• ベストアンサー
  • 困ってます

「~症候群」の意味について教えて下さい。

  • 質問No.2443215
  • 閲覧数5886
  • ありがとう数5
  • 回答数4

お礼率 10% (127/1163)

病名「~症候群」の意味について教えて下さい。「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」、「ムチウチ(外傷性頚部症候群)」など~症候群という病名をよく聞きます。その意味を某サイトで調べて見たのですが・・・・・・・・
『症候群(しょうこうぐん)は、原因不明ながら共通の病態(自他覚症状・検査所見・画像所見など)を示す患者が多い場合に、そのような症状の集まりにとりあえず名をつけ、扱いやすくしたものである。人名を冠した症候群の名前も数多く、原因が判明した場合にはその名前が変更されたり、時には他の病名と統合されたりすることがある。』

とのことでした。しかし上記文書のうち「原因不明ながら共通の病態~」というところが良くわかりません。例えばムチウチ(外傷性頚部症候群)であれば原因は交通事故であるのでしょうし、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)であれば、食事の偏りであるのでしょうし、原因がわかっていても「症候群」という病名がついている病気もたくさんあると思うのですが・・このあたりご存知の方は是非教えて下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 23% (164/693)

>しかし上記文書のうち「原因不明ながら共通の病態~」というところが良くわかりません。

だから、「共通の病態」になるのに原因が1つではないということでしょう。
ムチウチでも、交通事故だけとは限りません。頚部に強い衝撃が加わったりすれば同じようなことが起きます。だから、外洋性・・・って括弧書きされていますよね?

>メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)であれば、食事の偏りであるのでしょうし、

それだけとは限らないような気がしますが。

私なら、そう考えます。一般人なので。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 64% (373/581)

こんばんわ。はじめまして。過去に似たような質問に回答したことがあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1236496
よろしかったら一度ご覧になってみて下さい。(私の答より、もうお一方の回答のほうが詳しいですが。爆)

>原因不明ながら~ものである。
貴方のお調べになったサイト記載が、このように断定というか「限定」しているから分かり難いのですね。

確かに「原因不明の場合」もありますが、「原因が分かっている場合」でも、「或る特有の症状が起こる仲間」のときには、「○○症候群」と表現したります。

「症候群」と付いている場合は、「似たような仲間が有るうちの一つなんだな」位に捉えておけば良いです。

※○○症候群という言い方は、単なる呼称であって、“病名”“症状名”ではありません。
例えば、
風邪症候群も細かく言うと △△ウイルス感染性上気道炎などですし、
廃用性症候群も詳しく言うと 発動性低下・筋や靱帯の短縮・筋繊維減少・心肺機能低下云々である 
というような感じです。

仲間かどうか の判断の仕方は、
「原因が同じ」
「症状が同じ」
どちらの場合もあります。

つまり、
1:「ある症状を生じる“代表的な病気の名”に由来するもの」
 例:パーキンソン氏病の症状に似ているので、パーキンソン症候群
2:「原因に由来するもの」
 例:代謝metabolicバランスが崩れていることが原因で起こる いろんな病態の総称なので、メタボリック症候群

特別なものを除いて大別すると、このような2タイプの「○○症候群」があります。

ちなみに、偏食だけが代謝異常の原因ではありません。また、
ムチウチは、外傷性に頚部損傷する仲間のうちの一つです。「ムチウチは外傷性頚部症候群」ですが、「外傷性頚部症候群と言うのはムチウチのこと」ではないです。
以上、ご参考まで
  • 回答No.3

ベストアンサー率 12% (80/663)

no2様の回答の通りだと思います。
補足するとしたら、メタボリックシンドロームなどで、「食事の偏り」が原因だとしても、脂肪を取りすぎるだけで発症するとは限りませんよね?悪影響が高脂血症だけでも良いですよね?なぜメタボリックシンドロームなのか、どの酵素が関係しているのか、他に要因があるのか、ないのか、など掘り下げて考えていくとやはり原因不明なのです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (755/2505)

先天性や精神性、化学物質、日常習慣など原因が、単独ないし複数でいずれも多岐に渡るものを症候群と言います。
病的傾向を指すことに用いられることもあり、医学的根拠の無いものや公称性が低いものにも症候群を使います。
例えば、過換気症候群の場合、原因は精神的疾患といえば、それで済みますが、精神的疾患にも、パニック障害、鬱病、ストレスなどいろいろあります。
外傷性頚部症候群も交通事故もそうですし、殴られてもなりますし、高い所から飛び降りてもなります。
大まかな原因はわかっていても、受傷機転や要因がハッキリしていないものが、そうなのではないでしょうか。
関連するQ&A
ページ先頭へ