• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

内積と成す角

理系の大学3年生です。 線形代数,微積分,数理統計のみ受講したことがあります。 ベクトル空間についてもよくわかっていないのですが、 n次元ベクトルu,vに対して内積(u,v)を定義することが出来ますよね。 また内積を用いてベクトルの大きさ|u|=√(u,u)を定義できますよね。 (実は一般的な内積の定義の仕方もよく知りません。 (u,v)=u1*v1+u2*v2+...+un*vnでいいのでしょうか?) さて、ここで高校で習った内積の定義を思い出すと   (u,v) = |u|*|v|*cosθ と習いました。 変形して   cosθ = (u,v)/{|u|*|v|}  ---(*) となり、二つのベクトルの成す角が求まる、と習いました。 2次元ベクトル,3次元ベクトルならば問題ないのですが。 式(*)の右辺はn次元ベクトルの場合でも機械的に計算して値を求めることが出来てしまいますよね。 ではその場合、2つのn次元ベクトルが成す角って何なのでしょうか? n次元ベクトルでも2つあれば、両方を含む平面を考えることが出来るということでしょうか? 感覚的でよいので、この場合の成す角θについて何らかの解説をお願いできたらと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数555
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

ちょっと視点を変えます. イメージ的にはNo.1,No.2さんのおっしゃるとおりです. 高校のベクトル(そして,その素直な延長である 大学教養の線形代数)では まず「角度」があって,一方,内積もあって, それが,(u,v) = |u|*|v|*cosθ によって結びついているわけです #ちなみに内積ってのは「正射影」の素直な拡張で,だから cos です #外積は内積と相補的で sin がでてきますね そこで発想を変えるのです.なんだかよく分からないけれども 内積とか長さは定義されているベクトル空間を考えます. このときに, (u,v) = |u|*|v|*cosθ によって「ベクトルの角度」を定めてしまうのです. こうすると,通常の意味での「角度」の自然な拡張とみなせます. こういう考え方は数学ではよく使います. 例えば,2^{1.5} とか,1.5次元とか,(2.3)!とか たしか,1.5回微分するなんてのも定義できたはずです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 やはりイメージはしにくいですが、知識としては理解できたと思います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • hiccup
  • ベストアンサー率27% (12/44)

リアル2次元や3次元では、その内積で、なす角が気持ちよく表されています。 次元が上がっても、シュワルツの不等式により「なす角」が得られますが、それをベクトルのなす角だと思うことは、イメージする助けになります。 複素数体上のベクトル空間の内積は、標準的には  (u,v)=u1*[v1]+u2*[v2]+...+un*[vn]  (ただし、vk の複素共役を [vk] で表した) です。 これで (u,v) が実数になり、シュワルツの不等式が成り立ちます。 一般的なベクトル空間を考えるとき、リアル3次元のイメージではありませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 やはりイメージはしにくいですが、知識としては理解できたと思います。

  • 回答No.2
noname#101087
noname#101087

確かに一般論としては、n次元ベクトルでの「角度」はイメージしにくいですね。 「n次元ベクトルでも2つあれば、両方を含む平面を考える」というのも一つのイメージでしょう。 n次元ベクトルにおける内積 (u,v) = |u|*|v|*cosθ を考えたとき、 cosθ=1 なら、u,v の方向が一致している、つまり両者は一次従属(一次独立ではない)。 それ以外なら、u,v は一次独立で、たがいに他方のベクトルとは異なる向きの成分を含む。 こんな簡単なイメージも4次元以上になると、具体的な図を描けるわけでありませんが、 例えば「シュミットの正規直交化」などを実体験すると、頭脳に概念的な各自のイメージが形成 されるようです。  http://www22.atwiki.jp/linearalgebra/pages/30.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 やはりイメージはしにくいですが、知識としては理解できたと思います。

  • 回答No.1
  • N64
  • ベストアンサー率25% (160/622)

何次元であろうが、二つのベクトルを含む平面が決まりますから、その平面の上で、二つのベクトルのなす角は、普通の2次元での角と同じだと思っております。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 やはりイメージはしにくいですが、知識としては理解できたと思います。

関連するQ&A

  • 線形代数 内積について

    線形代数 内積について ベクトルaとベクトルbの内積をa・bと表します。 2つのベクトルの内積はa・b=|a||b|cosθで表されます。 内積とはベクトルbのベクトルaへの正射影と説明されていたのですが 定理より、a・b=b・aが成り立つことから、ベクトルaのベクトルbへの 正射影と考えても良いですか? また、a・b=|a||b|cosθにおける||記号は絶対値記号として捉えて 良いでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • ベクトルの内積

    2つのベクトルの成す角を求めたいのですが、納得できる数値が得られず困っています。 ベクトルの内積の定義はA・B=|A||B|cosΘと理解しており、ここからcosΘを求めます。 ベクトルA(1,1,0)、ベクトルB(1,1,1)とした場合、二つの成す角は45度だと思うのですが内積の計算からはcosΘ=1/√2とはなりません。cosΘ=2/√6になりますので45度ではないという結果になります。 何故、そうなるのか納得できません。ここが納得できないと次のステップに進めません。 非常に稚拙な質問だと思いますが、どなたか教えてくださいませんでしょうか。よろしくお願いします。

  • 内積と外積について

    内積と外積について 2つのベクトルをA,Bと表し、2つのベクトルのなす角をθとします。 また、A=(ax,ay,az),B=(bx,by,bz)です。 内積はA・B=|A||B|cosθと表されこれはスカラー量です。 内積はAのBへの正射影とBの積(もしくは、BのAへの正射影とAの積)と認識しています。 また、A・B=axbx+ayby+azbzとも表されこれはスカラー量です。 A・B=|A||B|cosθ,A・B=axbx+ayby+azbzはどちらも内積の定義なのでしょうか? 外積は|A×B|=|A||B|sinθと表されますが、これもスカラー量ですよね。 外積はベクトル積と呼ばれることもあるようですが、 これは、外積の定義A×B=(aybz-azby,azbx-axbz,axby-ayax)がベクトルとなるからベクトル積と 言われるのでしょうか? |A×B|=|A||B|sinθは定義ではないのですか? 以上、よろしくお願い致します。

  • 代数(algebra)の例

    体K上のベクトル空間Rに、何らかの積を定義して、Rが環になるときに、RをK上の代数と言うと思いますが、初心者のため、例を探しています。 例えば、R^3(3次元空間)上のベクトル全体の集合にK=R(実数)としてスカラー積を定義したベクトル空間を考えたときに、そのベクトル空間上に外積として×を定義すれば、それは代数になりますか? また、積構造として、内積・を定義したときは、代数にはならないですか? よくわかっていないので、教えて頂ければ大変有り難く思います。

  • 内積について

    →a=(p,2),→b=(-1,3),→c=(1,q)について、√2|→a|=|→b|で、→a-→bと→cのなす角が60°であるとき、p,qの値を求めよ。 ベクトルの内積を求める問題なんですが、cos60°として、なす角の公式に当てはめればいいのでしょうか? いまいち解き方がわからないので、どのような手順でやっていったらいいか、ヒントをください。お願いします。

  • ベクトルが3次元実ベクトル空間を動くとき

    以下の行列Aについて、すべての問いに答えなさい。   |1 4 0 | A = |1 0 2 |   |0 2 -2 | (1) 行列Aの固有値を求めなさい。 (2) 行列Aの各列をベクトルa1,a2,a3で以下のように表す。    A=(a1,a2,a3) これらの3個のベクトルの従属関係を式で示しなさい。 (3) ベクトルxが3次元実ベクトル空間(線型空間)V全体を動くとき、これによってつくられる点の集合を    W1={Ax|x∈V} とする。この集合がつくる実ベクトル空間の次元を求めなさい。 (4) ベクトルpをp=t(1,2,1)とする。ベクトルxがx・p=0となるような3次元実ベクトル空間Vを動くとき、xがどのような図形を描くか答えなさい。なお、t()は転置を表し、x・pはxとpの内積を表す。 (5) (4)のようにxが動くとき、集合    W2={Ax|x∈V,x・a=0} がつくる実ベクトル空間の次元を求めなさい。 という問題があるのですが、 (1):λ1=3, λ2=0, λ3=-3 (2):略 (1),(2)は合ってる自信があります。 (3)   |1 4 0 |   |1 4 0 | A = |1 0 2 | = |0 -4 2 |   |0 2 -2 |   |0 0 0 | これはrank=2となり、xをかけてもrankは変わらないので、 次元は2 (3)は次元は合ってる気がするのですが、答え方が間違ってるような気がします。 (4),(5)の解き方が分かりません。 (4)はx・p=0なので直交することは分かるのですが、これをどう使うかが分かりません。 (5)は(4)が解けないと解けないのですが、(4)が解けたとしてもaというよく分からないの出てきてて、解けなくなってしまいそうです。 どなたか(3),(4),(5)を解いて下さる方いらっしゃいませんか?

  • ベクトルの成す角

    よく線形代数などで x,y∈R^nのとき x,yの成す角を<x,y>=|x||y|cosθ なるθとして定義していますが 本当は3点0,x,yを含む円と半直線0x,0yからできる扇形の中心角として 定義してこの定義が<x,y>=|x||y|cosθ も成り立たせると理解したいのですが どうしたら<x,y>=|x||y|cosθを示せるのでしょうか? まず、半直線0x,0yを含む平面の単位法線ベクトルは (x×y)/|x×y|となり 中心0,半径1の上の法泉と垂直な(i.e. 平面に含まれる)円 の円周に沿ってx/|x|からy/|y|まで積分したらよいと思いました。 この積分はどのようにしたらできるでしょうか?

  • 線形代数学、基底と次元について

    線形代数学の勉強をしている者です。 (1,0,-1,0)と(0,-1,1,0)から生成されるベクトル空間。 これが3次元ではないことを証明する。 私にはかなりの難問です。3次元であると仮定したら矛盾が導けるのでしょうが、どうやればいいのかさっぱりです・・。 基底と次元に関する定義、 ある線形空間Vがn個のベクトルから構成される基底を持つとき、Vの次元はnであるという。 これの逆を証明するということ・・・なのかな? 知っている方、いますか?ヒントだけでも教えてください。

  • 内積の定義について

    2つのベクトルについての内積の定義として、以下のようなものがあります。 A=(A1,A2,A3),B=(B1,B2,B3) 内積 ⇒ A.B=A1B1+A2B2+A3B3 これは一般的な内積の定義ではなく、基底ベクトルがお互いに直交しているという特殊事情の場合のみに限定だと思います。斜交座標では基底ベクトルはお互いの直交性がないので上記のような内積にはならないと思います。 そうすると、内積の一般的な定義はどうなると考えるべきでしょうか。 A.B=|A||B|cos という幾何的なものでしょうか。また、内積は分配法則が成り立つというのは自然とそうなるものでしょうか。 すなわち、A=(B+C) でA.D=B.D+C.Dという式が成立するということですが。 以下のようなことを考えています。 直交デカルト座標でものを考えてきた人間が曲線座標(特に直交性を仮定しない)で考える場合、内積などが再定義される必要がある場合がある。一般曲線座標での定義の方が一般的で、その特殊な例として直交デカルト座標がある、すなわち、一般曲線座標の定義だけしっかり覚えておけばよい。(これは極論で、演算のスピードアップなどの実用面としては冒頭の内積の計算方法の説明でもよいだろうとは思いますが。) いかがでしょうか。

  • 線形代数 ベクトル空間について

      1 2 2 5 A=3 6 1 0  Aは4*3行列。   2 4 1 1 W={Ax l x∈R^4}はベクトル空間である事を証明し、1組の基と次元を求めよ。 xとRはベクトルです。 上の問題がわかりません。 W={x∈R^4 l Ax=0}の問題の時はわかりますが、上の問題になると 全くわからないのです。 線形代数が得意でないので、出来れば詳しく教えてください。 お願いします。