解決済み

私の高校の生徒のに共通した悩み

  • すぐに回答を!
  • 質問No.218786
  • 閲覧数65
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 58% (39/67)

こんにちは。アメリカの日本人高校に通っている者です。私たちには共通した悩みがあります。それは、どんなに寝ても授業中眠くなり、何をしてもだるさが取れない、ということです。                                 私たちはちゃんと睡眠をとるほか、食事も取ってるし、適切な運動もしているし、不健康な生活を送っている訳ではないのに疲れと眠気が取れないんです。過剰なダイエットや夜更かししている人もいるのですがその人に限らずこの悩みがあるんです。もちろん私もこれに悩まされ、勉強、やるべきこと、やらなければいけないことがうまくできません。私はこれを精神的な原因があるのではないかと思いました。実際、みんなはホームシックや寮生活の不便さや遊ぶところの少なさなどからくる日本シックというものに悩んでいていつも日本に帰りたいと嘆いています。それに、生徒のほとんどがコギャルやギャル男やヤンキーなどの自己中人間ですので(特に男子が)お互いの人間関係や恋愛関係などで悩んでいます。でも、日本に休暇で帰ると、体調が正常に戻り、例の悩みはなくなるんです。私には本気でいきたい大学が決まったので受験勉強のためにもこのだるさと眠気を何とかしたいんです。難しい内容ですが、誰かヒントをください。ほんの少しのことでも結構です。お願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 66% (4/6)

ayana2002さん、こんにちは。私もアメリカに滞在していたことがありますので、生活のたいへんさはよくわかります。私なりに、原因の可能性について少し考えてみましたのでお話します。
まず、もしayana2002さんの滞在する場所がアメリカの北の方にあり、症状が冬場にひどくなるとしたら、北国特有の鬱病の可能性があります。これは冬になると太陽に当たる時間が極端に少なくなることから起こる病気で北欧やその他緯度の高い地域で起こります。この可能性があるとしたら、日光浴などをして冬でもなるべく日に当たる時間を増やすことと、専門医に相談することをおすすめします。
次に私の経験からの話ですが、アメリカで暮らしていると周りにいる日本人の数が限られてきます。日本人学校といえども、日ごろ接することのできる日本人の数は日本で暮らしている場合に比べるとかなり少ないでしょう。そうすると、本当に気の合う友達を見つけることもなかなかできず、気の合わない人とも付きあわなければならないし、誰かとトラブルを起こしたくないので余計な気を使う、ということで精神的ストレスもかなりのものになってきます。アメリカに住んでいるんだからアメリカ人と仲良くすればいいじゃないか、と言われるかもしれませんが、アメリカ人という人種は一見とても明るくフレンドリーな反面、ひじょうに表面的で日本人の感覚からすると「薄情」な印象を受けることも多々あります。(もちろん個人差はかなりあります。)ですから、やはり最後は日本人同士ということに落ち着くことが多いのです。
ただ私の場合、不思議なことに、悩み多きアメリカ滞在を終えて帰国した後、しばらくしたら無性にアメリカでの生活がすばらしかったように思えてきました。今では部屋中にアメリカの写真を飾っているほどです。今、日本シックになっている人でも、日本に帰ったら逆にアメリカシックになる可能性だってあると思いますよ。ayana2002さんが行きたい大学が日本かアメリカかわかりませんが、もし日本にいずれ帰国されるなら、リスの遊ぶ芝生の庭やたくさんの果物が山積みのスーパーや広くて青い空が、いつか素晴らしいものに思えてくる日がくるはずです。
日本には、アメリカで暮らしてみたいけど実行できないと嘆く老若男女がたくさんいます。ayana2002さんたちは、アメリカで暮らすという貴重な体験をしているわけですから、どうかいい思い出をたくさん作って欲しいと思います。
お礼コメント
ayana2002

お礼率 58% (39/67)

回答ありがとうございます。やっぱり、アメリカに住むことはすばらしいと思えることなんですね。今までアメリカ(私が今住んでいるテネシー州の田舎町)に文句をよく言っている周りの人に流されていたみたいです。chimさんの言う通り、アメリカを楽しんでいい思いで作ろうと思います。そうすればストレスも眠気もだるさも自然に吹き飛ぶような気がします。
投稿日時 - 2002-02-18 06:58:52

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 47% (509/1062)

 ayana2002さん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

 複雑な生活環境の中で、希望校を目指されているのは素晴らしいと思います。

 まず、一日のリズムを作る体内時計をリセットするのは太陽の光、それも
朝日しかないそうです。いつもより少し早めに起きて、日の出から1時間以内
の太陽を見てみましょう。これがポイントその1です。

 次に、睡眠の時間にはレム睡眠の時間とノンレム睡眠の時間があり、簡単に
言えば浅い眠りと深い眠りですね。一般的には90分サイクルの人が多いの
ですが、僕はもう少し長いサイクルです。このサイクルをきちんと把握して
睡眠を取らないと、いたずらに多く寝ても起きるべきリズムでないときに起き
なくてはいけなくなり、その日は眠たいと思います。ですから、何度か睡眠
時間を区切って、いろんな時間を試してみてください。ポイントその2。

 それと、同僚の人か家族にでも確認してもらわないといけないのですが、
いびきの可能性もあります。いびきをかく人は睡眠がきちんと取れない上に、
慢性的な酸素不足から来る「だるさ」等の症状が出る場合もあります。日本
に帰れば治るとのことですから、アメリカの寮の枕があわないとかもあるか
もしれませんね。ポイントその3です。

 最後に、仰る通り精神的な疾患の可能性はあるでしょう。しかし、眠気が
でるという症状程度で「自分は精神病かもしれない」と考えるのは早計かも
しれませんね。どうしても合点がいかなければ、精神科にかかるのも納得を
得る方法かもしれませんが、自分でできうる対処法を実践しながら、目標に
向けて頑張ってみられることをお勧めしたいと思います。
お礼コメント
ayana2002

お礼率 58% (39/67)

なるほど。太陽の光は試してみたいんですけど、私が起床する時間にはまだ日が昇ってないんです。登校するときにやっと日光が差してくるという感じなんです。でも、ポイント2と3はそのとおりだと思います。深い眠りをあまり実感したことがないし、私の枕はなんか平らなんです。これを頼りにいろいろ試してみようと思います。時間があったら精神科にいってみようと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-17 04:03:02

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 40% (130/319)

旅行するのと違い、外国に在住することは、大変なことですよね。
私はおとなりの韓国に在住していますが、最初のうちは原因不明の体調不調に悩まされました。
韓国にはシントブリ(身土不二)という言葉があって、自分の生まれ育った土地の水を飲み、空気を吸い、その土地でとれた食物を食べるのが、体には一番だという意味です。
医学的・科学的な根拠はわかりませんが、そのとおりのように感じます。
また、無意識に受けるストレスも、たいへんなものです。
目から無意識に入ってくる文字、耳から無意識に入ってくる音がすべて外国語であるというのは、長く続けば、とてもストレスになります。
私の場合は、時間が解決してくれたように思います。
始めは、いろいろと日本と比較して、やっぱり日本はいいなぁ~とか思ってましたが、そのうちにだんだん日本にはない良さが見えてきたころから、食べ物もおいしく感じられ、体も元気になり、心も活気づきました。
でも、ayana2002さんは、受験を控えてらっしゃるとのことで、そんな悠長なこと、言ってられませんね。
でも、外国生活してて、ちょっと調子が悪いのは当然、そのうち慣れるさ~と、ゆったり、かまえるのがいいのではないかと思いました。
目標もあり、とても健康的な生活を送ってらっしゃるようなので、楽しい事を考え、プラス思考でいれば、徐々にストレスも減り、体もその土地になじみ、体調もよくなってくるのでは、と思います。
お礼コメント
ayana2002

お礼率 58% (39/67)

そうですね。私も時間が解決してくれると意識しても、結局は眠気だ疲れだってあせってたのかもしれません。昔からマイナス思考や悪いところばかり見てた自分も原因ですね。仲間にもよく注意されました。私がいるところはまったくの田舎なので、いいところは見つけにくいけど、ho1004さんのアドバイスを頼りにがんばっていこうと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-17 04:15:11
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 22% (121/539)

うーん、経験がないのですが、
「やるべきこと、やらなきゃいけないことができない」とのこと。
「やりたいこと」なら、できますか?

ひょっとしたら、やりたいことが見つからない、というか
アメリカでやりたいことを実現する方法が見えないから憂鬱なのかもしれません。

日本人の精神構造とアメリカ人の精神構造は、「個人」をどの程度尊重するか
の度合いがかなり違うと思うのです。
「集団」を大切にし、その基準に従い和を大切にするよう育ってきた
日本人が、アメリカで行動すると、その心遣いが空回りしてしまって
なんだか自分の努力はくだらないものに見えたり
生まれた国の文化がみっともなく思えたりで、
そんな中でこれから先自分がどこでどうやって「堂々と楽しく」
生きていくのかの展望がつかみにくくなっているのかも知れません。

日本に帰って生活したいのなら、長期的な展望をたてて、
日本で自力で生活できる方法を探せばいいと思います。
アメリカにいたい気がするなら、アメリカ人の気持ちを想像して、
その中で、では自分はどうやって行くか、どの程度個人を打ち出せそうか、
食べていく方法はありそうか、を探してみてください。

とにかく、あなたが望むように。
自分の望みを、みっともないとか見栄っ張りとか自分で否定しないで、
自分が一番幸せになる方法をいろいろ考えてみてください。
状況は複雑で、ストレスも多いかも知れませんが、
普通に日本で生まれ育つ人よりも選択肢が広く取れる点、有利でもあるのです。
お礼コメント
ayana2002

お礼率 58% (39/67)

やりたいことはあって、実行しているのですが、たまに例の眠気とだるさが邪魔してやりたいことすらやりたくなくなるんです。              でも、自分の望みを否定したりするのは同意できます。マイナス思考だらけの自分なんで。ここにいれば有利だってプラス思考でいきたいと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-18 06:49:15
  • 回答No.5

ほんの少しでもいいとの事なので、ちょこっとだけ。

私が高校生の頃は、とっっっっても眠かった覚えがあります。

朝起きて-通学して-授業中(科目によっては寝て)-家に帰って寝て
ご飯で起きて-食べて寝て-12時頃起きて少し勉強して(嘘です^^;深夜ラジオ聞いてました)
-3時寝て-朝

というスケジュールでした。これに日曜日は昼まで寝て・・・ということになります。
何が言いたいのかというと、寝ちゃえ!(^^;・・・じゃなくて、眠くなることは自然だと言うことです。
特に高校生は成長期でもありますし、成人より余計に眠いと言うことはあると思います。

眠いのが問題なのではなくて、貴方にはやりたいことがあるようで
それに時間が取れないので気になっているというところだと思います。
(「日本に休暇で帰ると、体調が正常に戻り」の部分はちょっとわかりゃんです。ハイ)

睡魔のような眠気でしたら、椅子で15分寝ると脳がしゃっきりすると言う実験結果があるようです。

ただなんとなくだるいと言うことでしたら、脳を覚醒させるカフェインの摂取
なんかは如何でしょう。(珈琲とか紅茶とかお茶)

ということで、目標があるってすばらしいですね(^^がんばってください
お礼コメント
ayana2002

お礼率 58% (39/67)

回答ありがとうございました。御礼遅くなっちゃってすいません。                                      高校生(私たち)がよく眠たくなるのはそんな不自然ことじゃないんですね。

なんだかホッとしました。                      

目標に向かってがんばっていきたいと思います。
投稿日時 - 2002-02-26 09:01:41
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ