• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「桜の木の下には死体が埋まっている」という言葉について

このカテゴリーでいいのか分からないのですが、ぜひ知りたいので教えて下さい。 「桜の木の下には死体が埋まっている」という言葉を一番最初に使った(表現した)人は誰ですか? 誰が、どんな場で使ったのか、知っている方は教えて下さい。 どうぞよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3459
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • mnma
  • ベストアンサー率51% (16/31)

梶井基次郎の「桜の樹の下には」が最初だと思います。 梶井基次郎は「檸檬(レモン)」で有名な大阪生まれの作家です。 31歳の若さにして肺結核のため亡くなっています。 そのため遺された作品も少ないですが、 どれも素晴らしいです。 角川文庫クラシックスから発行されている 「檸檬・城のある町にて」に代表作14作がおさめられています。 その中に「桜の樹の下には」もあり、 「桜の樹の下には屍体が埋まっている! これは信じていいことなんだよ。」 という言葉とともに始まります。 文庫本でたった4ページの短編です。 桜の美しさに疑問を抱き不安を抱いた「俺」が たんたんと書き綴る言葉なので、 短編というか、詩というか……なのですが。 こんなところで、お役にたてましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すばやい回答をありがとうございます。 恥ずかしながら、梶井基次郎氏のことは知りませんでした。「檸檬」という小説は知っているような気がするんですが。 「桜の木の下には……」というのは、以前から気になっていた言葉で、でも、いざ知りたいと思っても、何でどう探せばいいのか分からなかったので、助かりました。 ぜひ、その小説も読んでみようと思います。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

梶井基次郎氏が短編小説『桜の木の下には』の中で使われたのが最初でしょう。 桜の木の下には死体が埋まっていて、それを栄養として咲くから、桜は綺麗な花をつけるんだということで、『桜の木の下には死体が埋まっている』ということなのです。 以上kawakawaでした

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

以前も回答いただきましたが、今回もご回答ありがとうございます。 桜の木の美しさ(妖しさ)=埋められた死体の養分 というのは、よく表現されるシチュエーションですよね。 その元が、この梶井基次郎氏の小説だったんですね。 梶井氏の描いた一つのイメージが、どうしてこれほどまでにたくさんの人を惹きつけるのか興味あります。 今度、ぜひ、その小説を読んでみたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • conrad
  • ベストアンサー率12% (12/100)

曖昧ですみません。 梶井基次郎が書いたと聞いています。 私もこの言葉は気になっていまして 他の方の回答が知りたくなりました。御免なさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 この言葉は、よく耳にはするんですけど、いざ「誰が最初に言ったのか?」となると、すぐには思い当たりませんよね。 他の方の回答が、私同様、お役に立てば幸いです。(*^_^*)

関連するQ&A

  • 満開の桜の木の下 「の」が3回続くが、不自然な日本語ではない?

    満開の桜の木の下 「の」が3回続くが、不自然な日本語ではない? タイトルの通りなのですが、「満開の桜の木の下」という言葉は「の」が3回続きます。 同じ助詞が何度も続くのはあまり美しい日本語とは言えないと思いますが、 問題無いでしょうか。 他に綺麗な言い方はあるでしょうか。

  • ちょっとした疑問なのですが・・・、桜の木に関する迷信みたいな話

    どのカテゴリーで質問していいのかわからなかったのですが、ここでよろしいのでしょうか? 「桜の木の下には死体が埋まっている」 という言葉を小説や漫画でチラホラと見かけますが、あれは誰が言い出したのでしょうか? もしかしたら、実際にあった事件からきたものなのでしょうか? 私が疑問を持ったきっかけは、佐々木倫子「Heven?」という漫画です。 その他は忘れてしまいました。

  • 人は死んだらば「死体」に成り、次に「灰」になるので

    人は死んだらば「死体」に成り、次に「灰」になるのでは? 美術カテゴリー皆さんの ご回答のほど、 お待ちしております。 関連知恵袋 哲学カテゴリー 2017/01/23 13:11 人は死んだらば死体に成り次に灰になるのでは? http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q11169573946 okwave 哲学カテゴリー 2017-01-23 18:25 質問No.9284919 人は死んだらば「死体」に成り、次に「灰」になるのでは? http://sp.okwave.jp/qa/q9284919.html

  • 人は死んだらば「死体」に成り、次に「灰」になるので

    人は死んだらば「死体」に成り、次に「灰」になるのでは? 哲学カテゴリー皆さんの ご回答のほど、 お待ちしております。 関連知恵袋 哲学カテゴリー 2017/01/23 13:11 人は死んだらば死体に成り次に灰になるのでは? http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q11169573946

  • 『遺体』と『死体』の言葉の使い分け

    『遺体』と『死体』の使われ方の違いについて教えて下さい。 ニュースなどでは『死体』とは殆ど使われていないですよね。 やっぱり『人の時には使わない』とかなのでしょうか?

  • 死体蘇生術で復活した死体の名称

    さっき人造人間の名称について質問したものです・・・。 (皆さん回答ありがとうございました) 人造人間についてのことは分かりました。 じゃあ、と新たな疑問が浮かびました。 死体蘇生術(たしか、ネクロマンシーでしたっけ?) でよみがえった死体(?)のことは、なんていうのでしょうか? あと、この質問のカテゴリーは『教育』となっておりますが、気にしないでください。 (当てはまるカテゴリーがなかったため、 一応『教育』にしておいただけなんです・・・) 伝説、小説、テレビなどなんでもいいから、 皆さんの知っている事をお聞かせください。 よろしく お願いします。

  • なんで死体を見ると怖いんですか?

    なんで死体とかグロイ奴を見ると怖いんですか? また怖くない人はいるんですか?? どうやったら怖いと思わなくなるんですか?

  • 「桜の木の下には死体が埋まっている」

    小説や漫画等で良く見るこのフレーズですが、初めて使ったのは誰なのでしょうか? また、使われた作品も教えて下さい。 確か梶井基次郎だったと聞いた記憶があるのですが、曖昧です。 よろしくお願いします。

  • 「死体遺棄」

     先日、ある質問に対して、回答欄に 「自分の飼っている動物でも、果ては野良犬や野良猫でも、遊び半分で虐待や殺生を行うと、動物の愛護及び管理に関する法律に基づいて罰せられますよ??・・・(中略)・・ ・ネット掲示板で猫の虐待方法を募り、それに応じて虐待して最後は殺して川に遺体を遺棄した男に対してこの法律に基づいて懲役6月、執行猶予3年が言い渡された事件でも、被害者は野良猫です。」 と書き込んだところ、 「あなたの書き込みはなんか変です。遺棄罪が動物でも成立するように読めるんですが。」 とのご指摘を受けました。  皆さんにお聞きしたいのですが、私の書き込みが、「動物の死体を遺棄した場合、死体遺棄罪(刑法第190条)として処罰されます」という意味に解釈できますか? ※1 私が訊ねたいのは、純粋に上のことです。言葉が足りないようであれば、今後、自分の説明の仕方を工夫する必要もあるかと思っての質問ですので、「人によって解釈が違うこともあるし、いくら説明しても質問者に分かってもらえないこともある」というご回答はご遠慮下さい。あくまで、私の書き込みで「死体遺棄罪(刑法犯)として処罰される」という意味に捉えることができるかどうかを、主観でお聞かせ下さい。 ※2 他の質問を引用する性質上、お礼は極めて簡素になるかと思いますがご容赦下さい。 ※3 言語カテゴリにすべきかと思いましたが、罪の構成要件にも関しますので、このカテゴリにしました。

  • 哲学で使われる言葉

    最近この哲学カテゴリにきて感じた疑問です… 言葉をわざわざ難しくするのが哲学なのでしょうか? それとも難しい言葉や表現を使わなくても話し合ったり議論しつくしたり、そこでの結果を求めることが目的なのでしょうか? このことを検索をしていましたら、難しい言葉を多用する人の心理には、「知性化」が働いている、という記事を見つけました。 難解な言葉を多用する人は、実は「知性化」が働いている。この知性化というのは「逃げたい」「バカにされることを恐れている。とのことでした。 また難解な言葉で述べる人は頭が悪いそうです。 哲学書を開くと難解な言葉ばかりですので、哲学者の方々は「知性化」されているということになります。これも哲学者の動機なのでしょうか… このカテゴリでは短文また長文で明確な表現をする人、短文また長文でややこしい言葉を多用する人に分かれていると思いました。 哲学で使われる言語表現はどうあるべきでしょうか?