• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ太陽系の軌道面が銀河面と傾いているのでしょうか。

 最近、国立天文台の4次元デジタル宇宙ビューワーを見て初めて気が付いたのですが、太陽系の地球を含めた8惑星の軌道面が、天の川銀河の銀河面に対して大きく傾いていることを知りました。(考えてみれば、夜空の天の川が黄道面に対して傾いていることから、すぐ分かりそうなものでしたが。)   http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/  その後、調べてみると傾きは約60度とのこと。(http://blog.goo.ne.jp/mk1_1978/e/fd79b2aa201ae8d3d6d6c994e004658a)  そこでお尋ねしたいのですが、太陽系の軌道面が銀河面に対して傾きを持っているのは何故なのでしょうか。  また、銀河内の他の恒星系の軌道面は、銀河面に対してどのような傾きを持っているのでしょうか。  これまでは漠然と傾きがないようなイメージを抱いていて、銀河の回転運動が太陽系の軌道面に直接影響を与えたのではないかと思っていました。  参考になるURLでも結構ですので、ご紹介いただけると助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2431
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • naigel
  • ベストアンサー率25% (22/87)

逆の発想で考えれば、銀河円盤面と太陽系円盤面が同一面である必然性はなく、それぞれが角度をもっているのが自然の姿なのではないでしょうか。他にも惑星を従えた恒星は沢山あると考えられます。みんなめいめいバラバラのランダムな軌道円盤面で公転していると考えた方が自然なように思われます。天の川が60度の傾きで天空に横たわっている風情は本当にいいものです。全く答えになっていなくて、ごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答をお寄せくださり、ありがとうございます。  確かに、太陽系軌道面が太陽系形成時の分子雲のゆらぎによるものだとしたら、まさのおっしゃるとおりで、恒星系ごとにてんでバラバラで、太陽系の軌道面が銀河面に対して約60度傾いているのも単なる偶然ということになりますよね。  その一方で、ojisan7さんが紹介してくださったように、銀河系形成時のなごりの影響が関わっているのではなかろうかという予想も成り立つように感じています。  この疑問を抱くようになってから、太陽系の形成過程と周囲の恒星系との関係、そして銀河形成の謎に興味を持つようになりました。  いろいろと考えさせてくださるアイデアを示していただき、とても嬉しく思っています。  それにしても、60度に傾いた天の川のなんと美しいことでしょう! 地球が宇宙を航行する一つの乗り物であることを感じさせてくれます。

関連するQ&A

  • 太陽系って太陽”星雲”じゃないの?

    はじめまして、天文関係が好きな文系出身の一般人です。 まったくのド素人なのですが、教えてください。 よくテレビで○○星雲とかって紹介されますよね? そこで疑問に思ったことがあります。 1.光源はマゼンラン星雲のように銀河の別の呼び方なのでしょうか?   それとも、光源が銀河や恒星やなんであれ、観測者の目に雲のように   見えれば星雲と名付けているのでしょうか? 2.太陽からは太陽風が出ているが、ある位置でその勢力が弱まって   均衡するため、それ以上は進まず雲のようになっていると聞きます。   それでは恒星系と言う意味での太陽系とは、太陽星雲とも呼べるの   でしょうか? 専門家には初歩的な質問なのですが、よろしくお願いします。

  • 太陽系は天の川銀河を何周できるのですか

    1:太陽系は天の川銀河を1周するのに2億年くらいだそうですが  天の川銀河ブラックホールに太陽系が飲み込まれるなでに銀河を何周した後になるんしょう 2:太陽自体の寿命と、アンドロメダ銀河との合体はそれぞれ50億年後くらいだそうですが  ブラックホールに飲み込まれるまでの太陽系(地球に生命が存続できる状態)はどのくらいです   か?

  • 太陽系は銀河の中を回っている?

    ある人の発言の中に、次のようなものがありました。 1:太陽系は銀河の中心から3万光年離れている。 2:2万6千年周期の楕円軌道で銀河の中を回っている 3:1万3千年ごとに、銀河の中心に最接近する 4:そのため”フォトン”という”放射性物質”が大量に降り注ぐことになる。 5:その時期は2013年である。 6:地球には固有の振動数というものがあり、それが狂う。 と、まあこういう話なんですが、科学的に事実なのはどこまでなんでしょうか?”地球の固有振動数”てなんの事なんでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

このことについては、銀河系や太陽系の成因と深く関わっているために、何とも言えませんが、1つの仮説として、2つの銀河の衝突を考えることができます。渦巻き銀河の腕は、銀河の衝突により生成されることを計算で確認した記憶があります(だいぶ前のことになりますが)。衝突の結果、銀河の一部の領域の軌道面が、衝突の結果生じた二重銀河の銀河面に対して傾きをもつようになります。このことは、シミュレーションで確認した方が早いと思います。銀河衝突のシミュレーションはいくつかのサイトにも載っていると思いますので、検索してみて下さい。

参考URL:
http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2001/22/video/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 お教え下さり、ありがとうございます。  ご紹介いただいたサイトなどで渦巻銀河の衝突シミュレーションを拝見すると、確かに銀河面とは異なる軌道面ができそうですよね。その場合、太陽系近傍の恒星系の軌道面も太陽系の軌道面と同じような分布になる予想が立ちそうですよね。そうすると、ますます他の恒星系の軌道面について知りたくなりました。  貴重な情報を提供してくださり、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 恒星、銀河どっち

    私たちが肉眼で見る星は太陽系の惑星以外全部恒星だと昔習ったように思いますが、その後、ほとんどは銀河だという話を何かで読んだような記憶があります。 実際その割合はどんなものでしょうね。 天の川はほとんどほとんど恒星でそのほかは銀河が多いということなのでしょうか。 大雑把な割合でもいいから教えてください。

  • 太陽系は天の川銀河(Milky Way Galaxy)に含まれています

    太陽系は天の川銀河(Milky Way Galaxy)に含まれています。このような銀河が宇宙には約1000億個あると考えられています。そして、それらの銀河は宇宙の中でほぼ均一に分布しています。とういう問題があったのですがどうしてもわかりません。。○か×かどちらでしょうか?回答宜しくお願いします。

  • なぜ、太陽系の天体は、全て同じ(左か右)回りなのですか? 又この近くのほかの恒星も同じ回りですか?

    太陽系の天体はなぜみんな同じ向きで周っているか教えて下さい。 又、他の恒星系はどうなのか、 銀河系全体ではどうなのか、 その理由は何なのか、教えて下さい。

  • 「銀河」について教えて下さい!

    こんばんわ。 私自身がよくわかっていないので、曖昧な質問になってしまいそうなのですが、教えていただきたいことが2つあります。 1)宇宙には約どれくらいの銀河が存在するのですか? 2)太陽系のある銀河の名前はなんというのでしょうか?「天の川銀河」でいいのでしょうか?? なんだか、天文系のホームページを調べてみても、私には難しくて…。足りない所があったら補足します!お願いします!

  • 何故太陽系惑星の軌道は、概ね平面状にあるの?

    太陽系の惑星達は一定の平面、まるでお皿の上に乗っているかの様に太陽をグルグル周回してますが、何故ですか(冥王星だけ、やや軌道がずれてますが)? もっと言うと、銀河系やその他Galaxyも同じようにお皿の形してますよね。何故でしょう? 惑星の軌道は、横軸(東西)もあれば、縦軸(南北)もあり得るのでは? 暇な時にでも教えて下さい!

  • なぜ「銀河」がみえるんですか?

    天の川が見える銀河なんだと、小さい頃教えられた気がします。 でも太陽系も銀河系の中にあるわけですよね。 なぜ中に居ながら、銀河系全体がみえるんですか? 地球から空を見た時、見える光がすべて銀河系内の光ではなくて、銀河系外の星や星雲のほうが、 明るく見えるケース、はあるとはおもいますが、「銀河系の姿」がそのなかの一部にすぎない地球からみえる。という感覚がピンとこないのですが・・・。

  • 太陽系のような天体の総称はありますか? その他宇宙に関する質問です

    (1)「太陽系」という言葉がありますが、太陽系と同じような機構の天体は他にも存在しているはずですよね? それらは総称して何と呼ばれているのでしょうか。 (2)太陽系がある銀河は「銀河系」と呼ばれていますが、なぜ銀河に「銀河系」という名をつけたのですか?アンドロメダ銀河のように、「天の川銀河」と呼ぶこともあるので、そちらは納得できるのですが、銀河系の「系」とは何を指しているのでしょうか。 (3)宇宙の組成はこんな感じですか? 星>(1)で質問している天体>銀河>銀河群・銀河団・超銀河団>宇宙 抜けているところがあれば教えてください。 (4)星に宿る精霊が主人公の話を考えているのですが、その精霊たちにとっての天体の呼称を考えています。  星→町・村  (1)で質問している天体→国  銀河→島  銀河群・銀河団・超銀河団→地方(人間でいうアジアとかヨーロッパみたいな)  宇宙→宇宙 この認識で、一般の人々は納得できますか?できれば専門家も納得できるような呼称が良いのですが……。 よろしくお願いします。

  • 銀河系・星

    田舎の夜空には180度、星座の星等がいっぱい見えますよね。あれって全部銀河系(天の川銀河)の星なんでしょうか? また、夜空に見える星って全部、自ら光ってる太陽(恒星)なんでしょうか?

  • もし、木星が第二の太陽だったら…

    このカテゴリーで初めての投稿です。 「太陽になれなかった惑星‘木星’」 というものがあったんですが、 もしも……(あり得なくても^^;) 木星に核融合する最低限とちょっとの質量があって、第二の太陽みたいになったら 地球の環境や生物たち、太陽系の天体にどんな影響が出ますか? 別に1つの恒星系に2つ恒星があるのも少なくないとか…。 そりゃあ惑星をはじめとする太陽系の天体の軌道とか、いろいろ変わると思いますが><

  • 放浪してる惑星や恒星って有るのでしょうか?

    星は銀河の中をぐるぐる回っていて、銀河と銀河の間には何もない そんな印象が有るのですが、 銀河の遠心力から放り出されて銀河の外に行ってる惑星や恒星や太陽系そのものなんて有るのでしょうか? それと別に、 中心の太陽が寿命を迎えて公転軌道の中心が無くなって銀河の中をさ迷い初めてしまった惑星とか恒星(木星型惑星が恒星化してれば・・?) なんてあるんでしょうか? (惑星は光ってないから見えないと言いますし、ありえるかありえないか位で構わないです。) よろしくお願いします。