• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

pHの問題について

pH6の塩酸を水で100倍に薄めた溶液のpHは次のうちどれか? ア、4 イ、5~6 ウ、6~7 エ、7~8 オ、8 ・・・・という問題で pH6⇒[H+]=10^-6 mol/l を100倍に希釈するから、 10^-6×1/100=10^-6×10^-2=10^-8 mol/l よって、[H+]=10^-8 mol/l したがってpH=8より オ ・・・・としたのですが、答えはウでした。 何がいけなかったのか教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1461
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1602/3252)

きちんと計算で示すなら以下のようになります. まず,水には電離平衡があります.それは水のイオン積の式で表されます. [H+][OH-]=10^-14 右辺の数値は,濃度を mol/L で取ったときの常温での値です. 次に元の塩酸について考えます. この溶液中に存在してるイオン種は,H+,OH-,Cl- です. 塩酸を完全解離する強酸とみなせば,pH = 6 ですから [H+]=10^-6 (mol/L) 溶液の電気的中性条件から [H+] = [OH-]+[Cl-] です. 水のイオン積の式で[OH-]を消去し,[H+]の値を代入することで [Cl-] が求まります. これを純水で100倍希釈すると,[Cl-] は1/100 になります.しかし,[H+]や[OH-]は水自体の電離平衡があるので単純に1/100になりません.両方が1/100になるとイオン積の式を満たさないからです. しかし,[Cl-] の値はわかっているわけですから,イオン積の式と電気的中性条件の式を連立させ,[Cl-]の値を代入すれば [H+] は計算できます. これが厳密な意味での議論です. しかし,水の電離平衡があることを理解していれば,純水で薄めていく限り7を超えることはありえない,というのは直感的にわかってほしいところですが.そういう意味ではこれは「覚えるしかない問題」ではなく,式や数値から状態を想像することのできる,理系的な抽象化/具象化のセンスの問題と言えるでしょう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • phの求め方はこれであっていますか?

    phの求め方はこれであっていますか? 「塩酸0.010mol/Lの溶液100mLと水酸化ナトリウム0.020mol/Lの溶液200mLの混合溶液のphを求めよ.ただし,塩酸と水酸化ナトリウムの電離度は1とする.」 という問題の答えがありません.どうすればいいのですか? (考え) 塩酸と水酸化ナトリウムは1:1で中和するので,混合溶液中の水酸化ナトリウム濃度は 3.0*10^(-3)mol/0.300L =1.0*10^(-2)mol/L 水酸化ナトリウムの電離度は1なのでOH-の濃度[OH-]=1.0*10^(-2)mol/L 水の電離(?)より,[H+][OH-]=10^(-14)なので [H+]=1.0*10(-12) よってph=-log{1.0*10^(-12)}=12 だと思ったのですが合っていますか?

  • pHの問題。

    自分の出した答えが問題集と違っていたので、添削をお願いします。 酢酸の電離定数Kaを1.77×10^(-5) (mol/l)として、次の溶液のpHを求めよ。 (1)2.0×10^(-2)mol/lの酢酸水溶液 10.0mlと、   2.0×10^(-3)mol/l の塩酸 10.0ml を混合した溶液。 [H+]=√(c・Ka)   (cは酢酸のモル濃度) より、 [H+]=【√{2.0×10^(-2)×1.77×10^(-5)}×10/1000                     +2.0×10^(-3)×10/1000】×1000/20 pH=-log[H+]   =2.84  となったのですが、答えが2.93でした(汗) (2)1.5×10^(-2)mol/lの酢酸、1.5×10^(-2)mol/lの酢酸ナトリウム水溶液、および3.0×10^(-3)mol/lの塩酸をそれぞれ10mlずつ混合した溶液。 まず、1.5×10^(-2)mol/lの酢酸、1.5×10^(-2)mol/lの酢酸ナトリウム水溶液をそれぞれ10mlずつ混合した時の水素イオン濃度は、 [H+]=(c・Ka)/ c’ (cは酢酸のモル濃度、c’は酢酸ナトリウムのモル濃度) より、 [H+]={1.5×10^(-2)×10/1000×1.77×10^(-5)}                 ÷{1.5×10^(-2)×10/1000}   =1.77×10^(-5) までは分かったのですが、塩酸を加えたときの水素イオン濃度が分かりません。ちなみに答えは4.6になるそうなのですが・・・ この解き方の分かる方、お願いします!

  • 範囲・・・中和反応とpH

    赤本の過去問なのですが、どうも解説が間違っているようなのです・・・ 計算がまったく合わなくて;; (問題) 濃度未知の水酸化ナトリウム水溶液20mlに0.05mol/l 硫酸を100ml加えたところ、pHは2.0になった。 この水酸化ナトリウム水溶液の濃度は何mol/lか?  ア。0.88 イ。0.50 ウ。0.44 エ。0.25 オ。0.10 (解説) pH=2.0は[H^+]=1.0×10^-2〔mol/l〕、求める濃度をx〔mol/l〕とすると  2NaOH+H2SO4→Na2SO4 +2H2O より (0.05*100*2/1000 - x*20/1000)*1000/120=1.0*10^-2 それでそのあとに、x=0.44とあるのですが、私が上の式を計算してみるとどうしても 20x=-2 ∴x=-0.1 となってしまうのです。。。何度も私が間違えているのでしょうか。。。赤本の式が間違っているのでしょうか。。。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

どうも専門家がおられないようなので回答いたします。 まず上式の根本的な間違いは希釈による水素イオン濃度[H+]です。 希釈は水で行っている為に、最低限[H+]=10^-7mol/L含まれております。 そのため、求める水素イオン濃度は10^-6×1/100+10^-7×99/100となります。右側の99は希釈する水から出てくる水素イオンです。そのため、どれだけ希釈しようともpH=7にはなりません。 強酸の場合には通常水の解離は近似により省略されますが、中性近傍では近似できなくなりますのでご注意ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • -_-p
  • ベストアンサー率50% (1/2)

>でも、pHが6~7になるような計算式がわかりません。なぜ、そうなるのか式で教えてもらえませんか? この場合、計算式を適用するよりも図に描いて表した方が簡単に理解できます。 水で希釈してHClが限りなく薄くなったとしてもHClは水中で電離しています。その分のH+がpH<7としているのです。 水で希釈をしたとしても、その溶液中に塩基性を示す可能性があるものが存在しない限り、pH=7を越えないと言うことを覚えるしかないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答の方どうもありがとうございました。 やはりこの問題は覚えるしかないのですね。

  • 回答No.2

計算式は一応正しいんです。 この問題で問われているのは「計算結果だけに依存せず最後に気づくか気づかないか」なんです。 pH6⇒[H+]=10^-6 mol/l を100倍に希釈するから、 10^-6×1/100=10^-6×10^-2=10^-8 mol/l よって、[H+]=10^-8 mol/l と、計算式が導かれるが塩酸の希釈は水で行っているためpHは7を超える事はできない。 よって「ウ、pH6~7」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

・・・ということはこの問題は計算なしで解ける問題なんですね。(笑)

  • 回答No.1

希釈は水で行っている事になります。 水は中性です。 なのに希釈して塩基性になってしまったらおかしくないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答どうもありがとうございます。 >なのに希釈して塩基性になってしまったらおかしくないですか? 確かに、おかしいと思います。 でも、pHが6~7になるような計算式がわかりません。なぜ、そうなるのか式で教えてもらえませんか?

関連するQ&A

  • 平方根

    こんばんは。 質問があります。よろしくお願いいたします。 (1)nを自然数とするとき、次の式を簡単にせよ。 {(7+4√3)^n+(7-4√3)^n}^2-{(7+4√3)^n-(7-4√39^n}^2 答えは4になるそうなのですが、まずどこから手をつけたらよいのかわかりません。 (2)P=|3-x|-|x+2|について、次の( )にあてはまる数を答えよ。 x=-3のときP=ア(),x=5のときP=イ()である。 また、ウ()≦x≦エ()のとき、P=オ()x+カ()であり、x<ウ()のときP=ア()、x>エ()のときP=イ()である。 アとイだけできましたが、後がよくわかりません。 答えがウ-2 エ3 オ-2 カ1 です、 数学が苦手なので詳しく教えてくださると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 中1数学

    次の問題が途中で行き詰まっているのですが、ヒントを下さる方はいませんか? a,b,c,d,eはどれも0でない数であって次のア,イ,ウ,エ,オを満たします。a~eの正負を答えましょう。 アc-aは負 イdはeより小さい ウ b×cは負 エ a×cはdより小さい。 オ c×dはb×eに等しい アよりc<aですよね。でも正負は解りません。イよりd<eですよね。ウよりbとcは異符号ですよね。エよりac<dですが符号が解りません。オよりcd=beですが、これも符号がわかりません。 答えとしては、aとbが正で、残りは負です。逆算すればわかりますが、解けません。ヒントなどを教えていただけないでしょうか。

  • pHの求め方

    化学の宿題で出た問題なのですが、 pH5の塩酸の水素イオン濃度は、[H+]=(  )[mol/l] pH9の水酸化ナトリウム水溶液の水酸化物イオンの濃度 [OH-]=( ) [mol/l] 2.0x10^-3 mol/lの塩酸水溶液のpHを求めよ。 また、このときの[OH-]を求めよ。ただしlog2=0.301とする。 という問題があり、pH5の[H+]は10^-5。pH9の[OH-]は10^-5 という答えが出せたのですが、2.0x10^-3 mol/lの問題が どのようにやればいいのか分かりません。(1.0x10^-3の 場合ならpH=3となることは分かります。) 解き方のヒントを教えてください。また、他の回答も合っているか教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  • pHについて

    どなたかこの素朴な疑問について教えてください。 pH6の水溶液を純水で100倍に薄めるとpHはいくらになるか。 教科書通りに考えればpH8になると思うのですが、希釈しただけで酸性がアルカリ性になるってどう考えてもおかしいですよね。 水の[H+]が無視できなくなっているのかとも思うんですが ・・・。どなたか正解教えて下さい~。

  • 数I(グラフ)の問題です

    θ(0°≦θ≦180°)を定数とするxの2次関数 y = { x - (1 + cosθ) }^2 - 2cosθ+ sinθがあり、このグラフの頂点をA、y軸との交点をBとする。 (1)点Aとy軸に関して対称な点をPとすると、点Pのx座標は[1]である。次に、APを1辺とする正三角形Tを考えると、θ=60°のとき、Tの面積は[2]である。 また、Tの面積の最大値は[3]である。 (2)点Bのy座標をcとする。ここで、s=sinθとおき、cをsで表すと、c=[4]となることから、cの範囲は[5]である。 解答群 [1] ア「-1-cosθ」  イ「1-cosθ」   ウ「1+cosθ」 エ「-2cosθ+sinθ」 オ「2cosθ-sinθ」 [2] ア「{(7√3)/4}-3」 イ「√3/4」   ウ「3/4」  エ「(9√3)/4」  オ「{(7√3)/4}+3」 [3] ア「√3/4」  イ「(3√3)/4」   ウ「2√3」   エ「4√3」  オ「8」 [4] ア「-s^2+s+1」  イ「-s^2+s+2」   ウ「s^2+s」  エ「s^2+s+1」  オ「s^2+s+2」 [5] ア「c≦2」  イ「3/4≦c≦2」 ウ「1≦c≦2」 エ「2≦c≦7/4」  オ「2≦c≦9/4」 [1]はウ「1+cosθ」、[2]はエ「(9√3)/4」、[4]はイ「-s^2+s+2」とそれぞれ答えを出したのですが、残る[3][5]がわかりません。 どのようにして解くのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 五木の模擬 国語の俳句の問題教えて下さい

    白埴の瓶こそよけれ霧ながら朝はつめたき水くみにけり この歌の句切れとして最も適当なのもを次から選びなさい。 ア 初句切れ イ 二句切れ ウ 三句切れ エ 四句切れ オ 句切れなし 答えはイですが、なぜなのかわかりません。 どのように考えたら答えが導けるのか、国語苦手なモノにも分かるように詳しく解説頂けませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 中学受験 地層の問題

    息子に聞かれて分からないことがあります。 添付画像の問題があります。 (6)次のア&#65374;オをおきた順番に並べなさい。 (注:選択枝内の(1)(2)は添付画像の図のマル1、マル2です) ア (1)の地層群ができた イ (2)の地層群ができた ウ (2)の地層群全体が曲がった エ あ面ができた オ い面ができた 答え:イ→ウ→エ→オ→ア ここで質問があります。 この問題は答えは合っていましたが、ウとエが逆では成り立たないのか?と息子から聞かれました。すなわち断層ができてからしゅう曲がおきても同じようになるのでは無いか?ということです。 確かに息子の言っていることは分かる気がします。 よろしくお願いいたします。

  • pH計算における混合後の溶液の扱い

     ある化学関係の問題集に、「0.08mol/Lの塩酸500mlに0.06mol/Lの水酸化ナトリウム500mlを混合した場合のpHは、次のうちどれか。」という問題があり、その解説に、H+のmol数は、1(価)×0.08×500/1000=0.04mol OH&#65293;のmol数は、1(価)×0.06×500/1000=0.03mol 従って、溶液中には、0.04&#65293;0.03=0.01mol の水素イオンが残る。 混合後の溶液は1000ml=1Lとなるので、水素イオン濃度[H+]は、0.01mol/L(=10&#65293;2mol/L) となり、pH=&#65293;log[H+]=&#65293;log10&#65293;2=2log10=2 となる。 とありました。 この下線部の「混合後の溶液は1000ml=1Lとなる」というのは、正しいのでしょうか? 厳密には、1Lにならないような気がしますが……。   

  • 至急!イオン濃度を含んだ計算

    以下の記述について()に適切な数をいれなさい。ただし溶質を溶かしても水の体積は変わらないものとする。 ウ・オは自然数で、ア・イ・エ・カは少数第二位までの数で答えなさい。また、√5=2.24とする。 ⅰ)1Lの水にHCLを20.0μmol溶かした。この水溶液(Sとする)をのpHは(ア)である。続けてSにNaOHを796μg溶かした(NaOH=40.0) この時、水溶液中の電荷のバランスを考えると、[H+]+[Na+]=[OH-]+[Cl-]なので、[H+]=xmol/L、[OH-]=ymol/Lとすると、 x=y+a×10^-m…(1)となる。ここで、a=(イ)、m=(ウ)(ただし1≦a<10、mは整数とする)。 水に関するイオン積([H+][OH-]=10^-14mol^2・L^-2)と(1)からyを消去して得られるxに関する2次方程式を解いて結局[H+]=b×10^-n mol/Lとなる。ここでb=(エ)、n=(オ)(ただし1≦b<10、nは整数とする)。 よって、この水溶液のpHは(カ)となる。 ⅱ)弱酸AHは水溶液中でAH⇔A-+H+のように解離する。 今、AHの初期濃度をC、解離定数をKaとする。以下の問いに答えなさい。 (1)平衡状態においては[AH]、[A-]、[H+]、Kaの間に(ク)という関係式が成り立つ。 (2)水溶液中では、電荷のバランスが保たれるから[A-]、[H+]、[OH-]の間に(ケ)という式が成り立つ。 (3)以下、次のような2つの仮定が成り立つ場合、  仮定1:[H+]は[OH-]に比して圧倒的に多い。  仮定2:AHの解離度は非常に小さい (4) (1)(2)(3)を合わせて考慮すると、[H+]^2はCとKaを用いて[H+]^2=(コ)…Qのように表される。 (5)横軸をpC、縦軸をpHとしてQの関係をグラフに描くと、傾き=(サ)、縦軸切片=(シ)の直線となる。 上記の問題で大変苦戦しています。 大した解説もなく、解答もないので… 是非解法を詳しく教えていただきたいです(> <)

  • 展開を教えてください。

    (A+B)(A&#65293;B)=A^2&#65293;B^2を利用して202×198の答えを出す方法は202×198=(ア+イ)(ウ&#65293;エ)=200^2&#65293;オ^2=39996 ア、イ、ウ、エ、オに該当する数と計算方法を教えてください。