• ベストアンサー
  • 困ってます

歴史の教科書について

義務教育では正しい歴史を教える事が出来ません。 日韓併合の記述 豊臣秀吉の記述 元寇の記述 など 義務教育では教科書どおりに教育をしますが見る限り間違いが多数あります。 なぜこのような教科書が日本の教科書としていまだに使われているのでしょうか? また、世界的に捏造だと認められた項目も現在使われている教科書に載っているのはおかしいと思います。(南京大虐殺など) この質問は重複が沢山あると思いますが、歴史とは年月がたてばたつほど変わるものであって、過去の質問と、現在の質問では発表されていた事実が異なるのでまた新しく質問させていただきました。 なお、正しい記述がされている教科書もありますが採用している学校が0.4%と少ない理由も教えてください。 詳しい方おねがいします。 間違っている内容を生徒に教えなければいけないのはとてもつらいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数155
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • huka99
  • ベストアンサー率14% (23/154)

ご存知だとは思いますが、日教組という左翼団体の 影響が大きいと思います。 組合員数は減少傾向にあるようですが、いまだ その発言力は強いようです。 普通の先生は生徒・児童のことで頭がいっぱいで イデオロギーのことなんか考える暇はないですからね。 >世界的に捏造だと認められた項目 私も南京事件や従軍慰安婦に対しては懐疑的ですが、 まだ世界的に認められてはいませんよ。 中国・韓国の反日団体が躍起になって世界で活動してますし、 それに対して日本の外務省は真っ向から反論する気ゼロですからね。 しかしその信憑性に大いに疑問のある記述を載せるのは 確かに解せませんね。 しかし、完全に正しい歴史とはありえないと思います。 そこはNo,1の方がおっしゃる通りだと思います。 0、4%とは恐らく「新しい歴史教科書」だと思いますが、 「これが正しい歴史だ!」と教えるのも危険だと思います。 「歴史に絶対的に正しいものは無い」ということが 生徒の思考力の鍛えどころですから。 私も新しい歴史教科書は好きですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>完全に正しい歴史とはありえないと思います。 その意見には同意です。 南京大虐殺の事件はアメリカを含め当時東京裁判に関わった殆どの国が認めています。 今現在、歴史の教科書と比べて「新しい歴史教科書」は正しいといえる。 そういう意味での正しい歴史です。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 李舜臣と歴史の教科書

    韓国では李舜臣は世宗と共に2大英雄ですね。 さて、日本の歴史の教科書では李舜臣の名前も 亀甲船も出てきません。豊臣秀吉が朝鮮出兵したが失敗に終わったぐらいの記述しかありません。何も外国の武将を英雄扱いする必要はないんですが、もっと客観的に歴史を教えることも必要かと思います。それでは 歴史というより 戦国武将の武勇伝になってしまいます。 ナポレオンと李舜臣では ナポレオンの方がずっと知名度は高いですが、日本に大きな影響を及ぼしたのは 李舜臣ですよね。なんか矛盾を感じますが、みなさんはどう思われますか?

  • 歴史教科書をインターネットで読みたい

    歴史教科書はインターネットで読めますか?読めるサイトがあれば紹介していただきたいのです。 広島原爆の記述と南京虐殺の記述の行数を比べたいのです。もし「どちらの記述が多いよ」とかの情報があれば教えてくださいますか?あるいは、そのヒントがどこかのサイトに書いてあれば教えてください。

  • 日・中・韓の歴史について、どうやって勉強したら?

    20代後半の男性です。 今まであまり歴史には興味を持っていませんでしたが、最近の日本・韓国・中国を巡るいろいろな出来事を見聞きし、勉強したくなりました。トピックは、「日韓併合、太平洋戦争、韓国中国に対する日本の戦後補償」などでしょうか? そこで疑問に思うというか分からないのが、歴史はどうやって勉強して良いのか?ということです。 例えば身近な本では小中学校などの教科書が実家に置いてあるため、それを読めば良いかも知れません。ただそれは内容の濃さという意味ではほんのとっかかりにすぎませんよね? その先なのです。 例えば南京大虐殺にしても、各国の各著者の本でそれぞれ被害者数など見解が大きく異なると聞きます。例えば私のような初心者がこのトピックについてふと勉強したいと思ったとき、本屋でどこの本をピックアップすればいいのでしょうか? もちろん事実を意図的にねじ曲げたような内容の本は読みたくありません。ただし、歴史上において起こった事は1つでも受け取り方によって多くの説が出てくるということは分かっているつもりです。 いったいどうやって、勉強をはじめればいいのでしょうか??

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3285)

質問者の方は教職ですか? もしそうであれば、非常に重要な勘違いをしていることを最初に指摘します。 それは、  >なお、正しい記述がされている教科書もありますが この部分です。 数学や物理と違って、人文系の学問には論理的にこれは正しいという答えはありません。 様々な資料をつき合わせて、大勢の学者や知識人が議論した結果、「これが正しいだろう」という内容でしかないはずです。 とはいえ、学校教育ですから、ある一定の指針に従って教えなければなりませんが、教える方が「これは正しい」「あれは間違っている」ということを教え込むのは、学生にとって非常に有害だと思います。 もちろん、私が見ても「これはイデオロギーに偏りすぎだろう」という教科書の記述はかなりあります。 そういう際には「教科書にはこう書かれているけど、私はこう思う」とアンチテーゼを学生に話し、事実は一つだが見解はその人の立場によって異なることがあるということを、認識させておいた方がいいでしょう。 学生のうちからそのような思考的訓練をしておけば、大人になって玉石混合の情報に接した際に、自分でノイズを除去することができるようになるでしょう。 私は社会人になって自分で歴史を学びなおしましたが、基礎的な知識としての学校教育の歴史は、無駄ではなかったと思います。 中学のときは画一的な内容しか学びませんでしたが、高校のときに複眼的な歴史の見方を教えてくれた世界史の先生には、今でも感謝しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

失言をしました。申し訳ない >>様々な資料をつき合わせて、大勢の学者や知識人が議論した結果、「これが正しいだろう」という内容でしかないはずです。 確かにその通りです。 すばらしい回答ありがとうございます。 私もその先生に近づけるように日々推敲していきたいです。

関連するQ&A

  • 日韓併合に関する日本国内の教育

    一般的な日本人として、ごくごく普通の日本の義務教育を受けています。(数十年前です。) 私の記憶では、日韓併合は日本が韓国を侵略し、朝鮮人は日本語を強要され日本名を強制的に名乗らされたと習っています。(おそらく中学の時の歴史の授業だったかと思います。) 日本は韓国にずいぶんひどいことをしたんだなという印象でした。 ちなみに、大人になった今ではいろいろな情報を見聞きするうちに、上記のような歴史認識は無くなりましたが。 みなさんは、日韓併合に関してどのような教育を受けましたか。 一般的な日本人として普通の日本の学校に通っていた(通っている)方のケースを多く聞きたいと思います。 ちなみに、言い争いに発展するような発言・主張はご遠慮ください。

  • 歴史教科書、公民教科書

    ある日、「つくる会」の歴史教科書、公民教科書に反対している団体が駅前にいてビラ配っていました。友人との待ち時間があったので少し話してみました。 団体:「戦争を賛美する教科書が杉並区で採択されそうなので反対の署名お願いします」 私:「このビラに細かい内容書いてませんが、どの記述が戦争賛美なんですか?」 団体「…アテネの民主主義の所で、政治参加の権利と国防の義務があるという記述があります」 私:「それは歴史的に事実ではないですか?それが戦争賛美だとは思えないのですが」 団体:「歴史ではなく公民の教科書に書いてるんです。子供の頭は柔らかいからこんな教科書あったら将来どういった方向に進むかわかりません」 ビラを無理やり渡されそそくさと別の人の所に行った。 質問1:公民の教科書に「アテネの国防の義務」を記述することが、戦争賛美や軍国主義につながりますか?? 質問2:私はこの時飛躍もはなはだしいと思いました。ですが、こういった人の活動が中国や韓国の人に「反日」感情をうみ、日本の国益に害するのでは、と懸念しています。皆さんは、どう思われますか?(この人たちの活動の意義、国に対するメリット、デメリットをお教えください) 質問3:「つくる会」の教科書をどう思いますか。(読んだことあるか、ないかを記入して  読んだことなくても記入可)

  • 韓国併合時の日本の教育普及

    かつて日本が韓国併合していた際、韓国に義務教育を導入したとのことですが、そういった日本の教育普及の歴史を具体的に教えていただけませんでしょうか。 wikiなど検索してみましたが、客観的な記述がなかなか見つかりませんでした。

  • 結局どのような歴史認識を持てばよいのでしょうか

    中国の反日デモの原因の1つに歴史問題が取り上げられていますが、結局日本はどうすればよいのか全く分かりません。よみうりテレビの「たかじんのそこまで言って委員会」において南京大虐殺は数は問題ではないとの趣旨の発言がありましたが、このことがよくわからない理由です。2001年5月7日に韓国政府から突きつけられた歴史教科書の修正要求の中に扶桑社の教科書の関東大震災に関する記述で〔官憲による殺害事実隠蔽。殺害対象も朝鮮人が大部分であったにもかかわらず、「社会主義者、朝鮮人、中国人」と並列することで事件の本質に該当する朝鮮人被害を縮小して記述〕というものがありました。もし、中国政府が「南京大虐殺は数は問題ではない、一人でも虐殺したことが問題なのだ」という歴史認識であれば、このような韓国政府の主張に対し「中国人も犠牲にあっている。数は問題ではない。」と抗議するはずですが、したのでしょうか。逆に中国側が「数は問題ではない」という主張をすることに対し非常に違和感を感じます。というのも中国政府が「南京事件の犠牲者数は約4万人」という主張に対し「数は問題ではない」という反論をするならば、それは「26万人が犠牲にあっているかどうかは問題ではない(中国政府の公式見解では南京大虐殺の犠牲者数は30万)。」という主張にもなります。本当に日本もこの中国ような歴史認識を持てばよいのでしょうか。

  • 歴史を教えている先生に聞きたい。

    歴史を教えている先生に聞きたい。日本の韓国併合だとか南京事件とか従軍慰安婦など教科書のまま教えているのですか・・ ちなみに「君が代」歌うのには賛成ですか? 国旗を壇上に飾るのは、賛成ですか?

  • 韓国はすぐ歴史認識と言うけど

    韓国はすぐ歴史認識と言うが、韓国が言う歴史認識というのは韓国に対して日本がやった悪事の認識という意味です。なにも世界史全般を知れと言っているのではありません。韓国人の世界史の認識はごく普通です。彼らが異常なくらい知っているのは日本の悪事です。任那日本府とか豊臣秀吉とか日韓併合とかそういった負の歴史です。 しかし、どこの国でも悪い面は強調しません。こどもたちが自国に誇りをもてるように教育します。たとえばアメリカはイギリスと兄弟のように仲が良いですが、独立戦争の記述については米英で意見が違います。ジャンヌダルクなんかフランスでは英雄ですが、イギリスでは魔女みたいな扱いです。立場が違えば当然のことです。蒙古の来襲だって韓国人が多数混じっていましたが、韓国はそのことには触れません。都合が悪いからです。歴史と言うのはある程度身びいきが当たり前なのに韓国は日本に「日本の悪事を韓国で教えられているように日本のこどもたちに教えろ!」といつも叫んでいます。こういう韓国のありかたをどう思いますか? 日本では認識派が割合多く、韓国の立場に理解を示す知識人が多くいますが、韓国ではそういう認識派がいても発言できない。過激派がだまらせてしまうので一般人は捻じ曲げられた事実しか知らないのです。こんなことで日韓は理解し合えますか? ご意見をお聞かせください。

  • 「新しい歴史教科書作る会」の教科書  韓国は何を問題にしてるの?

    東京都教育委員会が扶桑社の教科書を採択したことで、韓国の反発を招いているとのことですが、この教科書の内容に間違いがあるということなのでしょうか? 間違いがあるとすればどの記述のことなのでしょうか? 外交問題にまで発展する間違った内容を載せた教科書が検定に合格することなんて、自分の価値観の中ではにわかに信じられません。 日本人は間違った歴史を国家に教えられようとしているんでしょか? 解りやすく解説していただけると大変助かります。 よろしくお願いします。

  • 歴史の重要性を教えてください。

    歴史って結局大昔の人が書いた字や絵、化石や言い伝え、埋まってた物から予想して導き出した仮説でしかないですよね? たとえば、西郷隆盛が生まれたのが1827年。1877年に死んだらしいのでたった130年前の事。それなのに似顔絵が別人を参考にして描かれた物だったそうではないですか。 たかが百数十年前の事ですらあやふやなのですから、それを考えると江戸時代以前のことなんてもう空想の世界のお話ですよね。 極端な話ですと、織田信長が実在しない可能性もありえますよね。 恐竜が居たのではないか?と言うのや、縄文土器、竪穴式住居等は彫ったら石になって出てきた物ですからある程度信憑性がありますが、書物を信じる信憑性というのはどうなんでしょうか?(誰かが作った物語の可能性も) 科学や物理と言うのが教科書に載るのはかなり研究され信憑性が高くなったものばかりだと思います。故に教科書が覆る事はまず無いと思います。逆に言うと研究中のものや、覆る可能性のある物は教科書に適して居ないと思います。 しかし、歴史の教科書と言うのはちょくちょく覆ってますよね? なぜそんな信憑性の無いものを義務教育で習うのでしょうか?そんなにちょくちょく変わるもので、誰かの空想かもしれないものを義務教育で何年も習う必要性って何なんでしょうか? しかも、年号丸暗記や人名丸暗記、出来事丸暗記で、試験が終わればほとんど覚えてないのではないでしょうか? 歴史の重要性を教えてください。

  • 教科書によって評価・扱い方が分かれる歴史上の論点

    専門書において色々な見解があるのは当然だと思いますが、 中学・高校の教科書レベルで評価・扱い方が分かれる歴史上の論点にはどのようなものがありますか。日本史・世界史は問いません。 私にも、南京事件や沖縄戦、従軍慰安婦などについての記述が各社分かれているのはわかりますので、できれば近代以前について教えていただけるとありがたいです。 ちなみに私は高校時代、荻原重秀を再評価する向きがあるということを教わりました。

  • 「教科書無償」と言うが

    「教科書無償」という言葉がありますが、義務教育の教科書は「無償」という意味です。「無償」ということは、「買った人もお金を払わないし、売った方もお金は入らない」はずですが、教科書は政府が税金で買っています。つまり教科書会社には、お金が入っているわけです。これは「無償」とは言えないのではないでしょうか。