• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

《質問》前科?の暴露と名誉毀損の正否

少し疑問に思ったので質問です。  あるお医者さんがいました(公務員ではなく、私立 の病院)。彼は5年前に痴漢容疑で任意同行をうけた そうです。結局、不起訴処分になったそうです。  彼に対して、公衆の面前で、「おまえ、痴漢で逮捕さ れたそうだな!」と声高に話すことは、名誉毀損になる のでしょうか?。またビラをまいたり、当時記事になっ た新聞を配布したりすることは名誉毀損になるのでしょ うか。  前科など犯罪歴であっても、公衆の面前で言うことは 名誉毀損にあたると言われると思いましたが、実際のと ころはどうなのでしょうか。成立する要件・条件があれ ば教えてください。また成立しないのであれば、それは それで教えてください。  よろしくお願いします。

noname#79514
noname#79514

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1772
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

下記URLなどを参考に。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 変質者に対してビラを配ったら名誉毀損?

    こんにちは。 よく思うのですが 名誉毀損ってすごく広い範囲で 成立しますよね。実際勝訴するかは別として。 たとえば痴漢の常習犯の家の近所に その痴漢の前科が掲載されている 新聞記事をまとめたビラを近所に配ったとします。 「ここの住人はこういう前科があります 女性の方は気をつけて下さい」と具体的に注意活動を 行った場合、その犯人が名誉毀損だと言って 民事訴訟を起こした場合、現実問題 配った人は負ける可能性は高いと思いますか? ※配った人が特定できて、それを認めているとします。 ただし、悪意は無く、実際に近所の女性達が心配だったからと 一貫して主張してる場合です。

  • 名誉毀損について

    恥ずかしく不名誉な話ですが書きます。 8月頃某飲食店(キャバクラ)で、無銭飲食の詐欺容疑で逮捕されました。 先にお断りしておきますがそういった事実はないです。 その後の、9月下旬に検察庁からの呼び出しにも応じ、この件についてはめでたく起訴猶予とかのグレーな処分でなく、不起訴処分となりました。 後日不起訴処分の書面も郵送してもらいました。 ですが私が逮捕され、会社社長が身柄引き受けに来たときに即日解雇を言い渡されていました。 後日、離職票の解雇理由の内容をみたら『犯罪行為発覚のための解雇』となっていました。 公的な書面で事実と違う記載をされているわけですから、名誉毀損に当たるのではないか? と、記載事実の訂正依頼の電話をした安定所職員に言われました。 以上が今私が置かれている簡単な状況説明なのですが、名誉毀損で訴訟した場合、勝訴に至る可能性や損害賠償額の算定額なんかはどうなるのでしょうか?

  • 自分への痴漢を氏名特定してブログに載せたら名誉毀損は阻却?

    下記の捉え方で間違いはないでしょうか? 電車内で痴漢されたとき、犯人を指して「この人痴漢しました」と言っただけなら、名誉毀損要件(公然と訴え、社会的評価を下落させる)は成立しない。次に、彼女がその犯人を特定できるようにして、公益のため写真を添えて公然とインタネットブログでで訴えると、名誉毀損は成立するが、彼女には一般多数者である被害者として公共性があるので、名誉毀損阻却になる。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

その内容が事実であろうとなかろうと、 また、公衆の面前でなくて1~2人の前でも 名誉毀損にはあたります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 法人にも名誉毀損ってあるの?

     先日、「法人にも「精神的苦痛」ってあるの?」という質問をして、「ない」という趣旨のご回答をいただきました。ありがとうございました。  そこで、もう1つ教えてください。  法人に対しても名誉毀損(あるいは侮辱)ってあるのでしょうか?  つまり、「法人に対するなんらかの行為が、名誉毀損にあたる。民事面では慰謝料や損害賠償が発生する」ということはあるのでしょうか。  また、刑事と民事で、成立要件など、ちがいはありますか?

  • 民事上における名誉毀損成立要件について

    民事上において名誉毀損行為が成立するための要件として、次の2点が挙げられるそうです。一つ目はA:「具体的な事実を摘示する行為」で二つ目はB:「ある事実を基礎として意見ないし論評を表明する行為」だそうで、(1)Aのみ(2)AとB(3)Bのみの何れかに該当しても成立するようなのですが、(3)のBのみの行為で、名誉毀損が成立してしまう理由がよく分かりません。何故なのかどなたか教えて頂けませんか?

  • 名誉毀損罪で訴えられたら

    刑事告訴をして不起訴になった場合に 不起訴になった相手方が口裏を合わせって 嘘をでっち上げて反訴してこないかと考えることがあります。 もし私の告訴に対して名誉毀損で訴えられた場合 何を主張すれば名誉毀損罪が不成立になりますか?

  • 「嘘ついた」と言われました。心外です。名誉毀損で訴えることは可能?

    先日、私(Aとします)が、社内でBさんにある事に聞かれたので、説明しました。 そのあとに、BさんがCさんに会ったときに、「Aさんが嘘ついた」と言いました。 それを聞いたCさんが、私(A)に「Bさんがね。このあいだ、Aさんが嘘ついたと言っていたよ」と聞きました。 自分は、当時はBさんに故意に間違えたわけでもなく、単に言い間違えたかもと思っています。なのに、断定的に嘘つき呼ばわりされて心外です。 ”嘘つくこと”と”間違うこと”は、定義、成立構成要件、効果など全く異なるし、別問題だと思います。嘘は故意で、間違いは故意ではないと思います。 嘘つき呼ばわりされて、とても気分が悪いです。 私は、Bさんを名誉毀損等で訴えることは可能でしょうか?

  • 会社の同僚が名誉毀損で逮捕→告訴取り下げに

    同僚の男性が名誉毀損で告訴されました。 (刑事告訴です) 逮捕後に示談が成立して、告訴取り下げで 留置場から出てきました。 彼は前科がつくか、将来戸籍に残ったり いろんなことを心配していました。 この場合、前科となるのでしょうか? また戸籍や謄本を調べたら逮捕歴とか分かるものなんですか? どうか教えてください。

  • 脅迫文の公開は脅迫主に対する名誉毀損になるか?

    脅迫文(放火予告など)が届いた場合、 脅迫主がわかる形で脅迫文をインターネット上に公開すると、 脅迫主に対する名誉毀損の罪が成立するのでしょうか? 私は脅迫文をビラに印刷して近所に配布しようか悩んだことがあります。

  • 私人による“指名手配”は名誉毀損になるのか?

    『この女に注意!』と呼びかけた上で、 ネットで詐欺女の個人情報を公開した男が、 名誉毀損で逮捕されました。 詐欺女の犯罪行為が事実であっても、 名誉毀損が成立するのでしょうか?     *** 名誉毀損容疑で逮捕された男Aは、 女Bに30万円を騙し取られたとのことです。 その後、男Aはインターネット上で、 女Bの個人情報を公開したようです。 当該ウェブページでは、 『この女に注意!』というタイトルが付けられ、 女Bの氏名と顔写真が掲載された模様です。 ところが、刑法230条の規定によると、 『専ら公益を図る目的』での行動であれば、 名誉毀損罪には問われないことになっています。 被害の拡大を食い止めるためにも、 この情報公開は公益に資すると考えられます。 それにも関わらず、男Aが逮捕されてしまったのは、 一体なぜなのでしょうか? 以下の両者を比べ、損害の程度が釣り合わないと、 司法機関によって判断されたためでしょうか? ・女Bによる詐欺行為で、男Aが被った金銭的損害。 ・男Aによる情報公開で、女Bが被った社会的損害。 それとも、司法当局には、 一般市民による犯罪追求を認めたがらない、 何らかの理由があるからなのでしょうか?

  • 名誉毀損になる? 損害賠償請求は起せますか?

    在職中に逮捕(痴漢行為)され有罪判決を受けました。 その後、勤めていた会社は私の親戚の会社から仕入れていた商品の支払いを拒否し、親戚の会社からの代金の請求に対して、親戚の会社へ在職中に逮捕(痴漢行為)された迷惑を蒙っているので、支払いは行えないとの書面を送ってきました。(私への損害賠償請求は在職していた会社からこの件とは別に起され和解が成立しています) 後に知ったことなんですが、支払えない理由に私が逮捕された罪名まで明記した書面を親戚の会社に送付する行為に対して名誉毀損で損害賠償を起すことは可能でしょうか? 馬鹿な行為をしたヤツの戯言と思わずよろしくお願いいたします。

  • 名誉毀損などになるでしょうか

    刑法に次のようにあります。 (名誉毀損) 第二百三十条  公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 (公共の利害に関する場合の特例) 第二百三十条の二  前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 某省所管のある国家試験があって、その過去問題と次の(1)とがその国家試験の実施者によってインターネット上に公開されているとします。 その試験の実施者以外の者(以下、これを「著者」と言います。)が次の(a)、(b)の行為を行った場合、これらの行為は、上記第230条と第230条の2のどちらに該当する可能性が高いでしょうか。つまり、その国家試験の実施者がその著者を告訴した場合は、その著者は前科一般になる可能性がありますか。また、その法的根拠は何でしょうか。 (1)その過去問題についての、その試験の実施者が正しいと考える解答(つまり、その国家試験がそれに基づいて採点されて、その試験の合格者が既に確定した解答)。 (2)その過去問題についての、著者が正しいと考える解答。 ※(2)は(1)とは異なるとします。 (a)著者が、その過去問題の解答集(過去問題を引用し、併せて(2)とその解説を記述したもの)を印刷し、印刷した書籍を営利目的で有償で販売する行為。 (b)著者が、上記(a)の書籍の販売促進のために、(a)の書籍の一部(引用した過去問題と(2) とその解説を含む)をインターネット上に公開する行為。 ただし、(a)、(b)とも、純粋に過去問題の引用、(2)とその解説の記述だけにとどめ、その過去問題の実施者又はその過去問題自体について批判めいたことは金輪際、一切書かないとします。 また、その過去問題を(a)、(b)で引用、公開することについてはその国家試験の実施者に事前に了解を取ってあるとします(つまり、著作権法に言う複製権(第21条)の侵害、公衆送信可能化権(第23条)の侵害、のいずれも該当しないとします)。

  • 匿名掲示板上での脅迫・名誉毀損の言い争いについて

    仮話として聞いてください。 A君はある相談サイトで異性のことについて相談していました。 そのサイトは結構荒れていて、 誹謗中傷や荒らしが普段から横行しています。 A君は他の利用者の自称女性Bから、 勝手に根拠もないのに他の荒らしと間違われた上、 管理人室というすべてのカテゴリーを管理する人と話す掲示板で、 「将来犯罪者になる」との発言もされました。 A君は女Bに対して 「もし貴方の発言が誤りだったら、  必ずや貴方の身元を特定して責任を取ってもらう。」 と発言しました。 ところが女Bは、 ネット上の発言に正確性の保障は求められていない、 従って自身の発言に責任はないと反論した上で、 本来責任のないものに責任を取らせると警告するのは 脅迫に当たるとして、 A君を脅迫容疑で刑事告発すると発言しました。 そこで質問なのですが、 この場合A君は脅迫罪に問われる可能性はありますでしょうか? (A君が実際に女Bの身元を特定するのは実際不可能です。  脅迫は不可能な事柄を発言しても成立してしまうのでしょうか?) A君も女Bを名誉毀損で告発するといいます。 どちらがより重い罪に問われるのでしょうか?