解決済み

高校課程程度の学習とは

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1958266
  • 閲覧数59
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
私は、大学受験を控えている身でありそれに際して常にどのくらいの知識が必要なのだろうと疑問に思っています。形而上の概念である知識を定量化はできないであるだろうし、だからといって単に受験勉強といった枠組みのなかで学習するのが嫌です。本質が見えず、言ってしまえばトリビアみたいなもののように思えてしまいます。私は積極的に外部の資料、例えばインターネットの新鮮な情報、変らない概念を調べるなら本、歴史や変遷、あるいはその起源を知りたいときには百科辞典などを気軽に閲覧したりするのですが、そこには当然高校カリキュラムの範囲は超えた内容が記されています。こんな質問をするのは私が田舎にすみ都会の事情に疎いからかもしれませんが、例えば本格的に学問を学びたいとするならば試験を見据えて考えたにせよ、余裕を持って知識を持ったほうがいいのでしょうか。忙しい学校生活ですのでついセカセカしてしまいます。一言でもなにかアドバイス頂けたら、大事にしたいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 59% (117/196)

同じ受験生の娘を抱えるオヤジの立場としては、何も考えずに機械的に受験問題集をやっているだけの我が娘に、あなたのような高等な悩みを教えてやりたいものです(苦笑)
私は、例え受験勉強と言えども、基本は「知る」ことだと思います。確かに、受験のためのテクニックというものが存在し、「知る」ことよりも問題に「正解を出すこと」を優先した勉強スタイルになりがちですが。そんな受験勉強でも、私の見ている範囲では、「知る」ことをおろそかにしてテクニックだけに頼っている生徒の成績は直ぐに限界が来る気がしています。問題点の多い大学受験制度では有りますが、逆に言えば人生においてこんなに真剣に勉強する機会はそう無いので、良いチャンスでも有ります。私達のように受験から30年経った人間でも、身につけている知識で、仕事以外のものについては大半が受験勉強で得たものです。あんな勉強法でも、意外と身についているもんですよ(笑)
全ての科目とはいかないでしょうが、せめて興味のある科目だけでも、疑問に思ったことは教科書や問題集の範囲を超えて、ネットや百科事典などで納得いくまで調べられることをお勧めします。今の時期では受験には間に合わないでしょうが、こういうスタイルで得た知識は良く理解されて強く頭に入りますから、直接受験問題の解答にならなくても、意外と受験にも役立つものです。
例えば、日本史で、「何故、織田信長が戦国の世であんな強さを示したのだろう?」と疑問に思い、彼の戦略や彼に関する歴史小説などを読めば、必然的に自由通商政策、兵農分離、朝廷権威の利用etcの意味が頭に染みつき、中世日本の社会制度そのものへの大雑把な理解も出来てきます。そうすると、単なる丸暗記ではカバーしていない問題にお手上げなのに対し、理解を基にした勉強なら持てる知識からの推測でも有る程度の回答は可能ですし、論述問題ならさらに有利になります。
また、大学入学後も、私の経験では、テクニック重視の都会の受験進学校出身の学生に比べ、地方出身の学生は正統法の勉強で知識を身につけてきているので、大学での勉強でその実力を伸ばしやすい傾向が有るように感じています。
受験勉強も普通に知識を身につける一つの手段と考えて、出来るだけ楽しく勉強してください。
お礼コメント
noname#32027
私も受験問題集や参考書などに載っている内容ではすぐに限界がくると感じていました。あれでは論述タイプには回答できるのかと危惧していました。しかし、センター試験や多くの試験の場合、問われる部分は限られているのは確かで、それでなんとか通ってしまうということも起きています。私は将来は研究者になりたいというのもありこのように考えるのかもしれませんが、一時しのぎで詰め込んでいる周囲をみて、むしろかわいそうとも思えてしまいます。
なにより楽しんで勉強することが、いづれにせよよい結果を生むのですね。取り入れる知識は一段と広がってしまいますが、後のことを見越して幅広い知見に触れるようにしたいと思います。
ご回答いただき、往年の受験生、社会人としての考え方はとても参考になりました。ある意味での学生ライフを満喫したいです笑
投稿日時 - 2006-02-12 11:08:40

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 39% (1723/4318)

人間は、生きている限り、「昨日より成長した自分」を追い続けたいものです。日々新たなことを知って、それを知識として蓄えて、これからの自分の生活に生かしていく・・・それが「生きる」ということだと思います。

高等学校も、大学も、そうした「生きる」ことのひとつのキャリア(ステップ)だと思います。社会に出るまでの準備として学ぶことは、あくまでこれからを生きるための「手段」という面が大きいと思います。
「手段」である大学受験が「目的」とならないように、自らをコントロールできたらすばらしいことだと思います。

常に「昨日と違う自分」を見つけていって下さい。
お礼コメント
noname#32027
できるだけ一日の摂取する情報を増やしたいと思います。
考え方ですね、ありがとうございました。
投稿日時 - 2006-02-12 11:11:43
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ