• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ターボつきトラックが販売される理由

 最近、発売されるトラック(4トン以上)の大半はターボがついていると聞きますが、なぜターボをつける必要があるのでしょうか?軽自動車のように、排気量で税金などが優遇されるわけではないと思うので、単純に排気量を大きくすれば良いかと思います。重い荷物を載せるトラックの性質を考えると、出だしに高出力が要求されるかと思います。その点を考慮すると、高出力を得るまでにタイムラグがあるターボでは不利なのではないかと思います。そのことから、排気量を大きくすることで、エンジン重は重くなりますが、ターボ以上の効果が期待出るかと思います。  理由をご存知の方、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数1462
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ceaser
  • ベストアンサー率25% (201/784)

>高出力を得るまでにタイムラグがあるターボでは不利なのではないかと思います。 最近のトラックに付けられるターボは、実用域のトルクアップを狙ったもののようです。排気量を上げずに力を出すようにして、燃費の向上を狙っています。 ターボも単に高出力を目的にすると、おっしゃるとおりターボラグが出てきますが、トラックのターボはそもそも設計思想が違うようですね。走り出すときとか、加速するときに力を出したいときだけターボを働かせて、巡航時には小排気量で燃費を稼ぐ考えです。確かに、排気量を上げても力は出ますが、巡航時にはやはりその大排気量のために燃費は悪化します。 フォルクスワーゲンもガソリン車用にスーパーチャージャーとターボを組み合わせた環境エンジンを出しましたが、これからは環境対応のための過給機が増えてくるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ターボ車とノンターボ車

    エンジンについて質問です。 排気量の少ないターボ車と排気量の多いノンターボ車はどちらが車としてはいいでしょうか? S社などは上のランクにターボ搭載がありますが、T社やN社などではターボではなく排気量の多いものを上にランクに設定してますよね。

  • 中古軽自動車のターボとNAどっちがよい?

    今度通勤用に中古軽自動車を購入します。予算は厳しいのですが、操縦の楽しみからいうとやはりターボのマニュアル車(スズキのkeiターボ)がいいかなとは思っています。しかし同じ7万キロでもターボの方がガタが来やすいものでしょうか?(エンジン、クラッチ、ミッションすべてにわたって)大排気量車ならともかく軽では? 素人考えではNAの方がメカの負担が少なくていいような気もするのですがどんなものでしょうか?

  • 貧乏ターボ

    最近ヨーロッパやアメリカは、 小さいエンジンにターボが流行っています。 理由はエコとのこと?? 車体重量が同じなら、ターボ有り無し、排気量の大小は関係ないのでは?? 昔聞きました、ターボはコストがかかる、 3Lのターボなしより、 2Lのターボ車の方がコスト高とか? また、日本は軽以外はターボ車は、ほとんどないですが、 なぜですか?? ターボはメンテも気を使うのでは? アフターアイドリングが必要? オイル管理? ターボのメリットはなんでしょうか?

その他の回答 (9)

  • 回答No.10

前回答者様方と重複いたしますが、 まず、車両重量対策はありそうです。(エンジンのバリエーションも少なくなったし、表記上同馬力で軽いエンジンになる) 免許制度改悪によって、車両重量を下げる必要があります。 次は、ディーゼル排ガス成分のSPMを下げる為でしょう。 コモンレール技術の発達で、燃焼効率が上がった分だけナノレベル排出ガスの含有量が上がりましたが、 それを除去出来るフィルターの開発が出来ないので、燃焼効率とのバランス上、 ターボ装着に至ったと想像します。 わざと大きく粒子の大きい未燃焼ガスの出る環境を造り、現在の技術レベルのフィルターで除去するのです。 ですから、燃費と馬力、環境性能全てが勝っての、今の状態では無いと想像します。 実際、小排気量で同馬力のトラックは、過去から乗りにくく燃費も悪いと、””私は”””聞いていますし、その通りでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No.1~No.10の皆さん、ご回答ありがとうございます。これほど多くのご回答が寄せられるとは思ってもみませんでした。大変、感謝しております。参考にさせていただきます。

  • 回答No.9
  • mupapa
  • ベストアンサー率27% (13/48)

まず排ガス対策と聞いてます。そして軽量化 軽ければそれだけ積める。 たとえば、25トン車のとき 空車10トンであれば15トンの荷物を積める。 タイムラグ確かにありますが、平坦路なら気にならない程度(登り坂で回転落とすと回転上がるまでじれったいけど回転落とさなければいいだけの話)ですし、単に排気量あげればいいというわけでもないみたいです。燃費もいいですし。 メーカー、空車重量が違うので参考になりませんが(実走) V8,17000cc 320ps  2.5Km/L 直6,13000cc 360ps 3.5Km/L

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • Sompob
  • ベストアンサー率21% (110/516)

先ず、大型車用のターボは乗用車用より歴史が長い事 お忘れ無く。だから、「最近、販売される」は間違い ですよ。「昔から販売されている」が正しい。 1974年(昭和49年)頃からですよ。 それから、「出だしに高出力」と謂われるが、出だし に大トルクが正しいです。高出力を得るまでタイムラ グと述べているから、一般に謂う「馬力」の意味と思 いますが、こんな特性、大型車には不要です(この点 はご指摘の通り)。 出だしは、乗用車であろうと先ずトルク。 大型車用ターボはアイドル時から過給しています。 これで、実質、大排気量と同じ。 これだけでは最高回転までに過給が頭打ちになるから もう一個付けて、直列2段過給している車もある筈。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

そのほかにも、軽油を完全燃焼させ、黒煙を減らす目的もあるみたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • nichaim
  • ベストアンサー率17% (181/1044)

クルマの車両総重量は上限が決まっていますので、排気量を上げてエンジンを大きくし、フレームを太くしでは最大積載量が稼げません、それならターボで加給してやれば小さい重量増でパワーが稼げます 確かにタイムラグはありますが、10トンも積んでればあまり気になりませんし、2300ちょっとでレッドゾーンですからね、空車のときはniceパワーと思うほどトルクが出ています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • inaken11
  • ベストアンサー率16% (1013/6244)

どっちかと言うと、排ガス対策で、ターボを付けています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

ディーゼルエンジンは、その機構上、ターボと相性がいいと 言われています。 ガソリンエンジンは(一部の直噴タイプを除いて)燃料と空気が混ざった状態で吸入・圧縮されるので、ターボ化するとノッキングの問題があって圧縮比を上げられない→燃費悪化になりますが、 ディーゼルの場合は、空気のみを吸入・圧縮した後燃料を吹き込むので ノッキングの心配がなく、圧縮比を上げられます(→燃費向上) また圧縮比が高いということは排気ガスの圧力も高く、その分タービンを効率よく駆動できます。 御指摘のターボラグについては、最近のエンジンではほとんど問題にならない程度まで技術改善が進んでいます。 ディーゼルエンジンの小型・軽量化と高出力化を両立させるのにターボ過給は非常に有効な手段なのです。 乗用車・トラックを問わず今後出てくるディーゼル車はほぼ例外なくターボつきになると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

ディーゼルエンジンの場合、ガソリンエンジンと比べると同じ排気量でも馬力が落ちるようです。 それを補うのと、ディーゼルエンジンの燃焼効率の上昇があるようです。 また、圧縮空気を利用するディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも丈夫に造られていて、 ターボで圧縮した空気を有効に使えるのが、ディーゼルエンジンです。 そのためにターボチャージャーとディーゼルエンジンは相性が良いようで、 列車のディーゼルエンジンでも、ターボチャージャーが付いているのが一般的です。 普通の列車で1両でだいたい300PS程度で、北海道や高山で走っている特急列車の車両に使われているエンジンは、 500PSや600PS程度のエンジンを持っているのがあります。 ターボーの仕組みについてはいすゞの説明を見てください。 ISUZU 省燃費運転マニュアル 基礎知識編 ターボチャージャーの原理 http://www.isuzu.co.jp/cv/cost/manual/knowledge_3.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • cliomaxi
  • ベストアンサー率33% (2921/8736)

>高出力を得るまでにタイムラグがあるターボでは不利なのではないかと思います。 昔は乗用車のターボエンジンもそんな感じでした。 俗に「ドッカンターボ」と云われるものです。 現在はタービンブレードの小型軽量化が進み、実用的な低回転域でも威力を発します。 低回転での加給にはスーパーチャージャーを用いますが、現在ターボに比べると殆ど見かけません。 これはそれだけターボが低回転域でも実用的になっている証拠です。 車の性格や設計にもよりますが、どちらかと云うと実用域でのトルクアップを少ない排気量で実現させる事が出来ますから、ANo.1の方の回答に有るように、巡航時には大排気量が逆に燃費では不利になります。 トラックはその殆どが商業的な輸送目的での使用ですから、ランニングコストは最も神経を使う所です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ターボエンジン車とエコロジーの関係について

     昨今、乗用車のエンジンをターボ過給によって省燃費を実現するという傾向がありますが、これについて質問いたします。  理論上、全走行抵抗が同一の自動車であればエンジンが自然吸気、過給にかかわらず、また排気量にも関係なく必要馬力(仕事率)は同じです。であればターボエンジンは自然吸気エンジンと同じ熱エネルギーを取り出すのに、より少ない燃料でそれを達成せねばならないはずですが、なぜそれができるのでしょうか。  自然吸気だと圧縮比を高めるとそれに伴う機械損失を補って余りある高い熱効率が得られますが、同じエンジン技術を用いれば燃料のオクタン価で限界はほぼ決まるものと思います。ターボであってもオクタン価による限界からは逃れられないはずです。  また、ターボにあって自然吸気にはない損失として、排気の背圧の高さがあると思います。過給圧の高さに比例して排気抵抗が高くなります。ただこれは、同一馬力を取り出すのにターボエンジンは小さい排気量で済むことによる機械損失の低さとの比較になるのかもしれませんが。  以上から如何にしてターボでエコを実現しているのか技術的な教示をお願いいたします。

  • ターボは時代錯誤

    昨今国産車でターボが見当たりません。ホンダは 昔からないですし、トヨタもアリストくらいで、 日産もシーマくらいですか。マツダもRX-8は NAのみです。排気量に制限のある軽自動車はとも かくとして少ないですね。強いて言えば未だに ターボを売りにしてるのはスバルくらいですか。 私は燃費も悪くメンテナンスも面倒なのでターボ は嫌です。フィーリングもNAの方が気持ち良い ですしね。まあ絶対的な速さは敵いませんが。 質問です。 1 昨今国産各社がターボ離れした理由は何か? 2 スバルは何故追従しない?

  • ダウンサイジングハイブリッド

    最近ダウンサイジングターボの車種が増えていますね。ステップワゴンみたいな車重の車が1.5Lで走り、しかも燃費が良いのはすごいですね。 ところでダウンサイジングハイブリッドを謳う車はなぜないのでしょうか。 ハイブリッドカーは走行用のバッテリーからの出力(kW)があるので、モーターの最高出力(kW)にもよりますが、その分エンジンの最高出力(kW)を抑えられる(排気量を少なくできる)気がします。排気量が小さくなることで燃費はより良くなりそうです。が、そのような車はあまりありません。 ・レクサスGS450hやRX450hなどはハイブリッドシステムで排気量を増やす効果を出しているようなので、技術的には可能なのでしょうか。 ・ホンダのジェイドハイブリッド(1.5L)は先代ストリーム(1.8Lだったかな?)より排気量が小さくなっているようですが、フィットHVやヴィッツHVのような燃費が重視されるクラスでもガソリングレードと比較して排気量を下げるようなシステムとはしていません。 ・ホンダのオデッセイハイブリッド(2L)はガソリングレード(2.4L)より排気量を下げているようです。ホンダのハイブリッドシステムだと可能なのでしょうか。 なにかできない理由、売れない理由があるのでしょうか。それとも今後は増えていくのでしょうか。 お詳しい方いませんでしょうか、よろしくお願い致します。

  • NAがターボよりも優れている点は?

    実用乗用車ガソリンエンジンにて、NAがターボよりも優れている点は何でしょうか? どちらも、最大出力・最大トルクは同じと仮定します 運転フィーリングの好み云々は除外します 実際に、流行り?のターボエンジン車に乗ってみましたが ターボラグは全く感じないし、1200rpmといった極低回転域から最大トルクを発生するし、燃費は良いし、軽いので回頭性は良いし オイル交換サイクルも3万km毎で、NAと同じだし、耐久性も実用上(数十万km)は全く問題ないし、同じパワーのNAよりは排気量が小さいので税金も安いし 販売価格も特に差は無いし 逆に考えると、NAのメリットが見いだせません NAメリットは何でしょうか?

  • 昔のF1でターボがあったとき

     昔のF1(多分、中島さんとかネルソン・ピケさんとか現役の時だと思います)で、1500ccの排気量で1000馬力が出せて、ターボのブースト圧は10kgf/cm2という話を聞きました。 一般の市販車でブースト2kでも凄いのに、ブースト10とか考えられません。エンジンの部品でブースト10に耐えられる材料ってあるんですか? または何か参考に出来るサイトがありませんか?

  • 軽自動車税の行方

    やはり軽自動車の税金は単純に上がる一方なのでしょうか。 思うに現行の自動車税の中でターボ車を排気量40%増しで課税すればいいように思いますが、そういう議論はないのでしょうか。 === 最近の軽自動車と言うのはとても良くなってきました。特にターボ車なんてはっきり言って普通自動車に比べて動力性能的にも遜色ありません。優遇する意味がまったく分かりません。 また普通車でもターボと言うのは同じパワーで排気量クラスを落とせるので税金が安くなり、メリットが大きいです。でもそんなメリットがあるというのは税制がゆがんていると言うことです。シリンダが小さくても過給して同じ量の空気を吸うのなら同じだけ課税すればいいだけです。逆に過給機なしの軽自動車は今でも足車でしかないし、地方の足として今後も優遇するのは分からなくないと思います。 そもそもダウンサイジングターボが燃費とパワーを両立するなどというのは嘘っぱちで、ゴルフのTSIだって熱効率はせいぜい36%程度でしかありません。マツダのSKYACTIVやHONDAのEDTのNAエンジンは39%近くあります。しかも低回転でも過給圧が足りないなんていう問題もありません。同じパワーならどちらが燃費がいいか一目瞭然です。ディーゼルはターボが無いと設計が成立しませんが、ガソリンエンジンに付けるメリットはありません。 軽自動車だとNAで最大出力40馬力そこそこ。平地を60~80km/hくらいで10~15馬力程度、エアコン使ったり5%程度の急な坂道を登るとさらに15馬力程度は使いますから、街中から郊外で走る分には3000~4000回転でハーフスロットルの熱効率的に一番おいしいところを使えます。ターボなしでもべた踏みすれば100km/hは出るでしょうが、おいしいところとは思えません。 一方高速道路で100km/h出すなら軽だとターボがあるとちょうど良いです。逆にそういう使い方ができる車に税制優遇が必要とは思えません。 ・・・分かっている人が自然に考えれば結論は明らかだと思うのですが。やはり税制考える人が税理士とか文科系の人たちばかりだから分からないのでしょうか。

  • ダウンサイジングターボエンジンについて

    最近よく聞くダウンサイジングターボエンジンについて教えてください。 排気量の小さいエンジンにターボチャージャーで過給して足りない分のパワーを稼ぐ。 ここまではわかるのですが、それが燃費に貢献するということがイマイチわかりません。 過給する⇒シリンダ内に空気がいっぱい⇒その分燃料を多く噴射する。 だからパワーが上がるという認識です。 つまり、2.0Lのシリンダが吸い込む空気の量+過給(仮に0.5L分)=2.5Lクラスのパワーが出る。 であれば、2.5Lエンジンと同等の燃費 ということではないのでしょうか?

  • 車のエアコン

    最近のエコエンジン(排気量が少ない+ターボでブースト)はエアコンの聞きが悪い(効くが遅い)のは試乗で実感したのですが、これは、コンプレッサーも小型だからであって、排気量や馬力とは無関係なのでしょうか?

  • 軽ハイブリッドカーの排気量

    軽ハイブリッドカーの排気量制限も、通常のガソリン車と同じ排気量なのでしょうか? もしそうなら、なんか馬力を稼ぐ抜け道のような気がします。 ターボエンジンにハイブリッドなどもOKなのでしょうか?

  • これってできる?

     ノーマルの軽自動車をボアップして、ターボをつけることは出来ますか?  出来る場合はやった場合の金額や法律上(排気量など)の問題点を教えてください。