• ベストアンサー
  • 困ってます

2階線形微分方程式は縮退は2まで?

数学カテゴリで質問すべきか迷ったんですが、ここで質問させてください。一次元シュレーディンガー方程式などの2階線形常微分方程式では解の縮退は最大で2である、とあるんですがなぜでしょうか? 2階線形常微分方程式は二つの独立解の線形結合で表せるから、などと聞きましたが、どうも理解できません…よろしくお願いします! (補足質問:2階線形常微分方程式は二つの独立解の線形結合で表せる、というのは積分定数が2つ出るから、と記憶してます。ということは、2階線形常微分方程式の解は常に二つの基底で展開できるということですよね?)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数3
  • 閲覧数460
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>x=v0t+1/2gt^2+x0でいうtとt^2が二つの独立な基底であり初期条件x0,v0を与えれば決まる、ということですよね。 「tとt^2が二つの独立な基底であり」というのはちょっと違います。基底に"相当"するのは、「1(定数関数)とt」ですね。 自由落下の微分方程式は、斉次方程式ではないので、#2の議論をそのまま適用することはできません。(シュレーディンガー方程式が、斉次方程式なので、この場合しか考えなかったのですが) まぁ、細かい事は置いておく事にして、 「初期条件x0,v0を与えれば決まる」 というイメージで問題ないでしょう。x0とv0という『2つの初期条件』で決まるから、解の自由度(≒次元)が2になるんですね。 >シュレーディンガー方程式をフーリエ展開して解いている最中に、あれ、無限個の基底で展開してるけどこれって無駄なことなのかな、とふと思いまして。 単なるイメージですが。 例えば、xyz空間を考えます。 平面ax+by+cz=0は、ベクトル空間とみなすことができますので、基底が存在します。 でも、この基底は、最初から与えられているものではありませんし、どっちを向いているのかはまだ分かりません。 「どっちの方向を向いているのか」というのを考えるために、e_1,e_2を、xyz空間の自然な基底e_x,e_y,e_zのような「よく知っている正規直交基底」の線形結合して表してみることは「無駄」でしょうか? 二乗可積分な関数全体の集合L^2(量子力学で扱う波動関数は基本的にこの集合の元です)は、ベクトル空間であり、 与えられたシュレーディンガー方程式の解全体の集合はL^2の部分空間で、2次元である事が分かっています。 しかし、「どっちの方向を向いているのか(どんな特徴を持つ関数なのか)」は分かりません。 「どっちを向いているのか(どんな特徴を持つ関数なのか)」を考える手段の一つとして、三角関数という、「よく知っている正規直交基底」の線形結合として表してみる事は、本当に「無駄」なのでしょうか? (もちろん、フーリエ展開が万能という訳ではありませんが、私は、フーリエ展開は有用だと思います。) ま、無駄か無駄じゃないかはさておき、 フーリエ展開(フーリエ変換)をすると、微分方程式が簡単に解ける場合があるのは事実です。簡単に解けるのなら、細かい事は気にせず、フーリエ展開を微分方程式を解くために使ってもいいじゃないですかw

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!とてもすっきりしました笑お忙しい中回答してくださってありがとうございました!助かりました!これから少しずつですが自分で答えを導き出す力を養っていきたいと思います、eatern27さんはじめ、いつもokwaveの皆さんに助けてもらってばかりなので(汗)ありがとうございました!m(_ _)m

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

一般に、y''=f(y,y',x)で表される線形微分方程式('はxについての微分です。fはいくつかの条件を満たします)の解は、y(0)とy'(0)とを与えることによって(x=0の近傍で)一意に決まる事が知られています。 つまり、(y(0),y'(0))という2つの値(初期条件)から、解が一つに決まる、という事です。 2階線形微分方程式y''=f(y,y',x)の解全体の集合は、 関数の和とスカラー倍によって、ベクトル空間になります。(斉次方程式の場合) そのベクトル空間は、(y(0),y'(0))∈R^2によって一意に決まるのですから、R^2と同型です。 よって、y''=f(y,y',x)の解全体の集合の次元は2、つまり、 y''=f(y,y',x)の解は、2つの基底(独立解)の線形結合で表せる、という事になります。 という事でいいんですかね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。やっぱり数学的な証明になってしまいますよね、物理的なイメージで理解してみたかったのですが(汗)力学の自由落下の、x=v0t+1/2gt^2+x0でいうtとt^2が二つの独立な基底であり初期条件x0,v0を与えれば決まる、ということですよね。 この例ならとてもわかりやすいです。シュレーディンガー方程式をフーリエ展開して解いている最中に、あれ、無限個の基底で展開してるけどこれって無駄なことなのかな、とふと思いまして。

  • 回答No.1
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

>2階線形常微分方程式の解は常に二つの基底で展開できるということですよね? そのような理解でよいと思います。シュレーディンガー方程式の固有値は境界条件で決定します。また、ひとつの固有値に対する固有関数は、この場合、2階線形常微分方程式ですから、独立な固有関数の個数は最大で2となります。(縮退は最大で2) >ということは、2階線形常微分方程式の解は常に二つの基底で展開できるということですよね? そういうことだと思います。2つの独立な固有関数を基底としたとき、その二つの固有関数の任意の線形結合は、もとの線形常微分方程式の固有関数になります。なお、2つの解(固有関数)が独立かどうかの判定にはロンスキャンが0でないことを確認してみることも良い計算練習にはなると思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます! >ひとつの固有値に対する固有関数は、この場合、2階線形常微分方程式ですから、独立な固有関数の個数は最大で2となります なんとなくしか理解していなかったのですが、なぜこう言えるのでしょうか?積分定数が2つでるから、解を線形結合してやれば解になるから、といわれれば結果論ですが、原因を理解したいと思いまして 汗

関連するQ&A

  • 偏微分方程式の一般解などについて

    偏微分方程式の一般解などについて 二点質問があります。 1. 「n階偏微分方程式の一般解はn個の任意関数を含む」とテキストにあったのですが、なぜそう言えるのでしょうか? n階常微分方程式の場合は、n回積分してやればn個の任意定数が出てくる、というように理解できるのですが、偏微分方程式の場合はどう考えたらよいのかよく分かりません。とくに、なぜ任意「定数」ではなく、任意「関数」なのでしょうか? 2. 1に関連しますが、偏微分方程式の一般解であるための必要十分条件みたいなものはあるのでしょうか?たとえば、n階常微分方程式ならn個の線形独立な基本解の線形結合が一般解となると思うのですが、偏微分方程式の場合はどうなんでしょうか? どうぞよろしくお願い致します。

  • 2階線形常微分方程式の解は、なぜ。

    2階線形常微分方程式は、y=exp(λx)と仮定して解くと、解を2つ求めることができますが、その各々が解であることは明らかですが、なぜその各々の解の線形結合も解になるのでしょうか?また、その各々の線形結合は、絶対に解になるのでしょうか?それとも条件付きでしょうか?

  • 未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 

    未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 一階の線形微分方程式の解き方は dy/dt + p(t)y = g(t) のとき e^∫p(t)dt を両辺にかけて そのあとで両辺を積分してyについて解く と習いました。 そして、未定係数法は2階の線形微分方程式を解く方法の一つとして、 習いました。 ここで疑問に思ったのが、 この未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? だとしたら下のような手順でよいのでしょうか? 同次式: dy/dt + p(t)y = 0 の一般解を求める (積分定数が残る) 非同次式: dy/dt + p(t)y = g(t) の特殊解を求める (積分定数はない) yの一般解 = 同次式の一般解 + 特殊解 よろしくお願いします。

  • 微分方程式 線形 非線形

    微分方程式における線形と非線形について質問させて頂きます。 線形と非線形では何が違うのでしょうか? 1階線形常微分方程式が線形なのはわかるのですが、2階線形常微分方程式は 2階なのになぜ線形なのでしょうか? また、∇は後ろに関数を持ってきて1階の偏微分という演算を行います。 これは線形なのでしょうか? Δ(ラプラシアン)は後ろに関数をもってきて2階の偏微分という演算を行います。 ラプラス方程式やポアソン方程式も線形なのでしょうか? 線形微分方程式の問題に関していくつか当たったのですが、線形なのか非線形なのか がどのように使い分けられるのかわかりません・・・ 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 2階同時線形微分方程式について質問させて下さい。

    y"(x)+ay'(x)+by(x)=0 なる2階同時線形微分方程式には、 2個の線形独立な解が存在する。 但し、aおよびbは定数であり、 y(x)はxの関数である。 上記の定理の証明について教えてください。 よろしくお願いいたします!

  • n階線形微分方程式

    こんな問題です。 定数係数n階線形微分方程式 y^(n) + p1y^(n-1) + p2y^(n-2) + … + pny = 0 (ただしp1,p2…pnは定数)の解y1,y2…ynの線形和 y =ΣCiyi(Ciは定数) が再び解になることを証明せよ。 これってどうすればいいのでしょうか?

  • 2階線形微分方程式の解き方

    この手の質問はたくさんあると思いますが、どうしてもわからないので改めて質問させてください。 2階線形微分方程式の問題なのですが Dをd/dt、a,b,cを定数として (D^2)x+a(D)x+bx=c のxの解を求めなさいという問題なのですが、定数cをどう処理していいのかがわかりません。 なんとかして以下の形にもっていきたいのですが。。。 x=C1expαx+c2expβx よろしくお願いします。

  • 斉次線形微分方程式

    はじめまして。 斉次線形微分方程式の解と一般解はどうちがうのでしょうか?? 一般解とは、微分方程式の解で、その階数と同じ個数の任意定数を含むものをいうらしいのですが・・・ 初歩的ですがよろしくおねがいしますm(__)m

  • 線形2階微分方程式と非線形2階微分方程式の違いは?

    数学用語の意味の違いがいまいちつかめません。 (1)【線形2階微分方程式】 未知数y(x)とその導関数y'(x),y''(x)についての線形の微分方程式    y''+p(x)y'+q(x)y=f(x) を 2階線形微分方程式という.最も簡単な例として d^2f(x)/dx^2=0 がある。 (2)【非線形2階微分方程式】 非線形2階微分方程式の定義がテキストには載っていなかったのですが、    y''+p(x)y'+q(x)y ノットイコール f(x) が非線形2階微分方程式ということでしょうか? (1)と(2)の違いがどこにあるのか、はっきりせずにモヤモヤしているので、 スッキリさせたいです。どなたか数学に詳しい方がいらっしゃれば、 どうかご教授下さい。よろしくお願いします。

  • 微分方程式

    dx/dt=a^2-x^2 (aは実数の定数) (1)この微分方程式は1階の線形同次・線形非同次・非線形のどれにあてはまるか。 (2)この微分方程式の一般解を変数分離法で求めよ。 考えたことは(1)は非線形だと思いますが、合っていますか? (2)はdx/(x^2-a^2)=-dtと変形し、両辺積分します。  すると、1/(2a)log(|x-a|/|x+a|) = -t + C このあとx=が分からないです。 教えてください。お願いします