• 締切済み
  • すぐに回答を!

群馬で膝関節手術の名医を教えて下さい!!

高崎で有名なスポーツドクターK医師のところで膝の関節手術を 受けましたが、術後の経過が思わしくないため、セカンドオピニオンを あおぎたいと思っています。術後2ヶ月経っていますが、まだ炎症がひどく熱があります。担当医に尋ねたところ、原因がわからないのでもう1、2ヶ月様子を見るようにと言われて、不安です。 最初に手術を受けるときには、術後1ヶ月以内に軽い運動ができるように なると言われておりました。 どなたか群馬県で、膝の手術の名医をご存知でしたら教えて下さい。 軟骨がすり減ったための手術です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1021
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

ヒント 善衆会病院 すでに知っていたらスルーしてください。^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。善衆会は腕のいい先生がいると聞いて、わたしも 通院したことはあるのですが、実際その先生に見てもらえたことは ありません。善衆会をすすめられるポイントはなんでしょうか?

関連するQ&A

  • 変形膝関節症と血中CRPの値の関連

    変形膝関節症(以下、膝OA)は関節軟骨の編成を基礎とした非炎症性の疾患である。と定義されてますが、ということは血中CRPの値は上昇しないのでしょうか?? また、一方で、軟骨の破壊に炎症性サイトカインの局所の産生が更新しメタロプロテアーゼが関与するといったように炎症反応?とも思えることもあります。 結局、炎症があるのかないのかよくわからないので教えてください

  • 変形性膝関節症で人工膝関節の手術をしました

    身内が変形性膝関節症で人工膝関節置換術の手術を受けました。(今の所は片脚のみ)。手術をした後で、障害者認定にあてはまるという事をネットで知り、市役所の福祉課で意見書(診断書)をもらい、担当の医師(障害認定の指定医です)に渡したのですが、リハビリが終わってから記載すると言われました。いろんな病院のサイトやこちらのHPを拝見していると、人工膝関節に置き換わった時点で4級の障害に該当すると書かれているのですが、意見書を書くのは大体リハビリが終わってからになるのでしょうか? リハビリで症状がよくなったら等級が軽くなるのでは、と不安になっています。ご存知の方にお聞きしたいのですが、医師に意見書を提出してどれくらいの期間で書いていただけましたか?又、それによって4級より軽くなったという方はおられますでしょうか? 手術前にこういう手帳がもらえるという事も更生医療の事も医師から説明がなかったので、病院選びに失敗したかなとも感じています。

  • 人工膝関節術後の膝の伸びが悪い

    69才男性です。変形性膝関節症により、両膝を人工膝関節術を受けて7ヶ月経過しています。入院2ヶ月で退院し、その時医師からリハビリは無用と言われました。自宅でリハビリと運動をしましたが、膝の伸びが段々悪くなって来た為、2ヶ月後に医師に願い出て現在もリハビリに通院しています。術後のレントゲンでは異常は無く、現在は置換部の痛みはありませんし、膝の曲がりも右が115度、左が125度位で曲りは良い方だと言われましたが、膝の伸びが右が15度で左が10度と悪く、歩行がスムーズに出来ません。膝上の筋肉の突っ張り、膝裏の筋の突っ張り、ふくらはぎの筋肉の痛み、歩行時の姿勢動作から起こる腰痛などで日々苦痛に悩んでいます。医師に聞いても「リハビリと運動を続けるように」と指示されるだけです。何方か、原因と対処法をご教示いただければ有難いのですが。宜しくお願い致します。

  • 人工膝関節手術後のMRSAについて

    以前、父の人工膝関節の事で質問しましたが、MRSAへの抗生物質がだんだん効果が薄れてきて、数値が段々悪化してます。先生からCRPの数値でしかMRSAの数値は解らないと説明がありました。発達した現代医学、膝等部位の正確なMRSAだけの数値はわからなのでしょうか、血液検査での数値だけで判断してますが、そういうものでしょうか、膝から摂取した物で正確な数値は分からないのですか? 先生は人工膝関節はMRSA再発の危険性が高いので、早くひざ固定手術が一番だといいます。数値が上がってるのでセカンドオピニオンの時間もなくなり、どうしたらいいかまよってます。数ヶ月後の退院後は母と二人暮しにもどりますが、曲がらない足の父の介護で母も倒れるのではと心配です どう判断したらいいですか

  • 膝関節の激痛を治してくれる病院

    私の祖母が、膝~関節の痛みを訴えます。 左足がO脚より酷く、くの字を書いたように曲がってしまっています。 数年前に診て貰ったときは軟骨がすり減っての痛みだといわれました。 たくさん歩いたり、雨の日や季節の移り変わりになると赤く腫れてとても痛々しいです。 旅行が好きな本人にとってなかなか思うように歩けないのはとても悔しいみたいで見ている私も残念です。 祖母も年なのでなるべく早く手術なり治療なり受けさせてあげたいのです。 どなたか良い病院、先生をご存知ですか? 県は問いませんので宜しくお願いします。

  • 高齢者の人工膝関節手術の危険度

    母親(81歳)が膝痛で苦しんでいます。 レントゲンで見ると関節の片側の隙間がほとんどなく、横から新たな骨が出てきています(O脚による変形、軟骨減少)。 水があるわけでもないのにジーンと痛み十分な睡眠も取れない状況です。 医者が言うには根本的に治すには手術でプラスチックを入れるしかないが、患者の要望によって行いますとの事です。 高齢で糖尿、高血圧等々の持病をもち手術には不安があり、なかなか踏み切れず、又このままの状態でも悪化する一方で辛いものがあります。 人工膝関節の手術に関しての危険度はどの程度のものでしょうか? 手術が元で死亡する確率、死亡した例はありますか? リハビリが出来なくて寝たきりになるようなことはあるのでしょうか? 手術を2度3度繰り返すようなこともあるでしょうか? これにより持病が悪化するようなことがあるのでしょうか? 等々どの程度の危険度のある手術なのか知りたくお尋ねいたします よろしくお願いいたします。

  • 二十代での人工膝関節

    二十代後半、未婚女性です。 十年前に左足に化膿性膝関節炎を患いました、軟骨の損傷が激しく、またリハビリも難しく、左足は「へ」の字の角度で固まってしまい、曲げ伸ばしはできません。左足をつま先立ちにして歩いています。 左膝機能全廃ということで身体障害者4級となっています。 これ以上の回復の見込みがなく、9年前、最後の通院の時主治医に「人工膝関節というのもあるからね」と声をかけて頂きましたが、耐用年数を考えると三十才で再手術、仕事や私生活も忙しいとおもい、すこし期間をあけることにしました。 そして今、愛媛大学付属病院の人工関節センターで手術を受けたいと考えています。 しかし、 ・年齢が若い ・特に膝に痛みがなく、左足をつま先立ちにしてなんとか歩行もできている という点で、手術をしていただけるかが心配です、色々と調べてみましたが、若い方の症例が見当たらず、不安に思っています。どうか、皆様の見解を聞かせてください、よろしくお願いいたします。 私の気持ちとしてはもう一度歩けるようになる希望があるならば、チャレンジをしたいです。

  • 人工膝関節手術後の膝周囲の締付け感と痛みで苦しんでいる

    50代女性です。関節リウマチの為、人工膝関節の手術を受け8カ月が経過しましたが、術後からお皿周囲の、特に下側の皮膚下の肉が厚くなり、腱と癒着したまま、一向に改善されません。 お皿の上から触ると感覚も鈍く、金属のお皿を埋め込まれているような異物感、痺れと痛みがあります。曲がりは95度位です。 関節そのものはレントゲンでは異常無しです。しかし、立ち上がり体重をかけた途端、膝周囲が幅広のゴムバンドでギューッと締付けられたようになり、歩き出すと膝が硬直し、辛くて10分も歩けません。膝の曲げ伸ばしをすると、その部分がグキグキと音がします。 執刀医に訴えても、首を振るだけで、このような症例は無い、と取り合って貰えません。他の整形外科でも分かって貰えず、何の為の手術だったのか、苦痛の毎日です。どなたか、原因と対処法をご教示頂ければ有難いです。宜しくお願い致します。

  • バスケで膝の軟骨がなくなってしまいました・・

    現在35歳です。 1年半程前にバスケで右膝を捻ってしまい、前十字靱帯損傷と半月板も痛めてしまいました。 医者からは今後スポーツをするつもりなら手術が必要だと言われ、1年ほど前に前十字靱帯再建手術を受け、1ヵ月ほど入院しました。 退院後、リハビリ程度の運動をしていると何度か膝に水が溜まり、数回抜いてもらってました。 今年の初め、術後9ヵ月ほど経過したのでサポーターを付けて軽くバスケをした翌日、またしても膝がパンパンに腫れあがってしまいました。 その後、安静に過ごしていると2ヵ月程経過して膝の腫れは引きましたが、今度は膝の曲げ伸ばしをする度に異音(ゴリゴリ音)がするようになってきました。 医者に相談したところ、滑膜(かつまく)炎だということで、内視鏡で滑膜(かつまく)を少し削ってやれば良くなるとのことで、術後1年経過して再び手術しました。 しかし、手術後で膝の異音はまったく解消されず、医者からは右膝の内側の軟骨が広範囲に無くなっていると言われました。 つまり、異音の原因は膝の軟骨にあったのでした。。。 更に医者からは、『軟骨は再生しないからもうしょうがない。』 『バスケは正直もう厳しい』(しない方が良い)。 『これからは、ヒアルロンサン注射を1ヵ月に1度打ちに来た方が良い。』 『50歳くらいになったら人工関節も検討しないといけない』 と言われました。 正直、さぁこれからは好きなバスケがようやくやれるぞ!と意気込んでいたのに、 突如軟骨が無くなっているからバスケはとーぜん無理な上、将来的には人工関節と言われて、頭の整理がつきませんでした。。。 前置きが長くなって申し訳ありませんでしたが、質問したいのは以下です。 (1)軟骨がなくなる前に何らかの処置を講ずる手段はあったのでしょうか?また、医者はそれを予見できなかったのでしょうか? (2)こうなってしまった場合、もうヒアルロンサン注射しか方法はないのでしょうか? 前十字靱帯の手術からのこの1年がまったく意味がなかったのではないのか?手術なんかしなかった方が逆に良かったのか?一体どこで間違ったのか?と悶々としています。 セカンドオピニオンも検討していますが、どなたかアドバイスあればお願いします。

  • 人工膝関節置換術後43日の患部

    経過: 左足の膝が全人工膝関節置換術を受け、普通に手術後の15日目に抜糸を、さらにそれからの19日目に一度目のシャワーのみを(患部切口はラップとテープで封止して、濡らしていません)、以後シャワーもお風呂も入っていません。患部切口の状態はずっと良好でした(図1)。さらに9日間が経って、今日は手術日後43日目です。 すでに退院して自宅で療養と訓練を行っています。痛み止め薬も毎日朝晩欠かさず飲んでいます。 質問: 訓練とともに関節の痛みと多少の腫れはともかく、この2,3日で図2の10/16の写真のように、患部の手術の切口に赤みが出てきました(図2の10/16の写真をご覧ください)。 この「赤い線」のような傷口の状況は大丈夫ですか。 炎症か、内部の問題か、それとも...何か?すごく気になっています。このまま気にせず訓練を続けても大丈夫なのでしょうか? 病院はすごく遠くて、次回の定期検査までもまだかなり日数があるので、とりあえずこちらに投稿して聞いてみることにしました。よろしくお願いいたします。