• 締切済み
  • 困ってます

人間は滅びしかない?

哲学カテ・生物カテどちらにしようか悩みましたが、精神論ではない生物論の方でお願いします。 【以下、私の考えを書きますが、長くなりますので面倒な方は読まずにご回答下さい】。 自然界は単純に見えて、実際はかなり計算され完成したシステムを持っています。 動物は本能に従っているので、当然この域を出ませんが、唯一、高度(複雑)な知能を持った人間だけが違います。 正確には従っているというより、暴走しています。 そして、人間と良く似た性質を持っている生き物が「ウイルス」です。 宿主を破壊するまで増殖し続け、いずれ死に絶えます。 この事と、人間の進化過程(速度)が余りに短すぎる(遺伝子が複雑で、ここまで進化するのに数億年以上かかると言わている)事などから、人間はウイルスによって進化したのではないか?、といわれています。 私はこの事から、人間はある種の「バグ」ではないか?と思うのです。 となると、人間には3つの選択肢が用意されています。 1)抗体によって排除される。 2)宿主と共に死滅する。 3)共存。 ですが、余りにも増殖速度が速く、種が複雑である為、もう既に同じ種同士で殺し合いが生じています。 人類が、または地球が危なくなれば自然に治るだろう、といわれますが果たしてどうでしょう。 いつまで続くのか、気付いた時に修正可能なのか、あまりにも絶望的に見えるのは私だけでしょうか? 皆さんの聡明なご意見をお聞かせ下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数172
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.8
  • russy1
  • ベストアンサー率11% (20/178)

大きな誤解があると思います。ウイルスは細胞の中を環境としています。ウイルスが問題となるのは環境を破壊して外に飛び出してくる時です。つまり環境を破壊しないで遺伝子の状態で細胞の中で生きているのが普通です。人間にとってはどこが環境なのでしょうか。養老孟司さんは脳の中が環境であると言っているようです。要するに頭の中の世界を大切にして自然環境をこれ以上破壊しないことが大切ということなのかもしれません。若い人がバーチャルなゲームなどに熱中しているのもこのように考えればこれこそ未来の人類が生きる方法かと思います。人類は頭の中の環境を破壊したら、そのときが滅びるときだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

仰る通り、エボラもエイズも、元は密林の中に生息していたものだと言われています。 人間が環境を破壊した事によって、外にウイルスが蔓延する例が数多くあります。 また、ウイルスといっても、共存に近い形態をとっている種類も少なくありません。 人間にとって問題なのは、本能や知性を自らコントロールできず、自然が人間を淘汰するレベルを越えていて、暴走に近い形態を取っている点です。 宇宙というマクロな存在を、生物というミクロな視点で捉えた時、ウイルスと共存できず死に絶える個体が多いのを踏まえると、一つの惑星内で生態系が壊れるのは何ら不思議な事ではないと、ふと思ったので質問させて頂きました。 頭の中が環境とは、中々面白いですよね。 果たしてその頭の中に、自分が自然の中のいるというのは入っているのでしょうかね? 個人的には自然界における大本の、遺伝子的違いもあると思うのです。 参考になりました、ご回答有難う御座います。

関連するQ&A

  • ウイルスの起源

    こんにちは、現在生物系の大学4年です。 院試に向けて勉強をしているときに疑問に思ったことを質問させてください。 現在生物はあるひとつの原始生物から進化してきたといわれています。 その証拠として 1.遺伝物質として核酸を使っている 2.化学エネルギーをATPの形で蓄える などがあると思います。 また、生物である定義のひとつに、自己増殖できることがあげられると思います。 ここで、現在生物であるかどうかはっきりしていないウイルスですが、これは自己増殖できません。 細菌などのホストに寄生することで増殖しています。 このウイルスというのは細胞性の生物から進化(?)して生まれたと考えますか? もしくは、まったく別の起源から発生したと考えますか? 答えはないと思いますが、考えをお聞かせください。

  • 人間に1つ機能を追加するとしたら?

    生物は完ぺきではない動物です。 特に人間はアホです。 無意味な殺し合いをしたり、弱い者をいじめだり、不注意で事故起こしたり、 机の角に足ぶつけたり、ものを食べてる時に唇を噛んだり、いろいろとアホです。 さて、そんな人間ですが、そんな人間社会をよくするために、 もしも、何か特殊な超能力や体の構造を1つ追加するとしたら どんなのがあるとよいと思いますか? それはナゼですか? ただし、進化の過程であまりありえない様な事は 控えて頂ければと思います。 個人的に一番素晴らしいと思った回答をBAとさせて頂きます。

  • H5N1★新型インフルエンザ パンデミックの際・・・・

    昨今騒がれている H5N1 強毒型インフルエンザのパンデミックについてお尋ね致します。 当方、ウイルス、及びワクチン等についての、ある程度の(ネットで収拾出来得る程度の)知識は 素人レベルで有るつもりなのですが・・・・。 現状、パンデミックに備えてせっせと食料、日用品の備蓄に励む毎日です。 タミフルも備蓄用に40カプセル程、入手に成功致しました。 さて、このH5N1鳥インフルエンザウイルスについて質問ですが そもそも、ウイルスが増殖する本来の目的は自己の個体数を増やすこと、要は「種の保存」であって、 宿主の殺傷では無いですよね? 宿主が直ちに死んでしまうということは、ウイルス自身が増殖する機会をも、自ら逸してしまう事になる (まあ、元々ウイルスという存在はそういう背反した要素を持つものなのでしょうが)。 鳥インフルエンザウイルスが、鳥→ヒト から ヒト→ヒトへと、 やがてパンデミックに至る程の、完全なヒト→ヒト型へ進化を遂げる場合、 強力な殺傷力を維持しながら直ちに増殖力(感染力、タミフル耐性など)を高めるのは、結構困難だったりはしませんか? (どういう理論でそう思うの?と問われると、何も言えませんが・・・。) 殺傷力を少しづつ弱めてでも、より感染力を高めて更に個体数を増やす事を選択した方が ウイルス自身としても手っ取り早く、本来の目的を遂行出来る訳で・・・。 要は、パンデミックにまで至った場合、H5N1型ウイルスはヒト→ヒト感染、及びタミフル耐性などを 得ることと引換えに強毒性を失い、弱毒型に変化してしまう可能性はないのでしょうか・・・というのが質問です。 専門家の方々、上記 素人の楽観的予測は如何でしょうか。

  • 回答No.7

まずは結論  人類に限らず高等生物は環境の変化に弱いから絶滅しやすいと思います。 以下は反論や意見 >自然界は単純に見えて、実際はかなり計算され完成したシステムを持っています。 誰も計算などしてませんし、完成もしていません。 自然に変化してきただけでしょう。そして今後も変化し続けるでしょう。 >動物は本能に従っているので、当然この域を出ませんが、唯一、高度(複雑)な知能を持った人間だけが違います。 本能に従っていようと、知能があろうと、自然界の中では大した差ではないという見方もできます。誤差みたいなものかもしれません。 確かに自然界の変化を自ら加速させている面はあるでしょうが、大隕石の衝突などと比べれば、まだ小さいとも言えるでしょう。見方によると思います。 >余りにも増殖速度が速く、種が複雑である為、もう既に同じ種同士で殺し合いが生じています。 速度や複雑さに関係なく、同種同士で殺し合い(生存競争)をしない生物なんていないと思いますが。 「バグ」という表現は正しいかどうかは別にしても、面白い表現だと思います。 誰が言ったのでしょう?  人類が自滅する可能性ももちろん、あるでしょう。 でも減少だけで、とどまる可能性もあるかもしれません。 少なくとも増加し続けることはないでしょうね。 これ以上は残念ながらわかりません。 いずれにしても興味深い生物であることには違いないようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

進化や遺伝は試行錯誤の連続であり、それが意図的に意識されたものではなかったとしても、計算と捉えること事態は間違いでしょうか。 計算という表現が隠喩であって、あくまでそれを計算と捉えたのは人間であるという事ぐらいは、誰でも分かると思います。 計算と捉える事が間違いであるとするならば、遺伝子を設計図と捉える学説事態も不自然だと思います。 完成という表現は終焉という意味だけではないと思います。 それ自体が既にあるしゅの無駄を省いたシステムであるという事ではないでしょうか。 進化の観点からもそのシステムが終わりでない事は、誰の目にも明らかだと思います。 >大した差ではない そうでしょうか? 既に危険なレベルだと思いますが? >生存競争 問題なのはそのレベルです。 それが種そのものどころか、生態系全体である自然界そのものを破壊しかねない状態は、遥かに自然界のシステムを逸脱し、既に生存競争のレベルを越えて危険の域だと思います。 >誰が言ったのでしょう? 誰かまでは流石に存じませんが、以前読んだ遺伝子工学と生物の生態系について書かれた本にそういう表現が載っていました。 本の作者名を覚えてないのは私の不手際ですので(まさかそこまで聞かれるとは思っていなかったもので)後で探してみますが、もし興味を持たれたのでしたら、遺伝子工学の本などを読むと面白いと思います(たしか、本の著者は外国の遺伝子工学者だったと思います)。

  • 回答No.6

まず、質問者さまのおっしゃることで2つ理解できないことがあります。 1つは、人間の進化の速度ですが、遺伝的には普通だとおもいますが。何万年か前にアフリカを出た現生人類の祖先と現代人はほとんど変わらないでしょう。もしタイムマシンで当時の人類の赤ちゃんを連れてくることができたとしたら、現代で教育したら現代人と区別がつかないと思います。人間は言葉を手に入れたので情報を蓄積することが可能になり、ものすごいスピードで生活様式が変化していますが、これは生物学の進化とはべつのものでしょう。つまりDNAレベルですごい速度で進化しているわけではないので、ウイルスなどが関係してくる余地は無いと思います。 次に「バグ」ということですが、バグというのは作成者のなんらかのミスにより、意図したものとは違うものができてしまうことをバグといいます。遺伝子は、キリスト教原理主義者ならべつのことを言うかもしれませんが、一般的にはランダムな変異がたまたまうまくいったものが生き残ってるだけでしょう。意図が無いのですから、バグということもありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

人間が猿から進化したとして、問題なのはその進化の期間とDNAの複雑さです。 人類の誕生は数千万年前とされていますが、DNAの複雑さから見て、数億年は要するはずだと言われています。 生物は自然界のシステムに乗っ取って生まれてきていますが、人間だけが暴走しているのは何故でしょう? こうした観点から、個人的にバグという表現が適切に思えたので使わせて頂きましたが、ご不信に思えるなら流して頂けると幸いです。 それとご質問以外に、自らの考えを述べて頂けると有難いです。

  • 回答No.5
  • tiap
  • ベストアンサー率16% (48/298)

地球が永遠の存在ではないことで、人間は滅びる。 簡単に考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに「始まりがあれば終わりがある」もの、宇宙の創設と共にいくつもの星ぼしが生まれては消えてゆきました。 かつて繁栄の栄華を極めた恐竜も何らかの要因で突然滅んだように、人類もまた消える時が来るのかも知れませんね。 しかし、人間の場合はもう直ぐそこまで来ているような…、それも自らの手によって…。

  • 回答No.4

バグという言葉は常識ですか。私の勉強不足かもしれません。「補足質問」のところに書いてあったので、再び回答します。  ウイルスによる進化というのは、稀に感染された個体のDNAにウイルスのDNAが入り込むことがあります。そうしますと、その集団中では全く見られない、新たな遺伝子配列が集団中に出現します。系統的な進化からは予測できないような遺伝子です。そういったものを指してバグということもあるのかも。そうした現象自体はもちろん否定しません。  でも「バグが修正される」とか「暴走」という表現はやはり進化学の言葉と共に使うのは適切ではありません。何を指しているかさっぱり分からないんですもん。  おそらく、生物学をまなんでいる人間が見たら、なんじゃこりゃと思うと思います。私は感情ではなく科学的に文章の欠点を指摘したつもりです。気に障ったのでしたら、私の書き方が良くありませんでした。これでも納得なさらないなら無視してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「バグ」という表現を使いましたが、そう取られない場合もあります。 ご指摘にあった通り、外的要因による不確定性な種による変異からの進化です。 自然界においてその性質上、無駄なものは淘汰されるように、進化といっても実際は試行錯誤の連続であり、世俗で言われるような簡単なものではありません。 確かに人類の歴史は生物全体から見ればまだ短く、そのように捉えるのは時期焦燥かも知れませんが。 しかし、人間は「本能が暴走した猿である」と言われるように、自然界のシステムとは噛み合わず、かなり逸脱した部分があります。 自らの生態をコントロールしてるとも言いがたく、淘汰される事もなく延々と増殖し破壊し続けます。 本来、自然界のバランスは様々な要素によって調整されますが、人間の繁殖力は遥かに早くその破壊力は甚大で、システムそのものを破壊しかねません。 私はこれに重大な懸念を抱いている所論であります。

  • 回答No.3

最初にいくつか指摘させていただきます。 バグ:プログラムの製造(コーディング)上のミス・欠陥。故障。障害。不具合。 >人間はある種の「バグ」ではないか?と思うのです。 この表現がよく分からない。まるで創造主がいて、彼の思い通りに行かずにできてしまった存在、というような内容に聞こえる。そういいたいのでしょうか?そうした視点はあまり科学的ではないと思う。 道具を用いたり、言葉という意志伝達機能を使えるように高度な頭脳を進化させて来た生き物というだけであって、それが他の生き物よりもずっと繁殖や生存に有利だったから残っているのではありませんか?そして地球上で他の生き物よりも幅をきかせているだけ。 (1)の抗体という表現もよく分からない。人間を寄生虫のような視点で見ているなら、地球の抗体ということでしょうか。それってどういうことか分かりません。地球に自分を守る仕組みがあって、人間という異常な侵入者を倒そうとするということ?これもあまり科学的表現ではないですね。無論そういう神の意志のようなものはありません。たまに起こる地震や津波などを勝手に解釈するのは自由ですが。 (2)に関して、理解しようと思えば分かります。要するに人間の活動が自らの環境を悪化させることにより、自分で自分の首をしめるということですね。これは未来にかなりありえるかもしれません。 (3)について、これはより循環型の資源利用とか、環境を浄化させるような仕組みをつくりだすという明るい科学的発展のことでしょうか。それは非常に良い未来ですね。そんな風に上手くいくとは思えないですが。 さて、滅びしかないという表現に関して、私の見解を述べます。 多くの人間がそうした現状に不安を感じていると思います。それにいくら環境をよくしようと考えても、そういう方向に人は動きにくいと思います。だって、森林を伐採して開拓すれば金になるけど、逆に植えたって誰も儲からないから。種の利益になるような行動は進化しない。進化学でよく言われるテーマです。誤解しているようですが、それは人ばかりではありません。動物の群れだって、果敢に敵を追い払いに行くような個体は生存率が悪いから後世に子は残りにくいのですよ。臆病虫ばかりが子を増やすのです。どんな生き物だって環境を汚すし、自分たちを自分たちの手で滅ぼすことがあるのです。人間は大きな力があるのでその瞬間は劇的にそして突然来るかもしれません。もちろんいつかは最悪の事態が来ると思います。でも私はそこまで人間は馬鹿でないと信じています(何らかの解決策を生むと思う)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

自然界においてバグは常識ですよ? 別に私が考えたわけではありません。 私が言いたいのは、そのバグが修正されずに暴走している点です。 神学論や感情論は哲学カテでどうぞ。

  • 回答No.2
  • par007
  • ベストアンサー率16% (11/68)

あなたが書いているように進化速度が短いのです。生物的な事だけでなく、その考え方や保有する科学レベルの変化も一種の進化ではないでしょうか? ウイルスは抗生物質に対し、それが効かなくなる形で進化し続けます。人もこの世界のウイルスなら、やはり新たな進化をとげると私は思います。 それが、どんな形かはわかりませんけどね。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

人間の遺伝子がその複雑さに対し、進化の速度が短いという事は、そのベースとなった物が他に存在するという事です。 つまり、人間が何らかの外的要因によって引き起こされた、規格外という事になります。 問題なのは進化の「仕方」ではなく、進化の「目的」そのものです。 見てると「科学」的進化ばかりで、「内面(本質)」的進化が伴っていないように思えるのです。

質問者からの補足

↓簡単に言いますと、人間ぐらいの複雑な生き物に進化する為には、それ相応の長い期間が必要なのですが、人間の進化過程は余りに短過ぎるのです。

  • 回答No.1

人間はあまりにも増えすぎているので、ウイルスなどによって淘汰されることがあると思います。 しかし、HIVに感染しない(しにくい)人や、エイズを発症しない(しにくい)人がいるために、絶滅することは無いと思われます。 ただし、短い期間に連続して淘汰された場合には、絶滅の可能性もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ウイルスといえば、既にレベル5に匹敵する生物化学兵器が開発されておりますね(ちなみにHIVですらレベル3です)。 自然界において、どんなウイルスでも必ず1割近くの人間は生き残るといわれていますが、これは人間が作った人工ウイルスなので、数を減らす事が目的でない為、生き残る事は計算にありません(むしろその逆に計算している)。 既に蔓延した核だけで十分だというのに、そんなもの開発して何がしたいのかと、恐怖するばかりです。

関連するQ&A

  • ウイルスって・・・だったらインフルエンザは・・・

    授業で、ウイルスの生活環?みたいなことを習ったと思います。昔。 その時に、ウイルスは生物に寄生しないと生きられない。 ウイルスは宿主の細胞にDNAを注入して、 ・細胞内で増殖して、さらに細胞を壊して外に出て(といっても体内ですが)ほかの細胞にくっついて・・・ というのと ・細胞内で宿主のDNAと結合して、何もせずに(発症しないってことかな)細胞のDNAが分裂するのに任せて自分も分裂していく・・・ っていうのがあったと思います。 何でも、細胞をすべて壊しちゃったら、ウイルスが生きられないでしょ。ということでした。 最近(本当に最近です)流行るかもしれないと思われている新型インフルエンザは置いておくとして、 毎年流行るインフルエンザですが、発症している人とは別に保菌者(この言い方が正しいのかわかりませんが)がいるということでしょうか。 だとすると意外と身近にインフルエンザウイルスは存在するのだなぁと思ったもので。 ご意見をお聞かせ願えるとうれしいです。

  • 人間はいつ神・死を発見したのでしょうか?

    動物、猿にしときましょうか、猿はこれが神だ死だと脳で概念化できないですよね。神だ死だは進化において人間の脳が発達した為、創ったものではないのでしょうか。真理という概念もそうですが。 そもそも神も死も真理もないのでは・・・。ふと思いました。 生物カテにと思いましたがこちらにしました。

  • 人はなぜ進化したの?

    大の大人が子供のような質問をいたします。 前から不思議に思っていたのですが、 なぜ、地球上で、ヒト(人間?)だけが脳を高度に進化させる事ができたのでしょうか。 たしか、恐竜が栄えた期間は、人間よりも遥かに長いと習いました。 恐竜は、これほど長く地球上にいたのに、どの種も脳を進化させられなかったのでしょうか? 同じ地球上の種なのに…。 それとも、地球上の生物で、ヒト以外にも脳が進化した種があったのでしょうか? 絶滅して、あまりに長い年月が経ち過ぎて、その痕跡がないとか…。 もしや、ヒトは他のどの種にも属さないもので、地球以外から移住してきたとか…。なんてことないかな。 小学生の頃から思っていた疑問です。 皆さんのご意見、学説などをご教授して頂けたら幸いです。

  • 人間にとって大事なものとは何か?

    地球上の、あらゆる生物に迷惑をかけてきた人間という種。人間が金という合理的な手段を発見した頃から、文明は急激に進む。でも、労働の数値に比例して金はもらうべきなのに、進化した拝金主義者が人々の汗水を金に換えて、自分をうるおしている。 金のための金、じゃあこの蓄えられた金の分を、陰で支えた働き者は、どうなるのだろう。もちろん、安くこき使われるだけである。むしろ給料が安い者ほど、過酷な労働条件にある、と言っても過言ではない。 人生は平均して80年だ。総資産が1年で1000億円ずつ増えて行っても、自分では使い切れない。では子供に譲るってか?アホが。金持ちが(富)を子供に残し、貧乏な人生を送った人の子が(まずしさ)を引き継ぐって、これ、おかしいでしょ。王と奴隷の時代から、1歩も進化していない。 人間にとって大事なものとは何か?ココロ(明日の仕事は1時間で済みそうな、余裕な私)な私に、誰か教えてください。 https://www.youtube.com/watch?v=lx2fZU5USus

  • 進化のスピード

    生物学的に人類の進化のスピードというものは何に左右されるものなのでしょうか? 例えば、人間の寿命がもっと短い場合(現在平均80歳が40歳だったとすると)進化のスピードは2倍になったりするのでしょうか?逆に160歳まで伸びると進化のスピードは1/2になったりするのでしょうか?ここで仮定しているのは、人間の寿命が延びれば延びるほど怠惰になる。というような仮定なのですが。そんなことあるのでしょうか。 種の交代や突然変異という観点からみても平均寿命の長さというのは大きく関わってくるような気がしないでもないのですが。 また、地球の自転や公転の速度というのは関わってくる余地はないのでしょうか? ちょっと論点がぼやけている質問ですみません。

  • なぜ進化する必要があるのか

    進化するほどにその種が絶滅するリスクは高くなりますよね。 多少の変異をしたのち微生物のまま深海からエベレストの天辺まで生息範囲を広げていた方が絶滅のリスクは低くないでしょうか。 微生物が人間へと進化する必要があったでしょうか?

  • 生物の定義

    遺伝子をもたない生物はありますか?DNAとRNAを持たないプリオンは生物ではないという意見が一般的なようですが。ウイルスはどうでしょう?RNAまたはDNAのどちらからなる病原体、と大辞泉には載っていましたが、そのどちらかがあれば生物とみなされるということでしょうか?ならば、RNAもDNAも持たない生物は生物たりえない、ということですか? また、1)細胞質、あるいは細胞膜じたいが意思を持ち、種として繁殖を欲し、分裂増殖をする 2)細胞膜はあるけれどもRNAもDNAも持たない、「生物」 という例は見つかっているのでしょうか?

  • エコロジーは何のため?

    エコロジーは何のために行うのでしょうか? 人間の活動によって、 地球の環境が変化し、多くの生物の生存が脅かされています。 地球を、環境を守るためと言われれば 確かにエコロジーは当然なことのように感じます。 しかし、地球が誕生してから多くの生物が誕生し、 環境に合わせて進化しています。絶滅した種も多いでしょう。 現在環境問題と言われている事柄によって地球の環境が変化しても、 また新しい種が生まれ、進化し、適応していくのでしょう。 人類が絶滅した後も、地球は変化し続けるでしょう。 そう考えると、地球環境を守る必要性に疑問を持ってしまいます。 現在地球上にいる種を長く生き残らせるため、 という考え方が妥当なのでしょうか。 一般的な意見、もしくは専門的な意見等あれば ご回答よろしくお願いします。

  • 何故このような厳しい宿命を人類に課すのでしょうか?

    こちら(科学カテ)にて、何故人類が平和になれないのかお尋ねして、様々な皆さんの御意見を聞いた結果、何となくですが分かりました。 http://okwave.jp/qa2687340.html ただ、そこで更なる疑問が沸きました。 もはや科学の域ではないので、こちらにて質問させて頂きます。m(_ _)m このような厳しい宿命を何故人類に課すのでしょう? もはや進化と呼ぶには危険なレベルに人間は達しています; この先に何が待ち構えているのか、私は恐くてたまりません…; 聡明な皆様の御意見をお聞きしたく存じます。

  • 生物の共通祖先(LUCA)とウイルスの関係

    去年nhk-hiの「進化の木」で全ての生物(真核生物、バクテリア、古細菌)の源は、特定のタンパク質を形成するという共通点をもったLUCAから進化したと言っていました。(LUCAがいた頃には他の生物もいたけれども、現在はLUCAの系統のみ存在するとも) それを見ていて、アレ、ウイルスはって思いました。 下記、参照URLにもあるように生物と無生物の境目とか、細胞が出来た後にウイルスが出来ないと、細胞を借りて増殖するウイルスは後発でないとおかしいとかいてありました。 でも、その細胞ってLUCAの本体や子孫でなくてもいいと思うので、LUCAや同世代以前に存在した細胞に感染すれば、問題ないので、今のウイルス以外の共通祖先が、現在の多細胞生物の細胞内小器官のミトコンドリアや葉緑体みたいにLUCA系以外の生物が生き残るための成りの果ての可能性もあると個人的には思っています。 そこでみなさんのに質問です。 1、そういう可能性はあるのか? 2、下記、参照URLにもあるのですが、ウイルスはトランスポゾンから進化した説の場合のウイルス誕生までの道筋。 3、ウイルスの「2」と異なった誕生までの道筋。 4、この質問に関連している「1」~「3」以外のもの。 以上、どれかで「ウイルス」ってこういうもの「由来」だったんだって、分かる回答をお願いします。 自分のウイルスのイメージ:大腸菌などのバクテリアに感染するバクテリオファージ、タンパク質の殻の中にDNAもしくはRNAの1本鎖を持つもの。これがイメージで、バクテリアの細胞膜に穴をあけて、DNAもしくはRNAのみが殻を残して侵入し、宿主であるバクテリアのDNA内に侵入して、自己の遺伝子やタンパク質の殻を大量生産させて、増殖する。(真核生物よりイメージしやすいから、特に) http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1053128.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2759179.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3792638.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3338400.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3163072.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa611765.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3018431.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa40144.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5206492.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4756920.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2688780.html