていろいろと質問させていただいているのですが、 http://personal.okwave.jp/qa3185626.html 抵抗RとリアクタンスXとインピーダンスZの関係は、 直列であれば、Z=R+iX であることから、このインピーダンスZにおける抵抗はRであり、リアクタンスはXであることは間違いありません。 並列の時、1/Z=1/R'+1/iX'となり、 Z=(R'X'^2/R'^2+X'^2) +i(R'^2X/R'^2+X'^2)となることから、 このインピーダンスインピーダンスZにおける抵抗は?リアクタンスは?どうなるのでしょうか。 このときによく説明されるのが、この抵抗は(R'X'^2/R'^2+X'^2)・・・実部 リアクタンスは(R'^2X'/R'^2+X'^2)・・・虚部 であることから、直列でも並列でも同じになるのだということを聞きます。 しかし、並列の場合は抵抗はR'でリアクタンスはX'が並列に接続されており、ただ合成のインピーダンスとした場合にこのような実部と虚部になるだけであるから、あくまで抵抗の値はR'でありリアクタンスの値はX'では内科と思うのですが、この考え方はなぜ違うのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう