• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

1年単位の変形労働時間の協定

下記の条件で、1年単位の変形労働時間を協定しています。 ・年間総労働時間 2077時間30分 ・週平均労働時間 39時間50分 ・月平均労働日数 23.08日 ・月平均労働時間 173時間07分 ・休日日数    88日 ・所定勤務日数  277日 この際に ・出勤      25日勤務 ・休日出勤    1日(7.5時間) ・勤務時間    187.5時間(7.5/日) ・残業時間    65時間 の実態があった場合、何か問題は生じますか?? 資料不足があれば、指摘をお願いします。 ご指導宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数322
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

監督署に提出した変形労働時間届けの内容を見ないと判りません。 一日の労働時間、年間労働日数、等、すべては、変形労働時間届けの書類を見ないと覚えていませんが?変形労働時間届けの数字内ないなら問題ありません。残業ですが、36協定は妥結してあるのでしょね。残業時間 65時間とは、月のですか? 今緩和されたかと思いますが、一寸前まで、変形労働時間場合は、4週を42時間までの残業の制限、それをクリヤーしようと思えば、特別に協定を結ぶ。ようになっていると思います。ただ緩和されているかも知れません。詳細が、うろ覚えで済みません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 1年単位の変形労働時間制に関する協定届について

    1年単位の変形労働時間制に関する協定届について 上記の協定届の項目の中で、「労働時間が最も長い日の労働時間数」と「労働時間が最も長い週の労働時間数」の記入方法について、どなたかご教授頂けないでしょうか。 「労働時間が最も長い日の労働時間数」については、36協定届に記載した「1日において延長できる時 間」と「会社で定めた所定労働時間」を足した時間を記入するのでしょうか?それとも残業時間を省いた会社で定めた所定労働時間数を記入すれば良いのでしょうか? 同様に「労働時間が最も長い週の労働時間数」についても残業時間を含めた労働時間数を記入するものなのでしょうか? いくら探してもそのことについて記載されているサイトが見当たりません。。。 どなかたご教授お願い申し上げます。

  • 1年単位の変形労働時間制

    労働基準監督署より指導を受け、 今年度より1年単位の変形労働時間制を採用し、 36協定も締結しました。 1日の労働時間は7.5時間、年間休日は88日で、 年間カレンダーを作成し提出しました。 残業ほとんどありませんが、 今回の指導により所定休日を決定したため、 休日出勤をしなければいけない可能性があります。 ただ欠勤する人も多数おり、 欠勤していても所定休日に出勤していれば 割増賃金を支払うということになるのでしょうか? 振替休日は「同じ週で前日までに通知」と聞いたのですが、 欠勤する際労働者に通知の上休日にあて、 割増賃金を支払わないことは問題でしょうか? 給料の計算上、1ヶ月の所定労働時間を超えた場合は割増賃金を支払う というやり方でよければ一番いいのですが……。

  • 1年単位の変形労働時間に関する協定

    建設業の事務のパートをしています。 1年単位の変形労働時間に関する協定届けを作成しているのですが、わからない点がいくつかありましたので質問をさせていただきます。 (1)年間の労働・休日カレンダーを作成しました。(日曜休み・第2第4土曜日休み)それに基づいて『対象期間中の最も長い連続労働日数』=『6日』とするのでしょうか?それとも月~土曜日まで働いて、日曜日も働く場合もあるから、『7日』となるのでしょうか? (2)『特定期間』とは忙しい期間のことですよね?  今の会社ではいつが忙しいのかわからないので、この期間を定めない場合何か不都合はありますか?もしくは、特定期間を、2つ設定してもいいのでしょうか?(4~5月、11~12月というふうに)。 (3)『旧協定』とは前年の協定という意味ですか?  去年は作成していないので、ここは何も記入しなくても大丈夫ですか? (4)現場用と事務所用の2種類を作成しても大丈夫ですか? (5)『常時使用する労働者数』は、役員や季節雇用の方、パートは含まれるのですか? よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

基本的には1年単位の変形労働時間制の届出を監督署に出している時にチェックはされている筈で、受理されているということは大丈夫だと思います。これだけでは○か×か判断できませんし。 ただ、この内容だけ見て、残業は問題になりえるかもしれません。 時間外の限度基準 http://www.kana-rou.go.jp/users/kijyun/36kyotei.htm があるので、特別条項付き協定を結んでいなければなりません。そうでなければ65時間という協定を結ぶことはできませんので、ここで引っかかる可能性はあると思います。

参考URL:
http://www.kana-rou.go.jp/users/kijyun/1nenhenk.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 1年単位の変形労働時間に関する協定書と36協定

    1年単位の変形労働時間に関する協定書と36協定の書き方を調べています。 見本を見て作成しているのですが、それぞれの根拠が分からないので教えて下さい。 特定期間は何の為に明記するのですか?その期間だけ時間外労働してもいい、という事ですか? 別紙カレンダーとはどんなものですか?1年の休日は年の頭に1年分決まるわけではなく、数ヶ月前に決まるのですが…。 対象期間中の1週間の平均労働時間40時間(最大が40時間ですよね?なのでこのままで大丈夫ですか?) 最も長い日の週の労働時間 10時間(最大が10時間ですよね?なのでこのままで大丈夫ですか?) (最大が40時間ですよね?なのでこのままで大丈夫ですか?) 最も長い週の労働時間 50時間(最大が50時間ですよね?なのでこのままで大丈夫ですか?) (最大が40時間ですよね?なのでこのままで大丈夫ですか?) 総労働日数 260日(最大が260日ですよね?なのでこのままで大丈夫ですか?) (最大が40時間ですよね?なのでこのままで大丈夫ですか?) また、1年単位の変形労働時間に関する協定とは、時間外労働させてもいいですよ、ただ年間を通しての平均が週40時間以下になるようにして下さいね、という事ですか? その場合、もし時間外労働をした時間が深夜だった場合、深夜割増金額を考慮した時間(1.25倍)で計算するのですか?それとも時間外労働が深夜であろうととにかく1年の平均が週40時間以下ならいいのですか? 36協定届は正社員・アルバイト別に必要ですか? もし1枚の場合、アルバイトは時間外の予定はないのですが何か明記は必要ですか?人数に加算する必要がありますか? また、明記する必要がない場合、社員全員(2)の1年単位の変形労働時間制により労働する労働者なのですが、(1)は空白で構いませんか? どなたか、教えて下さい! よろしくお願い致します。

  • 賃金台帳の労働時間

    初めて質問いたします。 ある書類を提出する際に、賃金台帳を添付することになりました。 賃金台帳の様式として、労働時間や残業時間などを記入する欄があると思います。 そこで、疑問がわきました。 労働時間には、残業時間などもふくまれた合計時間数を記入するのでしょうか? 様式として、残業時間や休日出勤の時間を書く欄があるので、 別々でいいのかなと思っていたのですが、 休日出勤の時間は、労働日数や労働時間に含まれるということをつい最近 知ったので、じゃあ残業時間も含まなくちゃいけないのだろうかと思いまして。 初心者なのですみません。 役に立つサイトなど教えていただけたら幸いです。 よろしくお願いします。

  • 月単位の変形労働について

    当社は訪問介護サービスの事業所を運営しており、職員は1か月単位の変形労働時間制にてシフト勤務をしております。起算日は毎月1日、シフトは前月末に作成して皆に渡しています。 公休は、月9日基本です。 変形労働時間制の為、日によって10時間の日もあれば4時間等の日もあります。 月の所定労働時間は 30日の月で171時間、31日の月で177時間、28日の月で160時間を所定労働時間としています。 賃金規定には、「月の所定労働時間は超えないが、休日出勤をお願いした場合、1日辺り3時間分の時間外労働手当てを支給する」と記載しています。 急な職員さんの都合で休まれたことにより、他の職員の方に入ってもらったりすることも多々あります。 この場合、どの日に対して休日出勤とするかなのですが、例え月の所定労働時間数に満たしていなくても、急に休日出勤を対応してもらった日の時間数が全て時間外労働手当てとして計算するべきか、 「月の所定労働時間は超えないが、休日出勤をお願いした場合、1日辺り3時間分の時間外労働手当てを支給する」と記載している為、3時間で計算すべきなのか、ご教示お願いたします。

  • 1年単位変形労働時間制の労働時間限度について

    1年単位変形労働時間制の1日の労働時間の限度についてお尋ねです。 労働時間の限度が1日10時間と決まっていますが、 10時間超えた労働は違法になるのでしょうか。 1年単位変形労働時間制を採用した場合、 36協定での延長することができる時間は、 所定労働時間が8時間の場合、1日の延長することができる時間は 2時間が限度なのでしょうか。 2時間を超える協定は締結できないのでしょうか。 教えてください。 宜しくお願いします。

  • 1ヶ月単位の変形労働時間制の所定労働時間数は、どのように決めるのでしょ

    1ヶ月単位の変形労働時間制の所定労働時間数は、どのように決めるのでしょうか? 会社には31日の時は177時間(法定労働時間)だと言われました。 しかし週休2日休みで1日8時間です。 土日を除いた出勤日が21日間の月などは定時で帰ると177時間に達しないので減給されるか残業をして177時間にしなければいけません。 もちろん177時間以内のものは残業代はつきません。 すべてコアタイムのフレックス制の考え方のような気がするのですが合っているのでしょうか? あと、就業規則の休日に12時29日から1月3日の期間と書いてあり会社は休みなのですが、その月は土日と年末年始を除いた出勤日数で177時間働かなければいけません。 これは休みであって休みでないような気がするのですが合っているのでしょうか? 調べてもよく分かりませんでしたので詳しい方がいましたらよろしくお願いいたします。

  • 1年単位の労働時間制の日給計算

    1年単位の労働時間制で只今傷病手当の手続きをしています。 月給者で基本給350,000円 協定書の年間休日日数85日 年間労働日数280日 1日所定労働時間7時間20分 計算の仕方がわからず頭をかかえております 1日の日給の計算の仕方を教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 1年単位の変形労働時間制の時間外手当

    1日8時間、週40時間を越えた場合時間外手当を支払うということについての質問なのですが、所定労働時間が8時間、週休2日制の場合に例えば  月曜と火曜…8時間勤務      水曜…6時間勤務  木曜と金曜…9時間勤務 となった場合、この週の労働時間は40時間なのですが、木曜と金曜の時間外勤務した1時間ずつについては時間外手当を支払う必要があるのでしょうか? ちなみに1年単位の変形労働時間と36協定は監督署に提出していて、所定労働時間は8時間にしています。8時間を超えた日にはきちんと時間外手当を支払っているのですが、注文などの影響で8時間未満の日が平均して月に3日くらいあります。仕事量の少ない日は早く帰って、逆に多い日には時間外労働をすると会社の利益が上がらないので困っています。

  • 協定届の所定労働時間につきまして。

    24時間稼動している現場の技術員です。 24時間のうち私が担当の技術作業の必要とされる時間がまちまちで、基本的には8:00~16:30(内休憩1:00)ですが、時々例えば0:00~3:00、8:00~11:00、15:00~17:30でトータル8:30の勤務、内休憩トータル1:00で実働7:30となることがあります。 私が思うには所定労働時間7.5時間とされるのは休憩を間に挟んでの「連続実働時間」だと思い、協定届けの欄にある「1年単位の変形労働時間制により労働する労働者」でフレックスタイム制、コアフレックスタイム制等を組まないと協定違反になるのでは?と会社側に意見した所、こま切れ勤務でもトータルで7.5時間に収まれば問題ないと言われました。 連続勤務となれば8:00~16:30は業務が無くとも居る必要があり上に例した時間は時間外になるのでは?と考えています。会社の就業規則上ではその時間しか書いて無い状態です。 深夜手当て(22時から翌5時)は支給されてるので良いのですが、曖昧な点があり、なんか会社にだまされて働かされている感覚になってきたので、ほんとの所を教えてください。

  • 変形労働制について教えてください

    従業員5人未満で法定労働時間は週40時間の事業所です 一か月単位の変形労働制を採用したいのですが細かい点が理解できず困っています。 一か月以内の一定期間(変形期間)を平均して一週間当たりの労働時間が週の法定労働時間を超えない範囲で労働時間を具体的に定めるとあるのですが これは、設定した一か月間の労働時間の総計÷(月の暦日数÷7)=44時間以内 例:167.2時間÷(30日÷7)=39.06時間 →44時間以内、労働時間も188.5時間以内なので設定は問題なし ということになるのでしょうか?(たとえで使用した月は祝日等で労働日数が少なかったため通常は労働時間が少ない月になっています) ただし、実際の労働内容としては交代制で出勤日が増えるシステム(週5日働く週と6日働く週がある)で仕事をするためと残業で週に44時間を超える週もあれば祝日などで30時間台となる週もあり一か月間平均すればOKですが一週間単位で見ると法定労働時間を超える週もでてきます この場合設定が法定労働時間内に設定されていれば設定は問題なしだが、 実質44時間を超える週は他の週に労働時間が有り余っていても残業費の支払いが必要となるのでしょうか? また変形期間が1か月の場合の所定労働時間(例31日194.8時間など)は何のために設定された時間なのでしょうか?この時間内で残業時間も考慮し労働時間を設定しなさいという時間数でしょうか? また、この実質の労働時間が所定労働時間を超える場合は変形労働制はとれないなどの制約はあるのでしょうか? ご存知の方が教えてください よろしくお願いいたします

  • 所定労働時間と時間外

    いつもお世話になっております。 また、質問させてください。 例えば、1ヶ月単位の変形労働時間制をとっていて、その月の所定労働時間が176時間だとします。また、翌月の所定労働時間も176時間だとします。1日の所定労働時間は8時間とします。 当月も、翌月も、当初の勤務表では176時間きっかりのシフトになっています。 それが、人員の関係で当月、休みの日を出勤し、結果184時間の勤務になりました。ただ、その分の休みを翌月に与えることが決まっています。 この場合、当月184時間となり、月の所定を8時間オーバーしましたが、この分は時間外手当の対象となるのでしょうか。