SANとNAS

最近表題につき勉強しているのですが・・ 良く書籍で「SANとNASの併用は可能、適材適所で使用」とあります。 で...

dder さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2006-07-17 14:33:06
  • 回答No.3
dder レベル3

ベストアンサー率 100% (1/1)

まずは言葉の定義から
・NAS Network Attached Storage
・SAN Storage Area Network   (…間違ってないな うん)
で質問はNASはSANより低速で何に用いられるのか? (…解釈が違っていたらすみません。)
まずNASは
 ・ファイルサーバーでNICや管理ユーティリテーを搭載している。
 ・ネットワーク上のクライアント(パソコンなど)から影響を受ける
 (ネットワークのトラフィックによりパフォーマンス性能が変わる)
 ・すごく簡単に導入出来る、異種OS同士もOK、でもデータはバラバラ
 ・障害の際、原因特定や復旧連絡、ベンダー切り分けなど運用負担増
 ・ようは共有ハードディスクの増設 (ちょっと便利) 
SANは
 ・パフォーマンスは優位(専用ネットワークでブロック転送するから)
 ・データの管理が楽(差分・世代バックアップ、一元化、仮想テープなど)
 ・ストレージベンダーを特定し運用は楽、導入は高い
 ・システム、データの安定目的(運用の安定化)
位かな、(個人主観だけど)
>実際の提案・運用などで両者の使い分けにつき
これは難しい、対象システムがDBなど利用のオンラインならSAN決定
データ管理や運用管理の簡略だけならNASでも出来る。
これらに金銭的余裕があるかが問題、 話を法人利用に仮定して
会社のデータでクリティカルならSANを勧めます。
部署内やチーム内でバックアップレベルの目的ならNASで十分
DAS(直接接続)から変わる目的が利便性程度なら導入注意が必要
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ