-PR-
解決済み

カフェ・ラテ、カプチーノ、カフェ・オレ

  • 暇なときにでも
  • 質問No.31407
  • 閲覧数643
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 62% (17/27)

カフェ・ラテ、カプチーノ、カフェ・オレ、どれもコーヒーベースにミルクを加えたもののように思うのですが、これら3つの違いは何なのですか?
それからカプチーノのあの「泡」、なぜあの「泡」を出すようになったのですか?(変な質問ですみません。)
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

「カプチーノ」と「カフェ・ラテ」は、「エスプレッソ」をベースにしたイタリアのアレンジ・コーヒーです。

まず『エスプレッソ』を説明すると、英語の「express」と同義で、「高速の」という意味です。つまり深煎りにした豆を極細挽きにして、高温の蒸気を使って抽出する淹れ方ですが、イタリアの家庭では、簡単な器具を使って淹れてます。
「カフェ・ラテ」と「カプチーノ」との違いですが、共にエスプレッソコーヒーを使用しますが、ミルクに違いがあります。「カフェ・ラテ」の場合にはミルクが泡だたないように温めたミルクを使用しますが、「カプチーノ」の場合には、3分の1がエスプレッソコーヒー、3分の1がミルク、残りの3分の1がフォームドミルク(空気を含んだミルクの細かい泡)を使用します。エスプレッソマシンにカプチーノ用スチームノズルがついていたりしますが、このためだというわけです。 店によって、比率等様々なアレンジはあるようですが、基本的にはこういう区別になっています。イタリア語のカフェ(caffe)はエスプレッソ、ラテ(latte)はミルク の意味です。「カプチーノ」の名前の由来は、イタリアの修道僧がかぶるカプッチョ(頭巾)のように牛乳の泡でエスプレッソをすっぽりかくして所からきているそうです。

これに対し、「カフェ・オレ」は、フレンチローストの豆で淹れたコーヒーをベースにしたフランスのアレンジ・コーヒーです。「コーヒー50%+ミルク50%」
正式には、コーヒーと温めたミルクを<同時>にカップに注ぐのが本格的な淹れ方です。
お礼コメント
okidoki722

お礼率 62% (17/27)

大変くわしい解説、ありがとうございました。非常によくわかりました。これでスッキリしました!
投稿日時 - 2001-01-23 20:10:54
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 43% (42/96)

カフェ・ラテと、カフェ・オレの違いは、下記URLをどうぞ!
カプチーノにミルクって最初から入ってますか?
確かにうす茶色に泡立っていますが、泡が消えたら普通の
コーヒーの色ですけど。
カプチーノが泡立つのは、(確か)スチームでプシューって
一気にやるので、その空気分だと思うんですが。
お礼コメント
okidoki722

お礼率 62% (17/27)

ありがとうございます。ちゃんと以前に「教えて!goo」に質問があったんですね。カプチーノに関してですが、私の今までの経験ではカプチーノに(ミルクが入ってないから)ミルクを入れたという経験はなかったように思います。だから「どうちがうのかな・・・?」と思ってしまったわけです。
投稿日時 - 2001-01-23 20:09:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ