• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

お笑いタレントのギャグの知的財産は?

以前テレビでタレントのギャグに知的所有権があるとかないとかってやってました。たしか三枝師匠の「オヨヨ」についてだったと思います。ギャグに著作権等の付与はあるんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#4746
noname#4746

 ご質問のあまりの面白さに、のこのこやって来てしまいました(笑)。  では、結論から。「オヨヨ」という言葉自体は、著作権では保護されません。理由は、著作権法で保護されるのは、言葉そのものではなく、「思想または感情を創作的に表現したもの」だからです(著作権法第2条第1項第1号、第10条第1項)。  以前、「著作権の第一人者」と自負しておられる方がある書籍に「コギャルという言葉は自分が案出したもの。流行言葉になった今、なぜ著作権登録をしなかったのか悔やんでいる」とコメントしているのを見て抱腹絶倒させて頂きました。著作権法でいう著作物の意味をはきちがえているのみならず、著作権法上、登録先は文化庁なのですが、どこに登録するというのやら・・・。まぁ、ある民間会社なのでしょうけど。  著作権法で保護されるとしたら、それは漫才なりコントなりのストーリです。具体的には、「このシチュエーションでこうボケて、それに対してこの表現でこうツッコんで・・・」というところでしょうか。  では、商標法ではどうか?  商標法でいう商標とは、「業として商品を生産し、証明し、または譲渡する者がその商品について使用をするもの」か、「業として役務を提供し、または証明する者がその役務について使用をするもの」です(商標法第2条第1項第2号、第3号)。つまり、商標は、「商品名」または「サービスの名前」です。  ですから、仮に「オヨヨ」が商標として登録された場合、三枝氏は、「オヨヨ」を自分の漫談ないしコントを披露するときに、例えば、「オヨヨ漫談」などの名目で上演することができますし、他者はその名目で漫談やコントをすることはできません。また、他者は、三枝氏の許諾がない限り、自分たちのグループ名を「オヨヨコント衆」とすることもできません。つまり、あたかも三枝氏の庇護を受けているかのような使い方はできません。  が、商標権法による保護もそこまで。前述したとおり、商標法で保護されるのは、「商品名」または「サービスの名前」です。「オヨヨ」という言葉が他人に漫談やコントを披露する意味合いで使われているのでしたらそれは商標権の侵害となり得ますが、話の中に「オヨヨ」という言葉が出てくるだけでしたらそれは商標権の侵害にもなりませんし(商標法第37条)、不正競争防止法でいう不正行為にもなり得ません(不正競争防止法第2条)。  まあ、要するに、流行言葉に対して独占排他権を与える法律は日本にはありませんし、私が知る限り、世界中どこにもありません。  以下は私見ですが・・・  彼らにとって、オリジナルがない芸人は芸人ではないでしょう。プライドもあるでしょうし、何より、創作性を疑われたら、自分のタレント生命にも関係するでしょうし。  なので、他人のギャグを横取りするようなマネは、プロなら死んでもしないはずです。  そして、余談ですが・・・  私は工業所有権に関しては専門家ではありますが、著作権は勉強を始めたばかりの駆け出しです。ので、「?」付きでも「権威」と言われるとくすぐったいです(笑)。実際、条文の解釈を間違えて迷惑をお掛けしたことも多々ありますし・・・(苦笑)。  まぁ、「権威」と言ってもらえるだけ注目されているのでしょうから(笑)、なるだけ正確な回答ができるようにしたいと思います。間違えているようでしたら、フォローお願い致します(^^)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

 知的所有権とは、人の知的創作物を保護する権利のことをいいます。具体的に言いますと、特許権(高度な発明)、実用新案権(簡単な発明)、意匠権(商品やパッケイジのデザイン)、商標権(ブランド、ネーミング)と著作権(小説、絵画、写真、音楽等)などの諸権利です。  タレントのギャグについて、三枝師匠の「オヨヨ」を例に考えてみましょう。  特許権、実用新案権、意匠権は問題外です。  次に、「オヨヨ」の商標権については、なかなか興味のある問題です。あくまでも私見ですが、結論を先に申しあげますと、特許庁へ商標出願すれば、登録済みまたは先願がない限り、その識別性が認められて商標権(商標としての独占的、排他的使用権)が確立する可能性があると思います。三枝師匠が、「桂三枝」という名前と、「オヨヨ」というギャグをそれぞれ別個に商標出願するといいですね。恐らく、両方ともОKになると思います。  最後は著作権です。  結論から先に言いますと、「オヨヨ」には著作権は発生しないと思います。書かれた文章だけではなく、口頭の話も、内容によっては、著作権が発生し、著作権の保護対象になります。ちょっと固い話で恐縮ですが、話(ギャグ)の内容が次の条件を満足しておれば、話し終った瞬間に、著作物として著作権の保護対象になります。  1.思想または感情を  2.創作的に  3.表現したもの  さて、「オヨヨ」はいかがでしょうか。  残念ながら、無理でしょう。文化庁著作権課の見解では広告のキャッチフレーズやスローガン、タイトル、題名などは、「それがどんなに奇抜であっても、文化的所産というに足る創作性はない」といわれています。「トリスを飲んでハワイへ行こう」、「君のひとみは10000ボルト」 「風とともに去りぬ」、「千と千尋の神隠し」、こんなに素晴らしい言葉も著作権の保護対象にはならないのです。  長文の回答になりましたが、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ranx
  • ベストアンサー率24% (357/1463)

著作権の「付与」はありません。 なぜなら、著作権は著作物が作られた時点で、初めから備わっているものであって、 他から与えられるものではないからです。 ご質問のケースで言えば、ギャグに著作権を与えるかどうかは問題になりません。 ギャグが著作物であるかどうかが問題となるのです。 で、どうなのかですが、 どうなんでしょうねえ。 演劇は著作物として認められていますから、その一種ということになるのでしょうか。 問題は著しい独自性・創作性があるかどうかでしょうね。 ここは、このサイトの著作権の権威(?)kawarivさんの出現を待ちましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • miDumo
  • ベストアンサー率36% (63/171)

もちろん有るでしょう。 そのギャグについて著作権で争うことがないので分かりませんが・・・。 有るか無いかで言えば有るでしょう。 むしろ有るかどうかより、そのギャグの盗用されたときの問題の方が重要かつ難問でしょう。 これは法廷で判決出るまで分からないグレーゾーンですが、 一般的世論(老若男女問わず)の認知で、 『○○○というギャグは◆◆さんのギャグ』 というのが浸透している場合、且つ、そのギャグが他の芸人などに使われて 著しくオリジナルギャグ開発者の権利を侵害するような状況になれば 肖像権や、著作権の侵害行為が認められるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • お笑いタレントの面白さを教えてください

    最近人気のお笑いタレントを見て、なんであんなに受けているのか理解できません。 片手を挙げて立ったまま気絶するというギャグはどこがそんなに面白いのでしょうか? なんで「フォー!」という雄たけびがそんなに良いのでしょうか? 良いと思うポイントを教えてください。 あと「これは絶対面白いから見てみろ!」というお笑いタレントがいたら教えてください。 私が面白いというタイプは島田しんすけのようなトーク系です。 意味のない一発系は今のところ良さがわかりません。

  • タレントの笑い、不自然と思うの私だけでしょうか?

    タレントの笑い、不自然と思うの私だけでしょうか? 最近テレビに出るタレントがひな壇に並んで一つの話題に対して、 両手を叩き、大きな口開け、大きな声で笑うのが映し出されるが、 みな同じようで不自然に感じます。 タレントも人気商売だからテレビ映りの印象良くしようと思うのでしょうが。 最初の頃は、関根勉 久本まさみ 位だった。 真似してるのか? 本当に面白いと思ってるのか?

  • 沖縄のギャグ?

    この前テレビで沖縄出身のタレントが言ってたのですが、沖縄のテレビに出てるタレントのギャグらしいですが (1)正確にはなんと言ってるのか (2)方言みたいですが、その意味 が、知りたいです 「○○○○、ハンバーガー、○○○○、ボディービル」て言うやつです ご存知の方居られましたら教えてください

  • テレビのお笑いタレントはむかし少なかったですか、それとも多くいましたか。

    今、お笑いタレントがテレビに多く出ていますが、むかしは今と比べて少なかったですか? ビートたけし、タモリ等以前にお笑いタレントは多くいましたか。少なかったですか。 志村けん以前にお笑いタレントはいましたか。

  • 「師匠」と呼ぶのは、弟子だけではないのか?

    「師匠」と呼ばれている方をテレビなどで拝見します。今思い付くのは、鶴瓶さんとか、三枝さんとかです。 “弟子”にとっての“師匠”ですから、弟子が師匠を「師匠」と呼ぶのはわかるんです。ところが、エンタメ情報などを紹介するアナウンサーも「師匠」と呼んでいるようです。また、その直属の(たとえば、笑福亭一門など)弟子ではないお笑い芸人も、「師匠」と呼んでいます。 弟子ではないのに、師匠と呼ぶのはおかしいような気がします。 すると、私のような一般人も、「師匠」(ご本人に呼び掛けることはありませんが、日常会話で話題になるとすると)と呼ぶ必要があるのでしょうか。 弟子ではない立場の人は、「鶴瓶さん」「三枝さん」と呼ぶのは失礼に当たるのでしょうか…?くだらない疑問かと思いますが、テレビを見ていてすごく気になったのでどなたか教えてください。

  • はやっているギャグ

    まったくくだらない質問ですが、 テレビの中の流行とは全く関係なく、 あなたの周りではやっているオリジナルギャグって あります??? ギャグっていうか、単に言葉みたいなのでも

  • 某お笑いタレント

    某お笑いタレントが、長期休養から復帰しました。 番組内でも、精神病だった類のことは言いますが、ハッキリと精神病だったとは言いません。本当に精神病なのかも分かりませんが、本人がハッキリとした病名を言わないのは何故だと思いますか? テレビやラジオでは、精神病と言ったらダメなのか、事務所から公表を止められているのか、本当に精神病では無かったのかどれかだとは思うのですが分かりません。 テレビやラジオで、「自分は精神病だった」と言ったらダメとか言う協定があるのですか?

  • 明石家さんまさんが、

    西川きよしさんを「きよし師匠」と呼ぶのに対し、 桂三枝さんを「三枝兄さん(または兄やん)と呼ぶのは何故なんでしょう? (両方「師匠」でいいと思うのですが^^;)

  • お笑い、ギャグ、バラエティについて

    ワタシが子供の頃(昭和末期から平成始め頃)はバラエティ番組やお笑いコント番組が豊富に放送され、小学校でも皆がお笑い番組の話題で盛り上がっていました。 ドリフターズ(特に志村けん)、とんねるず、ダウンタウン、間寛平は人気でした。 ワタシは間寛平や志村けんが大好きでした。 小学校内でも志村けんや間寛平のギャグが流行っていました。 しかし… ↑の芸能人が出ているお笑い番組を観ているといつも祖父、祖母、両親が「んなもん観たらアカン!んなもん観とったらアタマがアホになる!」と激怒していました。 時には子供部屋テレビのアンテナ線を無理矢理切られた事もありました。 家にお客さんが来てる時に間寛平のギャグを飛ばした時は父親に叩かれました。 そこで質問です。 祖父祖母の大正生まれ~両親の昭和20年代生まれの人達は何故お笑いコント番組やお笑いタレントのギャグを嫌がるのでしょうか? 確か同級生の子も両親がお笑いタレントやギャグを嫌っていると言っていました。 大正や昭和の人達(概ね昭和初期から昭和中期を生きてきた人達)はギャグの良さやお笑いの良さが理解出来ないのでしょうか? 家族の「こんなん観たらアカン!アタマがアホになる!」の言葉が脳裏に離れません。 ワタシはアホだとは一応自覚していますが子供の頃に観たお笑いコント番組やギャグを観た結果なのでしょうか?

  • 笑えないギャグ

    「お笑い芸人」の逆で、絶対に笑えないものを紹介してください。どんなに古くても結構です。 32年ほど前、間寛平が「痒い痒い」と言いながら椅子の角に肛門をこすりつけるギャグがありましたが、当時私は肛門のかゆみに苦しんでおり、授業中などあんな格好をしてかゆみを抑えていましたので、「人が苦しんでいるものをギャグにして笑いを取るなんて」と腹を立てたのを憶えています。いまでは「お尻の穴が痒い」「デリケートゾーンのかゆみには」「夏箱館が痒くなる」など、こういった悩みにこたえる薬が売られるようになって認知されたのを喜んでいます。 ドリフのギャグで「ニュウガンシキ」と入学式をもじったギャグがあったらしいですが、テレビの投書欄に苦情が載ったのを憶えています。投書者は乳がん治療を受けている主婦でした。