• 締切済み
  • すぐに回答を!

圧力損失をもとめよ

シリカゲルの粒径を1/100としたときのカラムの圧力損失を求めよ。流速はどちらの場合も同じものとする。カラムに敷き詰める高さは同じとして求めよ。 また空隙率はもちろん1/100としたとき小さくなります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数562
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • acacia7
  • ベストアンサー率26% (381/1447)

・・・「空隙率はもちろん1/100としたとき小さくなります。」って? 単一の直径の粒子を詰めた理想状態だったら粒径に寄らず、空隙率は同じですよねぇ? 逆にいえば、ある程度の粒径分布を考えているのですよね? どんな分布を想定しているのか不明です。 それこそ、綺麗に分布すれば、殆ど閉塞することさえありえます。 また、流体が流れていることになっていますが・・ 何が流れているのか不明です。 空気が流れているのか・・水が流れているのか・・ 粘度がわかりません。 一番の問題点は、最初の粒径も、最後の粒径も不明ですが・・ その割に「圧力損失を求めよ。」は絶対的な値を要求していることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 圧力損失の考え方がわかりません

    初期ヘッド(供給圧力ΔH)が一定で流体が水で配管を流れるとき、 流体温度上昇により流体の動粘度が低下すると、配管内の圧力損失が低下し流速は大きくなる。→摩擦抵抗が少なくなるから しかしながらファニングの式(ダルシーワイズバッハでもいいですが・・) ΔP=4f(L/D)(ρu^2/2)によると圧力損失が下がると流速uは低下するとでます。 考え方をいまひとつ理解することができません・・・ これはΔP=Δ速度水頭+Δ損失水頭+Δ位置水頭=一定 となりΔ損失水頭が減ってΔ位置水頭のエネルギーが 運動エネルギーに変換されやすくなるから という理解でよろしいのでしょうか? 知見をお持ちの方は、ぜひ教授していただきたく、 よろしくお願いいたします。

  • 圧力損失と流速との関係について

    圧力損失と流速との関係について教えてください。 流体に関しては素人なのですが、ベルヌーイの法則は知っています。 ベルヌーイの法則は、圧力が高くなれば速度は小さくなる。また圧力が低くなれば速度は大きくなる。こんな理解でよろしいでしょうか? ベルヌーイの理解が正しいとして、 (1) 圧損が生じた場合、入口側に比べて出口側の圧力が低下するということなので、流速は上昇すると考えて問題ないでしょうか? (2) 上記が正しいとした場合、なぜそうなるのかわかりません。圧力損失とはエネルギーの損失ですよね?力学で考えればエネルギー(運動エネルギー)は速度の二乗に比例するわけで・・・、もちろんエネルギーは運動エネルギーだけではないでしょうが・・・。理論的に教えていただけないでしょうか?

  • 圧力損失の換算について

    圧力損失の換算を、動粘度を変化させた場合について行おうとしてるのですが、計算方法が分からず手も足も出ません。どなたか、ご教授お願いできないでしょうか。 動粘度は、1cStから5cStへ変化させて場合の圧力損失を計算しようとしています。 動粘度が1cStの時の圧力損失は、300Paです。 流速は30cm/minで一定とし、温度も一定としています。 蛇足ですが、粘度:ν=10~100mm2/sの場合については、 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1321387693 で解説されていたのですが、今回扱う動粘度が範囲外なので適用してよいか分かりませんでした。

  • 圧力損失のことで教えてください

    いろいろ調べたのですが分からないので教えてください。 圧力損失が発生すると流量も損失すると聞きました。計算式がありましたら教えていただきたいのですが...。 コンプレッサーより吐出された0.7Mpaの圧縮エアがフィルタを通し2次側0.6Mpaになってしまった場合、0.1Mpaの圧力損失が発生したことになります。この場合の計算式を教えてください。宜しくお願い致します。

  • 圧力損失について

    圧力損失について ピストン(シリンダとディスプレーサ)にて熱伝導流体のガスを送り出す場合なんですが、ピストンの周期が同じとしてそのストロークが大きいときと小さいときではストロークが大きい時の方が圧力損失が大きくなるそうです。 感覚的には分かる気がするんですが、どういう仕組みでしょうか? また、もしガスの圧力がPというふうに設定されているとして、ガスを送りだしたときの圧力損失を加味すると場所によっては圧力がPより小さくなる部分があるのでしょうか?

  • 圧力損失とは 

    圧力損失について色々検索し調べましたがいまいち分かりませんのでご教授下さい。 供給圧力が一定と仮定した場合 流れる流量と圧力損失(配管長さ)の関係を教えて下さい。 配管径は同じ、配管は水平です。 イメージですが、 圧力損失が増えると流量が多く必要となる。 →配管長さが長いと圧損が大きいので流量が多い。 配管が短いと圧損が小さい→流量が少ない。 以上のイメージから配管を長くすればするほど必要流量が大きくなる。 ポンプの性能で最大流量が決まっているので、ある長さから必要な流量をまかなえなくなる。 そのため、それ以上の長さになると流体は配管の途中で止まってしまう。 こういうことは本当にあるのでしょうか? 長くなりましたが、1.流量と圧力損失の関係、2.上記の理解で正しいかどうかご教授下さい。

  • 配管中のガス流の圧力損失によるエネルギー損失

    配管を流れるガスの圧力損失によるエネルギー損失(正確には仕事率[J/s]の損失)の計算方法が知りたいです。 例えば、体積流量Vin[m3/s]の空気流が配管中に設けてあるバルブによって受ける圧力損失をΔP(=Pout-Pin)[Pa]としたときの、空気が経験する仕事率損失ΔW[J/s]はいくらになるかという問題において、バルブ通過後のガス温度がどうなるかがよく理解できていない為だと思うのですが、計算方法が分かりません。 ちなみに配管の径が不明な為、ガス流速は算出できないという条件です。 求められている精度はそれほど高くないので概算でOKです。 さしあたって思いつく解としては (1)ΔW = ΔP x Vin (2)ΔW = ΔP x Va (Va:平均流量=(Vin+Vout)/2) (3)ΔW = ΔP x Vout の3つですが、全く見当違いの気もします。 どなたか宜しくお願い致します。

  • 圧力損失について

    高圧力のエアーが必要な装置があるのですが、圧力が足らない状態です。カプラやエルボなどが付いているので圧力損失があるのかと思うのですが、実際どれくらいの影響があるのでしょうか?さらにどのような配管にすれば圧力損失が少なく済むのでしょうか?

  • 圧力損失について

    先日流体の圧力損失について質問させていただいたのですが、追加質問させて頂きます。 ポンプにより配管内に流体を流したとき、2種類の配管を比較したときの圧力損失の大きさを比較したいと思います。 配管は水平に設置し、使用する配管は同じ材質の配管を利用した場合です。 2.3Mpaのポンプにより40A配管に水を流しました。 一つはそのまま40A配管に水を流したとき、もう一方は50Aの配管内に25Aの配管を固定した系にします。(説明がへたくそなので絵にしてみます.Fig.1) この時の圧力損失の差と、出来れば50、25A複合系での圧力損失の計算について教えてください。

  • 化学工学の実験で・・・

    この間、粒子(ガラス)の充填層と流動層の圧力損失と空隙率の変化を測定する実験を行いました。 そのとき流動層になると圧力損失が一定になりました。これはなぜなのでしょうか? また流速に対する圧力損失のグラフを書くと、充填層から流動層に変化するときは中間域が存在するのに、流動層から充填層に変化するときは中間域が存在しませんでした。これはどうしてでしょうか?おねがいします。