• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

微分の微分

微分の微分は、 d^2y/dx^2=(dy'/dt)/(dx'/dt)=y''/x' と習ったのですが、 どうして y'' を x'で割らなければいけないのですか? y''を求めるのだから、y'をもう一度微分すればいいのに、 と思うのですが。。。 例えば、x= sin t y=t^2+7t+3 があります。 dy/dx(←実はこれもなん式なのかよく分かっていませんが、、、)は、 y'/x'= (2t+7)/cos t ですよね。 それで、さらに、それを微分したいのですが、 その時に、私は {(2t+7)'*cost-(2t+7)*(cost)'}/(cost)^2 だけで良いと思うのに、本当はそれを x'で割るのですよね。 それで、答えは {2cost+(2t+7)(sint)}/(cost)^3 としなければいけないのが 不思議でたまりません。 解説を宜しくお願いします。

  • nah
  • お礼率28% (228/793)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数775
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

    すでに多くの方の回答がありますが、基本的なことの指摘がないように思いますので、あえて回答させていただきます。     >微分の微分は、   >d^2y/dx^2=(dy'/dt)/(dx'/dt)=y''/x'   >と習ったのですが     それは、記憶違いで、そんな公式はありません。「ない公式」を使って計算すると変な結果が出てくるのは当然ですし、納得行かないことが起こるのも当然です。幸い、微分についてはご存じのようですから、記号の定義を、もう一度確認すれば、疑問は氷解します。     xの関数yを、xで微分するのを、記号で、dy/dx と書きます。   xの関数yの微分(=dy/dx)を、更にxで微分する場合は、d(dy/dx)/dx となるのですが、これを、簡単な記号で、d^2y/dx^2 と書きます。「^2」が付いている位置に注意してください。こういう感じで、記号としては:     xの関数yを、xで微分する → dy/dx   xの関数yを、xで二回微分する → d^2y/dx^2   xの関数yを、xで三回微分する → d^3y/dx^3   ……     こういう風に記号で表します。こういう記号を使うのは、合理的理由があるのですが、それはとまれです。     ところで、「何で微分するか」が、筆者にも読者にも、明らかである場合は、上の記号で示した微分を、左上のダッシュの数で示します。つまり、y' y'', y''' などです。しかし、これは、微分するのが、xとか決まっている場合にのみ使います。物理では、普通、時間tで微分する時、この省略記号を使います。それ以外の変数の場合は、混乱が起こるので、dy/dt を y' などで表す以外、普通、使用しません。まさに、混乱が起こるからです。   -------------------------     どうもおかしい気分なので、最初の誤りだという公式について考えてみます。     d^2y/dx^2 = d[(dy/dt)/(dx/dt)]/dx   この式を変形して   = {d[(dy/dt)/(dx/dt)]/dt}{dt/dx}   = {d[(dy/dt)/(dx/dt)]/dt}/{dx/dt}     これは、yとxが何かのパラメータ変数(例えばt)で規定されている時の、tによる二階微分の解法の式です。その意味では「誤り」ではないのですが、最初に提示されている公式は:     d^2y/dx^2=(dy'/dt)/(dx'/dt)=y''/x' です。     しかし、これは、dy'/dt=y'' のはずで、そうなら、dx'/dt=x'' で、だから誤りだと述べたのです。   y'=dy/dt=2t+7 → y''=dy'/dt=2   x'=dx/dt=cos t → x''=dx'/dt= -sin t   これは、どう考えても正解はでません。     従って、記憶違いで、そんな公式は「ない」と述べたのです。計算間違いの問題ではありません。     > d^2y/dx^2=(dy'/dt)/(dx'/dt)=y''/x'     こんな公式がおかしいのです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 三角関数の微分について

    よろしくお願いします。 問題【asin^4t, y=b*(1-cost)のとき、dy/dx, d^2y/dx^2 を求めよ。】 まず、a と b を、t で微分しました。 そこから、dy/dx = -(b*cos^2t)/(a*sin^2t) を導きました。 これが合っているかを、教えてください。 次に、d^2y/dx^2 を、(d/dt)*(dy/dx)*(dt/dx)と考えて解こうとしました。 ところが、{(a*sin^4t + b*cos^4t)/(a^2*sin^4t)}*1/4a*sin^3*cost という、奇妙な結果になってしまいました。 これは間違いだと思います。 ですので、解答と解説をお願いしたいと思います。 以上、よろしくお願いします。

  • 数III 微分

    微分について、2点わからないことがあるので質問します。 問題1. x^2-y^2=a^2のとき、d^2/y/dx^2をx,yを用いてあらわせ。ただし、aは定数とする。 x^2-y^2=a^2の両辺をxで微分して、2x-2ydy/dx=0より、dy/dx=x/y(y≠0)さらに d^2/y/dx^2=(d/dx)*(dy/dx)・・・(1)として計算することには納得できました。しかし (1)で{1*y-x*(dy/dx)}/y^2 となっているのは、yをxの関数 y=±√(x^2-a^2)として書けるからでしょうか。yが定数にならない理由を教えてください。 問題2.(dy/dx)を求めよ、ただしaは0でない定数とする。 x=a(cost+tsint),y=a(sint-tcost)のとき、 dx/dt=atcost,dy/dt=atsint よって dy/dx=sint/costなぜ,tantにならないのでしょうか。ほかの問題の答えでも、dy/dx=-sinθ/cosθでした。tanθになおさない理由をおしえてください。お願いします。

  • 微分の計算順番について

    dx/dt = 1-cost dy/dt = sint dy/dx = (dy/dt)/(dx/dt) = sint/(1-cost) の時に (d^2)y/dx^2 を求めたいのですが、 (d^2)y/dx^2 = (d/dx)(dy/dx) = (dt/dx)(d/dt)(dy/dx) = {1/(1-cost)}(d/dt){sint/(1-cost)} と計算していった時と、 (d^2)y/dx^2 = (d/dx)(dy/dx) = (d/dt)(dt/dx)(dy/dx) = (d/dt){1/(1-cost)}{sint/(1-cost)} = (d/dt){sint/(1-cost)^2} と計算していった場合で答えが違いました。 tで微分する順番が関係あるのでしょうか。 よろしくお願い致します。

その他の回答 (7)

  • 回答No.7
  • nuubou
  • ベストアンサー率18% (28/153)

記号ばっかりでいまいちつかめないので、良かったら例題をお願いしたいのですが・・・。: 既にNo.3で証明したように x’=dx/dt,x”=dx’/dt,y’=dy/dt,y”=dy’/dtとすると dy/dx=y’/x’,(d/dx)^2・y=(y”・x’-y’・x”)/x’^3 x=sin(t)かつy=t^2+7・t+3の場合 x’=cos(t),x”=-sin(t),y’=2・t+7,y”=2 従って dy/dx=y’/x’=(2・t+7)/cos(t), (d/dx)^2・y=(y”・x’-y’・x”)/x’^3 =(2・cos(t)+(2・t+7)・sin(t))/(cos(t))^3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • nuubou
  • ベストアンサー率18% (28/153)

hugyさんの件で (1)y(t)'' (2)=d^2{y(t)}/d{x(t)}^2 (3)=d{y'(t)}/dx(t) (4)=d{y'(t)}/dt÷dx(t)/dt     ←先ほどの式を代入 (5)=y''/x' (1)→(2)においてはy”=(d/dx)^2・yであり (2)→(3)ではy’=(d/dx)・yであり しかし (4)→(5)ではy”=(d/dt)・y’である (これはy”=(d/dt)・(d/dx)・yのことかな?) 「’はtによる1階微分、”はtによる2階微分」あるいは 「’はxによる1階微分、”はxによる2階微分」のどちらかにしないと混乱します

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • hugy
  • ベストアンサー率23% (21/88)

>高校生ではないです。 つい、"家て教"の悪い癖です。(^^;A 失礼しました。m(__)m 本当は先生方がすでに回答済みで、私のような学部生のでしゃばる幕はないのですが、お詫びをかねたつもりです。具体例は回答なさられているので、一般例を・・・・ yをy(t)と、そしてxをx(t)と、それぞれtについての関数だと思ってください。y'(t)=dy/dt;x'(t)=dx/dt。これはすでに前の先生方が述べているので、そちらをご参照ください。ここからです。 y(t)'' =d^2{y(t)}/d{x(t)}^2 =d{y'(t)}/dx(t) =d{y'(t)}/dt÷dx(t)/dt     ←先ほどの式を代入 =y''/x' 以上 敬具

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

まさにポイントは、あなたのおっしゃている不明点、 「dy/dx(←実はこれもなん式なのかよく分かっていませんが」 ここにあります。 文字がxとyの2文字だけなら、y’とかy’’の記号で十分ですが、 3つ目の変数が出てきたら、dy/dxのような表記をしないと混同が起きることがあります。 dy/dx は yをxの関数と見て微分する、dy/dt は yをtの関数と見て微分する、 という意味です。 例えば、y=x^3+2x, y=t^4-3t の場合、 dy/dx=3x^2+2 , dy/dt= 4t^3-3 となるわけです。y'といった場合、このどちらを指して言っているのか、はっきり しないといけません。 ここからは、あなたの挙げられた例に沿って説明します。 x= sin t , y=t^2+7t+3 の場合、 「y'/x'= (2t+7)/cos t ですよね。」 そのとおりです。ただし、ここのy'は dy/dt (yをtの関数と見て微分したもの) 、x' は dx/dt (xをtの関数と見て微分したもの)です。 このyをxの関数として微分したものは、 dy/dx=(dy/dt)÷(dx/dt)=(y')÷(x') ということで、 (2t+7)/cos t となるわけです。 「それで、さらに、それを微分したいのですが、」 これをxで微分したものを求めるということですね。   「その時に、私は {(2t+7)'*cost-(2t+7)*(cost)'}/(cost)^2 だけで良いと思うのに、」 これは、上の式をtで微分したものです。xで微分したものではありません。 xで微分したものを求めるには、 d/dx(dy/dx)=d/dx( (2t+7)/cos t )       =d/dt ・ dt/dx ( (2t+7)/cos t )       = d/dt( (2t+7)/cos t )・ dt/dx       =[{(2t+7)'*cost-(2t+7)*(cost)'}/(cost)^2 ]・dt/dx  =[{(2t+7)'*cost-(2t+7)*(cost)'}/(cost)^2 ]÷dx/dt このようにして、「x'で割る」必要があるわけです。 これからは、y’という記号は dy/dxに対して使い、 dy/dt には使わないようにされることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

あぁ~!なるほど! dy/dtっていうのは、yをtの関数と見て微分するということなのですね! で、dy/dxはyをの関数と見て微分する、、、! でもちょっと分からないのがd^2y/dx^2の記号の意味です。

  • 回答No.3

●y'という表記が混乱の元と思われます。 y' = dy/dt という意味でお使いですね。右辺は何を意味しておるかと言えば「tをちょびっと変えたとき、yがどれ程変わるか。」に他なりません。ただし、この「tをちょびっと」の加減によってyの変化が違うので、yの変化はtの変化の何倍であるか、という比で表そう。これがdy/dtということです。  yがtと無縁のものなら、tが変わろうとyが付き合って変わることはありません。この場合は変わる。ですから正確には、yは「変数」というよりも、「tによって値が決まる関数である。」と考えるべきです。つまり y(t) = t^2+7t+3 という風に書く方がはっきりします。  さて、tの値が幾らであるかによって(dy/dt)の値も違う(tを「幾ら」からチョビッと動かすかによって、yの変化は違う)ので、(dy/dt)はそれ自身、tに依存して値がきまる関数である。 (dy/dt)(t) と書くとはっきりします。このことを強調したい場合、「微分」と言わず「導関数」と呼ぶのでした。  でもこんな書き方はめんどくさいので yt(t) (このyの直後にあるtは小さい文字を下の方に添えて書く)という書き方も使います。何で微分するか(この場合t)がもう決まり切ってる場合には、さらに手抜きして、 y'(t) = (dy/dt)(t) と書いてしまうわけです。だから ' ってのは「tによる微分」という意味であって、「単なる微分」ではない。必ず「何か」による微分であって、「単なる微分」なんてものはそもそもないのです。(ここがポイント!)  これとは別に、もう一つ関数があって、 x(t) = sin t である。 dx/dt = cos t というのは、既に述べたように「tをちょびっと変えたとき、xがどれ程変わるか、を比で表したもの」です。 ●さて、ご質問の問題に入る前に、次の微分を考えてみましょう。 dy/dx こりゃどういうことでしょうか。y(t)の右辺にxなど出てこないから、両者は無縁?そうではないです。共通のtというものを介して相互に関係しているわけですね。  dy/dxとは、「xがちょびっと変わるようにtをちょびっと変えたとき、その同じtの変化に対応してyがどれだけ変わるか、をxの変化に対するyの変化の比で表したもの」です。これはつまり「tをちょびっと動かしたとき、yがどれだけ変わるか」と「tをちょびっと動かしたとき、xがどれだけ変わるか」との比、と考えることもできる。だからこそ dy/dx = (dy/dt) / (dx/dt) が成り立ちます。  さて dy/dx= (2t+7)/cos t という風に右辺をtで表すと、 (dy/dx) (t) = (2t+7)/cos t という意味ですね。これをtで微分したものはtをちょびっと動かしたとき、(dy/dx) がどれだけ変わるか、ということを表しています。  もし(dy/dx) の右辺をtを使わずに書いておけば、 (dy/dx) (x) =(2arcsin(x)+7)/cos(arcsin x) ということになり、これはxの関数であり、これをxで微分したものはxをちょびっと動かしたとき、(dy/dx) がどれだけ変わるか、ということを表しています。 ●んではご質問の話に入りましょう。 d^2y/dx^2 こりゃあ何でしょうか。(dy/dx)(t)という関数をさらにxで微分したいわけです。だから g(t) =(2t+7)/cos t と書くことにして、yのことは忘れて良し。そうすれば「g(t)をxで微分したい」、とこう言ってるのと同じですから、 dg/dx = (dg/dt)/(dx/dt) かくて d^2y/dx^2 = dg/dx = (dg/dt)/(dx/dt) =(d(dy/dx)/dt) /(dx/dt) =(d((dy/dt) / (dx/dt))/dt) /(dx/dt) ということに相成ります。 ●最後に、nahさんがどこでチョンボしたかチェックしてみましょう。ご質問の中の > dy/dx(←実はこれもなん式なのかよく分かっていませんが、、、)は、 > y'/x'= (2t+7)/cos t ですよね。 はい。こいつがg(t)ですね。 > それで、さらに、それを微分したいのですが、 > その時に、私は > {(2t+7)'*cost-(2t+7)*(cost)'}/(cost)^2 > だけで良いと思う この「それ(g)を微分したい」が失敗です。「それ(g)をtで微分したい」のなら、 dg/dt = d(dy/dx)/dt = {(2t+7)'*cost-(2t+7)*(cost)'}/(cost)^2 で大正解。でも d^2y/dx^2 をやれ、というのですから求めるのは「それ(g)をxで微分したい」なんですね。ゆえに (dg/dt)/(dx/dt) をやらなくちゃいけない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私の場合は「g(t)をxではなく、tで微分」しただけだったってことですよね? あと、それから、 d^2y/dx^2 = dg/dx = (dg/dt)/(dx/dt) =(d(dy/dx)/dt) /(dx/dt)、ここからの分母が何を現しているのかが 良く分かりません。。。 補足、出来たら宜しくお願いします。

  • 回答No.2
  • nuubou
  • ベストアンサー率18% (28/153)

x’=dx/dt,x”=dx’/dt,y’=dy/dt,y”=dy’/dtとする d/dx=(d/dt)/(dx/dt)であるから dy/dx=(dy/dt)/(dx/dt)=y’/x’である d/dx=(d/dt)/(dx/dt)とdy/dx=y’/x’とから (d/dx)^2・y= (d/dx)・(d/dx)・y= (d/dx)・(dy/dx)= (d/dx)・(y’/x’)= (d/dt)/(dx/dt)・(y’/x’)= (d(y’/x’)/dt)/(dx/dt)= (d(y’/x’)/dt)/x’= ((y”・x’-y’・x”)/x’^2)/x’= (y”・x’-y’・x”)/x’^3 従って(d/dx)^2・y=y”/x’ではないのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

記号ばっかりでいまいちつかめないので、良かったら例題をお願いしたいのですが・・・。

  • 回答No.1
  • hugy
  • ベストアンサー率23% (21/88)

まず、あなたの知識レベル(高校生かな?)が分からないから、説明は難しいと思います。 とりあえず、積分はご存知ですか?微分と積分の定義が分かればそのような 疑問もなくなると思いますので、下のURLでも一読をお勧めします。

参考URL:
http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~hamada80/math/math13.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

高校生ではないです。高校では数学(1)Aと(2)Bを取りました。積分、聞いたことあるけど、記憶にあまり残っていません。

関連するQ&A

  • 微分と行列

    微分と行列の問題なのですが解答がないので チェックをお願いします 次の関係からdy/dx,d^2y/dx^2を求めよ x=acos^3t y=asin^3t (a>0) dy/dt=3asin^2tcost dx/dt=-3acos^2tsint dy/dx=3asin^2tcost/-3acos^2tsint=-tant d^2y/dx^2=(d/t)(dy/dx)(dt/dx) =(d/t)(-tant)(1/-3acos^2tsint) =(-1/cos^2t)(-1/3acos^2tsint) =1/(3acos^4tsint) 余因数展開により次の行列式を求めよ D=|a^2 a 1 bcd|  |b^2 b 1 acd|   |c^2 c 1 abd|   |d^2 d 1 abc|   = |a^2 a 1 bcd | |(b+a)(b-a) b-a 0 -cd(b-a)| |(c+a)(c-a) c-a 0 -bd(c-a)| |(d+a)(d-a) d-a 0 -bc(d-a)| =(b-a)(c-a)(d-a)|(b+a) 1 -cd| |(c+a) 1 -bd| |(d+a) 1 -bc| =(b-a)(c-a)(d-a)|(b+a) 1 -cd | |(c-b) 0 d(c-b)| |(d-b) 0 c(d-b)| =-(b-a)(c-a)(d-a)(c-b)(d-b)|1 d|=(a-b)(c-a)(d-a)(c-b)(d-b)(c-b)      |1 c|   面倒ですがお願いします

  • 次の式のまとめかた

    (dx/dt)^2+(dy/dt)^2=1という式に dx/dt = -sint(1+2cost) dy/dt = (cost+1)(2cost-1) というものを当てはめました。ちなみにこの微分の式はあっています。 手計算したら sin^2t + 4sin^2tcost + 4sin^2tcos^2t +4cos^4t + 4cos^3t -3cos^2t -2cost+1 =1 となりました。 でも解答は2(1+cost) でした。 どうやってこの解答に上式をまとめられるのでしょうか? お恥ずかしい質問ですがご指導お願いします。

  • 解析学の質問です

    次のように問題を解いてみました。 間違いがあれば、正しい解き方を教えてください。 【問題】 1. x=a*cost, y=b*sint のとき、dy/dx , d^2*y/dx^2 を求めよ 【解答】 dx/dt = -a*sint, dy/dt = b*cost となるので、 dy/dx = b*cost/(-a*sint) = -b/a * cost/sint = -b/a * 1/tant = -b/(a*tant) d^2y/dx^2 は、(d/dx)*(dy/dx)なので、(d/dt)*(dy/dx)*(dt/dx)とおけるから、 (与式) = d/dx{(-b/a)*(1/tant)}*(1/-a*sint)である。 よって、-(b/a)*(1/sec^2*t)*(1/-a*sint)= b/(a^2*sint*sec^2t)=b/{a^2*sint*(1/cos^2t)} = b*cos^2t/a^2*sint = (b/a^2)*(cost/sint)*(cost) = (b/a^2)*tant*cost 以上、よろしくお願いします。

  • 数(3)の微分法

    Xの関数Yが、tを媒介変数として、次の式で与えられているときd^2y/dX^2(この2は二乗です)をtを用いて表せ。   X=2cost Y=3sint dx/dy=-2sint,dy/dt=3costであるから、 dy/dx=-3cost/2sint=-3/2tant d^2y/dx^2=d/dx(dy/dx)=d/dt(dy/dx)dt/dx =d/dt(-3/2tant)1/-2sint=このあとがわかりません! 教えてください!

  • 積分について

    dx/dt=3acos^2t(-sint) dy/dt=3asin^2tcostのとき、 (dx/dt)^2+(dy/dt)^2 =9a^2cos^2t+sin^2t この計算過程を教えてください。

  • 連立微分方程式の解き方について

    次の問題の解き方を教えて下さい。 できれば途中の過程も教えて頂ければありがたいです。 問、一般解を求めよ。 1.dx/dt = -7x + y dy/dx = -2x - 5y 2.dx/dt = 4x + y +2e^(3t) dy/dt = -2x + y -3e^(3t) 3. dx/dt = x - y + t^2 dy/dt = 2x - y + t^2 - t 答え1.x = e^(-6t) (C1 cost + C2 sint) y = e^(-6t) ((C1+C2)cos t + (C2-C1) sin t) 2.x = C1 e^(2t) + C2 e^(3t) + t e^(3t) y = -2C1 e^(2t) - (1 + C2)e^(3t) - te^(3t) 3.x = 3t + C1 cos t + C2 sin t y = t^2 + 3t - 3 + (C1 - C2) cos t + (C1 + C2) sin t 個人的にわからないところは何度計算しても(C2-C1)のような式が 全く出てこないので困っています。3についてはx=3t + (1/2)C1 cos t + (1/2)C2 sin tの ようになってしまいました。

  • 媒介変数からの微分

    次の問題を教えてください。 媒介変数tで表示された関数 ・x=e^t sint ・y=e^t cost について次を求めよ。 (1) dy/dx (2) d^2y/dx^2 導関数の定義を曖昧に理解してしまっているのが原因だと思います。 (1)はxとyをそれぞれtで微分して、dx/dt dy/dtより求まりました。  答えは(cost-sint)/(sint+cost)となり間違いはないと思います。 (2)のほうが曖昧です。  2回微分して…と考えたのですが少し違う気がしました。    方法がわかる方は(2)の解放をぜひ教えてください。

  • 微分と偏微分の問題です

    次の問題が与えられています。 x=a*sin^3t , y=a*cos^3tのとき、dy/dx,d^2y/dx^2、∂y/∂x,∂^2y/∂x^2を求めよ。 まず、微分の方なのですが、xとyをtで微分し、そこから式を進めて、 dy/dx =-1/(sin^2 t) が求まりました。 そして、 d^2y/dx^2 = - 1/3a*cost が求まりました。 これについて、まず、本当に正しいのかを添削してください。 間違っていましたら、ご解説をお願いします。 そして、偏微分についてですが、これはどのように回答していのが正しいのでしょうか。 「偏微分は微分と同じ答えになるので……」と、簡単に書いてしまって良いモノか悩んでいます。 以上、よろしくお願いします。

  • 微分について

    dx/dt=1-cost,dy/dt=sintのとき、d^2y/dx^2を求めよ。という問題がありました。 d^2y/dx^2=dt/dx・d/dt・dy/dxと合成微分します。 ここで回答にはd/dt・dy/dxを一塊として微分していました。 自分はdt/dx・dy/dxをtの関数で表し、tで微分しました。すると出てくる値が違います。 なぜこのやり方ではいけないのでしょうか?

  • 微分方程式の問題(4問)がわからないので教えていた

    微分方程式の問題(4問)がわからないので教えていただきたいです。できれば途中式、解説などもお願いいたします 【1】、【2】微分方程式の一般解を求めよ 【1】 dy/dx+(x-2)/y=0 【2】 dy/dx+1/x*y(x)=e^2x 【3】、【4】微分方程式を求めよ 【3】 d^2y/dt^2 + dy/dt - 2y(t) = sin t 【y(0)=0、 y'(0)=0】 【4】 dq(t)/dt + q(t)/RC = sin 2t 【q(0)=0】