• ベストアンサー
  • 困ってます

要求・命令・提案を表す動詞の後のthat節は、なぜ時制の一致を受けないのでしょうか?

【S1 V1(過去形) that S2 SHOULD V2…】 ex)It was decided that we [should] hire him immediately. (http://someya1.hp.infoseek.co.jp/G-should.htmlから引用しました) というような文でV2は直前に助動詞があるので過去形もしくは過去完了になりません。⇒shouldを過去形に⇒but)shouldには過去形がありません。 どうして、このような文で通ってしまうのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数796
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#35311
noname#35311

reccomend, suggest, demand, be necessary, etc は that節の内容が「S1が頭の中で想定した事柄」であり「(必ずしも)事実を述べていない」ので、仮定法になるのだと思います。 It was decided that we [should] hire him immediately. では、「すぐに雇うように決まった」というのは「決まっただけで、雇うことが100%実現するかは分からない」ので、仮定法が使われると考えることができるのではないでしょうか。 His doctor reccomended that he quit smoking. なら、「彼がタバコを止める」ことが、(医者の指示通り)未来において100%実現しているとは考えられないですよね。なので、仮定法が使われると考えられます。 shouldに関しては、「~すべき」という意味で、that節で使われているのでしょう。「~すべき」という意味も、「今、あなたは~をしていないですよね。なので~をした方がいいのでは??」という仮定法的な意味が背景に隠れていると考えられますよね!?そして、仮定法は時制の一致を受けないので、shouldも時制の一致を受けないと考えれば良いのではないでしょうか。 また、should have 過去分詞は「すべき~だった(が~していない)」の意味で、違った意味になってしまいます。現在時制で使われるcould(←推量)は、過去時制になってもcouldのままです。couldの過去形がないからでしょう。shouldもそう考えてもよいかもしれません。 文法の専門家ではないので、これ以上は分からないですが、こんな感じでどうでしょうか??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「It … that節」の中の時制の一致は?

    They argued it was desirable that the proposition be examined in detail before they proceeded any further. (彼らは、事を進める前に、まずは提案内容を詳しく調べることが望ましいと主張した。) 上の文は多少簡素化していますが、本にある例文です。 it was desirable that ~ の that節では「…せよ」という命令文で用いる“動詞の原型(本例)”や「…すべき」という場合に用いる“should”を用いて、過去とか現在とか未来とかの時制がない内容であることを示しています。しかし、その必要条件を言っている before they proceeded any further が過去形なっているのはなぜですか? it was desirable との時制の一致がこの位置で復活するのですか? もし、it was desirable が無い文なら、The proposition should be examined in detail before they proceed any further. と、 proceed は現在形ですよね。

  • この場合、時制の一致はどうするか?

    辞書に (1)He said that would be the tower of London. という文が載っていて、このwouldは時制の一致によるものではなく推量のwouldだとありました。この文を見て思ったのですが、 例えば He said,「That would/could...」とか He said,「She should have done...」(彼は言った、「彼女は~すべきだったのに」) などの文を直接話法の文からコンマをとって関節話法の文にするとき、このように「助動詞の過去形」とか「助動詞の過去形+have+p.p」が既に従属節に使ってある場合は(1)のように時制の一致をしなくていいのでしょうか? 回答をお願いします。

  • that節中のshould

    こんばんは. いつもお世話になっています. [should]の使い方について質問があります. よろしくお願いいたします. (1)It is surprising that you should tell a lie to us. (2)I suggested that we should discuss the matter. (3)It is necessary that we should obey the rules. (4)It is natural that Emi should speak English fluently. それぞれ[should]の使い方が違う4つの英文があります. (1)は「~するとは」という感情を表す (2)は「~すること」という提案するものだと辞書で調べました. (3)と(4)のshouldはどのように訳すのが適切でしょうか。 また文のなかのshouldの役割は何なのでしょうか? なくてもよいのではないでしょうか。 shouldの使い方ですごく悩みます. ご教授、よろしくお願いいたします.

  • that節?

    この2つの文のbe動詞の後のthatの用法が分かりませんので、 教えていただけないでしょうか? The fact is that~と同じ従位接続詞のthatでしょうか? よろしくお願いします。 1.Another interesting thing is that most funerals are held in Buddhist temples. 2.One attitude is that women should respect and obey men.

  • be afraid thatと 時制の一致について

    be afraid that を使った文章の時制の一致について三つ教えてください。 質問1.ごく普通に「think」など「思う」という動詞を使った文章と同じ時制の使い方だと考えて良いのでしょうか。 たとえば、He is afraid that it is too late to call Jane. 日本語訳:ジェインに電話をするには遅すぎるなと心配に思う。 という文章があるとして、「心配に思う」のを「思った」と過去形にすると、やはり He was afraid that it was too late to call Jane. としたら正解なのでしょうか。 質問2.古い形らしいのですが、lest を使い、 I am afraid lest he should be angry. 日本語訳:彼が怒るのではないかと心配だ。 という文章の am を過去形の was にしても I was afraid lest he should be angry.となって、つまりlest以下は時制の変更などによる変更はないのでしょうか? 質問3.また、最近はlestをthatに書き換えるようですが、その場合、shouldを省略しても良いのですか? つまり I am afraid that he be angry.となり、更に、should に過去形はないので、I am afraid を I was afraid と過去形にしても、 I was afraid that he be angry. として正解なのでしょうか? 私の日本語でさえうまく書けていませんが、お返事お待ちしています。 どうぞよろしくお願いします。

  • 助動詞とthatについて

    次のような問題でおやっと思っています。 How foolish you are that you ( ) have forgotten your teacher's name. のかっこに入れる助動詞は次のどれか。   might should  cannot  would 「自分の先生の名を忘れてしまうなんて、あなたって~」という意味になるはずですが、こういうときにも感情(驚きや憤り)を表す「should」を使えるかどうか。 この問題の答えは、どうもcannotらしい(!?)のですが、そうなると「先生の名を忘れてしまうはずがない」となり「that」は「~なのだから」くらいの意味になると思われる。「that」のそんな用法もありですか。さて、この英文をそんなふうに読めるものでしょうか。cannotと考えたのは、たぶん、「shpould」を含む箇所を「忘れるべきだった」と理解し、選択肢から「should」を外したと邪推(?)しているのですが。

  • 英語 that 名詞節について

    that の名詞節についてお聞きしたいのですが ・I know that S V 「私は that 以下のことを知っている 」 となると思うのですが know の部分の動詞は何でも大丈夫なのでしょうか?(たとえばI watch on tv that S Vとかも可能でしょうか?) おわかりの方よろしくお願いします。

  • 【動詞+〈that +原形〉】の形をとる動詞

    平素よりお世話になります。 今日も一つよろしくお願い申し上げます。 I am requesting that you refund the $100. という英文があって、問題集の解説に、 【動詞+〈that +原形〉】の形をとる動詞、という解説が 載っていました。 ask, demand, insist, request, require, move, propose, recommend, suggest, advise, command, order, urge  が例として挙げられていたのですが、 上記の動詞群は、【動詞+動詞ing】系の動詞と 【動詞+to 動詞】系の動詞が混在しており、 困惑している次第です。 ただ、それは良いとして、【動詞+〈that +原形〉】と言った場合に、 ここでの原形と言うのは、3人称単数系でも【S】が不要という理解で よろしいでしょうか。 つまり、 I demanded that he go with me. She recommended that he quit smoking. という英文が出来うるわけですよね。 辞書によると、英国英語では、 I demanded that he should go with me. She recommended that he should quit smoking. になるようですが、 米国英語であっても、 I demanded that he goes with me. She recommended that he quits smoking. にする必要はないということですよね???? いつも質問ばかりで恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

  • that節が二つのとき

    that節が二つあるとき、どちらかのthatを省略せずに書いた方がいい、見やすいとかありますか? 日本人の感覚ではなく、正式な見解(ルール等)でお願いします。 I know she thought S + V ----- みたいな文です。 もし、ルールがあるならルールがあると明記していただければありがたいです。 ルールはないが、こう書く傾向がある、などのコメントがあればありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 動詞が連続?とthatの省略。

    英語の勉強をしている者です。 わからない所がありますのでお教え頂けますでしょうか。 とある英語サイトでの文なのですが all we can make is the same old kebabs and curry. とありました。 私たちにできることはいつもの串焼きとカレーだな。との訳ですが なぜmakeの後にisがあるのかが分かりません。 isは必要なものですか? 例えば go have a cup of coffee でgo と have の間に存在するはずのandは省略できるのは わかりますが、上記の文もこれと似たような使い方なのでしょうか。 あとはthatの省略という題で合っているか怪しいものですが、 まずとあるサイトからの引用で Did you call Mr,Takeda and tell him our next meeting was changed to Tuesday? 武田さんに電話して次のミーティングが火曜日に変わったことを伝えてくれた?との訳です。 him の後は目的格とでもいうのでしょうか。また主語+動詞での文となってますが himの後はthatが入るべきですよね? 口語ということで省略されているのでしょうか。それとも関係代名詞の省略ですか? tellやsayやrealize などの後の目的語になる名詞節の接続詞 that は省略できる という 構造的な意味合いなのでしょうか。 とすると our next meeting was changed to Tuesday は名詞節なのでしょうか? 詳しく教えて頂けると幸いです。よろしくお願いします。