• 締切済み
  • 暇なときにでも

進化のスピード

生物学的に人類の進化のスピードというものは何に左右されるものなのでしょうか? 例えば、人間の寿命がもっと短い場合(現在平均80歳が40歳だったとすると)進化のスピードは2倍になったりするのでしょうか?逆に160歳まで伸びると進化のスピードは1/2になったりするのでしょうか?ここで仮定しているのは、人間の寿命が延びれば延びるほど怠惰になる。というような仮定なのですが。そんなことあるのでしょうか。 種の交代や突然変異という観点からみても平均寿命の長さというのは大きく関わってくるような気がしないでもないのですが。 また、地球の自転や公転の速度というのは関わってくる余地はないのでしょうか? ちょっと論点がぼやけている質問ですみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数686
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#127980
noname#127980

人類の歴史は気候変動に大いに関係します。 氷河期と間氷期がヒトの進化を助長しました。 約400万年前の鮮新世の前半に人類の祖先が誕生し多くの亜ヒト族の進化の中から更新性中期の約25万年前にホモ・サピエンスは出ました。 貴方の言われている怠惰の生活が進化に影響しいることは、ホモ・サピエンスが出現し進化してきた過程でも考えられる事です。 でも寿命が種の交代(進化論では種が交代する現象はありませんが)や突然変異に関係しているのは少々疑問です。  種の交代とはSpecies turnover の事でしょうか。これを論じると長くなりそうなので、致しません。 寿命が短い生物が突然変異の発生が観察しやすい事は有り得ますが、寿命が長い生物(爬虫類など)に突然変異が見られないことはありません。 ヒトの進化は他の生物の進化とは比較できないほど特殊で複雑な要因が絡んできます。 地球の自転や公転の変化が気候変動を起こしているとするならば、貴方の仰る進化に関係している事は無いとは言えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

「寿命の短い」人間というのは、出産数が多いので、確率を考えれば淘汰の起こりやすい状況があると思います。 長寿は、淘汰のない社会(みんながハンデを克服して生存可能)の反映でしょうから、進化の方向が定まりません。 (足の速いのが生存率が高ければ、草食動物のなかから馬やウサギのような走りのスペシャリストが生まれてくるけれど、人間は、機械で移動するし・・) 地球の自転などでいうと、例えば北欧やアラスカなどの極地に近い場所では、「白夜」みたいな「1日」のはっきりしないことがありますが、そこの生物が特別進化が違うような気はしませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ADEMU
  • ベストアンサー率31% (726/2280)

進化とは突然変異ではないでしょうか。DNAが何の変化もなく同じ様に複写されていては進化はあり得ないと思います。 特に交配によるものに影響が非常に大きいと思われます。 外的要素はそれを助長するものであって基本的には細胞分裂などにおこるDNA複写の異常が原因だと私は思います。 ですから寿命もその一つと考えてもよいのではないでしょうか。寿命が短い生物は繁殖も早く、環境の対応能力も優れていると思います。(細菌やウイルスなど) 地球云々も外的因子の面から考えてもないとはいいきれないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

進化速度が何に影響されるかというのは一概には言えません。 確かに世代交代の速さも大きく影響しますが、それよりも淘汰圧のほうが大きく影響すると思います。同種の生物を一方は今までと変わらない環境、もう一方をその生物にとって厳しい環境におけば、世代を繰り返すうちに後者は環境に適応するでしょうが、もう一方はそのままでしょう。 他の生物は子供を作れなくなれば寿命を迎えますが、人間が子供を残すのは30歳まででしょう。最近は高齢出産もありますが。 出産年齢がそのままで、寿命だけ変化してもあまり進化速度には影響ないと思います。 余談ですが出産年齢がどちらに変化しても進化は起こるでしょう。 これから先30歳まで子供を産んではいけないとすれば30歳までに子孫を残すことに影響する遺伝病はなくなっていくでしょう。あと、高齢出産できる人が残ってその方向に進化するでしょう。 逆に10歳までに子供を産まなくてはならないとすれば、早熟な個体だけが子供を残し、それ以外の個体は淘汰されます。年をとってから罹る病気は蔓延するでしょうが。 やはり淘汰圧のほうが大きく影響すると思います。 後自転や公転ですが、ほとんどの動物に影響するでしょうが人類だけ特別に影響するとは思えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#2494
noname#2494

素人の発言です。 以前テレビで見ただけですが、 生物の寿命は心臓の脈拍数と関係している様なことを言っていました。 脈拍数が少ないからどうのこうのというのではなく、結果として脈拍数が変わっているのかも知れませんが。 ゾウもねずみも、生涯に鼓動する心拍数はそれほど違いは無いと言っていました。(回数も出ていたけど、ちょっと憶えていません) 様々な動物はほぼ一致しているに対し、唯一、人間だけは、心臓の鼓動数が他の動物の数倍有りました。人間が既に自然の動物でないことが、この事からも分かってしまいますね(+_+ いいのかわるいのか 進化というのは子孫が出来る関係で行われるので、寿命が短ければそれだけ世代交代が早いのですから、進化のスピードも当然早くなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 進化について

    進化って「突然変異」でなるものと「徐々に」なっていくものとどっちの割合が多いのでしょう? 人間も顎の骨に「突然変異」が起きたから今の形に進化できたのですよね。(最近そう言う結果が出たと何かで見ました。)そうすると「進化」って何かなぁと思ってしまいました。

  • 進化論を信じていますか?

    私は昔から進化論はあやしいと思っている者ですが、先日アメリカでは 全く進化論は教えていない地域もあると新聞で読みました、日本では真理のように教育されているようですが、私が疑問としている事は 1 進化論を信ずるのはなぜですか? 2 進化過程のものが皆無だ(突然変異によるとの説明だが) 3 人間は進化しているのか否か(例えば5000年前と現在)? 4 人間が進化して突然変異をすればいかなる動物に進化するか? 皆さんはどのようにお考えですか教えて下さい。

  • 生物の進化のスピードについてどなたか教えてください

    生物の進化のスピードについてどなたか教えてください 数十億年前に生物が地球上に生まれたと言われています。人類は数百万年前に地球上に現れたといわれています。 私は生物の進化のスピードについて次のような疑問を持つのですがどのように考えたらよろしいのでしょうか? 1万年前の人類と現在の人類とはほとんど姿カタチは変わっていません。この一万年が百回繰り返されれば100万年という考え方にたつと、この繰り返しが数百回の間に(=数百万年に相当)人類が生まれるには一万年前の人類と現代人との間にかなりの遺伝子的な(あるいは姿かたちの)差異(進化)がないと今の人類は生まれて来ないように思えます。 自然界の突然変異(遺伝子の変化)は数百年に一度位の頻度ということを聞いたことがあります。人間の持っている遺伝子の数からすると、この頻度での遺伝子の変化では数百万年ではとても今の人類にはたどり着けないように思えるのですがどのように考えたらよろしいでしょうか?

  • 突然変異進化論とウィルスの関係

    生物の進化のひとつに突然変異論が有りますが、以前こんな事を本で読んだことが有ります。 突然変異による進化のはウィルス感染が原因で発祥する。 これは本当でしょうか。 ウィルスに感染した生物がほとんど絶滅し、極少数の生物がウィルスに耐え免疫が出来 生き伸びる。生き延びた生物の遺伝子はウィルスにより組み替えられ、第2代に突然変異が生まれ、この時大幅な進化を遂げる。人類の進化でも、各猿人の中間のまた中間的な骨の発掘がないのはこの為だ。 と、20年以上前に何かの科学雑誌のような物で読んだ記憶が有ります。何せ20年以上前の記憶ですので間違えや勘違いがあるかもしれませんが。 最近また思い出し半信半疑ですっきりしません。可能性は有るのでしょうか。

  • 進化論で、突然変異で新しい個体が生まれた場合、その個体は何と交尾するのか?前の個体とはDNAが異なるため無駄なはずですが?

    こんにちは。 進化論で、DNAの突然変異により、新しい個体が生まれる、わけですが、では、その突然変異によって生まれた固体は、一体何と交尾して子孫をのこすのでしょうか?新しく出来た個体は前の個体とDNA構造が違うため、交尾しても子孫を残すのは不可能ですよね・・・? たとえば、犬と猫が交尾しても、DNA構造が異なるため、子孫は残せませんし、サルと人間についても同様だと思います。 だとするなら、たとえばですが、サルがDNAの突然変異で人間という新しい子孫を残したと「仮定」します。めでたく人間が生まれたわけですが、その人間は誰と交わり子孫を残すのでしょうか?サルと交わっても無駄なはずです。 しかし、子孫を何らかの形で残さないと、人間は現在存在しないはずなわけで。(進化論を仮定した場合の話ですが。) ここのところはどのように考えればよいのでしょうか。

  • このまま技術が進化し続けるとどうなりますか?

    医療の進化で平均寿命が伸びたり、宇宙にまで行ける技術を得たし、光より速いニュートリノまで発見されましたし、このまま進むとどんな世になるのかなと思っています。

  • 人間は次の進化でどのような形になるのですか?

    質問させていただきます 人間は今の様な形になってから数万年しかたっていないようですが、今後、突然変異や分岐して別の種類の生物になったりするのでしょうか?人間も今までの生物の歴史を振り返るとずっとこのままでいるとは考えにくいのですが生物学的に見てなりうる可能性を教えてください。 (もうすぐ核戦争で絶滅するとか無しでお願いします)

  • 人間が進化していくと、本当に宇宙人みたいな姿になるのか

    よくテレビや雑誌なんかで、人間がこのまま進化していくとどうなるか?というのを紹介することがあります。 たいてい、「脳が発達するのであたまでっかちになる」「あごを使わないので退化して小さくなる」「腕や脚も使わないので細くなる」 …結果、いわゆる映画の宇宙人みたいな姿になる、というふうに紹介されます。 しかし、ダーウィンの進化論によると、○○を使うから進化する、××を使わないから退化する、というのではなくて、突然変異+生存競争による生き残りにより進化が進む。 というように私は理解しております。 そうすると、人間社会で人間が進化し、宇宙人みたいな姿になるのはありえない気がするのですが、実際のところはどうなんでしょう?

  • 突然変異による進化-本当に起こり得るのか?

    先日、「神の存在を証明できるか?(改)」にて質問した者です。大変参考になりました。 ところで、今回は上の質問への回答の中に「進化論」についての見解が多かったので、その点を改めて質問させていただきます。 つまり、進化論が正しいと言える根拠を挙げてそれを証明できる方がいらっしゃいましたら、ご回答願います。 ところで、上の質問の際、進化論は突然変異によって生じ得るという回答があったので、No.33で私はこう返答しました。以下にそれを抜粋します。 再度のご回答ありがとうございます。 なるほど、研究者の方なのですね。貴重なご意見に感謝します。ご指摘のスーパー男性などの事例は大変興味深いと思いました。確か、食用バナナの染色体は突然変異によって生じた三倍体となっていて種ができなくなったということを本で読んだことがあります。大抵、突然変異体は奇形であまり有用なものが生じないらしいのですが、この種なしの食用バナナの場合は(人間にとって)有用な結果を生み出した事例として挙げることができると思います。 しかし、スーパー人間にしても三倍体のバナナにしても、結局のところ種の範囲内で起きた変異に過ぎず、依然として種と種を隔てる壁を越えるというのは困難であると考えます。例えば、受精する際に、卵子のバリアを破るための「起爆剤」を精子が持っていて、それを使って精子は卵子の中に侵入できると文献で読みました。そして、その「起爆剤」というのは種によって異なっており、種の異なる精子と卵子では結びつかないようになっているとのことでした。これは一例に過ぎませんが、このように種と種を隔てる壁は極めて堅牢にできているように感じます。研究者の方であれば、もっと詳しい知識をお持ちのことでしょう。 そのような超えがたい種の壁を考慮した時、染色体の違う子を生み出すほどの突然変異が生じるという可能性があるとすれば、一体どのような理屈で生じ得るのか、その理論はどうなっているのでしょうか。多分、そのような事例は未だ報告されていないと思うので、せめてその理論が説明されてしかるべきだと考えます。ご研究なさったND5の変異は「染色体の数が違う子(つまり親とは異なる新生物)を産み出す」ほどの突然変異をもたらすことを本当に示していますか。 (以上、抜粋終わり) 具体的な私の疑問としては、「染色体の数が違う子(つまり親とは異なる新生物)を産み出すほどの突然変異」が本当に生じ得るのかということです。それを証明できる方はご回答お願いします。または、単に意見でも結構です。あるいは、逆に「種を隔てる壁を越えることはできない」ことを証明できる方はいませんか。合わせてご回答お願いします。

  • 生物の進化について

    ダーウィンの進化論によると、生物の進化は、 (1)適材適所による進化(自然淘汰のような形。キリンの長首だけ生き残るといった例) (2)突然変異による進化 があると言われますよね。 しかし、私には、どうしてもそれが納得できません。 もちろん、そうした形での進化もあるでしょう。 しかし、ほとんどの進化は、“意志”による進化だと思うのです。 例えば、カメレオンが自分の体の色を変えられるのが、自然淘汰とは思えないし、突然変異とも思えません。 カメレオンは、自分で体の色を変えたら、獲物を捕食しやすいと思ったからこそ、体の色を変えられるようになったのだと思っています。 でなければ、自分で自分の体の色などわからないのに、どうして色が変わっているとわかるのでしょうか? 自然淘汰であれば、なぜ体の色を変えられる動物が他にいないのでしょうか?人間だって、体の色を変えられる人種がいてもおかしくないですよね。 そういった例はたくさんあります。 食虫植物だって、昆虫が栄養にならないだろうか?と考え方からこそ、昆虫を溶かす成分ができるようになったのでしょう。 蝶の羽に丸い模様があって、それが鳥を威嚇する形だというのは、偶然できたのでしょうか? スポーツ選手が訓練によって、身体能力を延ばせるのと同じように、動物というのは、長い年月によって、生きるために必要な身体的能力を手に入れるのではないかと思っています。 そして、意志の力によって、遺伝子も変えられるのではないかと思っています。 この考えはおかしいでしょうか? 学問的な研究をされている方などからのご返答、お待ちしております。