• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

数学者はどうしたら納得しますか?

今、何気に考えてしまったのですが 1)特別な細工がほどこされていないコインを 2)無作為にトスした場合、 3)コインの表と裏が出る確率を1/2であることを証明せよ という、古典的な問題を考えるとします。 このとき、仮にA君がいたとして、A君は全く数学が分からないので10000回自分でコインを投げて表と裏の出る回数を数えました。その結果、どちらの回数もほぼ一緒であった。だから、コインの表と裏の出る確率は等しいといえる。 といったような、実験的というかシュミレーション的な主張は数学者として納得いきませんか(回数が不足であるというなら、コンピュータで何億とやってもよい)? やはり、数式で証明されないと気持ちが悪いものなのでしょうかね? ちなみに、数学者といっても、数学で飯を食っているというほど大げさなものではなく、数学好きというか数学に染まっている人くらいの感覚で受け取ってくださいまし。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数293
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • adinat
  • ベストアンサー率64% (269/414)

一応数学者の卵のつもりですが、これは数学の問題ではありません。したがって納得するもしないもないのです。答えられない。つまり命題ではないのです。 どこが問題かというと、「無作為にトス」の意味が明確でないこと、「コインの表の出る確率」というのが明確でない、ということです。確率論を数学で論じるならば、その手の曖昧さを除くために、確率空間というものを用意して、コイントスは母数1/2のベルヌーイ試行だと定義するのです。つまり1/2を証明するのでなく、「無作為トス」とは表と裏が確率1/2で出ることだと定義するのです。その意味で、これは自明な問題です。 コイントスの実験は、「特別な細工が施されていない」、「無作為トス」に厳密性がありません。したがってこれから1/2を証明するには至りません。経験的に1/2に十分近づくということを我々が知っているだけで、厳密値が1/2かどうかなど証明は出来ないし、それに数学の問題ではもはやないのです。 それから最後に意地悪なことをいいますが、表の出る確率が1/10な非常に変なコインがあったとして、10000回コイントスを行って、表が5000回出ることは、ありえないとは言い切れません。ほとんど0に近い確率ですが、0ではないのです。実験から確率の母数を推定することはできるけれども、真の母数を完全に特定することは不可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ちょっと質問の仕方が悪かったようで、、、 コインの問題はあくまでも例えでありまして、もっと単純な例をあげてみますと、 「かごの中にリンゴが1つ入っている。そこにもう1つリンゴを入れた。かごに入っているリンゴは2つ。」 これは 1 + 1 = 2 ということなのですが、多くの人は(少なくとも私は)なぜ「1 + 1 = 2」となるのか?ということを疑問に思うことはありません。そうなるものだと納得して使っているわけです。 こういったときに数式を用いて、「1 + 1 = 2」であることを証明して、反論のしようがない理屈までをも考えないと気が済まないのか?ということです。

関連するQ&A

  • 2分の1の確率について

    数学が弱いので、教えて頂けると助かります。 コインをトスして、裏表を当てるゲームをするとします。 表が出れば勝ちと言う事にします。 1回目のトスでは、表が出る確率は2分の1になりますよね。 では、2回のチャンスが与えられるとすると、2回トスすることができるのですが、この場合表が出る確率というのは、どうなるのでしょうか? 1回目では表が出る確率は50%。 1回目で裏が出た場合、もう1度トスすることができるので、2回の内1回表が出れば良いので、確率としては3分の2となり、66.6%という計算で良いのでしょうか? 同じく3回4回5回とチャレンジできる回数を増やしていくと、確率はどうなるのかが良く分かりません。 例えば最大5回チャレンジ可能として、5回の内1回でも表が出れば良いとすると、表が出る確率は最大どれくらいになりますか? 逆に言うと、5回の内1回も表が出ないと言う事になります。 私の予想では、5回チャレンジすると、表が出る確率は6分の5となり約83%だと思います。 もともと数学は得意ではなかったので、この計算方法で良いのかどうか不安だったので、どなたか教えて頂けると助かります。 とても簡単だと思いますが、よろしくお願いします。

  • 確率の問題について

    授業で確率をとっていなかったのでどのように考えていいか、本を借りて読んでみましたがよくわかりませんでした。 問題は以下のようなものです。 (偏ったコインで公正なコイントスを行ってください) あなたは表が出る確率がq(≠1/2)のコインをもっています。 その確率が1/2になるようなイベントを定義できますか? (ダブルトス法) 1.コインを2回トスする 2.もしその結果が(H,H) (T,T)であれば(H:表、T:裏)、1とする 3.もし結果が(H,T)であればH、そうでなければTとする (課題) 1.ダブルトス法における確率空間を示しなさい 2.ダブルトス法における確率の結果をH:1/2、T:1/2になることを確認しなさい 3.2の結果を得るのに必要なコイントスの回数の予測値を示しなさい 4.(選択問題)より効果的な方法を提案しなさい という問題なのですが。 問題が英文なので、若干日本語がぎこちなくてすみません。 ヒントもしくは参考となる書籍があれば教えてください。

  • 確率の分野なんですがどなたかこの問題教えてください。お願いいたします

    確率の分野なんですがどなたかこの問題教えてください。お願いいたします 。 正しく作られたコインを10000回無作為に投げる。正規分布表を用いて5100回以上表が出る確率の近似値を出せ。 (1)5000回表が出る確率を出せ。 (2)正規分布表を用いて5100回以上表が出る確率の近似値を出せ。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • koko_u_
  • ベストアンサー率18% (459/2509)

>やはり、数式で証明されないと気持ちが悪いものなのでしょうかね? 定式化が不十分だと「数学者」は誰も納得しません。 ANo.1 の方も答えておられるように、明確に定義された「確率」は、ご質問で挙げられている 1) 細工が施されていないコイン や 2) 無作為にトス することとは「無関係」です。 backs さんが「自明だ」と考えておられる事柄の多くが数学者にとっては自明でない。 あるいはかつては自明だと考えていたが、様々な研究結果によって実は自明でないことが明らかになった。 のです。 そういった過去の反省から、数学者はおしなべて「厳密に定式化されているのか?」に拘るのです。 当然、「どちらの回数もほぼ一緒であった。だから、コインの表と裏の出る確率は等しいといえる。」のような、「ほぼ一緒」などという不明瞭な言動は納得されるものではありません。 しかし、逆なら良い。つまり確率を厳密に定義して、「確率が同じであるから、繰り返しトスしたコインの表裏の回数の差 d は、トスした回数 n を増せば 0 に近付く」なら十分だ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 koko_u_さんの回答を含めて、改めて気づいたのですが、厳密性を追求した学問だけあって、それを学んだ人もやはり厳密な考え方をするのですね。 話が脱線しますが、私のような人間と数学を学んだ人間とでは全く異なった目(考え方)でものを見て判断したりしているのかもしれません。・・・と思いました。

  • 回答No.4
  • funoe
  • ベストアンサー率46% (222/475)

1+1=2であることは、自然数と加法の定義から証明される命題です。 「かごの中にリンゴが1つ入っている。そこにもう1つリンゴを入れた。かごに入っているリンゴは2つ。」 ことは数学では証明できません。 それは、過去の経験から正しいと確信(あるいは推定)されている「法則」です。 法則は、「慣性の法則」や「万有引力の法則」のように、経験や実験から正しいと広く確信されていますし、それなりにもっともな説明がされていますが、数学的に証明されているわけではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 リンゴの例についてもそうですが、私は単純に足し算の問題かと思っていたのですが、 > 過去の経験から正しいと確信(あるいは推定)されている「法則」です。 という回答をできるというのは、やはり数学を学んだ(学んでいる)人だからこそなのだと感心しました。いろんな事に対して見る目というか考えの向け方(抽象的ですが)というのが違うのですね。

  • 回答No.3

確率論の一分野ですが、統計学を調べてみたらどうでしょうか。 いわゆる検定問題だと思います。

参考URL:
http://kogolab.jp/elearn/hamburger/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 向後先生のwebサイトは分かりやすいらしく、よく紹介されていますね。ちょっと質問の仕方が悪かったらしく、誤解をまねかせてしまったようで申し訳ありません。

  • 回答No.2

このような問題を科学的に(数学的に)考えるために、統計的検定法というものがあるのです。有意水準を設定して、実験してみれば、その結果により、裏の出る確率と表の出る確率が同じかどうか判定することが可能です。 ちなみに、このような実験を「数式で証明」しようとする数学者はいないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かに検定すれば分かることなのですが、例えば二項分布において「確率pである事象をn回試行したうち、r回起きる確立は・・・」というお決まりごとがありますよね。 私は「あっ、そうなの」と、こういった数学者が証明した定義を使用しているだけで、なぜそうなるのかという証明の過程までをも無理に理解しなくても良いという立場をとっているのです。 でも数学を専攻している(したことのある)ような人はそれでは納得できないのかと疑問に思ったというわけであります。

関連するQ&A

  • モンティ・ホール問題は本当に数学者も間違えた?

    最近友人にモンティ・ホール問題を出題されました。 しばらく悩みましたが正解することができました。 問題自体が難しかったというよりは問題の設定を理解するのに時間がかかった、という感じです。私以外の友人もしばらくなやみつつもだいたい正解していました。 我々は理系ではありますが、みな数学の専門ではなく、私含め数学が苦手なものも多かったので数学者なら即座に答えるんだろうな、と思っていたらモンティ・ホール問題は正解が証明されるまで大変な議論が発生したとネットに載っていて驚きました。 これは本当でしょうか。 答えの証明は非常に単純な確率の問題で中学生でも理解できそうなくらいに思うのですが。 因数分解も微分積分も虚数もベクトルも、我々を学生時代に散々悩ませた困難な数学的要素は何もありません。 袋の中に青いボールと赤いボールがある個数ずつ入ってます。ランダムにボールを1個取りだしたら青いボールである確率は何分の1ですか、という問題を多少捻った程度ではないかと感じてしまいました。 それとも我々が本質を理解できていないだけで本当はすごく難しいのに単純だと誤解しているだけなのか。 あるいは数学的な話とは別に何か議論を産むような要因があったのか、または議論が発生したというのは誇張であって実際は大した話でもなんでもないのか。 詳しくご存じの方がいらっしゃれば教えていただければと思います。 なお我々は、変更しないを選べば景品を当てる確率は最初に景品を選ぶ確率である3分の1。変更するを選べば最初に景品を選んでいた場合は外れるが、最初に外れていれば司会者によって外れの1つを潰されるので確実に景品を当てられる。よって変更すれば景品が当たる確率は3分の2、と理解しています。 ネットの解説サイトを見た限りでは我々の理解で正しいように思うのですけども。

  • 数学の確率の問題です。

    数学の確率の問題です。 今からコインを1000回振る。 この時、表が600回以上出る、もしくは裏が600回以上出てしまう可能性は? どなたか解き方教えて下さい。

  • 「偏りのあるコイン」と「偏りのある投げ方」の区別

    趣味で数学(確率)を勉強し直してます。 疑問ですが、例えば、 コイン投げを10000回行なったら、表が6000回、裏が4000回だったとします。 この時、このコイン投げの偏りは、 「コインの偏り」なのか、「投げ方の偏り」なのかを区別できるのでしょうか。 区別できるとしたら、どのような手法があるのでしょうか。 それとも、区別できないので 「このコインでこの投げ方をした場合の偏り」として考えるべきなのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 数学の確率

    数学の確率 サイコロを3回振った場合、1が二回,2が一回出る確率は1/36というのを、この知恵袋内で見たんですが なぜですか? 1/72だと思いました。 (1,1,2)(1,2,1)(2,1,1)の三通りしかないと思ったのですが サイコロを3回振った場合、1が1回、2が一回、3が一回の場合 (1,2,3)(1,3,2)(2,1,3)(2,3,1)(3,2,1)(3,1,2) つまり、3P3だと思います。 でも、1が二回、2が一回の場合は違うと思いました。 どうなんでしょうか? また、1が二回、2が一回の場合の数を六通りとする考え方の場合 「コイン3枚を投げて表一回、裏二回の確率」を同じ考え方で求めるとおかしいと思うのですが。 全事象は8通り、求める事象は(表、裏、裏)(裏、表、裏)(裏、裏、表)の三通り よって3/8です。(参考書にこう書いてあります) おかしくないですか? 先ほどのサイコロの問題で(1,1,2)(1,2,1)(2,1,1)の三通りとして考えないと一致しないと思うのですが。 教えてください。 補足

  • 確率の問題

    授業で確率をとっていなかったのでどのように考えていいか、本を借りて読んでみましたがよくわかりませんでした。 問題は以下のようなものです。 (偏ったコインで公正なコイントスを行ってください) あなたは表が出る確率がq(≠1/2)のコインをもっています。 その確率が1/2になるようなイベントを定義できますか? (ダブルトス法) 1.コインを2回トスする 2.もしその結果が(H,H) (T,T)であれば(H:表、T:裏)、1に戻る 3.もし結果が(H,T)であればH、そうでなければTとする (課題) 1.ダブルトス法における確率空間を示しなさい 2.ダブルトス法における確率の結果をH:1/2、T:1/2になることを確認しなさい 3.2の結果を得るのに必要なコイントスの回数の予測値を示しなさい 4.(選択問題)より効果的な方法を提案しなさい という問題なのですが。 問題が英文なので、若干日本語がぎこちなくてすみません。 各イベントをe1:(H,H),e2:(T,T),e3:(H,T),e4:(T,H)とし 表(H)の出る確率をq、裏(T)の出る確率を(1-q)とすると、各イベントの確率は e1:q^2 e2:(1-q)^2 e3,e4:q(1-q) になりますよね? e1,e2は再びコイントスに戻るので、n回目にe3,e4のいずれかのイベントが起こるとする。 (流れ) e1→e3,e4:q^n(1-q)・・・e1をn-1回繰り返す e2→e3,e4:q(1-q)^n・・・e2をn-1回繰り返す これらをマクローリン展開して、導こうと思ったのですが、うまくまとまりません。このやり方は間違っているのでしょうか? ヒントもしくは参考になる書籍があれば教えてください。

  • 数学に関する質問です

    A、Bが以下のルールで勝負したとき、Aが勝利する確率を計算してください。 [ルール1]コインを投げて、表が出たらAのポイント、裏が出たらBのポイントとする。 [ルール2]先に6ポイント獲得 した方が、その時に相手に2ポイント以上の差をつけていた場合に勝利とする。どちらかが6ポイント獲得した際のポイント差が0または1の場合は、2ポイントの差がつくまでコインを投げ続けることとする。 [ルール3]1回目はコインの表が出たと仮定して計算することとする。 Aがコインを投げる回数12回以下で勝利する確率を求めてください。

  • 数学(確率、統計?)に詳しい方に質問です。

    数学(確率、統計?)に詳しい方に質問です。 コインを投げて、表の出る確率…1/2(表、裏) サイコロを投げて、偶数の出る確率…3/6=1/2(偶数×3、奇数×3) どちらも同じ確率ですが・・・ 同じ試行回数で標準正規分布を作ると理論上同じものになるのでしょうか?? (完全に等しい確率で各事象が起こるコイン、サイコロを用いた場合) サイコロの方は元々3/6であり分母が大きいからブレが大きくなるような気がするのですが…関係ないのでしょうか?? また変わってくるのなら、標準正規分布に近似する際の必要な試行回数も変わってくるのでしょうか?? 参考URL http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/statistics/binomial.htm#quote1

  • 中学数学の確率の問題です!

    中学数学の確率の問題です! お願いします。。。 コインを投げて、ある決まりの沿って階段を昇ります。 表なら1段、裏なら2段という決まりです。 ただし、初めは床からスタートするとします。 たとえば、1段の場合 表 しか可能性がないので1通り。 2段目の場合 表 表  裏            の2通り。 3段目なら 表 表 表 裏 表 表 裏       の3通りです。 このように、書き出すことでしか答えを導くことしかできず、 困っています。 問題は、8段目に上がるには何通りかということを 式を使って導きたいです。 どなたかお力を貸して下さい。 お願いします。

  • 高校数学 確率

    もともと確率が苦手なのですが、この問題は解く筋道すら立てられません・・・>< 教えてください。。。 [1]11枚のコインを表を上にして机の上に置く。このうち、4枚を無作為に選びひっくり返す。再び11枚のうちから4枚を無作為に選びひっくり返す。このとき、表を向いているコインの数をXとする。 (1)Xは奇数であることをい示せ。 (2)X=9となる確率を求めよ。 (3)Xが素数となる確率を求めよ。 [2]nは8以上の自然数とする。ある袋の中に、n個の白玉が入っている。この袋から5個の玉を同時にとりだし、赤い印をつけて元の袋に戻した。それからよくかき混ぜて、5個の玉を同時にとりだしたところ、2個の玉に赤い印があった。この確率が最大になるnを求めよ。 お願いします><

  • 普通のコインを何百回も投げると,表,裏の出る回数はほぼ等しくなります.

    普通のコインを何百回も投げると,表,裏の出る回数はほぼ等しくなります.表が出る確率と裏が出る確率は,毎回0.5で変わりません.これに対し,「1回目表が出たなら,2回目は裏が出やすくなる」と思っている人がいます.どう説明すれば,「表が出る確率と裏が出る確率は,毎回0.5で変わらない」ことを理解してもらえるでしょう? 「何百回も投げると,表,裏の出る回数はほぼ等しくなるというのは,表が出ることと裏が出ることのバランスがとれてるってことでしょう?1回目表が出たなら,2回目は裏が出やすくならないとバランスがとれないじゃないですか.」と言います.私は,「では,1回目表が出た途端,そのコインは裏が出やすいコインに変化したのか?逆に1回目裏が出たら,途端に表が出やすいコインに変化するのか?投げるたびに,コインの性質が変化するのか?そんなことなないでしょう」と説明しましたが,ピンとこないようです. 良い説明方法をお持ちでしたら,御教授下さい.