• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

屋根裏の断熱材

2階の天井板を張り替える時に 天井裏がとても暑いことを知りました。 そのとき参考にしてたリフォームの本に 屋根板の下に断熱ボードを入れる例が出ていました。 早速ホームセンターで2センチ厚の断熱材を買って 瓦板の下にサイズに切手ぴったりとはめ込み落ちないように 板で止めました でも、以前ポリカの波板の軒が暑かったので 下にダンボールで日よけをしたら 涼しくなったけど、透明のトタンは熱で黒く変色してしまいました。 屋根板の裏に断熱材をつけたのは良くなかったでしょうか? どなたか教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1536
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

断熱方法には屋根の裏側に断熱材を入れる屋根断熱と 2階などの天井の上に断熱材をいれる天井断熱に分けられます。 なので瓦下の野地板部に断熱材を入れるのは間違っていませんが 野地板と断熱材の間に通気層と呼ばれる空間を作らなければなりません。 野地板と密に入れてしまうと結露の原因になりますので 通気層を作り屋根の下側から上の棟側に向かって空気が流れるようにしなければなりません。 屋根断熱の欠陥で通気層が無い為に雨漏りのように結露水が垂れる場合もあります。 お住まいの地域も入れた断熱材の種類もわかりませんが 2cm程度では効果はありません。 また、小屋裏空間の通気は重要で、通気により温・湿度を下げることにより 夏の温度上昇の緩和及び冬場の小屋裏での結露に効果があります。 リフォームで行う場合はコストも安く施工も比較的簡単な グラスウールを天井に敷き詰めた天井断熱のほうが良かったかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました、 今度瓦を葺き替えますので、そのときにはずします^^ 素人判断は×ですね

関連するQ&A

  • 屋根裏の断熱材が

    建売の新築戸建を購入し3ヶ月が経過しました。 この間屋根裏がどうなっているのか見てみた所、”袋に綿が入っている物”(グラスウール)が屋根裏の床の上に敷き詰めてありました。 図面を見ると断熱材は高性能グラスウールと書いてありました。 しかし、屋根の裏自体には何もついておらず木が見えていました。 (1)通常屋根の裏にも直接断熱材をつけるのではないのでしょうか? (2)屋根裏点検穴の蓋の上には断熱材が乗っていませんでしたが、これでは夏は屋根裏点検穴から熱気が入ってくるのではないでしょうか? (3)断熱材の袋がところどころ破れて中身が出ていましたが、問題ないのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 瓦棒の間の断熱材

    瓦棒葺きのトタン屋根の上にカバー工法でガルバリウム鋼板をかぶせる計画です。 瓦棒の間に断熱材を入れたいのですが、どんな断熱材が最も適当ですか。 断熱材の厚さは瓦棒の厚さ25ミリです。 夏は断熱材の温度が上がり過ぎると変形する恐れがあるそうです。耐熱温度が高く、できれば 熱伝導率の低い製品がいいと思っています。 また、通気層は設けた方がいいようですが、工事を請け負う建築板金業者さんに 話せば簡単に通気層をつくってもらうことはできますか。 瓦棒のトタン屋根はべランダの下など傾斜が緩やかな部分で、すべて外壁に接していています。

  • 屋根裏の断熱材!!

    お世話になります。 皆さんにお聞きしたいことがあります。  ウチの2階のことなんですが、今の時期エアコンを入れていても、とても暑いです。 ウチにはペットがいるので24時間エアコンを入れてる状態なのですが今日確認してみたら設定温度25度に対し実際には30度でした。(午後2時ごろ)  6畳の部屋に8~10畳用のエアコンで工事費入れて20数万円の結構高いものを使っているので普通に考えても冷えると思うのですが全然冷えません。  去年大工さんに相談したら「窓ガラスを普通のガラスからペアガラスに変えれば良い」と言うことでした。 それで去年ペアガラスのサンカット(特に熱を遮るタイプ)を2階に全部の窓に入れました。  効果としては若干温度が下がったかな?程度です。 サッシ屋さんの話では「2階は屋根からの熱があるからガラスを交換しただけじゃ無理かも」と言うことでした。 そこで大工さんに相談したところ、ウチの屋根裏には断熱材が入っていないので断熱材を入れればと言うことでしたが、大工さんの話では「屋根が瓦だから、そんなに熱は来ないはず」と言うことでした。 そこで皆さんにお聞きしたいのですが、屋根裏に断熱材をやって十分な効果がありましたか?  それとも断熱材をやったけれども効果はなかったのでしょうか? また断熱材って色々種類があるのでしょうか?  オススメの断熱材・厚さなどありますか? 以上よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

屋根板(野地板)の下、つまり小屋裏から垂木の間に1枚毎はめ込んだいったという訳ですね。 (よくもそれだけ根気の要る作業をなさったものだと感心しました) 使用法としては間違っていたいと思います。 断熱材には屋根の熱が小屋裏を暖めるのを遮る効果がありますが、逆に夜間は小屋裏にこもった熱が屋根から逃しにくい弊害もありますから、小屋裏の換気にも気をつけてください。 

参考URL:
http://www.ads-network.co.jp/seinou/se-6/se-6-06.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答え下さってありがとうございます 作業はとてもかんたんでした。 部屋の利ホームを自分でしてた時なので 天井板がはがされてましたから出来ました。 いいことばかりではありませんね^^

  • 回答No.2

悪くはありませんが,屋根裏空間があるのでしたら,そこの換気をコントロールするほうが効果的かもしれませんね。 屋根裏空間そのものが断熱層として効果的なので,住むところではないと割り切れば,暑くても構わないでしょう。。。この場合,熱された空気がこもる(天井を通じて室内に熱が伝わる)のを防ぐため,外気と換気するのが良いのです。逆に,冬場などでは換気が逆効果ですから,密閉してしまったほうがいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 断熱材はいいアイデアと思ったのですが、 効果は不明なんですね、

  • 回答No.1

>でも、以前ポリカの波板の軒が暑かったので下にダンボールで日よけをしたら涼しくなったけど、透明のトタンは熱で黒く変色してしまいました。 トタンではなくポリカですよね。(透明なトタン=金属はないから) これはそうなる可能性はあります。ダンボールの熱が伝わりますので。 >屋根板の裏に断熱材をつけたのは良くなかったでしょうか? 大丈夫です。効果のほどは屋根裏の通気によるのでなんともいえませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます 今回のことで少し勉強になりました。 屋根裏換気扇も効果が無いという意見もどこかで見ました。 もっと、勉強します^^

関連するQ&A

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 断熱材について

    先日屋根裏に上がった際に、(屋根融雪の配管漏れの)水漏れで断熱材に水が掛かっていて数枚断熱材がダメになってしまいました。 融雪メーカーに見てもらったら全体と軒先を切り替える機械が壊れてそこから漏れていたとのことでした。とりあえず来週月曜に部品がくるのでそれから修理) とりあえず、断熱材の下の板?(タイガーナントカという打刻がありました)には水が垂れていたのですがそれほどではなく拭いておきました。 でも断熱材が結構重くなっていたので交換しようと近所のスーパーにいったら、グラスウールの100mm厚のものしか売られていませんでした。 交換前の製品はロックルール(ダンレーマット)なのですが、この部分(木で仕切られている部分の一角をまるごと=大体2~3枚くらい)だけグラスウールというのはまずいでしょうか? また、売られているグラスウールは丸められていてとても100mmもあるように見えませんでしたが、これって自然に膨れて100mmになるんでしょうか? また断熱材って屋根裏にただ敷くだけでいいんでしょうか? できるだけ隙間なく埋めようと思っていますが・・・

  • 1~2cm厚みくらいの薄い断熱材てないですか?

    1~2cm厚みくらいの薄い断熱材てないですか? 車内のルーフ裏や内装サイドパネル裏などに断熱材(デッドニング)したいのですが薄い断熱材が見つからず困っています。 4mm位のアルミシートも考えましたが効果にあまり期待できないようです。 旭ファイバーグラスのアクリアマットという商品の一番薄い4cm厚くらいのものは出荷時の縛った状態では潰されて2cm位なのでこれを仕込もうと思いましたが、徐々に膨らんでくるようで天井ルーフが膨らんでしまいそうです。 ごく一般的なチクチクする黄色いグラスウールは5cm位ありますかこれを1cm~2cmくらいに薄く切って使うしかないでしょうか? こちらは湿気を吸うようで車内にはあまり向かないようです。

  • 天井裏の断熱材について

    以前新築にて建てたのですが、2階天井裏の断熱材を減額の為止めた者です。 2階建てRC住宅で切り妻屋根瓦仕上げで外壁面を内外断熱材張り工法の建物です。 住み始めて3年たちますが、今のところ不具合はありません。 2階天井内に断熱材を入れるか・入れないかで悩んでいます。 天井点検口及び天井埋め込みエアコンがあるのですが 断熱材をいれるのは大工事になりますか? 天井内高さは約3m程(棟部分まで)あります。 壁の内外断熱材は、屋根スラブ下まであります。 説明不足点等あるかもしれませんが、教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 壁などの断熱材について

    壁裏に使用する断熱材について質問をしたいので宜しくお願いします。なお、本来の用途とは異なるかも知れませんが、このような場所にも使用は出来ないものかと考えておるところで御座います。 まず、1m70cm程の吐き出し窓があります。吐き出し窓の外には、約80cm程の屋根(雨よけ)があります。表面は平トタン、裏側はベニヤ板に白いペンキを塗ってあります。 建物が40年以上経過しており、裏側のベニヤ板が腐ってきています。私の考えでは、ベニヤ板の中の桟(中柱)も大分劣化しているのではないかと考えており、現在のベニヤを剥がして新しいベニヤを張り替えても、あまり意味は無いのかと考えております。 そこで、本来は壁裏に使用する泡状の断熱材を今現在張ってあるベニヤ板の上から泡状の断熱材を吹いてしまおうかと考えておりますが、いかがな物でしょうか? また、このような断熱材は水に弱いのでしょうか? 何分素人の考えで御座います。 他にも何か良い方法御座いましたらご教示頂けましたら幸いで御座います。

  • 断熱材と、屋根について

    今、新築に向けて話を進めています。(在来充填工法) 断熱材なのですが、   外壁・・・パーフェクトバリア10K 100mm   屋根直下・・・同上         100mm    1階床下・・・スタイロフォームIB  40mm   2階床下・・・パーフェクトバリア10K  100mm   2階床上・・・プラスターボード9.5mm と、なっています。気密シートは使わないということで、高気密・高断熱ではないことは承知ですが(リビング階段はあきらめました・・・)、上記の断熱ではいかかでしょうか? 冬、あまりに寒いのは避けたいです。 屋根は、陶器瓦(防災)かガルバリウム鋼板を選べます。 メンテや、夏の暑さなどを考えると、瓦が良いのですが、こちらは、東海地震が来るとされている静岡西部ですので、瓦ですと、かなり不安です。 屋根をガルバリウムにした場合に、夏の暑さ対策として気をつけたい事がありましたら教えてください。小屋裏換気の欄には、”軒天防火有孔板”と書いてあります。          

  • 12年前にツーバイフォーで建てた家の屋根裏の断熱について質問です。

    12年前にツーバイフォーで建てた家の屋根裏の断熱について質問です。 屋根裏に入ると、天井裏には断熱材が敷きつめてあるのですが、屋根の裏側(屋根に沿って斜めに棟から斜めに下がっていく部分=瓦の下にあたる)には断熱している様子がありません。 1.これは手抜きとかではなく、当時の標準的な仕様でしょうか。 2.ここに断熱材を入れるといいことがあるでしょうか。あるとすれば  a.グラスウール・ロックウールなどの断熱材を入れる。  b.発泡ウレタン等を吹き付ける  c.その他  どれが費用的にも安くて効果があるでしょう。自分でもできますか。屋根の裏に斜めに貼り付けることになるので、aは板などを打ち付けないと無理かなとも思うのですが・・・  夏、2階が熱くて困っています。よろしくお願い致します。

  • 断熱材の施工方法と効果について

    天井裏の断熱材の施工と効果についてお尋ねいたします。  2000年築の2X4(一戸建て)に住んでおりますが、あまりに夏暑く冬寒いので天井裏の断熱材を追加することにしました。 天井裏に上ってみて一箇所のロックウールは(下のシーリングライトをチェックした後戻し忘れたのか)めくりあがった状態で天井板が丸出しでした。 その他の場所もロックウールの重なったところは一枚が片方に乗り上げる状態になっていたりであちこち隙間が出来ています。 工務店に問い合わせたところ「問題無い」とのこと。 ただ他にも色々問題のある工務店でしたので信頼できません。 断熱材は隙間無く敷き詰めるものだと思っておりましたので戸惑っています。 質問ですが (1) 断熱材は多少の隙間は問題無いのでしょうか? (2) 隙間があると断熱材のとしての働きは全く機能していないのでしょうか? (3) 今ある断熱材の上から追加で隙間無く敷き詰めたら今の状態よりは良くなりますでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • 断熱材を入れる場所について

    建て方は2階建て木造です。 屋根裏の所と2階の部屋天上の裏、1階の部屋天上の裏断熱材が気になっています。断熱材の付いてある画像を調べ見ましたが2階の屋根裏の中の天上(屋根の裏側所)に取り付けてあるのを見ました。 それと2階の部屋の天上の裏にもついてました。途中だったのかもしれませんがないのもありました。 断熱材は通常は屋根裏の取りつけ場所はどこですか? 1階の部屋天井裏はどこに付けるのですか? 詳しい方教えくざさい。おねがいいたします。

  • 屋根裏に断熱材の施行

    2階の天井の裏に断熱材を入れようと思います 条件 1.平成7年築 木造 戸建 30坪 注文建築 2.2階の押入れから確認すると現在50mm厚程度の袋入りグラスウールが載せてある 3.場所 関東 4.2階が夏かなり暑い これを200mm厚程度のグラスウールあるいはロックウールにしようと考えています 方法は2階の押入れから入り 150mm程度のグラスウールあるいはロックウールを重ねて置こうと思います 質問 1.天井を踏みぬかない為には梁の上に手足を乗せるようにすれば良いですか 2.50mm+150mm=200mmになった事で断熱の効果は体感出来そうでしょうか 宜しくお願いします