• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

財閥はまだ存在する?

  • 質問No.2270660
  • 閲覧数21979
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 77% (17/22)

私の知り合いが「○○財閥の御曹司」だと言っています。そんなに仲は良い訳ではないのですが。。。
確かに身なりも金持ちオーラ全開なのですが、財閥は解体されたはずですよね?
「三菱グループ」、「三井グループ」など形を変えて存在しますがもはや財閥と言えるものではないと思います。
果たして今もなお○○財閥なるものは存在し続けているのでしょうか。。。そんなマンガみたいな話。
家に執事がいる、ドラマ「富豪刑事」みたいな食事、部屋はスィートルーム。。。限りなく嘘くさいんですけど。
自分でも調べたのですが、いまいち良く分からなかったので。どなたかお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.10
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 66% (447/668)

財閥の定義は、gooの国語辞書によれば、
(1)第二次大戦前の日本において発達をとげた経営形態で、一族・一門の家族的関係のもとに閉鎖的に結合した資本家の多角的経営体。三井・三菱・住友など。大資本家の一族。コンツェルン。
(2)金持ち。
という事です。
このうち、単なる金持ちを示す意味なら、存在しているに決まっているので、これは横において、上記(2)の意味で使われる場合は、定義に歴史的な意味がある程度含まれているようです。例えば、西武グループは、同族経営によるかなり大きな企業集団ですが、「堤財閥」と言われる事は皆無ではありませんが、西武グループといった言い方のほうが普通です。

三菱グループといった旧財閥系の企業集団はもちろん存在しますが、特定の『家』が支配している訳ではありませんから、財閥ではありません。実際、三菱、三井、住友、それぞれ濃淡はあるにせよ、企業集団としてのまとまりも、戦前のように強いものではありません。

…という訳で「財閥」そのものは、もうありませんが、三井家、住友家といった「家」の個人資産まで、財閥解体で丸裸にされた訳ではありませんから、旧財閥の個人資産を受け継いだ人はいます。例えば、
No.6の方も触れている三井家の相続についての記事↓
http://www.bird-net.co.jp/rp/BR980921.html
旧川崎財閥の資産管理会社のWeb↓
http://www.kawasakiteitoku.com/
ただ、旧川崎財閥は、かなり資産管理がうまく行っている方だと聞いています。個人資産のままだと、上の記事にあるように相続の時点で、どんどん痩せ細って行きます。美術館とかを作るのも、当主の一族の人達に就職の機会を与えるだけでなく、相続によって、税金を取られたり、分割相続されたりして、資産がバラバラになっていくのを防ぐ為でもあります。

そういうわけで、質問者の方の友人が「ホンモノ」かどうかは私にはわかりませんが、(旧)財閥の資産を継承している「御曹司」は、日本にはまだ存在していると思われます。また、堤家のように、戦後にできた、同族経営の要素を持つ企業集団のオーナー一族を、比喩的に「○○財閥の御曹司」と呼ぶ事もあるでしょう。
ただし、企業集団としての財閥そのものはもう存在していません。
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

回答ありがとうございました。
なるほど、よく理解できました。
財閥の解体=個人資産も丸裸ってイメージを持っていたので、いい勉強になりました。

彼が本物の御曹司かどうかは別として(最近は周りも疑い始めているようですが)、比喩的に表現している可能性は充分にありますね。


思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
(全ての方にこれと同じ文を書きますが、ご容赦下さい。)
投稿日時:2006/08/01 18:44

その他の回答 (全9件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 13% (16/115)

先のサッカーでも判るように、日本人は「我こそは」と言うより、「支配されて安心したがる」傾向が強い様です。
地方に行けば未だに元藩主の子孫が支配する企業グループは多々ありますし、「木曜会」などの旧財閥のグループ集団も機能しています。

資本主義世界では、創業・発展・拡大の結果ゼロから巨大企業グループとなる場合がある訳ですが、創業者は通常優秀な経営者をスカウトし、引退してオーナーとして悠悠自適な生活を送って行きます。
個人資産は数百億円程度だったら使いでがあると言えますが、数兆円となればビルゲイツの様に社会的貢献に使うのが通常になります。
米国では雇われ経営者であったエクソンモービル会長が、退職金だけで460億円を貰って話題になりましたが、日本でも上記オーナーとして数百億円程度を持っている人は結構いる様ですので、漫画みたいな話はあると思いますよ。
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

回答ありがとうございました。
そのようなグループ集団もあるのですね、私のようにその日暮で生きている人間もいれば。。。不公平な世の中です(笑)

高級車が何台も家にあるとも言ってましたが、誰も乗っているのを見たことないらしいです。

彼は本物かどうかの議論は別として、漫画みたいな暮らしをしている方は確かにいっらしゃるのでしょうね。


思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
(全ての方にこの同じ文を書きますが、ご容赦下さい。)
投稿日時:2006/08/01 18:39
  • 回答No.8

ベストアンサー率 33% (7/21)

おそらく企業グループのような意味で使っているのだと思います。
飲食店数軒、ラブホ数軒、自動車学校などを経営している家族は、一般的に大企業の社長よりはるかに金持ちです。
そういう意味ではミニ財閥といえるかもしれません。しかし、巨大資本とまではいえませんので、厳密には財閥とはいいません。

ちなみに、一億総庶民感覚の日本人からすると、嘘くさい思えるかもしれませんが、家政婦、執事、運転手など数人雇っている家族なんて珍しらしくありませんよ。
私の洋××で有名な店の友人の家にはジェット機(税法上は会社のもの)があります。遊びに行くとメイドさんが迎えてくれます。そこには有名なヨーロッパ画家の絵がいっぱい飾ってあるのですが「ホンモノか?」なんて聞くきにもなれません。蓼科の別荘(というより邸宅)のリビングは、卓球台1、ビリヤード台1、マージャン卓4が余裕たっぷりに置かれていました。マージャン卓が四つ(もっとあったかも)もある生活なんて、想像もつきませんでしたよ。もちろん、客室はすべてバストイレ付きです。

「メイドに『味噌汁の椀にワカメがくっついていた』、といって、メイドを怒鳴りつける親父ですからね」と石原慎太郎の息子がテレビで言っていました。また、朝岡雪路と津川なんちゃらの家ではメイドが三人、運転手・執事が二人などと、朝岡本人が波乱万丈とかいう番組で言っていましたよ。どちらも上流の中では下の方の部類でしょう。

年収(申告分)が一億円くらいの人でも1泊100万円のスーパースイートに1ヶ月くらいは泊まれますし、20万円くらいのへなちょこスイートだったら1年でも2年でも泊まれます。
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

回答ありがとうございます。
なんとなくバリバリバリュー(でしったけ?)ってテレビ番組でそんな人がいたような。。。確かに庶民の私には想像もつかない世界ですけど。
他の回答者様も書いている方がいらっしゃいましたけど、本当の御曹司なら。。。言わないですよね、そんな事。


思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
(以降、全ての方に同じ文を書きますが、ご容赦下さい。)
投稿日時:2006/08/01 18:34
  • 回答No.7

ベストアンサー率 0% (0/17)

財閥は最近復活しつつあります。
財閥とは純粋持株会社を頂点とした企業連合のことを言います。戦後、独禁法によりこうした企業形態は禁止されましたが、1997年に独禁法が改正され純粋持株会社が許可されてから、こうした企業形態が増えつつあります。
○○ホールディングという会社名を最近良く聞くようになりましたが、これらホールディングカンパニーは企業連合の頂点に立つ純粋持株会社のことです。
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

回答ありがとうございます。
確かに○○ホールディングってのは最近よく聞きますね。
形が違えど財閥の復活の兆しですか。。。これは日本にとって良いことか悪いことか。私には難しいです。
おそらく良い面も悪い面も双方持ち合わせているのでしょうね。


思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
(以降、全ての方に同じ文を書きますが、ご容赦下さい。)
投稿日時:2006/08/01 18:31
  • 回答No.6

ベストアンサー率 38% (383/983)

 確かに財閥は解体となり、同族支配は無くなりました。
 ただ、その一族は処刑されたわけでもありませんから、ちゃんと家系としては今でも存在しています。
 聞いた話では既に旧財閥グループとの関係はほとんど無いようですけれど、多くは文化財団や美術館などの運営に関連している形でグループと関わっている方も多いようです。
 家なども越す方が金がかかったりもしますので昔からの家に住んでいる(但し使用人が多数いるかどうかは不明)ケースもあるでしょう。三井家の麻布の邸宅は近年遺産相続の関係か国の所有となっていましたね。

 御質問のケースも要は「世が世なら」という話なのではないでしょうか。
 現実に金持ちだとしたら他の方の回答にあるように旧財閥ではなく、新興の富裕者層なのかもしれません。
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

回答ありがとうございます。
今はやりの(?)プチセレブなのかもしれないですね。
少々お金持ちで一度ついた嘘が膨らみすぎたのかも。。。とも最近思い始めています。
閨閥の可能性もありますけど、本当に財閥の御曹司が自ら言うのかな。。。と。


思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
(以降、全ての方に同じ文を書きますが、ご容赦下さい。)
投稿日時:2006/08/01 18:28
  • 回答No.5

ベストアンサー率 10% (313/2977)

財閥は、事実上解体されてないも同然です。

今の政治でもよく見る光景ですが、まったく意味のない骨抜き政策をしますよね? それと同じです。
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

回答ありがとうございます。
昔っから日本は変わってないですね。(これはGHQかな?)
もう少し彼を締め上げて(?)事の真相を探ってみます。


思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
(以降、全ての方に同じ文を書きますが、ご容赦下さい。)
投稿日時:2006/08/01 18:24
  • 回答No.4
知り合いは韓国人だったりして。。。
韓国の有名な企業は多くが財閥だったりします
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

回答ありがとうございます。
韓国はそうなんですか?!勉強になります。
言われてみれば。。。ちょっと日本人とは違うような顔にも見えますが。。。たぶん日本人だと思います(笑)
見た目じゃちょっと判断しがたいですね。
体格はかなり良いですが。


思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
(以降、全ての方に同じ文を書きますが、ご容赦下さい。)
投稿日時:2006/08/01 18:21
  • 回答No.3

ベストアンサー率 20% (31/155)

財閥イコール、戦前の様な物でなく、ただ単に金持ちだとゆう意味で使っているのでは?何々グループの総帥(創業家)などと言っても、現代の資産家とゆうものは、詳しくは説明できませんが、戦前の財閥とは随分仕組みが違うと思います、戦後財閥が解体されたのは、民主主義の浸透と軍事産業の解体が一番の目的だと思います、農地改正なども同じといえるでしょう、ただそのお知り合いの方、自分で自分の事を御曹司と言っているのですか?ちょっと感覚を疑いますね!本当のお金持ちはそんな言い方はしないと思いますが。
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

アドバイスありがとうございます。
私の本当のお金持ちならそんな自慢をするとは思えないのですが、、、まあ言わせておこうかな、、、と(笑)
私は庶民ですが、仮にお金持ちだったらと想像しても怖くて人前でそんなこと言えませんね。
御曹司って言葉を聞いて「おぼっちゃまくん」しか浮かばない程度の想像力ですが。


思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
(以降、全ての方に同じ文を書きますが、ご容赦下さい。)
投稿日時:2006/08/01 18:18
  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (2858/11130)

戦前の財閥は持ち株式会社でその経営者が世襲の同族会社だったのです。その意味での財閥は占領軍による財閥解体でなくなりました。しかし、財閥系の銀行自体は残ったので、これを核とした金融グループという形で旧財閥系の会社は緩い連帯組織を持っています。これはバブル崩壊後の金融危機で銀行の統廃合が進みましたが、それでもその結束は維持されているようですね。その意味で財閥というのは戦前とは全く違う形ではありますが、グループとしては存在すると云ってもいいのではないでしょうか。でも財閥の御曹司というのはいませんよね。財閥グループの中核をなす会社の経営者の息子ということでしょう。たとえば三井物産だとか三菱重工だとか・・・。しかしこのような会社は同族会社ではなくなっています。
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

回答ありがとうございます。
そうですね、グループ会社の社長の息子の可能性もありますし、ANo.#1の方も触れてましたが閨閥の可能性もありますね。
何れにせよ私のような庶民にはあまりピンと来ない世界です。

思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
投稿日時:2006/08/01 18:14
  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (17/65)

戦後60年たって、いわゆる「財閥」の存在はもはや歴史上
のものといっていいでしょう(銀行見ればわかります)。

ただ、姻戚関係にもとづく「閨閥」は確実に存在するので
はないかと思います。いろいろ調べてみてはいかが。

あ、ちなみに「ワールド・ウェルス・レポート2006年版」
によると、日本には純資産100万ドル以上の方が141万人い
らっしゃるそうです。
お礼コメント
misty2006

お礼率 77% (17/22)

回答ありがとうございます。
彼が言っているのは閨閥の可能性もありますね、しかし血だけで。。。ってのも私のような庶民には少々ずるいなって思わなくは無いですね(笑)

141万人ですか。。。100人に1人、でも私には縁の無い話ですね。

思った以上に回答された方が多くて、戸惑ってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ございません。
(以降、全ての方に同じ文を書きますが、ご容赦下さい。)
投稿日時:2006/08/01 18:11
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ