• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

麻雀の天和の上がる確率

昔、考えたことあるのですが明確な答えが出ませんでした。切り牌は考えなくてもいいのですが、結構難しい問題だと思います。もちろん、通常の順子、刻子でできた形は基より、国士や七対子も含みます。 何局やれば確率的に天和上がれるかお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • poohron
  • ベストアンサー率59% (574/971)

約33万分の1と聞いたことがありますが、 正確にはどうなのか知りませんでしたので調べてみました。 4250305029168216000分の12859078207674 (425京 305兆 291億 6821万 6000 分の 12兆 8590億7820万7674) ≒33万530分の1 だそうです。 どうりで天和を見たことがないわけだ…(^^;;

参考URL:
http://www10.plala.or.jp/rascalhp/mjmath.htm#6

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おもしろいホームページですね ありがとうございました

関連するQ&A

  • 麻雀の天和の上がる確率

    麻雀の天和を上がる確率を教えてください。 つまり何局打てば一回天和を上がれるかです。 通常の順子・刻子組み合わせだけでなく、国士・七対子の形も当然ありです。 難問だと思いますが、牌をきることはないので解けるのではないかと期待しています。

  • 麻雀の天和の上がる確率

    数学のカテゴリーでも質問したのですが、麻雀のカテゴリーでも質問させてもらいます。どちらの専門家のほうがいいのかわからないので・・・。 つまり何局に一回 天和が上がれるかということです。 通常の順子・刻子の組み合わせだけでなく、国士・七対子の形も当然含みます。 難問だと思いますが、昔からずっとおもっていたことなので回答お願いします。

  • VB.NET2008で麻雀プログラミング

    与えられた手牌(配列)から面子(順子、刻子、対子)を取り出し、 向聴数(通常役・七対子・国士)の計算、待ち牌、役の判定を行うルーチンを探しています。 VB.NETに詳しいお方がいれば、ご教授願います。 マンズ:1~9 ソウズ:11~19 ピンズ:21~29 字牌:31(東)、33(南)… 例 向聴数0ならテンパイ、-1なら上がり tehai(5, 5, 5, 12, 13, 14, 14, 14, 27, 28, 29, 31, 31) 11, 14, 31(1s-4s、東)待ち tehai(5, 5, 5, 12, 13, 14, 14, 14, 27, 28, 29, 31, 31, 31) 上がった

  • 門前清一色のシャンテン数

    11123456677778 これは門前清一色ホーラですが、素人には難しいです。玄人の頭の思考回路を推測してみました。 雀頭対子の候補は、11、66、77の3通り。 A.雀頭対子が11→123が必ず順子になる→456が順子→678が順子→777が刻子→ホーラ。 B.雀頭対子が66→777が必ず刻子になる→78が孤立→66は雀頭対子から除外。 C.雀頭対子が77→678が必ず順子になる→567が順子→234が順子→111が刻子→ホーラ。 ・・・・・で、Aは跳満、Cは跳満、点数は同じだからAで申告。 こんな感じでしょうか?雀頭対子から考えるのがコツでしょうか? その前のテンパイで2が抜けているとします。 1113456677778 待ち牌は2の他に35689があります。そして、14はハズレ牌ですが、仮に1が来たとして、 雀頭対子の候補は、11、66、77の3通り。 A.雀頭対子が11→他方の11が孤立→11は雀頭対子から除外。 B.雀頭対子が66→777が必ず刻子になる→78が孤立→66は雀頭対子から除外。 C.雀頭対子が77→678が必ず順子になる→567が順子→111が刻子→134が孤立→77は雀頭対子から除外。 ・・・・・3通りの雀頭対子で孤立牌が残るから、1が来てもテンパイのままでハズレ。 みたいな事を考えて、他の牌でも同様の事を頭の中で考えて、待ち牌とハズレ牌を分けるのでしょうか? ちょっとキツくないですか?慣れれば簡単ですか? シャンテン数を数えるにしても、頭の中で槓子、刻子、順子×2、対子、塔子、中抜け対子×1を数えて8から引けば良いのでしょうが、組み合わせ方は複数あります。その最小値がシャンテン数なのでしょうが、時間要する気がする。

  • 日本語っぽい麻雀用語

    次の麻雀用語は日本語ですか?日本人が名付けたのかな? 一発、一気通貫、三色同順、国士無双、大三元、流局、 単騎、満貫。 これ以外の麻雀用語の多くは中国語っぽいので、気になって質問しました。三色同順って、日本だけの役?誰も上がらずに牌山を取り切って王牌だけが残れば流局になるけど、中国麻雀でもこれに相当する考え方があって、中国名が付いているのでは? 荘家、散家、起家、東南西北、和了、聴牌、向聴、門前、立直、石並、吃、副露、平和、嶺上開花、天和、 緑一色、錯和、嵌張、数牌、字牌、万子、白板、多牌、少牌、順子、刻子、槓子、対子などは中国語。ドラはドラゴンの略で英語。オーラスも英語。

  • 日本語っぽい麻雀用語

    次の麻雀用語は日本語ですか?日本人が名付けたのかな? 一発、役牌、一気通貫、三色同順、国士無双、流局、単騎、満貫。 これ以外の麻雀用語の多くは中国語っぽいので、気になって質問しました。中国から輸入したゲームで、日本で改良したのかな?でも、オリジナルの中国麻雀でも流局や単騎待ちはあるんじゃ? 荘家、散家、起家、東南西北、和了、聴牌、向聴、門前、立直、石並、吃、副露、平和、嶺上開花、天和、大三元、緑一色、嵌張、数牌、字牌、多牌、少牌、順子、刻子、槓子、対子などは中国語。ドラはドラゴンの略で英語。

  • 麻雀の基本は平和?

    麻雀には30個くらい役があります。その中で、基本は平和だと良く聞きます。(井出洋介とかいう有名なプロ雀士が言ってた?) 平和が基本との提言について、私は半信半疑です。何というか、タンヤオの頻度を10とすると、平和は7くらいのような気がする。平和は結構難しい役だと思うのですが、皆さんはドーかしら? ・全部順子→刻子が1個くらい出来ちゃうじゃん ・門前→チーしたくなるじゃん ・両門待ち→早い巡目で4つ順子が先に出来ちゃうと単騎になるじゃん タンヤオなら、刻子が混じってても良いし、ポンチーカンしても良いし、どんな待ち方でも良いです。平和よりもタンヤオの方が気楽で簡単だと思うのだが、ドーかしら? 逆に、タンヤオよりも平和が簡単なところもあります。 ・老頭牌が使える ・対子にオタ風が使える つまり、タンヤオは牌を2~8に制限して、窮屈で息苦しく、平和は使える牌が多いので気楽ということでしょうか。 んが、こんなメリットは弱い気がする。だって、両門待ちを強いられれば自然とタンヤオに向かうし、オタ風なんか34分の2種だけ。 だから、私の経験だと平和であがるときはタンヤオが付いて来てタンピンになってる。しかも、リーチしてるからメンタンピンになってる。

  • 麻雀で流局時のノーてん?か聴牌?

    流局になった場合、ノーテン罰金を払うことになりますが 聴牌かノーテンかで問題になった事例があります。 例えば、流局時、刻子が一組あって、後は順子と頭を構成して 待ちが6満と9満だとします。面前でリーチはかけていません。 この場合、6満が出ればタンヤオの役でロンできますが、 9満だとロンで上がることはできませんね。 だから、これは聴牌ではないと主張したのですが、本人はツモったら 上がれるから聴牌だと言い張ります。 また順子とコーツの組み合わせで、中と9筒のシャボン待ちの場合、 一応形は聴牌ですが、リーチをかけないで流局した場合、9筒では 上がれないのにこれも聴牌でしょうか?  このように面前でツモった場合とか6満が出た場合とか、中が出た場合とか 条件が付く上で成り立つ聴牌の場合でも聴牌とみなされるのでしょうか? 単にその場のルールの決め方しだいなのでしょうか? 一般的なルールを教えてください。

  • 麻雀において、対子が暗刻になるまでの平均順目

    とつげき東北の「科学する麻雀」を読んでいて疑問に思ったので質問します。 P235に「2つあるトイツがアンコになるまでには平均的に8順以上かかってしまう」とあるのですが、ここで8順という数字がなぜ得られるのか、わかりません。 例をあげて考えてみます。2つの対子はなんでもいいのですが、ここでは便宜上、1ピンと9ピンの対子とします。すると手牌はこのようになります。 (1)(1)(9)(9)xxxxxxxxx (xは1ピン、9ピン以外の34-2=32種の牌のいずれか) この手牌から、1ピン、9ピン以外の牌をツモってくればツモ切り、あるいはxの任意の牌を切り出すとして、本当に約8順ほどで1ピン、9ピンのどちらかをツモってこれますか?ちなみに、ここでは鳴きは考慮しないものとします。1ピン、9ピンが相手の手牌や王牌に入っている場合はツモってこれないわけですが、そのような場合もランダムに起こりうるとします。 ここからは自分の考えになるのですが、8順以内に1ピン、9ピンのいずれかをツモってくる確率は、1-(8順以内に1ピン、9ピンのいずれかをツモってこない確率)になるので、 1-(119/123)*(118/122)*(117/121)*(116/120)*(115/119)*(114/118)*(113/117)*(112/116) となります。ここで123とは牌の総数34*4=136から自分の手牌の数13を引いたものです。この式を整理して計算すると 1-(115*114*113*112)/(123*122*121*120) =0.238504 となりました。即ち、8順以内に1ピン、9ピンのいずれかをツモってくる確率は約24%であるとの答えが得られました。この答えはあっていますか?「2つあるトイツがアンコになるまでには平均的に8順以上かかってしまう」という記述と矛盾するわけですが。そもそも、求めるべき平均順目と、望む牌をツモってくる確率が約50%なる順目は一致しますか? 著者はモンテカルロシミュレーション?でこの数字を得たようですが、自分はプログラミングやシミュレーションの素養が現状ではほとんどないので読解が難航しています。確率や統計などに詳しい方、特に「科学する麻雀」を読んだことがある方からの回答をお待ちします。

  • 国士無双を特殊面子とみなすローカルルール

    本来の国士無双って、面子の概念を無視した形なので、鳴いて作ることができませんが、一の牌、九の牌、四風牌、三元牌を、それぞれ特殊な刻子とみなすことで、鳴いて作ることも可能にするというローカルルールが存在すると聞きました。(十三面の二倍役満や暗槓の槍槓とかよりも知名度は低いようですが、私も最近知ったぐらいですし。) そこで思ったのですが、このローカルルール上において、通常通り門前で国士無双をツモで和了した場合、四つの暗刻が含まれているから、四暗刻と複合して二倍役満ですか? さらに、通常通り門前で国士無双十三面を和了した場合、四暗刻が複合し、さらに単騎待ちでもあるので、国士無双十三面と四暗刻単騎で四倍役満ですか?(国士無双十三面と四暗刻単騎の二倍役満採用とする場合) まあ、ローカルルールなので、場所によりけりとは思いますが、一般的にはどうなのでしょうか。(このローカルルール自体、一般的ではなさそうですが。)