• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

助動詞について

進行形や受動態のbe動詞は助動詞だと聞きました。ということは後ろの単語が動詞ということになると思いますが、それぞれ分詞であり、どちらかというと形容詞の意味合いが強い気がします。また助動詞の後ろは原形では?とも思うのです。 単純に動詞の意味を助けているので助動詞ととらえればいいのか…今まではbe動詞+分詞で1つの動詞というふうに曖昧にとらえておりました。真の見解はどうなのでしょうか。有識者の方方のご意見をおうかがいしたくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数524
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 can make ~「~を作ることができる」と~ is made「~が作られる」を比べてみてください。  どちらも,「作る」という動詞が主となっている点では同じです。can は「できる」という意味を付加し,is は過去分詞について,文を完成させているにすぎません。 >be動詞+分詞で1つの動詞 でいいでしょう。  文型的には,can make で V,is made で V となります。ただし,can や is は助動詞,make や made が本動詞です。  助動詞の後は原形と言われますが,分詞も原形と同様,主語や時制によって変化しません。原形不定詞,to 不定詞,分詞,動名詞は,主語や時制による変化がないという意味で,非定型動詞と分類されます。  助動詞の後は非定型動詞がくる,と説明することも可能なわけですが,一般的には「動詞の原形」と簡潔にしているのです。  He is married.  That's interesting. など,完全に形容詞化した分詞,形容詞とみなされる分詞があるのは事実です。  しかし,  I'm studying English.  This is made possible through technology. のような分詞を形容詞とするのは行き過ぎではないでしょうか。  やはり,動詞の一つの形態だと考えるべきだと思います。  多くの辞書や参考書で,進行形や受動態の be 動詞,完了形の have を助動詞として扱っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非定型動詞の概念は全く無知であり、大変視野が広がりました。基本的には助動詞+本動詞であり、一般的にはそれをまとめて1つの動詞ととらえればいいと解釈しましたがよろしいでしょうか。大変参考になりました。ご回答ありがとうございます!

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 この助動詞と言う品詞を作ったことは現代の文法学者さんたちには大変迷惑をかけていると言っても良いくらいなんです。 昔はwill/wouldなどの「一般的助動詞」と今では区別しなくてはならないものだけが助動詞だったのです。 (少なくとも、それで良いとした時代だったわけです。 しかし、英語というものが「使われなくてはいけない」「現実的な意味合いとマッチしない単語もある」と言うことに気がつき始め、「英語層」がこれだけ幅広くなると、今までの定義では「品詞をさだめることがむずかしい」とわかってきたのです。 つまり、文章の意味が訳としてでなく、言葉としての表現方法であり、伝えたいことを示す道具だとわかってくると、今回のように、いろいろな人が「自説」を作り始めたわけですね。 つまり、学校文法というものに「一貫性がなくなった」と言うことになるわけです。 ですから、人によっては、この「助動詞と言う品詞の解釈を変える」と言う姿勢になってきて、そればばらばらになってきてしまったわけです。 辞書自体がこの品詞分けの解釈が違いますし、試験用の参考書ではまだ「試験の筋」を知っているために、「試験ではOKとする解釈」を教えてこの問題を避けているわけですが、英語学習参考書では著者の自説をもとに書かれてしまっているわけです。 (つまり、このカテの延長線ともいえるかもしれません) 動詞と言う専門用語を作り、助動詞と言うカテゴリーを作り、今となっては、それらの「定義」すらはっきりしないことになるわけです。 助動詞と言う専門用語をはっきりとした「学術定義」をもたせることをしない、つまり、各自説は受け付けないとする、とか、しない限り、「これを助動詞とするときもある」「例外も存在する」「人によってはこれを助動詞とする」と言うような「あいまいな定義」を学生に押し付けている限り、学生にとっては「酷」なのです。 品詞分け作業を英語の授業に費やしていること自体が私にもおかしいと感じるのに、この助動詞に対する、そして形容詞と副詞(名詞の副詞用法とも呼ぶ)も、解釈をはっきりさせないままに品詞分けをすることは、これからも私だけでなく多くの人たちが「疑問を感じる」ことがだんだん多くなるはずです。 品詞分けとは、英語をより効率よく習うために作られたもののはずですね。 文法と言うもの自体がそうなのです。 さて、前置きが長くなりましたが、受動態のBE動詞+過去分詞をひとまとめにしてそれを動詞という考えには私は同意します。 ただ、その過去分詞が動詞とは関係なく、interestedなど、形容詞だと考えざるえないような使い方をしていればBE動詞が動詞となるべきです。 ここで、また、この区別をするために、品詞分けをしなくてはならなくなってしまいましたね。 品詞分けしなくてはこの文章を理解できないでしょうか、また、品詞分けしなくては自分が言いたい、これに興味があります、と言えないなのでしょうか。 こう考えると、真の見解とは果たしてどんなことなのかも疑問になりますね。 試験のための品詞分けであれば試験者の見解が正しくなります。 また、英語学教授であればその人の持っている自説の見解が正しいと私は言います。  しかし、見解に「一貫性を持っていない自説」は単なる自説にとどまり世界には通用しないでしょう。 持説を持つことは大変すばらしいことだと思います。 しかし、それを「自分の知識」で一貫性を持たせて説明できなければ学説としては無理があることも確かですね。 自己主張も混ぜて、BE動詞+分詞に対しての私個人の見解(私にとっては真の見解)を書かせていただきました。 この機会をいただきありがとうございました。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

見解には一貫性が必要というご意見、強く同意させてください。私はまだ各々方のご見解を参考にし、自説を確立している途上だと自覚しています。私たちが日本語を話す時のように、品詞分けというのも不必要かもしれませんが、母国語が完成された後に、他の言葉を身につけようとした際、時によっては必要になるものと思っています。ましてや受験英語という分野が確立された昨今では特にそう感じています。しかし、受験という意識もなく身につけた中国語は、今では簡単な通訳ができるほど上達しましたが、品詞をつかれると即答できないかも知れません。こう考えると、言葉というのはネイティブとの交流やそれを用いる環境に浸かることで自然に身に付くものであると実感します。日本人が真の、いや使える英語をつけるには、更なる環境整備が必要なのかもしれませんね。受験英語で飯を食べている者にとってはつらいですが…^u^;。ご回答参考になりました。ありがとうございます!

質問者からの補足

僭越ながら、この場を拝借し総括とさせていただきます。 皆様の深く鋭いご見解に感嘆し、深くお礼申し上げます。お陰様で質問内容に対する理解が大変深まりました。今後もたくさんの質問をさせていただきますが、その際もよろしくお願いいたします。ポイントに関しては甲乙つけがたいのですが、ピンときたものと、ご回答いただいた時間を考慮し、付与させていただくことをお許しください。 重ねて感謝いたします。ありがとうございました!

  • 回答No.6
noname#21306
noname#21306

英語の助動詞の概念が今ひとつわかりづらいのですが。たとえばドイツ語では、助動詞はおおよそ以下のとおりになります。 完了の助動詞:過去分詞と結びます。英語の場合は have ですね。 未来の助動詞:不定詞(原形)と結びます。英語は will, shall。 受け身の助動詞:過去分詞と結びます。英語だと be。 話法の助動詞:不定詞と結びます。英語だと must, can, may, will, shall。 ドイツ語には進行形の概念がないので、be +現在分詞は英語ほど多用されません。この形になる分詞は、形容詞と意識されています。 で、英語で助動詞といえば「話法の助動詞」(英語の場合、これは同時に未来の助動詞でもありますね)のみを指しているのではないか、と思われることが多いのですが、どうなのでしょう? だから質問者さんは「助動詞の後ろは原形では?」と言ってらっしゃるのでは? 分詞というのは、動詞を形容詞的に用いるための形ですから、使用頻度が高くなるとそのまま形容詞として意識されるのだろうと思います。文法的な分類というのは便宜的なものなので、あまりそれに捕らわれる必要もないと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

だんだんと分詞について理解が深まってきた気がします。特に分詞は動詞を形容詞的に用いるための形であり、形容詞に発展するというご見解に、一筋の光明を見つけ出した気がします。文法的なことに深入りするとなかなか抜けられないことは承知しているのですが、子供たちからよく質問され、私も?となることが多々ある次第なんです^u^;。アドバイスありがとうございます!

  • 回答No.5
noname#47281
noname#47281

英語の場合だと動詞と助動詞の定義がはっきりしません。be動詞はbe動詞で別個に扱う人もいれば、動詞的用法、助動詞的用法に分けて考える人もいます。また、準助動詞という用語を使う人もおります。申し訳ございませんが、定義付けが統一しているフランス語を例に取りますと、 フランス語でも be動詞に相当する動詞と過去分詞で受動態を作ります。その場合は助動詞として扱われます。 >今まではbe動詞+分詞で1つの動詞というふうに曖昧にとらえておりました。 これはどっちにでも取れる場合が多いです。例えば surprisedなんかですが、どっちに解釈しても支障はありませんが。 私も詳しいことは分からないんですが、ラテン語では受動態の形が助動詞なしで別個に存在していました。しかし、時制によって欠如している部分を 過去分詞+sumで補っており、次第に 全て 過去分詞+sumの形になりました。英語もゲルマン語から進化する過程で平行進化したのかもしれません。 現実問題として、こんなことを気にしなくても英語はマスター出来ますし、追求するとラテン語とかも引き合いに出して英語だけの問題に収まらず、言語学の問題にまではってんします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

英語の親とも言われるフランス語での解釈は説得力があり理解の一助となります。英語をマスターしたい気持ちはないのですが、単語や構文などに止まらず、何事もその生い立ちに興味があるもので^u^;。大変参考になりました。ご回答ありがとうございます!

  • 回答No.4

>He is married.  That's interesting. など,完全に形容詞化した分詞,形容詞とみなされる分詞があるのは事実です。 と申し上げた通りです。  I'm embarrassed. も,He's married. も同じで,embarrassed や married は形容詞と考えていいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。受動態ととらえるのもいいですが、形容詞ととらえるほうがinterestingなどの現在分詞も同様に理解しやすいですね。アドバイスありがとうございます!

  • 回答No.3

アメリカ人英語教師も結構曖昧に分詞を形容詞として捉えているところがあるように思います。先日、友人で某有名英会話教室の教師と食事をしたときの話。会話は全て英語です。: 私:  おまぃは英語教師だから質問させてくれ 教師: うん 私:  例えば i am embarrassed という文は受動態だろ? 教師: embarrassed は 形容詞だ 私:  embarrass は動詞じゃないの? 教師: ・・・あ、動詞だ 私:  だろ? 教師: 英文法の得意な日本人はたくさんいるね 私:  受験英語が優れているからねぇ 教師: ならどうしてみんな英会話が下手クソなのかしらね? 私:  ・・・ 辞書でembarrassed を引くと、形容詞と出ていました。ではこれは受動態ではないのか?と聞かれたら必ずしも no とはならないと思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても楽しく興味深い会話ですね。ネイティブにとっては気にも留めないことなので、いざ説明を求められると…となってしまうのは日本人にとっても同じかもしれませんね。アドバイスありがとうございます!

  • 回答No.1
  • amip
  • ベストアンサー率53% (69/129)

be動詞は助動詞ではありません。ただ、助動詞的な機能を持っています。 それは、否定文を作るときに、I am not a boy.という風に、be動詞の後にnotが入ります。これは、I do not play tennisと一緒の構造ですよね、ということですが、やはり助動詞とbe動詞を混同してはいけないと思います。 be動詞は、be+分詞・形容詞で「動詞」として機能します。というより、分詞も形容詞の一部なので、be+形容詞で「動詞」ということです。英語のbe動詞に当たるものが、ドイツ語ではsein動詞、と言われるものなのですが、これも「~である」というだけの意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

be+形容詞で1つの動詞ということであれば、I am happy.ではam happyが動詞ということでしょうか。日本語であればスンナリなのですが、英語の文型においてSVCとなると思うのですが…。難しいですね。ご回答ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 動詞について

    動詞について以下の解釈でおかしなとこはないか確認してくれると助かります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 動詞 品詞区分としての動詞(本動詞+助動詞) 要素区分としての動詞=述語動詞=述語 動詞には活用があり、それは 原形 現在形 過去形 過去分詞形 ing形の5つである。 この内単独で述語動詞になれるものは 現在形と過去形←定形動詞と呼ばれる     単独で述語動詞になれないものは 原形 過去分詞形 ing形←これらは原形不定詞、to不定詞、過去分詞、現在分詞、動名詞の用法がある。非定形動詞または準動詞と呼ばれる。 これらの準動詞は単独では述語動詞になれないが、助動詞とくっつき、なおかつその助動詞が主語との呼応、時制の役割を果たす場合に限り述語動詞になれる。 ↓例として She is playing the piano now. (進行形)playingは現在分詞の形容詞用法 She is attacked by the dog.(受動態)attackedは過去分詞の形容詞用法 I have finished my homework.(完了形) I can swim fast. *進行形と受動態はSVCと見なせなくはないが、話をややこしくするのであまりこの解釈はしないほうがよい。(ただし分詞形容詞の場合はSVCとなる。) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー よろしくお願いします。

  • 分詞形容詞について教えてください。

    先日分詞についてお尋ねしました。今回は「BE動詞 + 動詞のING形/動詞のEN形」の分詞形容詞に限定してお尋ねします。どうしても「進行形/受動態」の考えが先行し混乱しています。 (質問):「分詞形容詞」か「進行形/受動態」かの判断(形容詞か動詞か)はどのようにするのでしょうか? (1)文脈から? (2)自動詞、他動詞で判断? (3)分詞形容詞と進行形/受動態で使う動詞は別物?分詞形容詞は進行形/受動態では使わない? 何か判り易いヒントをいただければあり難いのですが、よろしくお願いいたします。  OB様の参考例を下記に拝借します。説明に使っていただきたく・・・ 形容詞として使われる現在分詞  The game is interesting.   The game was exciting. 形容詞として使われる過去分詞  We are interested.   We were excited. 上手く質問がまとめられずすみません。  以上

  • 助動詞の後ろは原型の動詞が必ずくるのではない?

    助動詞の後ろは動詞の原型という風に学校で習ったと思うんですが、 1, be動詞は助動詞ですよね?be動詞なのか助動詞なのか呼び名は2つあるんですね? 2,現在進行系は 助動詞be動詞 + ing ですが、ingは動詞の原型ではないのになぜこれるのでしょうか? 3,現在完了形は、助動詞have+過去分詞ですがこれも動詞の原型ではないのになぜこれるのでしょうか? どれか1つだけでも教えていただけると嬉しいです

  • 文章における分詞と動詞、それに伴う疑問について

    実にバカらしい質問かもしれませんがお付き合いください。 現在完了の文章を文法的要素(SVOC)で分解していたとき ふとhave+過去分詞の分詞がCなのかOなのか悩んでしまい 最終的にhaveは助動詞、過去分詞はVということで落ち着いたのですが。 今まで私は分詞は基本的に形容詞と覚えてきました。 事実、過去分詞や現在分詞で形容詞として働くものをいくつも見てきました。 そこで悩んだことが今回質問したいことです。 分詞が形容詞、動詞とその両方として働けるのならば 文中に動詞が存在する場合は形容詞として働き。 存在しない場合には動詞として働くと 楽観的に考えていいものなのでしょうか? また、これも初心者考えなのかもしれませんが 今回の前提条件であるhaveは助動詞、過去分詞は動詞という考えですが。 なら現在(過去)完了受動態の場合どうなるのでしょうか。 have(had) been 過去完了  この場合haveは相変わらず助動詞として beenは形容詞としての分詞、過去完了のほうが動詞として扱われるんでしょうか? 疑問はとどまらず、さらに質問なのですが 受動態の時、be動詞+過去分詞となっていますが この場合 be動詞はV、過去分詞はCとなると考えて正しいのでしょうか。 受動態の文章はSVC(by~)となるわけですが この受動態の文章を能動態に変換すると S(~の部分)V(元はCの部分)O(受動態での主語) という風な変化がかかってると思うんですが。 はたしてこの解釈は正しいのでしょうか? 現在仮にとはいえ人に物を教えるため このあたりははっきりさせたいです。 内容がぐちゃぐちゃしており、読みにくいかと思いますが ひとつよろしくお願いします。

  • 助動詞の後は原形なのにneedは?

    助動詞の後は動詞の原形と教わりました can,will,など 助動詞のneedの後ろはto 動詞の原形 の名詞的用法なんですよね? 全然助動詞の後ろは動詞の原形じゃないじゃないですか なんで学校教育って嘘を教えるんでしょうかね 助動詞の後ろは原形なのが多いが、そうでない場合もあると最初から教えないから 後から教わるneedや完了形のhaveが助動詞というのが頭に入ってこなくなりますよね

  • 助動詞haveについて

    なぜhaveは過去分詞形なのでしょうか。ほかの助動詞は原形なのに…という疑問です。歴史的事情とは聞いたことありますが経緯を知りたいです。宜しくお願いします。

  • 助動詞haveの後に過去完了がこれるのはなぜ?

    I have been at home since I came from work at 9. I have(助動詞) been(be動詞) at home since I came from work at 9. この英文について1つでもいいので教えて下さい 1,この文は第1文型SVの複文ですか? 2,完了型のhaveは助動詞ですよね?助動詞の後ろは動詞の原形が来ないといけないと思ったのですが、なぜbeenというbeの過去分詞が来ているのでしょうか? 3,Have been は現在完了形ですよね?sinceは副詞節を作っているとおもうんですが、完了形で時制をあわせないといけないとおもうんですが、have been現在完了形は現在と同じ意味合い?なのに、副施設従属節内のcameの時制は過去型ですよね?時制が一致していないのではないかとおもったのですが?

  • 現在分詞と過去分詞

    現在分詞と過去分詞は動詞なのでしょうか? もしそうなら 現在進行形は主語+be動詞+動詞の原形ing 受動態は主語+be動詞+動詞の原形ed と覚えていいでしょうか?

  • 助動詞について教えてください。

    3/25質問1290248の「WIND-SKY-WIND様」の回答にお聞きしたい事がいくつかあります。その他の皆様も宜しくお願い致します。 (質問1)「canやwillなど通常の助動詞は原形不定詞を伴いますが」と記されていますが、SHALL、MAY、MUSTの後の「動詞の現在形」は「原形不定詞」でしょうか?その他「原形不定詞」を伴う助動詞はありますか? (質問2)OUGHT、MUST,NEED、DARE、LET等の「過去形」、「否定形」、「疑問形」の作り方を易しい例題を添えて教えていただけませんか。 (質問3)HAVE TO/BE ABLE TO/BE GOING TO等も助動詞のようなものとして考えてよろしいですか? (質問4)その他に助動詞、もしくは「助動詞らしきもの」はありますか? 質問がうまくまとめられなくて申し訳ありません。質問の内容が理解できる範囲でご回答くださればありがたいのですが。 以上

  • 「動詞+現在分詞/過去分詞」の組み合わせ?

    「動詞+現在分詞/過去分詞」の組み合わせ? NHKラジオ英会話講座より This discussion is getting sidetracked. この話し合いは横道にそれている。 質問:「動詞+現在分詞/過去分詞」の組み合わせは、進行形「be+ 現在分詞]/受動態「be+過去分詞」完了形「have + 過去分詞」は馴染みがありますが、「get+過去分詞」はよく分りません。 (1)「get+過去分詞」はどのような時に使われますか?初歩的な使い方を教えて下さい。 (2)be/have/get以外にも現在分詞/過去分詞と組み合わされる動詞がありますか?  以上