• ベストアンサー
  • 困ってます

もし、木星が第二の太陽だったら…

  • 質問No.4619791
  • 閲覧数1374
  • ありがとう数7
  • 回答数4

お礼率 76% (36/47)

このカテゴリーで初めての投稿です。

「太陽になれなかった惑星‘木星’」
というものがあったんですが、
もしも……(あり得なくても^^;)
木星に核融合する最低限とちょっとの質量があって、第二の太陽みたいになったら
地球の環境や生物たち、太陽系の天体にどんな影響が出ますか?

別に1つの恒星系に2つ恒星があるのも少なくないとか…。

そりゃあ惑星をはじめとする太陽系の天体の軌道とか、いろいろ変わると思いますが><

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 100% (1/1)

まず、指摘の出ている問題について考えてみたいと思います。
一つ目は潮汐力。
潮汐力はニュートン力学では、近似的に、距離の3乗に反比例し、質量に比例します。
ここでは、木星が、恒星としての質量の下限0.08太陽質量を持っていたとします。
木星・太陽間が現在5.2AUですので、単純計算で、木星と地球が最接近した場合、太陽・地球間の4倍離れています。
この場合、地球が木星から受ける潮汐力は、太陽から受ける力の、0.08/64=0.125%となります。
次に、放射線です。
質量下限に近い恒星は、かなり暗く、光度は太陽の数万分の1程度で、常にはそれほど放射線は出ません。
小さい星はよく巨大フレアを起こすことがあるようですが、最大でも、太陽が常に放っているエネルギー程度のようです。
距離も考えると、地球付近での影響は軽微でしょう。
(単位面積あたりの、受け取るエネルギーは距離の2乗に反比例)
光度・距離から単純計算すると、最接近時、平常であれば木星は満月程度で輝く事になりそうです。
問題は重力で、地球軌道が乱される可能性があります。
wikiによると、太陽より木星の方が5倍以上離れていないと、起動の安定性が保証されないようです。(下記URL参照)

もし軌道が安定していれば影響は意外にも軽微かもしれません。
お礼コメント
ZEN0

お礼率 76% (36/47)

詳しい回答ありがとうございます。
満月ほどに輝く木星ですか^^
見てみたいな!! …影響が少なければ。
投稿日時:2009/01/14 17:24

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3
SFでは以前から、その発想ありますね。

下記の2つは小説・映画共にある筈です。

小松左京「さよならジュピター」
A.C.クラーク「2010年 宇宙の旅」

前者は木星を燃やしてしまう話かもしれませんが、
後者は2つの太陽の下に、地球上と木星衛星上に
発生の異なる生命が共存する結果になってます。

他にも見た気もしますし、もっとあるかもしれません。
思考実験としてご覧になってはいかかでしょう。
お礼コメント
ZEN0

お礼率 76% (36/47)

回答ありがとうございます。
ぜひ拝見してみたいです!
木星を燃やすとは……気になります。
投稿日時:2009/01/10 22:16
  • 回答No.2

ベストアンサー率 19% (3635/18948)

生命が影響を受ける前に生命が発生しないでしょう
潮汐作用が大きいので火山活動が激しい
多分大気も存在できなかったかもしれない
宇宙線が強いので生命が発生しかけても壊れるでしょう
お礼コメント
ZEN0

お礼率 76% (36/47)

生命が存在しない、ですか^^;
やはり生物が生活できなくなるんですね。
回答ありがとうございます。
投稿日時:2009/01/10 21:33
  • 回答No.1

ベストアンサー率 35% (600/1691)

太陽系には生命が存在していないと思います。
現在でも多量の放射能を発生していますから、どうなる事やら。

だけじゃ回答になってないですね。
人類はそういう環境の天体に移住先を決めないと思います。
生命が在るのは、数ある偶然が重なった奇跡であると考えます。
天文学はロマンがありますね。
お礼コメント
ZEN0

お礼率 76% (36/47)

まさに奇跡の星、地球ですね!
でも、太陽2つ………
見てみたいかも。やはり天文学はいいです。

回答ありがとうございました。
投稿日時:2009/01/10 21:37
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ