• ベストアンサー
  • 困ってます

フランス語の子音の無声化は普遍的にある?

フランス語の、たとえば d の t への変化(grand arbre) など、有声音の無声化は普遍的に見られる傾向なのでしょうか? 日本語ではこの逆の現象はあっても有声子音の無声化はなかったと思ったので質問しました。

noname#42227

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数438
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

非常に一般的にざっくり言ってしまえば、 母音は有声、子音は無声 が基本です。 中国語や朝鮮語では「有声性」は弁別的ではありません。 そうはいっても、せっかくの有声性を使わないのはもったいないので、子音の弁別にも使う言語が多いのですが、それでも時々、「子音は無声が基本」という「無標の出現」が顔を出します。 たとえば音節末。ドイツ語は有名ですね。 der Hund /hunt/ "the dog" die Hunde /hunde/ "the dogs" 日本語も「ベッド」や「バッグ」は /betto/ /bakku/ になりがちですよね。音節末の /d,g/ が言いにくいからです。 ただこれはあくまで一般論で、鼻音のようにきこえの高い子音は有声が原則です。 それからフランス語を含めて多くの言語で逆行同化が順行同化より普通ですので、無声子音+有声子音では無声子音の有声化が見られます。 Est-ce beau ! /Esbo/ は [Ezbo] と発音されます。 (ただし、[z] は硬音のままですが) 要するに一筋縄ではいかないと言うことですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • d と t の対立、リエゾンすると、あら不思議

    d に注目してください。 das Hund 無声 die Hunde 有声 grand 無声 (d じたいがΦ)grand arbre (d が無声化) grande 有声 これはどうしてなのでしょう?潜在的に、音素としては確実に d と t の対立があることは確かです。でもフランス語の例の場合、リエゾンしたときどうして有声音(グランダルブル)にならないのでしょうか?

  • 一般的?普遍的?

     こんにちは。「一般的」と「普遍的」の意味は辞書で大体分かりましたが、意味的に重なっている部分が多くて、どういうふうに使ったらいいか見当がつきません。例えば、次のような穴埋めの文があります。  ある日本文化研究家の話を聞いたことがありますが、その人の話にはダーリングという愛称はない、自分の妻や恋人を呼ぶとき、ダーリングとは言わない。どうして言わないかというと、こういう伝統や歴史があり、こういう考え方や感じ方があるから、ダーリングのような言葉が存在する筈はないと言うのです。  (中略)  私から見ると、日本語にはダーリングという言葉は存在するし、よく使われていると思います。そういう愛称はどういう日本語に相当するかといえば、それは「君」です、「おまえ」です、そして、「おい」です。時には「馬鹿野郎」という言葉です。こういう言葉とダーリングという言葉は、言葉こそ違いますが、感情とか気持ちとかは(  )です。(A主観的  B一般的  C普遍的  D補助的)  長い文字ですみません。AとDはちょっと考えにくいと思います。でもBかCかよく分からなくなってしまいました。  お分かりになれば、教えてください!お願いします。

  • スペイン語にもフランス語における(リエゾンかつ無声化)の現象がある?

    la pared a es ancho. (a の壁は厚い) ここでネイティブが  pared a を「ぱれた」と読んでいました。 つまり、「ぱれだ」と有声子音を予想していたのに無声子音で読んでいました。わたしにとっては初めて遭遇する現象です。 これは、(1)スペイン語話者一般に見られる現象である、(2)その人固有の発音方法である、(3)ただのいい間違え、なのかどれなのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

有声音の無声化自体は珍しくはありませんが walk + ed, s afzetten(オランダ語、z は無声化) 先行する無声音につられて無声化することが多いようです。 フランス語の grand arbre や quand il の d はもともと発音されないので無声化とは違うように思います。今日では発音されない語尾の d, g 等が古くは t, c で綴られていたことがあり(grant, quant, lonc)これが影響しているような気がするのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英語の子音について教えてください。

    英語の子音について教えてください。 日本人にとって、F音とP音を聞き分けるのは難しくありませんが、V音とB音を聞き分けるのは非常に難しいと思います。 音声学に関して私は素人ですが、 V音はF音の有声音で、B音はP音の有声音と思いますが、 日本人はF音とP音の違いがわかるのに、 V音とB音はなぜ聞き分けるのが難しいのでしょうか? また、韓国人にとっては、FとPについても聞き分けることが難しいようですが、この、日本人(日本語)と韓国人(韓国語)の違いは何でしょうか? 「ふ」はローマ字(ヘボン式)でfuと書きますが、実際は英語のf音とは異なるので、日本語にはf音はないですし、韓国語も同様にf音はありません。 どんな些細なことでもいいので、教えてください。お願いします。

  • スペイン語とフランス語の発音、無声音化と有声音化

    la pared a (スペイン語)→d が t に聞こえる。(無声化) ma^itresse de maison (フランス語)→ ss が z に聞こえる。(有声化) フランス語は、ちょうどポルトガル語の発音の規則のようです。つまり、母音に挟まれた子音は有声化します。 スペイン語の例では、なぜか無声化し、ちょうどフランス語のリエゾンの一規則のようです。 どちらも、それぞれスペイン語、フランス語の一般規則なのでしょうか?それとも、個人の癖でしょうか?私が聞いたCDブックたまたまでしょうか?

  • 無声音と有声音の差の感覚的表現

    日本語では無声音と有声音の対立に関して「清音」「濁音」という言葉を使い,これは中国音韻学から来ているそうですが,他にこの対立を「清濁」のような,つまり「澄んだ」とか「濁った」に近い表現で言う言語はありますか? 音声学的には無声音と有声音の対立は声帯振動の有無で,ヨーロッパ言語では言語学的に無声/有声の対立に近い fortis / lenis という区別があるためか「強い」子音,「弱い」子音ということもありますが,なんらかの言語で「清濁」「強弱」以外の感覚的表現があったら教えてください。

  • 濁点と半濁点について

    濁点と半濁点について 日本語の濁点は濁る音を表すと小学校で習いましたよね。そして、濁る音というのは無声子音に対応する有声子音ということですよね。例えば 言うまでもないと思いますが、か→が では kの音がgの音に変りますよね。しかし、この対応に当てはまらない音があります。は行(h)の音です。hは確かに有声子音になりますが、これに対応する無声子音はありませんよね。そして、ぱ行(p)と ば行(b)が有声子音と無声子音の対をなしています。ですから、音韻の法則で考えれば、ぱ行(p)は半濁音ではなく 清音で、は行(h)は ぱ行(p)と ば行(b)のペアとは全然違う音のはずです。 そこで質問です。は行(h)、ぱ行(p)、ば行(b)の音の関係は歴史的に辿ると、どのような経緯があるんでしょうか?

  • フランス語の促音と長音について

    フランス語の勉強を始めたばかりです。 日本語では切手とかマッチのように促音は「っ」を使いますが、フランス語ではどのような決まりになっているのでしょうか?例えば、ローマ字式につまらせたい子音をふたつ続けるとか、、、 また、日本語ではモーターとかボールのように長音は「ー」を使いますが、フランス語ではどのような決まりになっているのでしょうか?例えば、Bastille をバスティーユとGare をガールと読むようですが、、、

  • フランス語に詳しい人に質問です

    フランス語に詳しい人に質問です 少しだけフランス語の勉強を始めました 発音をどこまでこだわって勉強を進めていけばよいのか迷っています ちなみに自分は将来的にフランスに滞在することも考えており、 日常会話が困らない程度の会話力が伴えばと思っています 質問内容 フランス語には日本語にはない母音や子音がありますよね 子音についてはfvや口蓋垂摩擦音(いびきのようなおと)や硬口蓋鼻音(にゃ・にゅ・にょ)などは 日本人になじみが無いらしいですが、 これについてはなんとか覚えられるかなぁと思っています 一方で、母音は16(aiueoyεΦなど+鼻母音)もあるとそれぞれの違いを区別するのはとても困難で、 正直、限界があると思います。 どのあたりまでをしっかり言い分けられれば上出来でしょうか? 逆にほとんど同じとして扱っても概ね問題ない母音などあれば教えてください スタートが肝心だと思うので回答よろしくおねがいします

  • フランス語で 「大きくなあれ」を教えてください。

    産まれてきた子どもに贈る言葉を考えています。 子どもは体が小さく、身体的にも大きくなって欲しいという願いと、心も大きく成長してほしいという願いを込めて「大きくなあれ」という言葉を贈ろうと思うのですが、フランス語ではどう言うのかが分かりません。 自分でも調べてみたのですが、日本語の紙芝居で「おおきく おおきく おおきくなあれ」という題名のものがフランス語板でも出版されていて、そのフランス語版の題名が「GROS,PLUS GROS,ENCORE PLUS GROS」のようです。日本語の段階では思っていたのとピッタリで、やった!と思ったのですが、翻訳サイトで「大きな子になれ」を変換するとC'est entraînement à un grand enfant.になり、ずいぶん違いました。単語と熟語的の違い、口語としての言い回しでの変化など、詳しいことが分からないので、先に述べました意味合いで「大きくなあれ」をフランス語で言うとどうなるのかを教えていただきたく思います。 どうかよろしくお願いいたします。

  • フランス語で雲の名前

    はじめまして。 日本語で雲の名前と言うのは「入道雲」「いわし雲」「飛行機雲」など様々ありますが、フランス語でこういった表現は存在するのでしょうか?もし存在するなら、どれぐらい語彙の量があるのでしょうか? 「語彙の相違および起源を自然現象から見て分析する」という論文を書こうと思って『雲』というテーマを選んだのですが、全く手掛かりが見つけられません。 もしあるのならば良い資料(日本語のものはあるのでフランス語の方でお願いします)なども教えてください。よろしくお願いします。

  • 普遍的人権とは?

    「白人だって黒人だって、黄色人種だって皆同じ人間だ」って言葉には特別違和感はありません。「日本人だって北朝鮮人だってジンバブエ人だって皆同じ人間だ」これもOK。しかし「日本人だって北朝鮮人だってジンバブエ人だって皆同じ人間だから、同じ人権だ」といったらおそらく違う。 まぁ理由はそれぞれ国が違い国家が保障する人権が違うからでしょう。 その視点で見ていくと人権とは「イデオロギー的なもの」に感じますが、どうなんでしょうか? アムネスティとかわが国の人権団体の掲げる人権とは、どういった立場での人権でしょうか?

  • 発音記号 [hw]

    1.発音記号 [hw]の発音は、無声声門摩擦音[h]を発音したあと有声両唇軟口蓋接近音[w]を発音します。[h]で両唇は接近しない、つまり丸みを帯びないので「ハ」のような音が出て、[w]の音を出す。whenならば「ハウェン」のようになる。[hw]ならね。 2.通例、後ろに続く[w]の影響で子音は円唇化[ʷ]する。whenならば[hʷwen]となり、「フウェン」のような音になる。しかしこれでは[hʷ]という無声音のあと、[w]という有声音が続く。これは間違った表記である。 3.通例、イギリス英語でもアメリカ英語でも[wen]で良いが、アメリカの一部地域では[ʍen]となる。[ʍ]は無声両唇軟口蓋摩擦音([w]の無声音)であるので、whenならば「フエン」のような音になる。2では[hʷ]のあとに[w]があったが、有声音[w]がないので「フウェン」ではなく「フエン」である。 4.正しくは[ʍ]だが、面倒だから[hw]と表記する。 私の1~4の考えは正しいですか?