• ベストアンサー
  • 困ってます

差動増幅回路で、低周波での発振の原因は?

GHz帯の差動増幅回路のICを測定しました。 ICの入力が無信号のとき、出力のスペクトラムをスペクトラムアナライザ―でみると、非常に低周波(ほとんど0に近いところをピークとして)で、スペクトルが山形に盛り上がってしまっています。発振周波数は、特に、1本にたっているのではなく、広がっています。 これは、発振だと思うのですが、このような、非常に低周波での発振は、どのようなことが考えられるでしょうか? 何でも結構ですので、ヒントとアドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1494
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

本当に発振ですか?普通のスペアナは入力が無くても直流分の信号は観測されます。 ICの電源を入れた時と入れない時での差を観測してみてください。 差が無いようでしたら発振ではありません。 ICの入力や出力端子を指で触ってみて様子が変わるでしょうか?変わるようなら発振しています。 オシロスコープの帰線が太くなるようでしたら、非常に高い周波数で発振している可能性もあります。 GHz帯のアンプは、アース回路と電源のディカップリングをちゃんとしないと簡単に発振してしまいます。 多段のアンプは低周波数で発振することがあって、そのような現象はモーターボーディングと呼ばれています。 多段で無い場合でもバイアス回路のデカップリングが多段になっているとCR発振回路の構成となって発振することがあります。 その場合はバイアス回路を簡単な構成にするとかデカップリングのCRの値を各段で違った値にして対策します。

参考URL:
http://www-lab.ee.uec.ac.jp/text/trOscBasic/images/02-CR.gif

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 この状態を発振というのかどうか、よくわからないです。 ICの電源をいれると、低周波側にスペクトラムがでてきて、オシロでみると、帰線がどんどん太くなりますが、信号振幅よりは、ずっと小さいです。 信号をいれると、ノイズっぽい波形になります。電源電圧を低くすると、波形がきれいになります。 ICの電圧を徐々に高くしていくと、どんどん大きくなります。 オシロスコープの帰線が、太くなりますので、非常に高い周波数で発振しているのでしょうか? アース回路と電源のディカップリングをちゃんとするとは、具体的には、パスコンをしっかりいれるということでよいのでしょうか? 教えていただいたURLの回路とICの回路をみくらべると、寄生容量や、配線容量、配線抵抗で、すぐ実現してしまいそうです。 回路は、差動増幅回路が多段になっていて、各アンプのゲート入力にはインダクティブな高抵抗な配線で接続されています。これが、原因でしょうか。

関連するQ&A

  • LM358を使った差動増幅回路について

    今、単電源オペアンプを使った差動増幅回路を考えています。 両電源オペアンプを使った差動増幅回路は、解るのですが、この回路を単電源オペアンプで作る方法が解りません。 どなたか、教えて下さい。

  • 差動増幅回路とフィルタの関係

    微小温度変化に対する熱電対出力の解析を行うために差動増幅回路の勉強をしています。できれば差動増幅回路にフィルタ機能を追加したいと考えています。しかし、参考書やHPからは反転増幅回路に付属されたフィルタしか見つけることができませんでした。差動増幅回路について下記の3つの質問の回答をお願い致します。 (1)一つのオペアンプ(OP177)のみの使用で差動増幅回路にフィルタ機能を付属することができるか (2)差動増幅回路の出力を別のフィルタ回路(FLT-U2)に接続した場合、何に注意が必要か (3)差動増幅回路に入力バッファ回路を挿入するメリットについて 稚拙な文章で申し訳ありませんが回答を宜しくお願い致します。

  • 反転増幅器と差動増幅回路

    増幅回路についての質問です。 反転増幅器と差動増幅回路を接続して増幅する場合、どちらを初弾にする方が望ましいのでしょうか?また、それはなぜですか? よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • mtld
  • ベストアンサー率29% (189/643)

1/fノイズ でググレば幾らでも出て来ました 検索の仕方に慣れましょう その方が早く得られます 殆どの事はこれで答えが得られます それで解らない時 質問しましょう この 教えて goo はこの1年間で其れまでの質問数の約4倍程になり 繋がりにくくなっております 1年間だけで其れまでの質問数(3年分位)の約4~5倍です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね!1/fノイズで検索してから、質問したいと思います。 ご回答は、とてもヒントになりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • mtld
  • ベストアンサー率29% (189/643)

スペアナでは非常に低周波でスペクトルが~、オシロスコープでみると すごく太くなって ~ これは発振では無く低周波ノイズです 1/fノイズ と言いまして低くなるほど大きくなります ICの仕様に書いてあるはずです 何Hzの点で 何μV/Hz と言う具合に 周波数によって違う為 何点か示されている筈です そして低い程大きくなります だから 1/fノイズ と言い 1/f に比例したノイズ領域です 周波数が高くなると共に小さくなり ある点から平坦になります スペアナを低周波領域で見て下さい 特性が一目で解ります、小さい程高性能ですが元々高周波用ですから低周波用程小さくはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに、Fが低くなるほどスペクトラムが大きくなっています。 また、周波数が高くなるほど小さくなって、平らになっています. 1/fノイズは、どうして発生してしまうのでしょうか? ヒントなどありましたら、補足で教えてください。

  • 回答No.1
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

もし発振していると、出力が大きく(最大振幅で)振れると思いますが、そのような大出力が観測されていますでしょうか。 もし、そのような大出力の振幅が観測されていないなら、増幅器内部で発生するノイズを観測しているのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!!!! 出力をオシロスコープでみると、大出力は観測されていません。こういうのは、発振とはいわず、ノイズというのでしょうか? オシロスコープでみると、出力電圧が、1本横棒に見えるのですが、それが、すごく太くなってしまっています。 ノイズの原因は、どんなものが考えられるのでしょうか? アドバイスを追加でいただけるとありがたいです。

関連するQ&A

  • レーザの多モード発振についての質問です。

    レーザの多モード発振についての質問です。 レーザの研究を始めたのですが、多モード発振について分からないことがあります。 共振器中で定在波の立つ"周波数"条件を満たし、 かつ共振器中の増幅媒質の利得帯域の中にその周波数が複数含まれるとき 多モード発振する可能性があることは分かったのですが、 ではその多モード発振を光スペクトラムアナライザなどの"波長"対強度で測定するとき 複数のピークが見えるものなのでしょうか? 今まで持っていたイメージとしてレーザ光はコヒーレント光であり、 CW発振の場合波長のピークは一つだけしかないといったイメージがあるので混乱しています。

  • 発振回路について

    コルピッツ発振回路(トランジスタのところに演算増幅器を使用)においていくつか実験をしました。 (1)この回路を発振状態にしたとき、発振周波数は10[kHz]になり、理論値とほぼ一致しました。また、この回路の正帰還を切り離し、周波数特性を調べたところ、7.4[kHz]で共振しました。教授の話によると、発振周波数と共振周波数はほぼ一致するはずとのことですが、2.6[kHz]もずれてしまっているので、測定誤差や、また浮遊容量などの影響よりも大きな要因があると思うのですが、それがどのようなものか分かりませんでした。 (2)コルピッツ発振回路において、発振していない状態のとき、演算増幅器の利得を変ていくと、演算増幅器の増幅度が5.4[kHz]のとき発振しました。また、発振しているとき、演算増幅器の利得を変ていくと、演算増幅器の増幅度が1.5[kHz]になったとき発振をしなくなりました。見事にヒステリシスになりました。ここで書籍などを調べた結果、ループ利得がこのヒステリシスに影響を与えているようなことを書いていましたが、具体的なことは分かりませんでした。 この二点が分からなくて困っています。どなたかご教授ください。お願いします。

  • 差動増幅回路のメリット

    こんにちは 今現在設計した回路のレポートをまとめていますが、 シグナルが極端に弱いシグナルの為に差動増幅を行う回路がありますが(インストゥメンタル アンプ) 自分の設計している回路はそこそこ高いシグナル(振幅はおよそ1Vで差動増幅回路を使用しても問題なく動きます)ですので、あえてインストゥメンタルアンプは使いませんでしたが 差動増幅回路を使うときのメリット(インストゥメンタルと比較して)は何がありますか? 自分が調べた限りでは抵抗・オペアンプの数とコスト面・回路の簡単さ・メンテナンス・デバッグがしやすい以外は見つかりませんが メリットはそれ以上はないのでしょうか?

  • オペアンプによる差動増幅回路のフィルタ設計

    2次のLPFを持った差動増幅回路を作りたいのですが, インターネット上を探しても2次以上のLPFを持つ差動増幅回路が見当たりません. http://sim.okawa-denshi.jp/OPtazyuLowkeisan.htm のサイトを参考にして添付図のような回路を考えてみたのですが このような回路では無理なのでしょうか? 教えてください,よろしくお願い致します.

  • 発振器について

    はじめまして、現在発振器を作っているのですが ICL-8038をもちいて、印加電圧制御で行っています。 しかし、ICの温度が異常にあがってしまい、 また、発振した周波数もとても不安定です。 必要な周波数は3K~6KHzです。できれば、 温度とかが安定したものを作りたいのですが なにかいい案がないでしょうか? ほかのICでもいいです。 あとできれば、小さくしたいのですが。。。

  • 発振回路の『正弦波』出力について

     とても困っているので質問させていただきます。  RC発振回路を作成して低周波正弦波を出力させる、というものなのですが、『なぜ正弦波が出力されるのか』が分かりません。  RC発振回路を載せているいくつかの本やWebサイトに当たった所、発振の振幅条件や発振周波数決定の周波数条件については書かれており理解できたのですが、肝心の『なぜ正弦波出力になるのか』が分かりません。  例えば回路に電源を入れた際の過渡現象などによるゆらぎが、発振に成長すると思うんですが、そのゆらぎがどう変化して正弦波に整えられるのか、その過程が知りたいのです(参考書などではいきなり正弦波グラフが描かれてたりして、それについて全く解答が無い)。  なお、実際には当方は、増幅器にはトランジスタを用いた反転増幅器、位相器にはCRハイパスフィルタ3段で180度位相を変える進相型を用いています。  詳細な式や文献、Webサイト、論文等でも良いですので、教えていただければ幸いです。

  • オペアンプを使用したフィルタが発振してしまいます

    オペアンプを使用して画像のような回路を作りました。 回路の左半分はトランジスタの増幅回路で、右半分が中心周波数40[kHz]のバンドパスフィルタです。 回路はブレッドボード上に作製しています。 この回路にオペアンプの電源±15[V]を加えただけで出力が発振してしまいました。出力をスペクトルアナライザで見ると、40[kHz]付近に強いピークが現れてしまいます。オペアンプ用の直流電源以外の信号は入力していません。使用しているオペアンプはNE5534AP、トランジスタは2SC1815GRです。 この発振の原因や対策について教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 発振回路について

    こんばんは。私は現在、大学に通っており、独学で電気回路について学んでいます。こんど発振回路を用いた実験を行おうと考えているのですが、高周波、低周波の発振回路の名称などがわかりません。 高周波、低周波発振回路の名称や説明など教えていただけないでしょうか? また、回路図などもありましたら実験などに役立つため教えていただけると幸いです。 何卒、回答宜しくお願いします。

  • 低周波発振(ブロッキング発振)

    緩いリズムで「ポッ、ポッ」という音を作りだす回路について質問です。電子工作の本にベースに流れる電流を示す回路に V +--ー--- |      | R(抵抗値大) R(抵抗値小) |      | |     C(大容量) |      | +--ー--- | トランジスタ(ベース)へ なぜこの回路でベースに低周波信号(ブロッキング発振)が流れるのかわかりません。原理を教えてください。

  • 発振回路のしくみ

     発振回路について質問します。    振動子を用いた発振回路(http://www.murata.co.jp/ceralock/faq.html)(いちばん上の回路)で、CMOSインバータに加える電源電圧は直流でいいんですか。  あと、リンク先のページではセラミック振動子を使っていますが圧電振動子を用いる場合、振動を大きくするために共振周波数で動作させることを知ったんですが、その共振周波数は発振回路で出力される発振周波数によるものですか。それとも電源電圧の周波数によるものですか。