解決済み

どのカテゴリにあてはまるかわからないのですが・・・

  • すぐに回答を!
  • 質問No.299236
  • 閲覧数74
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 54% (308/568)

ちょっとした好奇心なので、天文学とは全く関係ないかもしれないのですが、
1日が24時間なのはどうしてなのでしょうか??
24時間でなければ何か不都合が生じるのでしょうか?
誰が24時間と決めたのか気になるので、わかるかた教えて下さい!!
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 56% (1020/1799)

 エジプトの太陽暦に端を発するようです。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=191827
でも書きましたが、古代エジプトで行われた太陰ソティス歴では夏至の頃が年初とされました。当時のエジプトの人々は夏至の頃の黄道に12個の星座を数えたといいます。太陽の見えない夜の時間、一つの星座が次の星座の位置に来る時間を単位とした時間の数え方が始まったとされます。当然星座間の視角距離は違うのでそれを等しいものとみなし、一方では季節によって長さの違う昼夜の時間それぞれを均等に12等分する不定時法が定着しました。

 一方、メソポタミア文明を引き継いだバビロニアでは、1日を正確に12等分する「バビロニアの2倍時間」と呼ばれる定時法が採られていました。そしてエジプトの1日を24に分ける不定時法と、機械的に均等に分けるバビロニアの方法がミックスされて、1日を正確に24等分する時法が紀元前2世紀のギリシャで天文学者ヒッパルコスやその後継者プトレマイオスの手により確立されました。

 この時法は太陽が南中する時間を基準とし、翌日の太陽の南中時間までを1日とするものでしたが、正確な時計のない当時は、かえって不便であったのかキリスト教ローマから中世にかけては、教会が定めた不定時法が用いられたようです。正午を表す”ヌーン”という言葉ですが、本来は不定時法の第9時という意味の言葉が紆余曲折を経て正午を意味する言葉になったとか。

 中世を経たヨーロッパはギリシャ精神の復興を謳うルネッサンスに入り、同時に時法に関しても教会の影響の大きい不定時法から脱却し、それ以降の時計技術の発展ともあいまって、今のような定時法が定着したと考えられます。産業革命以降は、労働時間と賃金は等価であるという考えからますます定時法は定着し世界中に広まっていきました。


 参考にしたのは、佐藤幸治「文化としての暦」(創言社)という本ですが、本そのものは図書館にとっくに返しましたので、本投稿は読書時のメモに基づいています。リンクはいつか切れますのであえて参考URLはあげていませんが、探せば見つかると思います。ながながと書いてる間に簡潔なよい回答が寄せられているとは思いますが、その時は御容赦を。

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 29% (79/271)

  やっぱりだいぶ古代に遡るみたいです(^○^)
  
  諸説あるみたいですが・・

  http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Ayame/1188/miscel/011.html
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 33% (34/102)

 個人的には24という数字は使いやすいと思います。1,2,3,4,6,8,12,24で割り切れますし。

 でもそんな理由ではないですよね。由来は古代バビロニアにまでさかのぼるのですが、太陽が動く道筋を黄道といいます。ここに12星座を見つけたのが古代バビロニア人だといわれていますが、これをベースにまず夜が12時間に分けられました。といっても、星座が12だから12時間というほど単純ではありません。

 正直かなり長いお話になってしまいますので、下記HPを参考にしてみてください。天体暦→その他 に24時間の簡単な説明があります。

 では、再見!!
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

 12星座、というのは、先に「12」という数があってから、それにあてはめて星座を12配置したんじゃないでしょうか?
 さいしょっから「てんびん座」とか「みずがめ座」とかあるわけでなく、「あのへんに星座を配置したいが、なにかこじつけ出来ないかな?あの星とあの星とつないで、てんびん座」というふうに。

1年の日数から「360度」が一周の角度として決められるのは問題ないでしょう。「月」を基準に1年=12ヶ月という区分もできるので、そこで初めて12という発想が出てくる。

空を360等分するより12等分のほうが楽です。(昔の日本の「子の刻」といやつは「十二支」で一日を分けています。)

「昼・夜」それぞれを12等分したので1日では24時間。
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 28% (681/2419)

[24時間でなければ何か不都合が生じるのでしょうか? ]
ですね。
不都合は何もないと思います。もう少し時間の小さい単位でも良かったのではないかと思います。100Hとか。アルバイトしても給料が15分おきとかありますが分ではなく時間の方がいいですね。また指の数は全部で20ですから20のほうが解りやすいですね。なぜ24進法になったかは、わかりません。地球上では24進数の必然性はまったくないですね。多分宇宙からの移民の方がそのような数を使っていたからなのかも知れませんね??
ということかなあ。
参考まで
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ