-PR-
締切済み

Linuxのインストールについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.20420
  • 閲覧数55
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 0% (0/6)

私は今、Windows98のノートパソコンにlinuxをインストールしたいと考えています。内蔵のハードディスクには空き容量があまりないので、最近購入した40Gの外付けハードディスク(2つに分割)にインストールするつもりです。Linuxをインストールする2G以外の領域をWindowsで使用したいのですが、インストールする前に何をしておけばよいのでしょうか。linuxは、ハードの一番前の部分にインストールするには、どのようにすればよいのでしょうか。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全6件)

  • 回答No.2

基本的にはhyde-laさんと同様ですが、付け足しです。
もし、その外付けハードのWin部分を起動ディスクと使用するのでなければ、linuxが最初でも大丈夫だったと思います。
ただ、Winは基本領域1つしか認識しないので、外付けハード側Win部分は拡張領域にする必要があります。
だから、基本領域が2つ(linux分)、拡張領域が1つ(win部分)ということになると思います。

ううん、うろ覚え…(T_T)


  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 28% (42/146)

HDDの前にLinuxをインストールしないほうがいいと思います。
出来なくはないですが。
ですから、まずフォーマットし、その後FDISKやDiskDruid
(DiskDruidがお勧め)
でパーティションを切り分けてください。

Linux用のパーティションは

・ルートパーティション「/」
・swap領域

の二つが必ず必要です。
SWAP領域はWindowsで言う所の仮想メモリです。
一般には、実装メモリの二倍以上が良いとされています。
実際に頻繁にアクセスの起きるサーバーでないなら、2倍で良いでしょう。
アクセスが頻繁に起きるなら、IDEのHDDなどではなく、
SCSIディスクなどにまとまった領域を取る必要が出てきます。
理想的には、ユーザーが使うホームディレクトリは
HDDの別の領域にとっておくのがいいと思います。
私はバックアップのために640MB(CD-R一枚で手軽にバックアップできる)程度、
ルートやswapと別に作成しています。
システムファイルがインストールされるのはルートです。

最近のインストーラはやりやすく、パーティションの切りわけも簡単に行えます。
前にWindowsが使用していない、フォーマットされたばかりの
ディスクならば、他に特にすることはありません。

もしフォーマット以外に他のOSがそのHDDを使ったなら、
デフラグをかけておく必要があります。
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 34% (23/66)

まず、外付けハードディスクのインターフェースは何ですか?
たぶん、SCSIだとは思いますが、そのPCカードがLinuxでサポートされていることは確認しましたか?
SCSIディスクからLinuxをブートする場合は、ちょっとしたテクニックがいる場合があります。
あと、Linuxのディストリビューションとバージョンがわかるとコメントしやすくなります。Linuxを一つのOSと考えないで下さい。ディストリビューションとバージョンによって、かなり違いがあります。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 40% (104/257)

素朴な疑問なんですが、ノートパソコンのSCSIインタフェースはドッキングステーションに内臓されているか本体内蔵なのでしょうか?まだ、PCMCIAのSCSIカードで起動可能なものをみたことがないので質問しました。

PCMCIAのSCSIカードだと、内臓ディスク内に/boot用に別途パーティションを切ってBIOSから見える場所にカーネルを置けばいけるように思います。ものすごく面倒くさそうなんで自分ではやらないと思います。(-_^;;
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 48% (13/27)

すでに Windows がインストールされているマシンに
パーティションを分けていないのであれば
FIPS というアプリケーションでパーティションを
分割できます。
ただ、Linux の場合は LinuxOS を入れるパーティションと
SWAP 領域として利用する2つの領域を使うことが前提となっているので
Windows 環境と合わせて3つの領域を分ける必要があると思います。
FIPS で失敗すると現存の Windows 環境も利用できなくなるので
Windows 環境のバックアップを先に行っておいた方が良いでしょう。

Windows と Linux をマルチブート環境にする場合
他の方のように Linux は Windows よりは後のパーティ心に
インストールした方が良いと思います。
ただ、Linux で LILO を利用したハードディスク起動を
考えているのであれば LILO は 2GB 以内にブートパーティションが無くてはなりません。
#Grub がおすすめなのですが、現在のディストリビューションで
#Grub を標準の起動ツールとしているものがないかと思います。
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 40% (104/257)

補足です。

 最近のディストリビューションではVineLinux2.1CRのようにLBA32に対応したバージョンのLILOが
入っているものや、LinuxMandrakeのようにGrubが標準になっているものがありますので慎重に選択
すれば、2GB、8GBのブート制限は気にしなくとも大丈夫です。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ