• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

光の全反射について

最近光ファイバの勉強をしています。 コアとクラッドの屈折率差で光を全反射させることで光を伝達することはわかりました。今疑問に思っているのは,「逆に光を透過させない金属などをクラッドにして,光が通る所を空気にすると,その部分に光は透過するのか?」ということです。金属の屈折率との関係を含めてわかりやすく教えて下さい!またその場合の問題点についてもお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2104
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

この辺り、あまり自信はありませんが・・・ まず、誤解があるかもしれませんので念のため書きます。 金属は光をほとんど透過しませんので(表皮効果の厚さくらいは 透過する)、屈折率は定義できません。 また、金属をクラッドにするのは、光を透過させないためではなく、 反射させたいためです。例えば色のついた(透明でない)絶縁体では だめでしょ。 次に本論、導波管というものがあるとおり、使える場合がありますが、 光ファイバーのように、長距離まで伝達するのはどうかなと思います。 光が当たった金属の表面で高周波電流が流れ、損失が生じます。 つまり、完全反射しないので遠くでは減衰してしまうと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答有り難うございました。 反射率が100%でないのは金属表面で反射する際に高周波電流が流れ損失が生じるからなんですね。できれば,この光が金属表面で反射する際に高周波電流が流れる機構をわかりやすく教えて下さい(もしくは参考文献を)! よろしくお願いします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

No.3のものです。 はじめにお詫びがあります。既に指摘されていますように、 金属でも屈折率は定義できます。不勉強ぶりを露呈してし まいました。(^^; > 反射率が100%でないのは金属表面で反射する際に高周波 > 電流が流れ損失が生じるからなんですね。できれば,この光 > が金属表面で反射する際に高周波電流が流れる機構をわかり > やすく教えて下さい(もしくは参考文献を)! これは結局、表皮効果について理解するということになります。 簡単のために、光を金属の面に垂直に当てたとしましょう。 光は電磁波(横波)ですから、金属の面に垂直に交流電場、 交流磁場がかかります。 ここでは交流磁場だけで考えることにしましょう。 金属の表面に交流磁場が入ろうとしますが、時間変動する 磁場は、電場を誘起しますね。この電場によって電流が 流れます。流れる電流の大きさは電気伝導度で決まります。 この電流は交流電流なので、交流磁場を作ります。 この磁場が、外から入ろうとする交流磁場を打ち消して、 これ以上交流磁場が入るのを防ぎます。 こうして、金属の表面のみしか交流磁場が侵入できず、 この侵入できる距離を表皮効果の厚さ(表皮厚さ)といいます。 それから金属を流れる交流電流による交流磁場は、外側にも 作りますので、これが反射波となります。 参考文献は、vortexcoreさんが既に挙げられていますように、 砂川重信著、理論電磁気学(紀伊国屋書店)があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

No.5のものです。 結局、屈折率、反射率、誘電率、伝導率、その他もろもろは、「電場に対する応答」を違った観点から見ているだけで、1つ解れば、他も解るということです。この辺の関係は電磁気学の教科書(例えば砂川重信著、理論電磁気学(紀伊国屋書店))や固体物理の教科書(例えばC. Kittel著 固体物理学入門(丸善))に出ていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

金属でも屈折率は定義できます。ただし複素数になります。 屈折率Nは光速と媒質中での光速の比ですが、磁性体でなければ、比誘電率をεとするとN=(ε)^1/2です。εは電気伝導度σとε=1+(4πi/ω)σの関係にあります。普通のファイバに使われる材料は絶縁体ですからσ~0、εの虚部もほとんど零、したがって屈折率は実数です。この場合は全反射を利用して光を遠くまで伝達できます。 一方導体では誘電率の虚部が大きく、屈折率にも虚部が現れます。屈折率に虚部が現れるということは、媒質中で電磁波が指数関数的に減衰することを意味し、この特徴的長さがNo. 3の方のおっしゃる表皮効果の厚さです。N=n+iKと書いてKのことを消衰係数とよんだりします。簡単のため垂直入射だけ考えると、反射率は((n-1)^2+K^2)/((n+1)^2+K^2)ですが、仮にσ=∞の理想的金属があったとすると、εは虚部が∞、n=K~∞になり、反射率は1(つまりピカピカ)になります。 σ=∞の時は表皮厚さは零で、金属中でのエネルギー損失は無いのですが、実際はσは有限で反射率は1ではなく、有限のエネルギーが金属に吸収されます。ですから、あまり遠くまでは光を伝達できません。 もっと一般にいえば、媒質中での電磁波の吸収はεの虚部(σの実部)によって引き起こされます。これが∞の場合はそもそも電磁場が媒質に入り込めないので吸収も起こりようがないのですが、0の場合も光の進む速さが変わるだけでエネルギーの吸収は起こりません。つまり、光を遠くまで届けるには、うんと伝導度の良いもの(金属)で取り囲んだパイプを使うか、光の周波数でうんと伝導度の悪いもの(絶縁体、この場合は必然的に透明になります)と全反射を利用する、二通りが考えられます。しかし、現実にはたいていの場合後者の方がロスが少ないのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい説明有り難うございます。 反射率が電気伝導度σと関係があるとは知りませんでした。 もしよろしければ参考文献などを教えていただけると助かりますので,よろしくお願いいたします。

  • 回答No.4
noname#11476
noname#11476

クラッドに高反射率の金属、又はガラス管の内面に金属その他の反射膜をコートした物を使用して、コアの部分を空気もしくは何らかの気体にしたものは中空ファイバーとも呼ばれ、光に対しても使われます。 反射ロスが大きいため、長距離の伝搬は無理ですが、遠紫外光(おおむね250nm以下)領域ではファイバーに使用できる透明な材料がほとんどありませんので、このファイバーが使われます。 「中空ファイバー」「中空光ファイバー」でgoole等を使い検索すると幾つか論文などもヒットしますので、ごらんになって下さい。 また、同様な構造(但し断面は六角形など)をした均一な照明光を得るためのライトパイプと呼ばれるものもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

中空ファイバというものがあるんですか。初めて聞きました。ちょっとgoogleで調べてみようと思います。 有り難うございました。

  • 回答No.2

2つの点で指摘をしておきたいと思います。 原理的には、全反射で説明されていますが、実際にはGI型(グレーデッドインデックス)というのも有って、これは屈折率の違うガラスが何10層も重なっていて、全反射でなく、屈折で、光が中心に集まります。 もう1点金属で全反射を考えた場合、さびによる劣化が心配です。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答有り難うございました。 金属で反射を考えた場合錆び等による劣化が懸念されるということですが,この点については通常どういった対処(金属表面に何らかの処理をする等)をしているのかご存じでしたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • SCNK
  • ベストアンサー率18% (514/2762)

理論的に可能でしょう。金属内部に光は進入できませんから全反射を持ち出すまでもありません。屈折というより反射により伝達することになります。実際に周波数帯はちがいますが、マイクロウェーブで使用される導波管がこれにあたります。 問題点は、最近ではガラスの透過率が向上して空気より透過性が良いということと、そもそもフレキシブルが光ファイバーの利点ですから、その利点を失ってしまうということでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答有り難うございました。クラッド部を金属にした光ファイバーというのはちょっと現実的でないようですね。逆に金属を薄膜にしたら光は反射しないということも考えられるのでしょうか? この分野の参考URLや文献なんかご存じでしたらお願いいたします。

関連するQ&A

  • 光ファイバーで光がコア中を全反射する条件

    コアの屈折率がnf、クラッドの屈折率がncで与えられる光ファイバーについて、光がコア中を全反射して伝搬する条件を求めなさい。 この問題がよくわかりません。よろしくお願いします。

  • 物理 光の全反射

    こんにちは。 納得できない問題があるので教えてください。 屈折率1.5の媒質中から空気中へ光を入射角i=30°で入射させる。 入射角を30°より大きくすると、全反射が起こるか。起こるとすれば、その臨界角をrとして、sinrの値を求めよ。 sinr/sin90°=1/1.5 より、sinr=0.67 これは理解できます。 でも、入射角30°って、sin30°=0.50ですよね? 入射角が臨界角以上のときに全反射が起こるから、0.67と0.50を比べたら、臨界角のほうが大きいので、全反射しないと思いました。 でも答えには、全反射は起こると書いています。 0.67は約sin42°みたいですから、入射角を30°より大きくしたとしても、42°以下の可能性もあるから、全反射するとは言い切れないと思うのですが... 教えてください。 回答よろしくお願いします。

  • 光の屈折って???

    今、光の屈折について勉強しているのですがとても奥が深くてむずかしいです。誰か分かるかたいましたら教えて頂けませんか?? (1)光の全反射というのは、屈折率の低いほうから、高い材料などに進行する時は、全反射はしないのでしょうか??(例えば空気から→ガラスに進行するときなど) (2)アクリルなどの(内部反射時の)全反射角は42°程度以上の時と聞きましたが、何か計算方法などあるのでしょうか? (3) (1)において、もし外部反射時(空気→アクリル)に全反射がおきるとすると、それはどの程度の角度なのでしょうか?(例えばアクリル材なら) (4)最後ですが、内部反射時において、全反射角以上で光を入射させたときでも、ある程度は全部反射するのではなくて、ある程度透過もするのですがこれは全反射といっているのに何故透過するのでしょうか?またどの程度の割合で透過するのでしょうか??(入射角度によって透過量は変わると思いますが。。) 長くてすみません。。どなたか少しでもいいので分かる方見えましたら助教えていただけませんか。よろしくお願いします。

  • 物理 光ファイバー 全反射

    物理 光ファイバー 全反射 光ファイバーの屈折の問題で常に全反射し続けるように入射角の角度を求める 問題で屈折率が nA>nB>1.0で0°<α<90° 臨界角はsinα=√nA^2-nB^2。 このときnAとnBがある不等式をみたすときαが0°<α<90°を満足する どのような角であってもコア内で全反射し続ける。 とあり答えをみると「√nA^2-nB^2≧1」と書いてありました。 またこの答えを導くにあたって先生が 「sinα<1より、√nA^2-nB^2=sinαを満たすαが 存在しない条件を考えると良い」といっていました。 ただ、そう考えると答えの不等号は「≧」ではなく 「>」ではないでしょうか? 0°<α<90°を満足する・・・から90°=1にはならないはずですし 1を含めるとsinαを満たすαが存在しない条件にも違反しますし、 以下が問題の一部です。 光ファイバーのしくみを理解するため,図に示すように,屈折率 nA の 透明プラスチックA の上に屈折率 nB の透明プラスチックB を重ねたもの を空気中におき,その中を進む単色光のようすを調べる。 ただし,それぞれの屈折率は,nA nB 1.0 2 2 を満たすものとし, プラスチックA の端面C は,プラスチックA とプラスチックB との接触面D に対し 垂直であるものとする。 …略 この現象は全反射と呼ばれている。接触面D において全反射する条件を求める。 …略(sinα=√nA^2-nB^2を出しました) この条件から全反射が生じるときのa の範囲が求められるが, もしも nA,nB が( (7) )のような不等式を満たすならば, a が 0°<α<90° を満足するどのような角であっても, 接触面D で必ず全反射が生じることがわかる。 これらの結果は,光ファイバーを設計するときの基礎になる。

  • 光の屈折角についてわかるかたおねがいします???

    今、光の屈折について勉強しているのですがとても奥が深くてむずかしいです。誰か分かるかたいましたら教えて頂けませんか?? (1)光の全反射というのは、屈折率の低いほうから、高い材料などに進行する時は、全反射はしないのでしょうか??(例えば空気から→ガラスに進行するときなど) (2)アクリルなどの(内部反射時の)全反射角は42°程度以上の時と聞きましたが、何か計算方法などあるのでしょうか? (3) (1)において、もし外部反射時(空気→アクリル)に全反射がおきるとすると、それはどの程度の角度なのでしょうか?(例えばアクリル材なら) (4)最後ですが、内部反射時において、全反射角以上で光を入射させたときでも、ある程度は全部反射するのではなくて、ある程度透過もするのですがこれは全反射といっているのに何故透過するのでしょうか?またどの程度の割合で透過するのでしょうか??(入射角度によって透過量は変わると思いますが。。) 長くてすみません。。どなたか少しでもいいので分かる方見えましたら助教えていただけませんか。よろしくお願いします。

  • 全反射の問題です。

    全反射の問題です。よろしくお願い致します。 問題 屈折率nAの円柱状のガラス棒Aがある。Aの上端面は中心軸に垂直で空気に接している。またAの側面は屈折率nBの媒質Bで囲まれている。Aの上端面の中心に、入射角αで入射した光の屈折角はβであった。空気の屈折率を1として、次の問いに答えよ。 3)光が媒質Bへ出ることなくAの中を進むためには、α、nA, nBの間にどのような条件が必要か。 答え:√(nA^2 - sinα^2)> nB 4)媒質Bが空気のとき、光はαの値にかかわらず全てAの中だけを進み、側面からは出てこなかった。媒質Bが水のとき、αの値によっては側面からも光がでてきた。ガラス棒Aの屈折率nAの取りうる範囲を示せ。ただし水の屈折率は4/3とする。 3)まではわかったのですが、4)がわかりません。 私は、 ◎「媒質Bが空気のとき、Aの上端面の中心に、入射角αで入射した光はαの値にかかわらず全てAの中だけを進み、側面からは出てこなかった。」より、 媒質Bが空気→nB=1→(3)より、√(nA^2-sinα^2)>1-----● ◎また、「媒質Bが水のとき、αの値によっては側面からも光がでてきた。」より、 媒質Bが水→nB=4/3 側面から光がでてくるとき:sinα/sinβ=nB/nA, nA=4sinβ/3sinα-----★ 全反射がおきて光がでてこないとき: sinα/ sinβ=nB/nA, nA=4/3sinα-----☆ ★と☆より、4sinβ/ 3sinα<nA<4/ 3sinα これと、●の両方を考慮して…としたのですが、ここで、うまくいきませんでした。 解説をみると、 前半は外が空気なら出てこないので全反射している。つまり、(3)の状態。 どんなαでも(3)の式を満足しているので、 √(nA^2-1)>1、∴nA > √2-----▲ 後半は外が水なら「入射角αによっては全反射したりしなかったり」より、(3)がsinα=0では成立し、sinα=1では成立しないということ。 よって、 √(nA^2-1)<4/3< √nA^2 ∴4/3 < nA < 5/3-----△ ▲と△より √2< nA <5/3-----答え なのですが、この解説がよくわかりません。 質問1:▲について、(3)式にnB=1が代入されているのはわかりますが、sinα^2=1が代入されているのはどうしてですか?αは入射角ですが、これだと上端面に垂直に入れた場合に限定されると思います。でも、この問題では、αの値にかかわらず、全反射だと問題にあります。どうしてαは限定されているのでしょうか。 質問2:私のやり方はどこがだめなのでしょうか。 長文ですみません。 アドバイスをいただけませんか。よろしくお願い致します。

  • 全反射の反射について

    誘電体の全反射の反射率と反射による位相のズレがあるかどうかについて知りたいと思っています. スネルの法則より,屈折率が高い方から低い方に臨界角を超える入射角で光を入れると全反射しますが,ちょうど臨界角の場合,境界面に波ができるためロスがありそうですが(←これが正しいかどうかもわかっていません) 臨界角より大きい角で入射する場合はロスはないのでしょうか? ロスがある場合は,どのようにして求めればよいのでしょうか? また,この時の反射は自由端で考えればよいのでしょうか? 回答どうぞよろしくお願い致します.

  • 全反射についての疑問です。

    全反射の説明(ネットや本)で、入射角が臨界角を超えると、それ以降”屈折は起きなくなり”、反射のみが起こるといわれていますが、そこで一つ疑問があります。 臨界角より少し手前の時、入射光に対して、反射光と屈折光がそれぞれ存在し、入射角=反射角、入射角<屈折角、になりますよね?(なお、屈折率は入射光のやってくるほうが大きい場合とします。イメージ的には、下から斜め右上に向かって物質中を通ってきた光が同じく斜め右上に向かって空気中に出る場合のような感じです。) そして臨界角に達したとき、入射角=反射角、入射角<屈折角=90°になりますが、 これ以降の時、屈折角が90°以上になるので、オーバーした分だけ反射したように見える。 と高校の物理で習いました。例でいうと、臨界角以降で、屈折角が10°オーバーする場合を仮定すると、境界面に対して下向きに10°反射したように見える(反射角は80°)ということです。 そこで私はおかしいなと思ったのです。そもそも屈折が起きていることになっていますし、入射角=反射角、入射角<反射角であるのだから、この説明だと入射角<反射角になることになります。 (例). 臨界角45°のとき、入射角50°で屈折角が存在すると仮定し、100°とした場合、この説明に当てはめると、反射角っぽいもの=90°-(100°-90°)=80°となり、入射角=反射角=50°=80°となり、明らかに反射の法則に矛盾する。 ということです。(図で書くと分かります。) そこで質問なのですが、この高校での全反射の説明は間違っていますか? 間違っていない場合は、私の誤解している部分を教えてください。 詳しい方、解説よろしくお願いします。

  • 光ファイバ、クラッドはなぜ必要?

    光ファイバに関する質問です。 もしかするとかなり基本的なことかもしれないのですが、光ファイバになぜクラッドが必要なのか、いまいちわかりません。 空気はクラッドよりも屈折率が低いので、クラッドがなくてもコアと空気の境界で全反射するような気がします。 しかも最近は空孔アシスト型光ファイバなるものもあり、これはわざわざクラッドに穴を空けて空気との屈折率差でNAを上げています。空気で屈折させるのであればそもそもクラッドは何のためにあるのでしょうか? http://times.ansl.ntt.co.jp/gijyutu/2006_04/Topic_01/01.html (できれば専門家の方)よろしくお願いします。

  • 金属の反射率の求め方

    金属の反射率を求めたいのですが、金属以外(たとえばガラスと空気)の場合はスネルの法則により光の入射角とそれぞれの屈折率がわかれば反射率を求めることができます。 金属の場合は屈折率は複素数であるため、スネルの法則で透過角を求めるときにasinの中に複素数が存在して求めることができないと思って悩んでいるのですが、考え方自体間違っているのでしょうか? どうか光学のすばらしい知識をお持ちの方に回答していただけたらと思っています。よろしくお願いします。