• ベストアンサー

ハムレットの毒

シェークスピアの戯曲ハムレット(1600年頃)には「耳に注ぐだけで人が殺してしまう猛毒」が出てきますが、こんなに強力な毒というのは何なのでしょうか?実在するもの(したもの)なのでしょか?

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • a01143
  • ベストアンサー率31% (28/88)
回答No.1

どうやらイチイの毒らしいですね。それにしては強烈な表現だったような気がしますが、そこは悲劇なので・・・。ちなみにマクベスでもイチイの毒は使われてます。 イチイについて説明されてるサイトのURLです。 http://www.asahi-net.or.jp/~PV4R-HSM/poisonI.html#anchor37559 ヘベノンという説もあります。 http://www.ne.jp/asahi/hkm/aroma/henbane.htm

noname#25799
質問者

お礼

回答ありがとうございます。イチイは強力そうですが耳に注ぐだけはやはり竜のうろこなどなど混ざっているからでしょうね。折角回答いただいて今更ですがひょっとするとこの質問は危険と判断されて削除対象になるかも知れません。質問自体は400年前に対する単なる好奇心なのですが。その場合はどうかご容赦を。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

noname#41299
noname#41299
回答No.2

直接の回答ではありませんが中公文庫に毒草の解説をした本が出てて,そこにハムレットの叔父を殺した毒とか,ソクラテスを殺した毒など説が載っています。面白い本でしたよ。

noname#25799
質問者

お礼

回答ありがとうございます。「毒」に興味がある分けじゃないですが、昔のことをあれこれ想像するのは面白そうです。探して読んでみますね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • シェイクスピアのハムレットについて

    話の初めの方に、ゴーストが出て来るシーンがありますよね。ハムレットの他、何人もそのゴーストが見えてるし、声も聞いています。 しかし、話の中間~後半にかけて、ハムレットが母親の部屋にいる時にもゴーストが出てきますが、ハムレットは見えるのに対して、母親は見えないし、何も聞こえないと言っています。 これは、シェイクスピアのミスですか? それとも、何か意味があるのでしょうか?  それから、最後に母親が毒入りのワインを飲んで死にますが、彼女の死はこの物語で必要だと思いますか? また、彼女は、王がワインに毒を入れたのを感付いていたけど飲んだのか、それとも全く知らずに飲んで、後で分かったのかどちらだと思いますか? いろんな意見、解釈を聞きたいです。

  • 『ハムレット』を皆様はどう思いますか?

    ハムレットを読みました。勿論、シェイクスピアのです。 有名な話ではありますが、あまり感動しませんでした。ちょっと期待はずれというか…。人が全員死んでおしまい、という空虚感が残っています。悲劇だから人が死ぬのは不可欠かもしれませんが、あまりにもハムレットの人生を狂わせた出来事がうまく行き過ぎるようで…まぁ確かに古い話ではあるのですがネ^^; 皆様の『ハムレット』に対する意見、感想、見所&利き所など教えてください。ついでに好きなキャラクターなどや、好きな場面・クライマックスシーンなど。 皆様の解答、それを踏まえてもう一度読んでみます。

  • 「ハムレット」の新しい解釈

    こんにちは。 私は今、大学で「社会哲学」の視点から、シェイクスピアの「ハムレット」を研究する講義を受けています。 恐らく、従来の「ハムレット」の解釈とは全く違う「解釈」をその先生は試みています。過去の英文学者の解釈をことごとく、否定していますし(賛同している部分もありますが)また、有名な出版社から出ている訳書「ハムレット」の日本語訳も、おかしな点が多すぎる、と言って自分で原典とにらめっこをして、今回の研究を文章化する(先生はある雑誌で連載を持っています)のに10年以上もかかったそうです。 そこで、この先生の他にも「ハムレット」を独自の切り口で解釈している書籍を探しています。何か、情報があれば教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

  • ハムレットの3幕第1場の台詞を聞きたいのですが?

    若い頃、酔っては仲間の前で、line56のto be or not to be を暗唱して、ヒンシュクをかったものですが、僕のは独学のアメリカ英語発音で、nativeの前ではとても披露できる代物ではありません。 でも、先日、片言の日本語しか話せない外国人が、歌舞伎の有名な「お富与三郎」ゲンヤダナを見事にやっていたのを見ました。僕も、片言の英語しか話せませんが、あのハムレットの有名な台詞を、シェクスピア俳優並みの発音でやってみて、nativeを驚かせたら面白いと、挑戦してみたいと思っていますが、残念ながら手本がありません。 昔、映画で英国の名優ローレンスオリビエのハムレットを見たことがあります。そんなDVDなど無いでしょう? line56~line64までが僕の暗唱できる範囲です。 どなたかeasyで、しかも無料(有料でも¥1,000以下なら)で、録音して繰り返し聴ける方法を教えて頂ければ有難いのですが・・・

  • 「作者不詳」という映画について

    ローランド・エメリッヒ監督の「作者不詳」という映画は、もう上映が終わってしまったのでしょうか? 確か、今年上映予定だったと思ったのですが、大阪の映画館をずっとチェックしていた にもかかわらずどこにも上演予定がありませんでした。内容は、 戯曲「ハムレット」や「ロミオとジュリエット」などで有名なウィリアム・シェイクスピアの戯曲は 実は、シェイクスピアではない別の人間が書いた、という説を歴史大作として描いた映画という ふうにネットの作品解説に書いてありました。 もうすでにこの映画を見た、という人は映画はどうだったのか、意見を聞かせてください。 もし、上演が終わっているのなら、レンタルでも見つからないし・・・ 外国のサイトででも探そうかと思っているので・・・。

  • シェイクスピアは全37作品? 38? 39?

    シェイクスピアの戯曲の日本語訳をもうすぐ読破しそうです。小田島訳の37作品に触れています。 が、ガイドブックを読んでいたら、37作品の他に、 「エドワード3世」「血縁の二貴公子」 という作品も、シェイクスピアもしれないようです。 (1)この2作品は、なぜ、シェイクスピアのものか  否か論争が強いのでしょうか?  (ペリクリーズとかも論争があるみたいですが) (2)この2作品は、どこの出版社から訳で読めますか? Hamletのハンドルネームでありながら、恥ずかしい質問ですが、よろしくお願いします。

  • 英文 ハムレット  to be or not・・・

    シェイクスピアのハムレットの有名なセリフ(箇所)に、「 To be or Not to be that is the question ・・・.」  と言うセリフがあります。 今までに、何十通りの日本語訳がつけられています。 それらの訳は、ほとんどが、「生きるべきか、死すべきか ? 」と訳されています。 ここで質問があります。 「 be動詞は、単なる等号である 」、と主張する人(英文法学者)が多い様です、が・・・。 ハムレットの、このセリフ to be に関し、何と何が (等号) be  なのでしょうか?

  • シェイクスピアのハムレットの文庫・単行本を探しています。

    シェイクスピアのハムレットの文庫・単行本を探しています。 今日一冊買ってみたのですが それには以下のような言葉が違う訳され方がしており、 これと同じような意味ですが違う言葉で書かれていました。 できれば以下に挙げるものと同じ言葉で訳されているハムレットの本が欲しいのですが ご存じの方いらっしゃれば訳者名を教えてくださると幸いです。 われらはいかにあるかを知るも、われらがいかになるかを知らず 人間とはなんと造化の妙をきわめた驚くべき傑作なのだろう! でもその人間が、私にとっては、たかのしれた塵芥の精髄としか思われない 喜怒哀楽のはげしさは、その感情とともに実力までも滅ぼす。歓びにふけるものは、悲しみにもふけるが習い。ともすれば、悲しみが喜びに、喜びが悲しみに 弱き者よ、汝の名は女なり 簡潔は知恵の精神、冗漫は手足や虚飾だ 老人とは、子どもを二つ合わせたようなものだ 待望とは、はかない影の影というべきうつろなものである 志は記憶の奴隷にすぎない。勢いよく誕生するが、成長しにくい 生きるべきか、死すべきか、それが問題だ 誰の言葉にも耳をかせ。口は誰のためにも開くな。 金を貸すと、金も友達もなくしてしまう。金を借りると、倹約の心が鈍ってしまう。 青春はとかく己に謀反したがるもの、そばに誘惑する人がいなくとも 世の中には幸も不幸もない。考え方でどうにもなるのだ。

  • ふぐの毒にあたったとき、埋めていたのは、なぜ?

    子供の頃にみた漫画か映画で、ふぐの毒にあたった人が、 ふぐの毒を吐き出すために?海岸で、首からしたを土の中に 埋めて毒を吐き出しているのを見たことがありますが、 どうしてでしょうか? ふと、疑問に思ったので・・・

  • ホウ酸って毒だったんですか

    なんとなく気になっただけなので 時間の有り余って仕方のない人に聞きます。 ホウ酸って実は猛毒だったという話を聞いたことがあります。 小学校の理科の授業で普通に扱っていて、 なんだかいかにも無害そうな酸性の薬品の代表 (少なくともいかにも危険そうな教え方をされる塩酸とかよりは) みたいな感じでしたのでなんだか少し怖くなったので 聞いてみることになりました。 ホウ酸に毒はありますか。またどの程度の毒性ですか (弱い、強い、ないしは致死量 ??gなど) ご存知でしたら教えてください。 またスライム作りの時に使うホウ砂もかなり危険と聞いたことがあります。 こちらも毒性はありますか。あるとすればホウ酸よりも危険ですか。 あわせて教えていただけると助かります。

このQ&Aのポイント
  • PJ-763MFiを修理する際のお困りの状況とその修理方法についてまとめました。
  • 3台のPJ-763MFiが故障しており、2台は印字がされない問題、1台は紙送りができない問題が発生しています。
  • お使いの環境はiOSで、接続はbluetoothです。関連するソフト・アプリは業務使用ですが、電話回線の種類は不明です。
回答を見る