• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

BDFは炭化水素油?

植物油からできるBDFは、100%で使用すれば軽油引取税が課税されません。その理由は、BDFが炭化水素油だからだと聞きました。 炭化水素油って、CとHでできた化合物ということですよね?植物油だって炭化水素なのではないですか? BDFも炭化水素油の一種ですよね? 化学にあまり詳しくないのでよく分からないのですが、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1358
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは この軽油引取税が課税されないのは、軽油引取税の課税に関する法律である地方税法上の問題です。 地方税法の700条の4に、 「軽油引取税は、前3項に規定する場合のほか、特約業者又は元売業者以外の石油製品の販売業者(以下本節において「石油製品販売業者」という。)が、軽油に軽油以外の炭化水素油を混和し若しくは軽油以外の炭化水素油と軽油以外の炭化水素油を混和して製造された軽油を販売した場合又は燃料炭化水素油を自動車の内燃機関の燃料として販売した場合においては、その販売量(第700条の22の2第1項第2号若しくは第2号の規定により製造の承諾を受けた当該販売に係る軽油又は同項第3号の規定により譲渡の承諾を受けた当該販売に係る燃料炭化水素油に既に軽油引取税又は揮発油税が課され、又は課されるべき軽油又は揮発油が含まれているときは、当該含まれている軽油又は揮発油に相当する部分の炭化水素油の数量を控除した数量とする。)を課税標準として、当該石油製品販売業者の事業所所在の道府県において、当該石油製品販売業者に課する。」 という記載があります。 何かこむずかしい条文ですが、要するに、軽油に何か軽油以外の炭化水素油を混ぜたら、軽油引取税を払いなさいという条文です。 この条文に従って、BDF99%、軽油1%であっても、軽油に混ぜた事になるので、軽油引き取り税が発生します。 また法律上の軽油の定義は、700条の2項で定められており、 「1.軽油 温度15度において0.8017をこえ、0.8762に達するまでの比重を有する炭化水素油をいい、政令で定める規格の炭化水素油を含まないものとする」 となっています。 BDFの比重は、凡そ0.9の為、この軽油の定義には当てはまりません。 従いまして、BDF100%なら、 (1)BDFは軽油ではない (2)軽油に混合してはいない 為に軽油引取税は不要である事になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございます。 >燃料炭化水素油を自動車の内燃機関の燃料として販売した場合においては、・・・ “燃料炭化水素油を自動車の内燃機関の燃料”というのがBDFに当てはまるのではないでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

こんにちは 再三の登場になり、申し訳ありません。 「燃料炭化水素油を自動車の内燃機関の燃料として販売した場合においては...」というのは、解釈が難しいのですが、法律が制定された時に、燃料炭化水素油として想定されている、灯油のように家庭用燃料で用いられるもの、重油のように船舶のボイラー等で用いられるものでした。 下記のURLでも、燃料炭化水素として、これらが挙げられています。 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/010500/kenzei/keiyu.html 地方税法上の問題ですので、地方自治体が燃料炭化水素としているものにBDFが含まれない限りは問題はないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もご丁寧にありがとうございます。 化学って難しいですね。それでもって、法律ってややこしいですね。

  • 回答No.2

No.1の回答をしたものです。 忘れていましたが、軽油もBDFも植物油も全て炭化水素油であって、No.1の回答の通り、炭化水素油だから軽油引取税が課税されないというのは誤りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 炭化水素

    炭化水素って、水素と炭素の化合物のことですよね? そこに酸素原子が加わったら炭化水素化合物ではなくなるのですか?

  • 炭化水素について

    質問させていただきます。 炭化水素は同じ分子量でも、枝分かれするほど沸点が低いという事実はなぜなのでしょうか? 化学の観点からのご回答よろしくお願いいたします。

  • 炭化水素は有機化合物の大半を占めるのか?

    有機化合物についてお伺い致します。有機化合物のベースは炭化水素だということですが、炭化水素は有機化合物の大半を占める、と理解していいのでしょうか?

  • 脂肪族炭化水素について教えてください

    こんばんは。 とある脂肪族炭化水素の問題の一部です 「Q・化合物Eに臭素を付加させて生じる化合物の、光学異性体を含めた立体異性体の数を記せ。」 その化合物Eはこれです↓ CH2=CH-CH-CH2-CH3         |         CH3 私は、Br2の付加によりπ結がとれて不斉炭素原子が2ヶ所存在するというところまでは 導けて、答えは不斉炭素原子2個を含めた3だと解答したのですが 正解は4でした。 解答には、 「Eに臭素を付加させた化合物は、1分子中に2個の不斉炭素原子をもつ。このため、光学異性体を含めて4種類の異性体が存在する。」 と書かれていました。 幾何異性体をもつわけでもなく、不斉炭素原子を2個しかもたないのに なぜ4種類になるのかわかりませんでした;; 何か重要なことを勘違いしているのなら今のうちになおしたいです。 教えてください。

  • 炭化水素基

    初歩的なことですみません 有機化合物は炭化水素基と官能基からなると教わったのですが、 ではメタンやエタン、また構造異性体である2ーメチルブタンなどは どれが官能基にあたるのでしょうか。

  • BDFが起因して異物を生成する

    BDFが起因していると思われる異物(脂肪族炭化水素、ステアリン酸、ステアリン酸亜鉛の化合物(熱によって炭化、、、)の発生は、 配管にゴムホース(NBR/PVC/FKM...)樹脂チューブ(PA11,PA12...)を使用すると避けては通れない現象でしょうか?

  • 炭化水素の生成

    ある資格試験の化学の分野で、次のような問題が出題されました。 「炭化水素は、炭素などの燃焼のほか、生物の呼吸や( )の発酵によっても生成する。」 このカッコ内には漢字2文字が入るらしいのですが、皆目わかりませんでした。 どのような文字が入ると思われるでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 炭化水素の沸点

    分子量が同一の炭化水素の沸点を比較する際、枝別れの度合で判定できるというような話を聞いた覚えがあるのですが、どなたかご存じないでしょうか?理由付きだとありがたいです。

  • 炭化水素洗浄による変色

    プレス後に炭化水素洗浄機にて銀白色銅合金の洗浄を行いました。 洗浄後の製品が全体的に茶色がかった色に変色してしまい、原因がわかりません。 炭化水素洗浄機はメーカー様のデモ機で初めて使用した装置です。 すぐに乾燥機に投入し、乾いた事をその場で確認しました。 変色の原因は、メーカー様でも分からず、洗浄機の導入を検討しておりましたが このままでは前に進めません。 どなたか、同様のご経験をされた方や、考えられそうな要因について お知恵をお借りできないでしょうか。 宜しくお願い申し上げます。

  • BDFをメチルエステル化する理由

    BDFについてお聞きしたいことがあります。 最近、良く耳にするBDFですが、原料は植物油や廃食油から精製される燃料であることは知っています。しかし、油のカルボン酸をメチルエステル化する理由が、いまいち分かりません。 どなたかBDFをメチルエステル化する理由もしくはメリットを教えてください。お願いします。