• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

進化論の疑問点

進化論で行くと 魚→両生類→爬虫類→哺乳類 となると思います。 魚類→爬虫類の進化は、とりあえずカエルを見れば想像できます。 変化も ○ヒレ→手足尻尾 ○心臓2部屋→4部屋 ○えら→肺 と、まぁ頑張れば出来ない事も無いんじゃないの?と言う感じです。 今回疑問なのは爬虫類→哺乳類です。 ココでの変化で気になるのは卵です。(毛もちょっと気になりますが、突然変異もあるかなぁ?) 卵胎生の魚も居ますがあくまでも卵を体内で孵化させただけです。 卵は栄養が殻の中に入っているので、基本的に外界とは関係ありません。 しかし、哺乳類は胎盤→へその緒→赤ちゃんと言う経路で栄養補給しています。 卵胎生の爬虫類から進化したとしてもココでは2つの変化が必要です。 1、卵側の栄養受け入れ方法の変更 2、親側の栄養送り出し方法の新設 突然変異でどちらか一方が変わっただけでは 意味が無いので退化or卵の死 となってしまいますので次世代に受け継げません。 卵に「外界から栄養を補給する能力」が最初からあったと言う事でしょうか? よく分かりません。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数440
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • suiran2
  • ベストアンサー率55% (1516/2748)

胎盤については哺乳類の専売特許ではありません。原索動物から哺乳類まで,胎盤を持った動物は多数存在します。 ホヤの仲間にも原始的な胎盤があるものがあります。軟骨魚類のサメの胎盤は有名です。硬骨魚類もエラ胎盤を持ち胎性魚類も存在します。爬虫類もむろん有胎盤爬虫類が存在します。そして,我々哺乳類もヒトとウマでは胎盤の発生(起源)は異なります。 卵は輸卵管で成熟します。ニワトリの玉子の黄身の部分が卵細胞であることはご存じのことと思います。それが輸卵管中を下行する間に輸卵管により保育・成熟され玉子として産み落とされます。ですから輸卵管にはそもそも卵の保育機能が存在しておりました。子が胎盤を進化させれば胎性への移行が進みます。 専門家はこれらの事実から,胎盤は同時並行的に進化したものと考える人もおります。それでは何が同時進行的に胎盤を生み出したかですが,それは地球の酸素濃度の増加が原因であろうと推測されています。輸卵管中(子宮も輸卵管の一部です)に卵が長くとどまることは酸素が十分でない環境では不可能でした。それが被子植物の増加とともに酸素濃度が増加し,同時多発的に胎盤への進化が起こったといった考えです。 何かの参考になりましたなら…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >輸卵管にはそもそも卵の保育機能が存在しておりました。子が胎盤を進化させれば胎性への移行が進みます。 そうなんですか。ホンのちょっとの変化で済むんですか。 >地球の酸素濃度の増加が原因であろうと推測されています。 更に環境の変化があるのなら、いろいろな種で同様な進化があっても不思議ではないですね。 寒さ対策で毛が伸びる等と同じ考えでいけると思います。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 進化論の疑問

     自然淘汰を説明するために、キリンの首の例がよく引き合いに出されます。確かにキリンの場合、ほかの個体よりも少しでも首が長ければ、より高い位置にある木の実などが食べやすくなりますので、生存競争には有利になるかも知れません。ですから、「突然変異によって首の長いタイプが生まれるたびに、従来型の首の短いタイプが淘汰されていき、現在のキリンになった。」というのは、なんとなく頷くことができます。  しかし、生物の形質には、何段階もの進化のステップを踏まない限り、有用な形質にまで至らないものがたくさんあると思います。  例えば、哺乳類がこの世に誕生したときのことを考えてみます。そもそも哺乳類は爬虫類から進化したものなのか、それとも鳥類から進化したものなのか、わたしには全くわからないのですが、哺乳類となる前は、やはり卵を産んでいたのではないでしょうか。「卵を産んで子孫を残していた動物が、たった一回の突然変異によって、卵を産むのをやめて、いきなり赤ん坊の状態で産むようになった。」というような劇的な変化は、さすがに考えられません。一般的に進化といわれているものは、徐々に連続的に変化していくものなのだと思います。ですから、この場合も事前に緩やかな突然変異を何度も繰り返しておいて、全ての準備が整った時点、つまりは哺乳類として妊娠・出産するための構造が完成した時点で、その新しいシステムを採用したのでしょう。ここで疑問が生じます。進化途上の造り掛けの構造は、全く機能しませんので、生存競争には一切関与しなかったということになります。そのような役に立たないものを退化させずに何世代にも亘ってもちつづけることができたのは、なぜでしょうか? しかも、ただもちつづけただけではありません。まるで完成形というゴールを目指すかのように着実にステップ・アップをしていくことができたのは、いったいなぜでしょうか?  ほかにも、ヒトの発汗を司る構造や植物の光合成を司る構造など、進化の途中段階ではなんの役にも立たなかったと思われるものは、生物界にはいくらでも例があると思います。これらは、なぜ、適者生存の法則とは無縁のまま、より高度なしくみへとステップ・アップを繰り返していけたのでしょうか?  ご教示のほどよろしくお願いいたします。できれば、高校生でも理解できる程度の易しい解説をお願いいたします。

  • 進化論では、命はどうやって始まるんですか?

     進化論では生命はどのように始まったことになっているんですか?  進化論についてちょびっと高校で習っただけでそんなに詳しい知識はないのですが、単細胞生物みたいなのから魚とか虫とか、哺乳類とか鳥類に突然変異のようにして進化していった、というものだと思っています。  これについても間違っていたら教えていただけると嬉しいです。  進化自体はまあ納得はできないけど、わかるんですが、一番最初はどんなやつでどうやって生まれたんでしょうか。特定の何かを指さなくても個人的な想像でもいいです、どうなんでしょうか。  あと、突然変異で好ましい変化が起きた事例はあるのか、も教えていただけるとありがたいです。  カテゴリ選択間違ってたらごめんなさい。

  • 生物の進化

    生物の進化 昨日NHKの番組で2億2000万年前に卵を産んでたの哺乳類の祖先が1億2500年前には胎盤ができるものに 進化していたといっていました。 少しわからないのですが進化の初めは卵を産んでいた生物が突然変異か何かで1匹胎盤を 持つものが生まれてそれが広がったということでしょうか? それともいつかの時期に胎盤を持つものが世界のあちこちで誕生したということなのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

ようするに進化というのは一般的に考えられているような一系統ではないのです。 つまり、魚類→両生類→爬虫類→哺乳類のような。 例えばよく「恐竜が絶滅した」という言い方をします。多くの人は恐竜=爬虫類と思っていると思いますが、爬虫類と恐竜は厳密には違います。つまり、爬虫類と恐竜もまた枝分かれしてそれぞれに進化してきており、哺乳類もまたそうなのです。 恐竜の時代にすでに哺乳類はいましたからね。 いくつか回答がありますが、生物はパラレルに進化しているんですね。 現在の爬虫類は進化のひとつの究極系であって、これが進化したら哺乳類になるのか?ということはないのです。 つまり、おそらくは繁殖方法に卵性、胎生という二つの方法があったんでしょう。ひょっとしたら当初はもっと多くの方法があったかもしれません。 それが別系統に進化してきて卵生と胎生という現在の生物に収斂されていったのでしょう。 「完成された卵生」から「完成された胎生」に進化するのではなく、途中で枝分かれ進化してきたんですね、たぶん。だから、質問者さんが思われているよりハードルはずっと低かったでしょう。 進化の結果、どちらとも言えないのがカモノハシであり、有袋類ということでしょう。 細かく言えば魚類、両生類、爬虫類の卵もそれぞれ違いますしね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >「完成された卵生」から「完成された胎生」に進化するのではなく、途中で枝分かれ進化してきたんですね その考え方もありだとは思うのですが、ちょっと納得しかねます。No.4さんが書いてましたがサメの中には胎生の種類も居るそうです。 これに当てはめようとすると サメの祖先→サメ→胎生のサメ ではなく、 卵生の祖先→卵生のサメ 胎生の祖先→胎生のサメ と言う2系統の進化だった事になりますよね? 同じサメ科の生物が進化して卵生と胎生に分かれたならまだ分かるのですが、違う科の生物が進化して同じ科の生物になるということはあるのでしょうか? 犬が進化して猫になるようなものですよね? それとも、卵生と胎生の分岐点となった祖先が偶然サメ科だったと言うことでしょうか? そうするとカモノハシは卵生のサメを先祖に持ち、他の哺乳類は胎生のサメを祖先に持つ事になりますが、(どれ位似ているのかは分かりませんが)魚類→哺乳類と言う進化を別系統で進化したにもかかわらずかなり似通った進化をした事になります。 それよりは、「哺乳類となるための進化の最終形態が卵生→胎生だった」「胎生の哺乳類が先祖がえりをして卵生に戻った」等と考えた方がありえると思うのですが。

  • 回答No.5

分かりません。 ・これこれの進化を実現させるためにはAという変化とBという変化が同時に起こる必要がある。 ・どちらかだけでは意味がないどころか生存にマイナスである このような例は枚挙に暇がなく、現在の進化論の大きな弱点となっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あぁ。そうなんですか。 進化論へ反論する時にこのような例をあげるんですか。ちょっと残念です。 また、他にもこのような例がたくさんあるんですね。ちょっと調べてみたいと思いました。 ありがとうございます。

  • 回答No.4
  • TTOS
  • ベストアンサー率40% (209/510)

胎盤を持つサメもいますので,胎生が出現することに不思議はないと思います。 母体にとっては卵黄に栄養を供給するか,胎児に栄養を供給するかの違い。胎児にとっては卵黄から栄養を取り込むか母体から栄養を取り込むかの違い。 ただし過渡期には有袋類のように胎盤を持たず卵胎生の形で出産する仲間が多数出現したかもしれません。 私としては授乳が出現した道筋のほうが不思議に感じます。 は虫類から単孔類の中間型のようなものがあれば情報が欲しいと思います。

参考URL:
http://www.warabeneko.com/guide/syumoku/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有袋類は胎盤が無い卵胎生なんですか。初めて知りました。 有袋類は超未熟児で産んでポッケで育てる哺乳類モドキだとばかり思ってました。 >母体にとっては卵黄に栄養を供給するか,胎児に栄養を供給するかの違い。胎児にとっては卵黄から栄養を取り込むか母体から栄養を取り込むかの違い。 卵黄に栄養を出す部分が肥大化して卵が引っかかりやすくなり、直接そこで栄養を供給してた。そんな感じなんでしょうか?それならありえそうですね。 ありがとうございました

  • 回答No.3

進化論にはわかってないことが多いですが、 一般的に今いわれていることは 爬虫類の”先祖”には、恐竜→鳥に進化したタイプと 常温型爬虫類→哺乳類に進化したという 二つの系統があったという説です。 それともうひとつ一般的な理解としては 進化は一本道でもなく、 多くの可能性が同時に発生したということです。 だから有袋類などが存在するわけ。 また必ずしも有益な進化だけでなく、 無駄、あるいは不利と思われるような進化も 起こったことがわかっています。 ここら辺が進化の謎とされるところですが 単純な適者生存で片付けられる問題でない、ということが 今のところわったというぐらいです。 遺伝情報からどういう経路を通って進化したのかというのは ゲノム計画で徐々に判明していますが まだまだ全体像もわかってないので こうなったからこうだ、とは世界中の誰も説明できないと思いますよ。 そもそも進化論の大きな問題は、科学の大前提である 理論からそれの”再現”ができていないことです。 だからまだ進化論は推測の部分が多いのです。 百数十年たった今なおこれからの学問。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>常温型爬虫類 そんなのが居たんですか。 >世界中の誰も説明できないと思いますよ。 仮説と言う事は理解しています。 仮説の中ではどうなのかな?と言う事を聞きたかったんです。 >多くの可能性が同時に発生したということです。 個人的には進化=突然変異と思ってます。 手足が異様に長い/短い人、目玉が飛び出る人、頭が異様に大きい人、尻尾が生えてる人、超音波が聞こえる人、頭が二つある亀、etc 仮にその人の子孫が同じ状態で生まれ、環境に適合してたか生存に影響が無ければそれが進化になるんじゃないかと。 しかし、卵→胎児の変化は短期間に2重の奇跡が起きたんですよね。 どんな仮説があるのかと思って質問しました。 ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • rkru
  • ベストアンサー率16% (5/31)

>進化論で行くと >魚→両生類→爬虫類→哺乳類 >となると思います。 これは間違い。は虫類と哺乳類(これをまとめて羊膜類という)は祖先を共有していますが、哺乳類はは虫類そのものだったことはありません。 は虫類はそれだけで進化を遂げて現在に至っています。は虫類の一派から鳥類が出ました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>哺乳類はは虫類そのものだったことはありません。 そうなんですか。知りませんでした。 ありがとうございます。  

  • 回答No.1

かものはしは? そもそも、爬虫類から哺乳類に単純に進化したのでしょうか、紆余曲折があったかと思いますが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>かものはしは? 卵を産む哺乳類ですね。 別にカモノハシ→卵を産まないカモノハシ と言う変化についての課程でもよかったんですが。

関連するQ&A

  • 進化論の流れ

    【ラマルキズム】 ・生物は、下等なものから高等なものに進化した。 ・環境に適した器官を発達させ、そうでない物を退化させた。 【ダーウィ二ズム】 ・ランダムに変化が起き、環境に適したものはセレクトされ、そうでないものはバッシングされて駄目になった。 【ネオ・ダーウィニズム】 ・ダーウィンの言う「ランダムな変化」とは、「遺伝子の突然変異」のことである。突然変異は、偶然に起こり、方向性がない。 【最近の学説】 ・遺伝子の突然変異はランダムには起きない。 ・生命は、異質なものを取り込み、共生する事で進化した。 以上のように、おおざっぱに理解しているのですが、正しいでしょうか。誤解があればご指摘下さい。よろしくお願いします。

  • 進化論の謎についての疑問

    進化論の謎についての疑問 雑誌Newtonのムックでダーウィン進化論を特集してる号があります 確か去年出た赤い表紙のやつです そこで質問なんですが、58ページに現代の進化論の謎ということで 突然変異がいくら積み重なっても魚類から両生類へのような大進化は説明できない というようなことが書かれています。 ここがよくわかりません。本書後半に載ってある中立説なんかを考えると いきなり魚がカエルになることは考えにくいですが、見た目に現れない突然変異のが遺伝 していき、ある臨界点(勝手に考えました)を期に一気に進化したりとかはないのでしょうか というか、そもそも大進化は小進化を積み重ねではないんですか? 否定されてるんですか?

  • 胎生の爬虫類

    当サイトで、胎生の爬虫類が存在すると知りましたが、検索をかけて辿り着いたサイトも、胎生と卵胎生をきちんと区別しているかどうか明確でありません。どなたか、胎生(卵胎生でなく)爬虫類の種名をご存知ありませんか?

  • 母体内での胎児の進化を載せたサイト

    母体内での胎児の進化を表した絵(図)か写真などを見られるサイトを捜しています。 (正確ではありませんが、)細胞→魚→両生類→爬虫類→鳥類→哺乳類という進化の段階がわかるサイトです。 中学だったかの理科の教科書に載っていたアレです。 どうかご存知の方がおられましたらお教え願います。

  • 動物の進化はどうやって起きているのか

    生物の進化は突然変異の積み重ねで、より生存に適した変化をした個体がより子孫を残しやすく、徐々に広がっていった、と理解しています。その場合、少し首の長いキリンがたまたま生まれ、より高い部分の葉を食べやすいため、子供が増えやすいというのは、まだ理解できます。 ただ、深海魚などで、頭の上に角のようなものが長く生えて、その先に小魚をおびきよせるための発光体がついていることがありますが、これは到底理解できません。1000回あるいは1万回くらいの変化・進化を遂げて初めて、角が徐々に伸び、さらに数百回の突然変異で発光するようになるのではないでしょうか。 そうすると、その間は特に生存率を高める機能が発揮できません。それなのに、なぜある方向の突然変異が起き続けるのでしょうか。

  • 卵胎生の魚の受精

    ウチによく来られるお客さんで、熱帯魚を飼っておられる方と話していて、ふと疑問を感じました。 魚の中には卵をお腹の中で孵す卵胎生(でよかったのかな?)の性質を持つものがいますよね? こういった魚は、どうやって受精するのでしょうか? 図鑑かなんかには、クロダイは最初は全部オスで、その後両性具有、最後にオスとメスに分かれると載っていた記憶がありますが、卵胎生の魚もこんなカンジなのでしょうか?

  • 「進化している」という用語について

    しろうとですが、進化論に興味をもっていて、昨年、惜しくもなくなられた米国の生物学者、スティーヴン・J・グールド氏のエッセイなんかを読んでて思うのですが、特にスポーツ、野球関連の記事で目にする「進化している」という言葉の使い方。 グールド氏は繰り返し述べていますが、魚類・爬虫類・哺乳類と進化して、哺乳類の中でも、類人猿から人類に進化し、最高位に人間がいるのだという考えは、人間中心主義的であって、進化がすすむほど生物学的に上位に位置すると考えるべきではないという考え方があります。 人類至上主義が、結局、地球環境破壊につながったんだという意見もあるようです(私はなるほどなって思ってる)。 例えば、打者がスイングを工夫して打率があがったら、「進化してる」んじゃなくって「進歩してる」んじゃないかなと思います。 こういう「進化」の言葉の使い方って、気になってる人はいらっしゃいますか? 今後も、使われつづけるのでしょうか?

  • 昆虫の進化の歴史を教えて下さい。

    脊椎動物の進化は学校でならいました。 (・・・⇒魚類⇒両生類⇒爬虫類⇒哺乳類・鳥類 だったかな?) ですが昆虫に関しては全然習った記憶がありません。 なんか突然シダ植物のころ地上に誕生したかのような 錯覚があります。実際は海の中のどのような生物から 進化したのでしょうか? 人間は母の体内(羊水⇒海と同環境)で魚からの進化 の形態をたどって人間の形になるようですが昆虫は イモムシ⇒さなぎ⇒成虫(甲虫など)と特異です。 これも進化の歴史の形態をたどってるのでしょうか? 足の数が6本ということはみんな同一の祖先なんですよね???

  • 進化について

     昨日のNHKスペシャルで、津波の被害を受けた子供が、「鳥だったら津波からも簡単に逃げられたのに・・・」旨のことを言っていて、最初は単純だなあと思ったのですが、何かひっかかるものがありました。  確かに鳥だったら、空を飛べたら、大地震や津波の被害を受けることもないように思いますが、進化論的には、鳥類から哺乳類へと、飛ぶことをやめて地上の生活形態へと変化したことが進化です。「翼をください」のように空を自由に飛ぶことへの憧れが人間にはありますが、ある意味それは退化になるわけです。飛ぶことをやめた鳥類、ダチョウやペンギン、にわとりなどもいますが、動物があえて空を飛ぶ自由を捨てて、不自由に地上を走ることだけを選んだ理由がよくわからなくなりました。鳥類→哺乳類への進化、飛ぶことをやめた意義は何でしょう?

  • カモノハシの起源

    確か、生物の教科書で、単孔目は爬虫類と哺乳類の中間だと読みました。 しかし、カモノハシはとても鳥類に似ていると思います。はりもぐらはよくわかりませんが。 なぜ、単孔目は爬虫類と哺乳類の中間種なのですか? また、カモノハシはどのように進化してきたのですか?