• ベストアンサー
  • 困ってます

公定歩合と量的緩和

 金利が景気に影響を与えることを利用して、公定歩合を下げ、市中に(銀行から?)出回るお金を増やすということは理解できます。  このことが金融政策と呼ばれるのでしょうか?  公定歩合が史上最低の0.1%となり、もはや公定歩合を引き下げる余地がなくなると、さらに金融緩和を進めるために、市中に出回るお金を拡大させる制作として「量的緩和」を導入したとのことですが、  この「量的緩和」とは、具体的に何をしたのでしょうか?  また、以上の私の理解が間違っていたら、指摘してくださると幸いです。  よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数280
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • tiuhti
  • ベストアンサー率66% (447/668)

日銀の金融政策は、公定歩合の調整だけではありません。↓をご覧下さい。 http://www.fsa.go.jp/fukukyouzai/kiso/03_03.html このうち量的緩和と深く関係するのは、公開市場操作(国債買いオペなど)です。 量的緩和とは、市中銀行が日銀に持っている当座預金の残高に目標値を設定して、その目標値になるように、日銀が国債の買いオペなどを実施する事です。 日銀が国債を買うと、その代金は市中銀行が日銀に開けている当座預金に振り込まれます。市中銀行は、日銀の当座預金に預けているだけだと無利息なので、それを貸し出しに向けたり、国債を買ったりします。銀行から貸し出しを受けた企業や個人は、その金を使ってものを買ったりするし、市中銀行が国債を買う場合も、同じようにその国債の売り手は代金を手に入れるので、それを使います。こうして、世の中にお金が出回る事になります。(そのはずです。) http://allabout.co.jp/career/economyabc/closeup/CU20050529A/ もちろん、量的緩和によって市中銀行の日銀当座預金残高が増えたからといって、銀行がそれを貸し出しなどに回さず、ひたすら当座預金残高が増えていくだけだったら、それは、「銀行の手元流動性が厚くなり、例えば銀行が倒産した場合でも連鎖倒産がおきにくくなる」程度の効果しかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございます。 http://www.fsa.go.jp/fukukyouzai/kiso/03_03.html が非常に参考になりました。 公開市場操作が、金融政策において重要ということですね。

関連するQ&A

  • 公定歩合について

    公定歩合ってそもそもなんですか? 定義と金融政策における役割などもあわせて、教えていただけると うれしいです。

  • 公定歩合を例えば0.25%にするとはどうやって?

    日銀の金融政策に「公定歩合を上げ下げする」とありますが、 例えば、0.25%にしますよ!と言うのですか? それとも、0.25%になるように、お金の量を増減して、 「誘導する」のですか? 初歩的なことですみませんが、どなたかお願いします!

  • 日銀の公定歩合について

    何年か前は、よく日銀が公定歩合を上げ下げしていたのをニュースで聞きましたが、最近は聞きません。公定歩合はなくなったのでしょうか? それとも、0.1%で据え置きのままなのでしょうか? 教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • tukusi2
  • ベストアンサー率19% (29/148)

現生 つまり現金をかなり大量に金融市場へと流したのです。 正確なことは調べて欲しいのですが、 普通の姿だと日銀から市中に出回る資金が2兆円で充分だとします。借りたい人と、貸し手もよい金融機関 のバランスで。 1995~2002(2003)までの平成恐慌と言う非常事態 から脱出するには通常出回る資金を2兆円ではなく 最終的に30兆円以上にして資金をジャブジャブにしました。 流石にこのぐらいになれば外資がこの資金を0で借りて 国内の不良債権を買い 転売して儲けて逃げました。 ゴルフ場 リゾートホテルなどを底値で買って動かし始めたのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 何度も同じことを聞いて申し訳ございませんが、「日銀から市中に出回る資金」というのを、理解できていません。どのようにして、日銀が市中に資金を出回らせるのかの本質がわかれば、理解できるのだと思います。  何か、理解の助けになる助言やウェブ等のご紹介をいただけると幸いです。

  • 回答No.1
  • tukusi2
  • ベストアンサー率19% (29/148)

そうです。ほとんどその通り。 金融をダムにたとえると、ダムにたまった水をあふれさせるために、 1:水門を開くと言うのが通常の金融調節。 2:水量を増やすために雨を降らしたのが量的緩和とい  う非常手段です。 資金が潤沢となって不良債権処理が動き始め ましたが 貸付には回りませんでした。 銀行はその資金で国債を買ったので長期金利が 異常に低い金利となり、住宅貸付の金利にも影響。 ヘッジファンドなどが 0金利を使って日本から 資金を引っ張ってきては世界中をかき回してますが。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 ご回答ありがとうございます。 「水量を増やすために雨を降らしたのが量的緩和」というのは、イメージ的に非常にわかりやすいのですが、具体的に、どういうことを行っているのか、教えてくださると幸いです。よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 公定歩合はどうして引き上げなければならないの?

    公定歩合についてはなんとなくわかっているつもりです。 借金している人がたくさんいる日本、国もたくさん借金しています。 公定歩合が0%のままだとお金がじゃぶじゃぶ溢れちゃいますね。 お金持ちにとっては金利は上がってくれた方がよいでしょうが、住宅ローンなどを抱えてたりする一番大変な小市民のためには0金利の方がよい気がします。小市民にとっては0金利の方がうれしいというのはあっているでしょうか?やっぱり小市民にとっても金利が上がった方がよいことがあるのでしょうか?たとえば?

  • 例えば日本が公定歩合を3%に引き上げたら、経済は?

    デフレ対策で金融緩和しろと盛んに言われますが、ずっとゼロ金利なのにデフレは改善されません。 逆に金融引き締めをして、公定歩合を思いっきり引き上げたら日本経済はどうなりますか? 日本の国内の預貯金総額が1150兆円だそうです。仮に公定歩合を3%引き上げたら年30兆円以上の資産&税の増大となります。 となるとGDPも増えデフレも脱却できそうですが!? 実際どうなるのか教えて下さい! 公定歩合を3%に引き上げたら、 景気は、 為替は、 デフレは、 どうなりますか??

  • 日銀の金融政策 公定歩合操作について

    教えてください。金融資格を受験する予定で勉強していますが、 種類の違う参考書が2冊あり(共に19年度版)、1冊には日銀の金融政策は、 (1)公定歩合操作 (2)預金準備率操作 (3)公開市場操作 の3つがあげられていますが、もう1冊の方は(1)公定歩合操作が除かれていて、(2)と(3)だけです。一体どっちが正しいんでしょうか?

  • アメリカの公定歩合とFFレートはどう違う?

    金融は素人でして、初歩的な質問です。 一昨日でしたか、アメリカの公定歩合が0.5%下がって5.75%になりましたよね。でも、FFレートは変わらず5.25%だと認識しています。この二つはどのように違うのでしょうか?また、公定歩合が下がったということは、普通いずれ近いうちにFFレートも下がることになるのでしょうか? 上記の二つは、日本の公定歩合と無担保コール翌日物金利といわれるものと似たような関係だろうとは推測するのですが、どうでしょうか?日銀の金利政策はどうして公定歩合の発表ではないのでしょうか? ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

  • FRBが公定歩合を引き上げました。

    FRBが公定歩合を引き上げました。 バーナンキ議長は、FFレートの引き上げではないので経済政策変更ではないと強調しています。 どちらも市中銀行を介した金融引き締め策のようですが、FFレートの方が景気へのインパクトが大きく聞こえます。 それはなぜでしょうか? お教えください。

  • 日銀長プラと公定歩合ってちがうの?

    最近金利の動向に非常に興味があります。 しかし良くわからないのが、 日銀発表長期プライムレートって、 公定歩合とはちがうものですか? ネットで検索したものの、 違いが良くわからなかったのです。 日銀は、国債を抱えているせいで、 公定歩合を上げられず、だから金利も上がらない! と勝手に思っていたのですが、 長プラって上がっていくんですね? いったいなぜなんだろうか? 長プラが5%とかなったら、 国債の価値は暴落しますよね? 金融初心者でかなり勘違いしてるかもしれませんが、 わかる方、是非お願いします!

  • 量的緩和政策とゼロ金利政策の違いがよくわかりません。

    WIKIには量的緩和は実質ゼロ金利政策と変わらないと書いており、とあるサイトではゼロ金利政策には限界があり最近は量的緩和政策が有効であると書いてありました。現在は量的緩和政策のほうがいいみたいですけどその理由もわかりません。あとゼロ金利政策は公定歩合の上げ下げとは違い無担保コール翌日物の金利をゼロ?にする政策であると自分の中では解釈しているのですがよろしいでしょうか?だとしたら公定歩合の上げ下げは量的緩和政策になるのでしょうか・・? 意味がわからなくなってきました;

  • 量的緩和?

    量的緩和政策というのは、日銀の当座預金残高量の調節によって金融緩和を行うものだと思うのですが、どうして量的緩和を行うことで、 日銀の当座預金残高量が増加するのですか?・・・(1) また、日銀は市中銀行から買い取った有価証券をどうするのでしょうか?・・・(2)

  • 公定歩合UPでなぜ金利(預金金利)UP?

    大変恥ずかしい質問なのですが、 まえからの疑問でしたが誰にも聞けませんでした。 専門用語がわからないのでこの質問では かってに自分で言葉を以下のように定義します。 お金を銀行から借りるときにつく利息率「貸出し金利」 を銀行に預けるときにつく利息率「預け入れ金利」 なぜ公定歩合があがると預け入れ金利がアップ するのでしょうか? 公定歩合があがると貸し出し金利が上がるのはわかります。 公定歩合UP=市中銀行への貸出し金利UP=市中銀行が 日銀から高い利息でかりなくてはならない=市中銀行は あとで日銀へ高い利息をつけて返さなくてはならない>そのために、市中銀行は市場に高い利息で貸し付けなければならない。というのはわかるのですが、 それではなぜ、公定歩合が高いと預け入れ金利が高く なるのでしょうか? また、なぜ昨今のように低金利時代だと銀行は利ざやが大きく、高金利だと利ざやがちいさいのでしょうか? だって、低金利時代=銀行は預金者に利息を少ししかつけない、でもその一方で借り手にも安い金利でお金をかす。 それでは結局、利ざやは大きくならないのでは? もちろん預金者には少しの利息で、借り手には高い利息で 貸出すというのであれば利ざやはでかくなるというのは わかるのですが・・・ どうしてもわかりませんおしえてください。 どうももやもやしたものが晴れません。

  • 金融緩和での質問です。

    金融緩和での質問です。 金融緩和とは、 (1)買いオペ等で日銀が民間銀行の国債を買い取り、資金を民間銀行に増やす。 (2)政策金利というものを下げる。 (3)ちなみに政策金利とは何ですか?公定歩合とは違うのですか。 あー、教えてください。。。