• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

我々の太陽系がある銀河の名前は?

我々の住む地球は太陽系の中にありますが、その太陽系は大きな銀河の中に存在しますよね。その銀河に名前はあるのでしょうか? それから銀河とは、太陽系のある銀河系の中にも外にも存在するのですか?(例…大きな銀河の中にある→たくさんの小さな銀河→○○ みたいな) 宇宙が広すぎてよくわからないので教えて下さい。

noname#17474

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数3684
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>その銀河に名前はあるのでしょうか? 天の川銀河、 英語でミルキーウエイギャラクシ(Milky Way Galgaxy)です。 >それから銀河とは、太陽系のある銀河系の中にも外にも存在するのですか? 我々の銀河は局部銀河群という数十個の銀河が集まった集団のなかのひとつとして存在しています。差し渡しは数百万光年もあるそうです。(誰が見たんだか知りませんが…)気の遠くなる距離ですね。 ちなみに私のハンドルネームは SpiralGalaxy です。 日本語ではうずまき銀河といわれています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!大変わかり易く簡潔にお答えいただきありがとうございました。銀河の中にまた銀河が存在するなんて、まさに宇宙とは桁違いの次元ですね。 宇宙が果てしなく広いのに比べて我々の人生なんてほんの一瞬のように短いのは何故だろう…。例え光と同じ速さで飛べても、約100光年の距離しか行けないし。一生懸けても宇宙を全て解明できないし、他の銀河へ…というより太陽系外へ旅行にも行けないなんて行動範囲が狭すぎますよね!!(生きているうちに世界中を全て行き尽すことも不可能)だから余計に悔しいです。宇宙が広すぎる理由が知りたいですね。メカになりたいなぁ(笑)長くなってしまいましたが、カッコいいハンドルネーム SpiralGalaxy さん、ありがとうございました。

関連するQ&A

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • luune21
  • ベストアンサー率45% (747/1633)

補足だけ 銀河集団は泡構造の中で大きい方から順に 超銀河団→銀河団→銀河群という構造化して分けられます。 それに従えば、私たちの銀河の住所は、 「局部超銀団、おとめ座銀河団、局部銀河群、銀河系、オリオン腕(最近異説あり)、太陽系、(3番地)」になります。 局部銀河団は差し渡し1億光年、おとめ座銀河団は5千万光年、局部銀河群は600万光年の大きさだといわれています。 局部銀河群はおとめ座銀河団辺境のそのまた端というような感じの場所に位置しています。約50個ほどの銀河からなっているそうですが、観測技術が日進月歩であるためその数は増え続けています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく銀河について教えていただきありがとうございました。大変勉強になりました。銀河の大きさといい、数といい、半端じゃないですね!!宇宙が広すぎて謎が多いので、不思議に思うことがたくさんあります。宇宙はホントすごいなぁ…(笑)

  • 回答No.4

>例え光と同じ速さで飛べても、約100光年の距離しか行けないし。 光の速度で移動した場合には相対性理論によると、時間の流れがゆっくりになるので、100光年とは言わずもっとはるか遠くまで行くことができると思いますよ。どこまで行けるのかは良く分かりませんが(^^; もっとも、その場合にはあなたの知人はすべていなくなってしまうでしょう。あなたの知人どころか、地球すら消滅しているかもしれません。こちらは通常の時間の流れですので。ちょうど浦島太郎のような状態になると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ごめんなさい。そうですね忘れてました(笑)まぁ光速自体になるのが不可能ですから、夢物語の話ですが、それでも宇宙で一番遠い星に行き着くことが絶対にあり得ないということ自体があり得ないです!!宇宙自体が光速で膨張しているのですからね。次元が違います(>_<)

  • 回答No.2

銀河どうしが衝突してひとつの銀河になったりすることはありますが、銀河の中に子供の銀河のようなものはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答え頂きありがとうございました。

  • 回答No.1

「天の川銀河」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。やっぱり天の川銀河っていうのが一般的な名前ですかね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 銀河系ハビタブルゾーン、太陽系ハビタブルゾーンは

    太陽系ハビタブルゾーンは、なんとなくわかりました 銀河系ハビタブルゾーンを噛み砕いて説明してもらえませんか

  • 第2の地球 太陽系の領域

    SF小説などで地球に住めなくなり人類は別の惑星へ移住・・・みたいな ものがよくあります。とても興味があります。 (1)現実問題、地球と似たような条件の惑星って確認されているのでしょうか?このまま温暖化問題やその他の障害が続くと単純計算で地球はどのくらい年月で生物が住めなくなりますか? (2)銀河系の中に太陽系がありますよね?どこまでが太陽系の領域でそこから先はどうなっているんですか?同じような恒星系が確認されているのでしょうか?太陽系のお隣さんから銀河系中心部にかけての確認されてる恒星や惑星の名前と位置を教えて下さい!

  • 太陽系のような天体の総称はありますか? その他宇宙に関する質問です

    (1)「太陽系」という言葉がありますが、太陽系と同じような機構の天体は他にも存在しているはずですよね? それらは総称して何と呼ばれているのでしょうか。 (2)太陽系がある銀河は「銀河系」と呼ばれていますが、なぜ銀河に「銀河系」という名をつけたのですか?アンドロメダ銀河のように、「天の川銀河」と呼ぶこともあるので、そちらは納得できるのですが、銀河系の「系」とは何を指しているのでしょうか。 (3)宇宙の組成はこんな感じですか? 星>(1)で質問している天体>銀河>銀河群・銀河団・超銀河団>宇宙 抜けているところがあれば教えてください。 (4)星に宿る精霊が主人公の話を考えているのですが、その精霊たちにとっての天体の呼称を考えています。  星→町・村  (1)で質問している天体→国  銀河→島  銀河群・銀河団・超銀河団→地方(人間でいうアジアとかヨーロッパみたいな)  宇宙→宇宙 この認識で、一般の人々は納得できますか?できれば専門家も納得できるような呼称が良いのですが……。 よろしくお願いします。

  • 太陽系は銀河の中を回っている?

    ある人の発言の中に、次のようなものがありました。 1:太陽系は銀河の中心から3万光年離れている。 2:2万6千年周期の楕円軌道で銀河の中を回っている 3:1万3千年ごとに、銀河の中心に最接近する 4:そのため”フォトン”という”放射性物質”が大量に降り注ぐことになる。 5:その時期は2013年である。 6:地球には固有の振動数というものがあり、それが狂う。 と、まあこういう話なんですが、科学的に事実なのはどこまでなんでしょうか?”地球の固有振動数”てなんの事なんでしょうか?

  • なぜ太陽系の軌道面が銀河面と傾いているのでしょうか。

     最近、国立天文台の4次元デジタル宇宙ビューワーを見て初めて気が付いたのですが、太陽系の地球を含めた8惑星の軌道面が、天の川銀河の銀河面に対して大きく傾いていることを知りました。(考えてみれば、夜空の天の川が黄道面に対して傾いていることから、すぐ分かりそうなものでしたが。)   http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/  その後、調べてみると傾きは約60度とのこと。(http://blog.goo.ne.jp/mk1_1978/e/fd79b2aa201ae8d3d6d6c994e004658a)  そこでお尋ねしたいのですが、太陽系の軌道面が銀河面に対して傾きを持っているのは何故なのでしょうか。  また、銀河内の他の恒星系の軌道面は、銀河面に対してどのような傾きを持っているのでしょうか。  これまでは漠然と傾きがないようなイメージを抱いていて、銀河の回転運動が太陽系の軌道面に直接影響を与えたのではないかと思っていました。  参考になるURLでも結構ですので、ご紹介いただけると助かります。

  • 宇宙っていっぱいあるんですか?

    とても基本的な事だと思うのですが、良く知らないので教えてください。 地球は、太陽系の惑星ですよね、太陽系は、銀河系に属しているのですよね、 ここまでは、わかるのですが、我々の銀河以外にも、銀河がいっぱいあるのですか? その銀河がいっぱいある集団が、宇宙ですか? ビックバンが宇宙の中心で起こったとして、一番外の銀河までの距離が宇宙の大きさですか? この宇宙の外で、別のビックバンで生じた宇宙がある可能性はありますか? 全くトンチンカンな質問なのかも知れませんが、知ってるかた教えてください。

  • 銀河系における太陽系の位置について

    よく宇宙の解説をしたイラスト入り解説書で銀河系の中の太陽系の位置を紹介したものがありますが、あれはどのように測定しているのでしょうか。以前から気になっていたので教えてください。

  • なぜ「銀河」がみえるんですか?

    天の川が見える銀河なんだと、小さい頃教えられた気がします。 でも太陽系も銀河系の中にあるわけですよね。 なぜ中に居ながら、銀河系全体がみえるんですか? 地球から空を見た時、見える光がすべて銀河系内の光ではなくて、銀河系外の星や星雲のほうが、 明るく見えるケース、はあるとはおもいますが、「銀河系の姿」がそのなかの一部にすぎない地球からみえる。という感覚がピンとこないのですが・・・。

  • 太陽系以外の天体の探索は

    無知で申し訳ありませんが、我らが太陽系以外の銀河系に 人工衛星やらコンピューターやらで探索を試みた事はあるのでしょうか。 100億光年ともいわれる宇宙空間で、地球のような水と大気と(ついでに知的生命体)を持った星というのは、やはり他には考えられないのでしょうか。

  • 「銀河系」の中に、我々地球人以外に「知的生命体」が存在しますか? 

    「銀河系」の中に、我々地球人以外に「知的生命体」が存在しますか?  過去、同様の質問が何度もなされてきましたが、今回は銀河系に絞ってみました。ちなみに、銀河系の中には、2000億個~の恒星があるといわれ、また、その大きさ(直径)は10万光年くらいだそうです。