解決済み

銅損試験と鉄損試験

  • すぐに回答を!
  • 質問No.262928
  • 閲覧数7764
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 54% (6/11)

変圧器で、無負荷試験を銅損試験、短絡試験を鉄損試験とも言うのは何故なんでしょうか?いくら調べてもわかりません。もしよろしければ教えてください。お願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 44% (264/588)

まず、質問内容が間違ってますよ。

<無負荷試験>
2次側を解放(無負荷)なら、理論上は1次側の消費電力もゼロです。しかし、鉄心に電流が流れて(渦電流という)電力を消費します。無負荷でも鉄心で損失する。→無負荷=鉄損

<短絡(全負荷)試験>
2次側を短絡すると理論上1次側も短絡状態になるはずです。しかし、銅線には抵抗分があり短絡にならず、これによって損失が発生します。短絡なら変圧器では損失=熱が発生しません。短絡しても銅線で損失する。→短絡=銅損

こんなもんでわかってもらえたでしょうか?
お礼コメント
taka8121

お礼率 54% (6/11)

お返事ありがとうございました。質問内容が間違ってました。すいません。
非常にわかりやすく、すぐに理解できました。
投稿日時 - 2002-05-02 09:55:09
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 30% (2593/8599)

> 無負荷試験を銅損試験、短絡試験を鉄損試験

逆だと思います。変圧器の損失には大きく分けて鉄損と銅損があります。
鉄損は鉄心に流れる磁束によって生じる渦電流損とヒステリシス損です。
これは負荷をかけなくても、一次側の励磁電流で発生します。従って無負荷状態ではほとんど鉄損だけと言う事になります。

一方、電圧を下げたり、あるいは別の方法で、短絡試験をしますと、鉄損はほとんどなくなり、負荷電流による銅線の消費電力(銅損)がほとんどを占めます。

というわけで、無負荷で鉄損、短絡(全負荷)で銅損を測定するというわけです。

参考URLの「定格出力」の項参照ください。
お礼コメント
taka8121

お礼率 54% (6/11)

お返事ありがとうございました。銅損と鉄損が逆になってました、すいません。
とても解りやすい解説でした。
投稿日時 - 2002-05-02 09:57:31
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ